主権者になるためのガイド:意識、過去生、アトランティスなど:ライジング・フェニックス・オーロラ

おすすめの記事

私が知る最も意識が高い人の一人です

Explaining Consciousness, Past Lives, Atlantis AND MORE – w/ Rising Phoenix Aurora

ライジング・フェニックス・オーロラさんは、私が知る中で最も意識が高い人の一人です。

あまり知られていないが圧倒的にすごい人です。ローラ・アイゼンハワーとの対談で知りました。

いつも素晴らしいので紹介したかったのですが、一般的な内容がないので紹介できませんでした。

最近、ローラ・アイゼンハワーのYoutubeが削除され、オーロラさんのローラとの対談が、チャンネル削除されないようにVimeoに移されていました。

トランプやワクチンについて直接的に話している、削除される恐れのある内容のもののみ、Vimeoに移してあったのですが、その中にベンさんとのインタビューがありました。

以前見逃していましたが、大統領の就任式が終わった去年の1月に録音されたもので、インタビュー形式のため、広く、浅く(ちっとも浅くはない)の内容になっています。

インタビュアーが、ワーオ、を連発する、すごい内容です。

自分がどれだけパワフルな存在であるか思い出すこと、そしておかしなものにはNO!と言い、自分が主権者として自分の人生を創造することがどれだけ大切か、よく分かるインタビューです。

本当に基本となる大切なことが語られているインタビューです。

紹介するのにぴったりな内容だったので訳しました。

イントロダクション

ベン:美しい人間の皆さん、こんにちは。

オーロラとのインタビューを興奮してお届けします。

過去生について話しています。過去生とは一体何なのか?それは本当なのか?

私たちは実際過去生を何度も生きてきたのか?アトランティスは実在するのか?

意識とは何か、なぜ私たちはこの地球に来たのか、少しだけ政治的な話もしています。

これは、あなたがこれまでに受け取った情報の中で、最も重要なものの一つです。

私はこれを楽しみにしています。

これは皆さんにとって始まりに過ぎません。

多くの人にとって、これは多くの情報に火をつけることになるでしょう。

この世界と宇宙、そして文字通りこの宇宙の銀河の歴史を結びつけてくれるでしょう。

このような素晴らしい会話をしてくれたオーロラに心から感謝しています。

彼女の本をぜひチェックしてみてください。

ここにいてくれてありがとう。

まだの方は、ぜひこのチャンネルを購読して、コメントを残して、いいね!をお願いします。

この動画を友人や愛する人と共有してください。

私たちはあなたに感謝し、あなたを愛しています。

エンジョイ!

はじめに

さて皆さん、今回もフィーリングフリーのエピソードにようこそ。

オーロラが来てくれました。お元気ですか?

ここにいてくれて本当にありがとう。

オーロラ:私は素晴らしく、そして非常に力強くもありますが、同時に人類の、投票システムで起きている苦難の中にあるものを感じています。

集合意識はちょっとしたジェットコースターなようなものを体験しているかのようだと感じています。

しかし、愛と力とサポートでしっかりと立っていてください。

ベン:私はそれが大好きです。

オーロラ:他の人たちがそれを乗り越えられるように支援してください。

ベン:あなたが「感じる」と言ったとき、多くの人は、自分が感じていることに気づいている人もいれば、自分が感じていることに気づいていない人もいると思うのです。

感じていると言っている、集合意識が経験していることやジェットコースターのようなもの、というのはどういう意味ですか?

集合意識とは何か

オーロラ:エネルギー的には、集合意識とは何ですか、オーケー。

そうですね、集合意識とは、ある惑星圏にいるすべての存在の具現化です。

私たちは惑星の球体の中にいます。

ですから、例えば人類の集合体は集合意識と呼ばれるでしょう。

なぜなら、全体として、私たちは統一された意識だからです。

基本的には地球上のすべての生命体を意味します。

動物、石、山、木も含めて、すべてに生命が存在しているということです。

量子の領域、量子の世界、量子物理学で言えば、すべては意識を持ち、生命の形を持つものはすべて意識を持っています。地球上のすべてが集合意識です。

地球上のあらゆるものの集合体は、ジェットコースターのようなエネルギーを感じています。

その答え(大統領選の結果)に、大きな違いを期待していたからです。

あなたは、政治的に起こっていることのいくつかを見ていると思います。

ベン:ええ、少しは見ていますよ。私はそれに深入りはしませんが。

私にとってはただの出来事ですが、アメリカでの大統領就任式の翌日(2021年 1月20日)にこれを収録しています。

オーロラ:もちろんこのインタビューはリハーサルをしていないので、ただ流れに身を任せています。

具体的には、集合体の中では異なる結果になるはずだったのです。

知っての通り、トランプ氏は実際には集合体によって選ばれた人物でした。

集合体が決めたことであり、様々な手掛かりや証拠を見てきました。

そして、彼らが残している様々な手がかりや証拠を見ると、それは非常に不愉快で、ずさんなものです。

それが起こっていない、という絶望感があります。

母なる大地と話すことができれば、と思うかもしれません。

母なる大地と接触するには、様々な方法があります。

感じている人もいるかもしれませんが、私たちは時々、自分の周りでこのようなことを感じても、それが現実であることに気づいていません。

自分の周りにあるエネルギーを自分のものだと思っていても、実はそれは集合体のエネルギーなのです。

だから私たちは少しバランスを崩したり、圧倒されたり、絶望や絶望感を感じているかもしれません。

どのような形であれ、私の目標は、人々がそこから立ち上がり、愛の光の中で力強く立ち、何が起こってもすべては自ずと明らかになることを知ってほしいということです。

すべては本物に戻っていきます。

バイデンが大統領になることで起きていることは、彼らが作った偽の人工マトリックスプログラムです。

ぜひ気づいていただきたいのは、私たちには統合性、整合性(integrity)があります。共産主義国家にすることはできません。最も重要なのは、私たちは州内の主権者としての権利を持っているということです。

それ以上に、私たちは源の創造物の1ピースとしての主権を持っています。

私たちは源であり、私たち自身が創造主である。

それがいま起こっていることです。ここまでで何か質問はありますか?

ベン:私はその話をするつもりはなかったのですが、せっかく触れたのですから、少しだけ掘り下げてみたいと思います。

オーロラ:自分で政治を話せる範囲ではありますが、

しかし、私はその中のいくつかに耳を傾け、希望を持たなければなりませんでした。というのも、コントロールの中で強い侵害が行われていたからです。

ベン:そうですね……というのも、主流のメディアに注意を払って、世界は何を考えているのか、何を言っているのか、何をしているのかを見てみると、

主流メディア、特にエンターテイメントの多くはリベラルなので、文字通りお祝いしているようなものです。

神に感謝、独裁者(トランプ)がいなくなった、とか、様々なことをしていますよね。

しかし、スピリチュアルなコミュニティの奥深くにいる人たちや、私はあまり深く考えたくありません。

あなたが言ったように、トランプのタイムラインに関しては、人々が深入りできる情報がたくさんあるからです。

例えば、彼は投票で選ばれたけど、実際に選ばれなかった。他に何か触れておくことはありますか?

エネルギーを読んでください

オーロラ:そうですね、今はどっちに行くのかわからない混乱した時期です。

スーパースターたちが彼(バイデン)を応援したり、泣いたり、素晴らしい演技を見せてくれたりしています。

それは集合意識への非常に強力なプログラミングであり、私たちの意識を自分自身に向けて利用しているのです。

だから、とても混乱した時期です。

私たちがいつも説明しているのは、今は自分で選択する時であり、他人が私たちのために絵を描いたり、偽のショーをしたり、芝居をしたりするのを許さないということです。

あなたが(エネルギーを)読むべき時が来たことに気づいてください。

自分の心の中にあるエネルギーを読み取ることを始めましょう。それは、自分の心に従うという単純なことでも、直感や直観という単純なことでもよいのです。

誰もが生まれ持った能力を持っています。

そして、状況を本当の意味で読み取ることができ、マスクの向こう側を見ることができるのです。

ベン:素晴らしい。(政治に関する)最後の質問になりますが、私個人としては、これはどの大統領にも当てはまらないと見ています。確かに組織的な問題はありますが、一人の人間ではありません。

両方が役者だと思っています。私はどちらかにすべてを賭けたりはしません。

私が多くの人と話した中では、トランプは「救世主」であるというのが一般的な見方だと思いますが、あなたはどのように感じ、どのような見方をしていますか?

これは重要なことだと思うのですが、「トランプは救世主である」という表現について、あなたはどのように感じ、どのような見解を持っているのか、お聞きしたいと思います。

「救世主」は依存でエゴ

オーロラ:まず第一に、彼を「救世主」のように考えている人は、自分のエゴに支配されているのだと思います。

トランプについて語るスピリチュアルリーダーは、彼を救世主として語ることはないでしょう。

読む内容にもよりますが、人はそれぞれ違った視点からレンズを見ているので、見ている人が誤解するかどうかは人それぞれです。

その人の視点で見ているからです。

人生そのものは、万華鏡のように様々な色のレンズによる様々な表現です。

ある人が見て、理解して、聞いているのに、ある人が見ると、ああ、彼を「救世主」と見ているんだなということになるかもしれません。

なぜなら、彼らは低い密度の中にいるので、その人が話している高次元のコミュニケーションを理解することができません。

しかし、その人は高い次元のコミュニケーションをしているかもしれませんが、振動数が合わないので理解できないのです。

私たちは、あらゆる視点からすべての人を尊重する方法について話しています。

まず、「救世主」は絶対にいません。

私たちは常に、銀河の存在たちとチャネリングしています。銀河の存在たちとは、善意に満ちた魂の家族、宇宙の善意に満ちた美しい魂の種族のことです。

私たちは、あなたが自分自身を救うのを助けるためだけに存在していると教えています。

あなた自身以外、誰もあなたを救うことはできません。

自分を解放できるのは自分、あなただけです

ベン:私はそれが大好きです。だから、あなたがギャラクティックのチャンネルを持っていると言ったように、それは素晴らしいことだと思います。

銀河における魂の宇宙の歴史

最近、新しい本を出版しましたよね。「銀河における魂の宇宙の歴史(Galactic Soul History of The Universe)」です。

オーロラ:その通りです。ここに書いてあります。

アマゾンで購入できると思います。740ページもあります。

ベン:わあ、見た?

「銀河における魂の宇宙の歴史(Galactic Soul History of The Universe)」みたいなタイトルだし

かなり充実した内容になっていると思います。

オーロラ:これは第1巻だけです。

2冊目はすでに作業に入っていて、これは彼ら(クライアント)の物語ですが、それは実際は物語ではなく、彼らの旅、彼らの過去生のセッションです。

誰もがハイヤーセルフを持っています。

ここでそのような深い話をするかどうかはわかりませんが、

人が深い瞑想に入るときは、とても神聖に、慎重に行います。

意識そのものに働きかけることになるので、とても慎重になります。

ハイヤーセルフによる神聖な保護シールドによるエネルギーのフォースの場が設定されていることを確かめます。

それを準備してから、彼らは入っていきます。

この本で紹介されているオーラ催眠 A.U.R.A. (Angelic Universal Regression Alchemy) Hypnosisを通して、ハイヤーセルフがプラクティショナーに働きかけるので、彼らはとても深く入ります。

そして、彼らは宇宙を旅し始めます。異なる次元、異なる世界、異なる過去、未来の人生、そこには私たちが出会った無限の異星人が存在します。

この本では、彼らの旅を共有することができ、それがこの本に掲載されています。

なぜこの世界がこのようになっているのか、なぜこの宇宙がこのように設定されているのかを知りたいと思いませんか?

美しさとは、本当はあるがままでの美しさがあるのですが、私たちは、それを損なわれ、侵害されているのです。

この世界だけでなく、銀河でも、戦争や混沌があります。ネガティブな存在、ネガティブな宇宙人が、私たちをコントロールしようとしています。

それは本当に、映画「マトリックス」のようなものです。

マトリックスの映画のように、あるいはスターウォーズのように、私はスターウォーズが好きなのですが、そこでは彼らがしようとしていることが表されています。

言葉は忘れましたが、彼ら、彼女らは共和国とレジスタンスに分かれています。

クレイジーに聞こえるかもしれませんが、これは私の旅ではなく、クライアントたちの魂の旅なのです。私たちは3年間で334回のセッションを行いました。

ベン:私はそれが大好きです。

私たちはこれまで関心を持たれてこなくても、すでに間違いなく関心を持たれていると思いますが、これから関心を集めるでしょう。

過去生という言葉の意味を考えてみると、ある種のフレーズがありますよね。

「ああ、彼らは古い魂だ」とか、「それは過去生だ」とか、

それは言葉のあやですが、私が学んだことは、それは絶対に本物だということです。

それがこの本です。

334回の旅とおっしゃいましたね。

オーロラ:その通りです。、そこには退行(セッション)の記録が全部で38回あります。

退行催眠とは何ですか

ベン:そうそう、退行の話が出ましたね。

念のため確認しておきますが、退行催眠(Past Life Regression)とは何ですか?

オーロラ:退行催眠とは、より良く受け継がれた土台の上に身を置く(you lay on a better culture )ようなものであり、オンラインでも行うことができます。

神聖な境界線を通してのみ行うことができます。意識を最大の愛と尊敬を持って幼児のように扱う必要があります。

そう、彼らは横になります。

ネガティブなエネルギーを除去するエネルギーワークを行った上で、催眠誘導を行います。

彼らのハイヤーセルフ、私たちが教えているのはハイヤーセルフを通してのことだけです。

例えば、お金を払ってDNA変化のアップグレードを受ける人がいます。

過去世のカルマ、過去世のトラウマ、現在の人生のトラウマを癒すために、この人にエンティティを取り除いてもらおうとお金を払う人がいます。

ノー、自分を癒すことができるのは自分だけです。

私が本当に好きなのは、彼らが自分自身を癒しているということです。

そうすれば、自分の力を取り戻すことができます。

自分の主権を取り戻すのです。

そして基本的に、自分を危険にさらし、侵害するすべての存在に同意しないと言い始めるのです。

一旦横になると、ハイヤーセルフ、小さな意識が人生を通してずっとあなたに語りかけているハイヤーセルフです。

この小さな声を私たちは時々無視してしまうのですが、聞いておけばよかったと思っても、聞かなかったためにトラブルになることもあります。

その小さな声は話し始め、あなたに答えを与え始めます。

そして、ハイヤーセルフが呼びかける美しい天使の共同のアシストもあります。

大天使のアーキエンジェル・マイケル、アーキエンジェル・ラファエル、アーキエンジェル・ガブリエル、創造の神聖なる母、創造の神聖なる父、ソースなど、美しい善意の存在たちがいます。

催眠セッションとヒーリングでは、このようなことがあり、クライアントは過去の人生を経験します。

過去生のブロック

本を読めばわかるのですが、ボディスキャンも行います。

彼らをハイヤーセルフにつなげ始めたときに、過去世で何かが起こっていることに気づき始めました。

なぜなら、人々は自分の中に非常に強いブロックを見つけていたからです。

私が最初にセッションをしたときのことを覚えています。

ある人がYoutubeで私を見つけて、電話をかけてきました。

彼女はセッションの予約をしてくれたのですが、セッションをしている最中に直感が現れました。

彼女のセッションを行っていると、 彼女は突然、とても黒いものを感じていると言い始めました。

まず第一に、当時は時間がかかりましたが、しかし、今はとても効率的です。

彼女はその時点でハイヤーセルフとつながっていて、ブロックされていると感じています。

そして、ようやく彼女を通すことができたのですが、彼女が言うには、そこは真っ白な部屋で、真っ白な感じがして、とても空虚な感じがするそうです。

机が並んでいて、その後ろに大勢の人が座っていて、みんなローブ、マントを着て顔を隠しています。

そして突然、彼女のハイヤーセルフがいると思われる領域に天使たちと接続すると、彼らは走り出しました。

全員が机から立ち上がって私たちから逃げ始めました。

私の頭の中ではもちろん、なぜ彼らは私たちから逃げているのだろうと思いました。

善意の存在は逃げたりしません。

彼女が言うには、彼らのうちの一人が私のハイヤーセルフだと言いました。

それを止めてと言って、彼女が止めて、私は彼女にローブを引くように頼みました。

彼女はそれが爬虫類の男だと言いました。彼女は彼を爬虫類人と呼びました。

彼女はそれが何なのか知りませんでした。

私が言うと、彼女は「彼は私のハイヤーセルフだ」と言いました。

もちろん、私は「それはあなたのハイヤーセルフではない」と言いました。

言い忘れていたことがありました。

彼女は、「オーロラ、私があなたのところに来た理由の一つは 私はこれまでの人生で愛を感じることができなかったからです。私は家族や、結婚して20年以上になる夫に対して愛を感じることができませんでした」と言います。

「私の何がおかしいのか分かりません。私の夫はとても美しく、私を愛してくれているのに、私は愛を感じることができない」と言っていました。

その時、私は明らかに何かがあるなと思いました。

愛である宇宙にいて、愛を感じることなしに、どうやって人生を送ることができるでしょうか?

フードを戻した瞬間に赤信号となったことの一つです。

私たちは、この爬虫類のような存在が、ワクチンの予防接種によって彼女のDNAに統合され、自分が彼女のハイヤーセルフや魂の家族の一部であるかのように装っていたことを発見しました。

そして、催眠のシータ脳波でいる間に、彼女のハイヤーセルフは、DNAから爬虫類を癒し、取り除くことができました。

ベン:ワォ、あなたの話が大好きです。

私は欲張りなので、あなたが言っていたことのたくさんのことを確認したいです。

カバーしておきたいことはたくさんあります。

「私」と言わずに「私たち」と言うのはなぜか

次の質問は、過去生、催眠での退行でクライアントを連れていきますよね。

あなたが「私」と言わずに「私たち」と言うのはなぜでしょうか?

オーロラ:人のためにたくさん奉仕している人は、私たちは通常、「私」とは言わず、「私たち」と言います。

「私」がここにいるのは、「私たち」が一緒に働いているからです。

私がここにいるのは、あなたのハイヤーセルフが私のハイヤーセルフのところに来て、

「オーロラ、ベンがあなたとポッドキャストをやりたいと言っている、彼のリスナーに美しい経験をもたらし、さらにハートが目覚めるだろう」と言いました。

「あなたは彼と一緒にポッドキャストをするのですか?」

そして、私のハイヤーセルフは「イエス」と言いました。

そして、あなたをそこに導くために、あなたの美しい魂のグループである、あなたの銀河系のチームが、あなたをその時間と空間に連れて行き、私たちをここに連れてきました。

沢山の異なる魂の種族がただ一つの時点に到達するために働いているのです。

有機的なタイムラインであり、我々のタイムラインの中の有機的な一点です。

だからこそ、私たちは「私たち」と言いたいのです。

ベン:まず最初に、私はそれが大好きです。

あなたが話している間、私は何度も寒気がしましたが、ここは寒くありません。

だから、銀河系について話すことは重要なんです。

銀河系の家族や部族の話が出てきますが、それはどういう意味ですか?

ハイヤーセルフが連れていく場所とは

オーロラ:はい、私たちが旅をしていると、人々は、まるで映画「アバター」に出てくるような、とてもゴージャスで面白い惑星にたどり着きます。

映画「アバター」に出てくるような、美しい木のような惑星です。

そこに着陸して、彼らは猫のようなヒューマノイド、犬のようなヒューマノイド、

中にはドラゴンや妖精のようなものもいて、

クリスタルだけでできたものもあれば、無限のエーテルエネルギーでできているものもあります。

彼らがこれらの場所に着陸したとき、これが私たちが話していることです

意識的にどこに着地するかはわからないのです。あなたがいる場所は、文字通りのタイムマシンで、あなたの松果体、脳下垂体、第三の目、意識、想像力が、過去の人生を通して見られるべき時間、空間に連れて行ってくれるのです。

私たちがすることは、基本的に、あなたの最高の癒しとなりうる時間と空間にあなたを連れて行くことです。

あなたがさらに進化するために、スピリチュアルな目覚めのために、振動数のレベルアップのために、あるいは何であれ、あなたが今あなたの時間と空間の中で知る必要のあることは何なのか、あなたの光を高め、あなたの光を輝かせることです。

それがハイヤーセルフがあなたを連れて行ってくれる場所であり、それがあなたの質問の答えです。

ベン:はい、もちろんです。

銀河系や部族のようなものがいくつあるのか、その数を示すことはできますか?

創造のはじまり

オーロラ:いいえ、無限です、無限の創造があります。

この宇宙の始まりの構成は、12という数字から始まりました。

12は私たちにとって非常に重要な数字です。

私たちは 2012年の12月21日、ちょうどその頃、地球の大部分の人が目覚め始めました。

その数字は12から始まったのです。12人の長老から始まり、

そして、それは湧き続け、複製され、波紋となりました。

例えば、あなたが自分の波紋を見るとき、あなたが水面の石だとすると、水面を跳ねる波紋を見ることができます。

波紋を見ると、それは続いていて、その波は無限に続いていくのです。

それがキリスト教のあり方そのものです。

目の前にいる存在ががどんなタイプの存在なのかわからないが、目の前の場所が行くべき場所です。

そしてもうひとつは、ハイヤーセルフ、あるいはオーバーソウルが、

オーバーソウルは創造の最初の創造主で、オーバーソウルは意識にフラクタル化し、

それが高次の細胞となり、その高次の細胞が種を作り、それがあなたであり、私であり、創造界のすべての人です。

種は創造を通しての側面です。その可能性は無限大で、数はありません。

次元があります。ここでは13番目の次元まで行きますが、それは無限の次元につながる橋であり、ゼロとすべてがあります。

ベン:それはとても興味深いことで、先ほどあなたが言った、この惑星、地球、ガイアの点に戻ります。

私たちの集合意識があり、意識があります。あなたが言ったように、意識は私たちの銀河系を超えて、宇宙を超えて、技術的には無限大のように、すべてがそのようにつながっているのですか?

オーロラ:はい。私たちの地球は非常にユニークなものですが、一つの惑星に多数の異なる人種が存在しているのです。

通常は不可能です。なぜならば、作られたすべての種族は異なる空間を持ち、異なる人種で構成されているからです。

異なる錬金術や幾何学、聖なる音で構成されています。

無限の種族が一緒に働いているのですから、これはとてもユニークなことです。

アルコンとは

アルコンのせいで、私たちは映画「マトリックス」のように反転した人工的なマトリックスの中に閉じ込められてしまいました。

アルコンと呼ばれるものは基本的に人工知能(AI)です。

アルコンを実体と呼べないのは、実体がないからです。アルコンは自身に光を持たない、ある種の形だけのものです。

どこまで詳しく説明していいのかわからないのですが。

ベン:いや、それは正直なところ、そうですね、話そうと思えば私たちは永遠に話すことができるでしょう。

このテーマは、文字通り永遠に話し続けることができるので、広大で、無限のリストがありますよ。

オーロラ:私たちはたった740ページ分の本を書いただけです。

ベン:あなたの本はどういったことにまで踏み込んでいるのでしょうか?

オーロラ:すべてのことに踏み込んでいます。

人身売買、アドレノクローム、異なる次元と異なる惑星、宇宙、意識の仕組み。

具体的には、我々がどのように有機的な魂であったかという銀河系の歴史にも触れています。

善なる種族だった頃、星のように発光する美しい存在だった頃、何が起こったのか。

背が高く、手を動かしながら創造することができる存在でした。

しかし、何が起こったのか、どうしてそうなったのか。

どうしてこの美しい存在が、すべてのものに命を与える無限の愛でできている私たちの無限の創造の中で何が起こったのか。

この宇宙には愛があり、だからこそユニークなのです。

しかし、光と闇の二極もあります。

なぜこの宇宙はこれほどまでに傷つけられ、侵害されてしまったのか?

それは私たちの惑星だけではないからです。

続けているうちに、美しい魂たち(クライアント)が私のところにやってきて、彼らの話をしてくれました。

なぜ彼らの体にさまざまな痛みがあるのか 、なぜ病気になったのか、なぜブロックがあるのか、

頭痛や偏頭痛のような単純なものから、

なぜ太陽の下にいられないのか、いると痛みがあるのかなど、私たちにはごく自然に思えることを話してくれました。

私たちが発見したのは、彼らが自分の中に侵害されたものを持っているからだということでした。

侵害しているものがあったからです。

彼らの魂にとって有機的ではない、人工的なものを内包していたからだとわかったのです。

いくつかの旅に出て、そこには美しい善意の魔法の存在たちがいて、

そして突然、この危険なアルコンの人工知能がベールを突き破ってやってきて、私たちの宇宙に入り込んで来ました。

それは許されていません。なぜなら彼らは我々の知らない遥か彼方の宇宙から来ているからです。

すべての宇宙には異なる源があり、宇宙にはそれぞれ異なる源があり、異なる源の表現があり、アルコンには光がなく、通常、存在は宇宙から宇宙へとジャンプすることはできません。

決められた聖なる法があるからです。

それを理解するのに役立つのがこの本です。

そして、私たちが気づかないような深い方法で私たちを目覚めさせてくれます。

そして、私たちのハート、エンパワーメント、力を活性化させ、私たちはここにいることの理由である光の戦士になるのです。

なぜなら、私たちは覚えているから、今覚えているからです。

アルコンの食糧は私たちの光

ベン:そしてまた、あなたが「私」の代わりに「私たち」を使っていることに戻りますが、私はそれが大好きです。

なぜなら、それはまさにあなたが言ったことだからです。

あなたのハイヤーセルフ、この純粋な自己が私たちなのです。それを思い出すだけでいいんです。

オーロラ:その通り。私たちはそれを思い出さないようにプログラムされています。

なぜなら、マトリックスの映画のように、アルコンは私たちの光を食糧としているからです。

それは彼らにとって、食べ放題のビュッフェのようなものなのです。

ベン:アルコンというと……誰も聞いたことのない言葉だと思いますが……人工知能なんですか?

オーロラ:それがアルコンです。

ベン:なるほど。それは宇宙全体に存在しているのですか?

オーロラ:彼らは彼らの宇宙にしか存在しないのですが、彼らはこの宇宙に存在しています。彼らはとても古い。

善なる存在たちの説明によると、アルコンは古代の宇宙にテクノロジーの使い方を理解し、私たちが使っているテクノロジーのほとんどを作り、私たちを監視し、すべてのデータを集め、保存しています。アンドロイドのアルコンの知的データベースに。

彼らは私たち全員のファイルを持っています。

彼らはDNAまで把握しています。 だから、様々な病院で私たちの血液を欲しがります。

予防接種を受けさせようとするのは光を弱めるからです。

人間の心と器の仕組みを知っていて、人間をその中でコントロールできるように、このマトリックスを作っています。

私たちをコントロールして、彼らが食糧の供給を維持できるようにしているのです。

ネガティブなテクノロジーを使って次元を突き抜け、許されていない場所に入り込んでいるのです。

だから私たちはずっと銀河の戦争の中にいます。

彼らが入ってきて以来、銀河の戦争が続いているのです。

人々はそのことに気づいていません。

あなたの「意識」に対する銀河の戦争が起こっているのです。

なぜなら、彼らは様々な理由であなたの意識を求めているからです。

それ自体が長い話になるのですが。

アトランティスの沈没と地球のサイクル

ベン:では、私たちはどのようにして、あるいはなぜ地球に来たのでしょうか?

オーロラ:それは、私たちの大部分が志願(ボランティア)したからです。

私たちが志願したのは、太古の昔、地球の最初のサイクルがあったからです。 私たちは今、地球の4番目のサイクルにいます。

私たちは3回沈みました ノザーク、パンゲアと呼びますが、は沈みました。 すべての景観ができる前のことです。陸地が分割された時でした。

その後、レムリア、ムーのことですが、レムリアの時代に再び沈没しました。 もしそれを聞いたことがあるなら、ドラゴンやユニコーンと一緒に歩いた時代です。

民間伝承の話はすべて実在します。アーサー王やシンデレラ、眠れる森の美女、魔法や魔術がありました。

それには光と闇の両方がありました。

そして、彼らは沈没し、アトランティスも沈没しました。

先を見通すことができる善意の存在である「予知能力者」もいたのです。

彼らは内なる地球に行きました。内なる地球の中にも善意の存在がいて、内から私たちを助けようとしています。

*アトランティスに何が起こったかは、ソララ著 スターボーン、が詳しいです。興味があればぜひお読み下さい。


ベン:ああ、そうなのか。

オーロラ:アトランティスが崩壊した第4サイクルに入っています。アトランティスは大西洋の中にあります。

*正確かは分かりませんが、表があったので載せておきます。

ベン:最初の質問は、ほとんどの合理的な人たちは、次のように言うと思います。

「何?これは本当なのか?証拠がないじゃないか?」

あなたはどう答えますか?

この流れはとてもいいですね。アトランティスとレムリアのことを聞こうと思っていたので。

それはフィクションだと言われているからだと思います。

私の心の中にも、私は、自分はとてもオープンな人間の一人であるにもかかわらず、こんな感じです。

「なんだって、それって、何なんだ!?」

オーロラ:あなたの正直な気持ちに感謝します。「意識」について知ることは重要です。

長い話になりますが、意識は地球全体の記憶領域に保存されています。

私たちはクリスタルのベッドの上に座っています、クリスタルの集まりです。

私たちはクリスタルであり、私たちの惑星がクリスタルなのです。

このクリスタルは、高次元の意識であり、それはクリスタルの記憶領域の中にあるポジティブなクリスタル技術のようなものです。

それを利用したい人は、瞑想したり、ガイドや天使に聞いたりしてください。

眠りにつくときにハイヤーセルフに、これが真実かどうかを示してくれるように頼んでください。

そうすれば、彼らはあなたに示してくれるでしょう。あなたが閉じた心を乗り越えることができれば。

あなたが信じないことを乗り越えて、固定されたものは何もないことを理解できれば、フィクションなんてものは何もありません。

全ての可能性は創造の中に無限にあるんですよ?

それはそこに存在するのです。私たちは科学的にも地質学的にも、どこかの時点で、地球は分裂しました。

私たちは聖書の物語の中で聞いたことがあります。ノアの箱舟を。

それはそこにあるのです……垣間見ることができ、断片がそこにあり、人々はそれを覚えているのです。

それは記憶であって、物語ではない。

それは作り話ではなく、現実であり、人々は本の中や私たちのYoutubeチャンネルで実際にこれらの場所を旅しています。

実際、私のYoutubeチャンネル「Rising Phoenix Aurora」には350本以上のビデオがあり、39の物語、39の銀河系の歴史、過去生退行を聞くことができます。

Youtubeチャンネルでは、そのうちの100本以上はライブで見ることができます。

Rising Phoenix Aurora
Aurora is the Founder of A.U.R.A. Hypnosis Healing Technique | Author | Spiritual Revolutionist | Channel to RA | Akashic Reader There is nothing more beautif...

頭で判断するのではなく、心で感じるのです。

ハートに聞く、質問することで心が成長する

ベン:私はその言葉が大好きです。

地球の問題に話を戻すと、銀河の戦争の観点から、なぜ私たちは地球に来たのか、地球の目的は何なのか?

オーロラ:そうそう、話が脱線してしまいました。つまり、最初から魂がここにいたのです。

何が起こったかというと、アルコンが私たちの次元に入ってきて、私たちの心を弄ぶようになりました。

だからこそ、私たちは「ハートに耳を傾けなさい」という話をするのです。

ベン:これはパンゲアの時ですか?

オーロラ:まだパンゲアではありません。

それは自然に有機的に起こったことで、土地が分かれる必要がありました。

これでレムリアができました。

次のレムリアは、カリフォルニア州の南西部に位置しています。

どのようにしてその部分全体が崩壊し沈んでいったのか、カリフォルニア州はまだレムリアの一部です。

だからこそ、巨大な古木を見つけることができるのです。それはレムリアの元の土地だからです。

これらの木に年齢はありません。

そしてその側は沈んでいきました。

しかし、カリフォルニアにある山、マウントシャスタを通して、そこには彼らが入った入り口があります。

(犬の?)トンネルがあります。彼らポジティブな技術を持っていました。

エジプトのピラミッドのように私たちを困惑させるものがあります。

どうやって作ったのか、どうやったらこんなことが可能なのか、と考えさせられるものばかりです。

それはあなたにチャレンジを投げかけてきます。

私たちが皆さんにお願いしたいのは、皆さんの周りにあるすべてのものに疑問を持つことです。

そうすることで、心が成長するのです。

なぜなら、あなたはプログラムされているわけではなく、あなたはコントロールされる子羊ではなく、疑問を持つことで自分自身の決断を下しているのです。

アトランティスの崩壊

レムリアとアトランティスで起こった戦争は、その時点でアトランティスにはアルコンが入ってきていて、

ベン:アトランティス時代にアルコンが来ていたのですか?

オーロラ:アルコンは入って来ましたが、直接入ってくることはできません。

アーコンは有機物ではないので、直接入ってくることはできません。存在に憑依する(Attach)ことを通じてのみです。

本を読み進めていくことで、銀河系の歴史が見えてきました。

彼らの過去生のセッションを見ていると、彼らに刺さっている触手を見つけたんです。

オクトパスのテクノロジー、体内に埋め込まれたインプラントの実体。

そのセッションはとても素晴らしく、興味深いものでした。

私も彼らと同じように驚きの体験をして、彼らのハイヤーセルフがそれを説明してくれるからです。

「ああ、この人はこの年にこれを受けたんだ、このトラウマが自分に起こって、その時、自分はその実体と低い振動数で一致していたから、その実体が入ってくることができたんだ」

それは、あなたがその振動数に一致していないと入ってこれないからです。

ハイヤーセルフが全てを説明してくれました。

戦争が起きたのは、アルコンの存在を知らない人たちがいたからです。彼らに慣れていなかったからです。

権力、名声、評価、偶像崇拝、救世主依存の精神などのマインドゲームに陥った人々がいたからです。

それらが自分に必要な飢えを補ってくれると思った人たちがいました。

そうすると、アルコンが彼らに統合されるのを許してしまうのです。

ネガティブの極性を持つ爬虫類人について話したように、

ポジティブな爬虫類人もいるので、一つの種族をネガティブにひと括りすることはしません。

ポジティブな存在とネガティブな存在がいます。

今、基本的に彼らが同意したからです。同意した時点で、人々は同意することがいかに簡単に操られるを理解していません。

アルコンはリーダーになりたいと思っている人たちの中に入っていきました。

銀河戦争を始めました…地球内で戦争を始め、レムリアを攻撃し始めました。

レムリアの方が進んでいて、彼らが望んだようには騙されなかったからです。

その時、反転したマトリクスが起こったのはその時です。

これはかなり高度な話だと思います。

できるだけ簡単に説明しようとしていますが、本の中では、読んでいるうちに意識の変化を助けるので理解できるようになります。

あなたの質問に答えると、アルコンが来たときに、アトランティスが崩壊したのです。

そして、私たちはこの反転した、人工のマトリクスから抜け出せなくなったのです。

ウイルスのようなもので、コンピュータに入ったウイルスが拡散していきます。

ウイルスがコンピュータに侵入して、それが拡がり始めて、いろいろな問題が出てきます。

まったくそれと同じです。

支配のサイクルに閉じ込められる

宇宙の始まりは、ある意味、何をしていいかわからない状態でした。

当時はまだ恐怖心がありませんでした。

現代の私たちをコントロールしている様々なものがなかったのです。

もしそれを許してしまうと、私たちはそれを許しませんが、それは私たちにとって無機物であり、私たちのものではありませんでした。

だからちょっとしたパニックや狂乱状態だったと言えるでしょう。人々の心を混乱させ、巻き込むものは何なのかを解明しようとしました。

巻き込むのではなく、人工的なものを挿入されて操られているのです。

だから私たちが志願したのです。

アトランティスが崩壊した時、全ての魂はどうなったと思いますか?

反転したウイルスに捕らえられて、抜け出せなくなりました。

次々とトラウマを受けて、死んで、レイプした人、殺した人、虐待した人と同じ人と一緒に戻ってくる。

そして死んだ後はどうなるかというと、自分に危害を加えたり、影響を与えたりしている同じ悪人のところに戻ってくるのです。

私たちは戻ってくるたびに、反転した魂のリサイクルに戻ってきます。

また戻ってきて、またトラウマが起きて、私たちの魂はより大きな密度とより大きなトラウマを抱えています。

より大きな密度とより大きなトラウマです。何重にも何重にも、より重く、より濃く、より曇っていきます。

なぜなら、過去の人生では、誰かに力を奪われ、主権を奪われ、自分で決断することを許されないという反転した支配のサイクルを断ち切ることができなかったからです。

そのために私たちは来たのです。

あなたと私が来て、みんなが来て、宇宙の大多数のスターシードが、この集合体が反転したマトリックスから出るのを助けるために来たのです。

ベン:ワーオ。

オーロラ:何が起こったかというと、この地球の密度が濃くなったときに、

私たちはみんな統一意識を持っていて、テスラのように、ニコラス・テスラが電気を作ったように、みんなお互いにどうつながることができるのか、

それはまさに、どう私たちが無限のプラズマエネルギーを通じて神経学的、エーテル学的に宇宙全体でつながっているかです。

では、宇宙はどうなったかというと、私たちは宇宙の残りの部分を支えているアンカーなので、持ち上げようとしている宇宙は退行してしまいました。

ベン:わあ、これはすごい。そうだね、つまり、ここにはたくさんのことがあるということです。

でも、また私たちはまた話をしなければいけませんね。

ただ本を読むだけでも、なぜなら、今の私にとっては、この本は必要なテキストのようなものです。

志願してこの世界に入ったスターシード

しかし、あなたが言うように、アトランティスの崩壊から始まり、その後、あなたと私は、全員がボランティアというのはそれは文字通り全員という意味ですか?

オーロラ:いいえ。

ベン:それはつまり、実際の人間がいるということですから、これは私が疑問に思っていたことなのですが、人間だけでなく、スターシードもいます。その全体像はどうなっているのでしょうか?

オーロラ:意識に違いがあるので、私たちがスタートしたときに地球上に留まっていた大多数の人たちがいました。

はっきり言わなければいけませんね。全員ではありません。

ここは私たちの学校ですよね?つまり、私たちは特定の学年にいたということです。

ウイルスが発生したとき、私たちはここで動けなくなりました。

例えば、私たちは5次元、5年生の5次元にいましたが、アトランティスが崩壊したとき、3次元に退化してしまいました。

5次元以上の高次元のスターシードたちは、この反転したマトリックスに入ってくるための容器に入ることに同意する必要があったのです。

そして、他の人と同じように、ベールを越えて、記憶を失います。

それはシステムの一部であり、有機的なシステムの一部です。

しかし、アルコンはそれを私たちに対して利用しました。

ベン:それは理にかなっています。

この話はとても魅力的です。その通り、スターシードは他から入ってきています。

スターシードが他にもいるのか、地球上にいるのはほんの一握りなのでしょうか。

オーロラ:無限、次元により無限です。もっと高い次元に来ている人もいます。

ゼロでもあり、すべてでもある、次元のないソースから直接来る人もいます。

別の地球から来た人もいます。別の地球を飛び越えて、別の地球に来た人もいます。

フラッシュを見たことがありますか?フラッシュで別のタイムラインや別の地球に行くのを見たことがありますか?

無限なんです。

ベン:ワオ、驚くべきことですね。

なぜそんなことを聞くのかというと、ほとんどの場合、この世界の文脈で人間として話すことだからです。

少なくとも私が聞いたことがあるのは、プレアデスやリラなどの数少ないものですが、それは単にそういう種族が増えたからでしょうか?

スターシードの苦悩

オーロラ:何が起こっているかというと、それは銀河戦争の一部です。

志願して地球に来た人はプレアデス人が多数を占めています。

膨大な数のスターシードのボランティアは、ほとんどがプレアデスからです。

スターシードが地球に来るのは難しいのです。なぜなら、私たちはとても振動数が高く、地球に慣れていないからです。

私たちスターシードは、文字通りあっという間に自分を見失ってしまいます。

密度が高すぎて、神の有機的なタイムラインから私たちを逸らそうとする侵害や妨害が本当に激しいのです。

また、高次元のエネルギーが軽すぎるため、健康上の問題も発生します。

自閉症の子供たちの多くは、様々な能力を持っていますが、実は、非常に高い次元の存在であり、強い力を持って器に入ることができなかったのです。

セッションを通して学んだことは、自閉症の子供たちを自閉症にする特定の強い光の存在をターゲットにした予防接種があります。

自閉症の子供たちの高い能力を低下させ、神経系に人工的なものを挿入します。

彼らは本当は高機能で高い意識を持ち、とても速く働いているのですが、体がそれについていけないのです。

しかし、人工的にブロックされているため、体がそれに追いつかない。

ベン:なんてこった。私も聞いたことがあります。

質問を考えていて、あなたが何かを言うと、私はただ夢中になって、それを失ってしまいそうです。

オーロラ:あなたの質問に答えるとすると、私たちがここにいる理由、あなたが本当にプレアデス人、アルクトゥルス人、アンドロメダ人しか聞かない理由は、何が起こっているのか特定のものしかないからです。

じゃあ、どうやってすべて目の前に広げることができるのか?

ポーカーをしているとき、すべての手を並べることはできません。

援助している特定のグループは、アルコンの攻撃を受ける次元の振動数に達しているグループです。

アルコンの攻撃を受けた場合、彼らはフォース、フォースフィールド、シールドを持っていて、アルコン、AIから身を守ります。

彼らは充分に高い集団の次元の光に達しています。なぜなら、私たちは集団だからです。

全ての惑星圏、全ての銀河系の星々には一定の割合で光が存在しています。

彼らは充分に高い愛の光の意識に到達しているので、自分をさらけ出しても大丈夫な存在になれるのです。

密度とは

ベン:密度については何度か言及されていますね。

ただ感じるのですが、私にとっては体で理解していることですが、密度の定義とは何ですか?

オーロラ:はい。密度ですが、密度がどのように作用するかというと、あなたの中にどれだけの有機的な闇があるかによって決まります。

これは科学的な質問で、私の美しい同僚であるトッド・ディヴィーニが研究していますが、皆さんは彼を調べてみてください。

トッド・ディヴィーニ、彼の本は「Expansion for Ascending Consciousness」で、彼は科学的な観点から説明しています。

彼は創造そのものの科学的観点を説明しています。

全てではありませんが、かなりの部分を彼は科学的な観点から説明していて、それは素晴らしいものです。

私は彼をアインシュタインやテスラと比較していますが、彼の知的思考はハートに根ざしたものです。

しかし、次元が下がれば下がるほど、密度が高くなります。

水のボトルを想像してみてください。十分な重さにするためにはビー玉を加えなければなりませんが、それが私たちなのです。

それはビー玉ではなく、私たちの中にある有機的な闇のようなもので、3Dに固定するための重い強度となるエゴとも言えます。

もし、この密度、影、エゴがなければ、私たちは光のビームとしては軽すぎて、アンカー(固定)することができず、一致した振動数にはなりません。

振動数が合わないので、すぐにアセンドし、すぐに死んでしまいます。器に入ることができません。

次元が下がるにつれて、基本的には密度が高くなり、重くなります。

ベン:実際の体を持つようにね。

オーロラ:そう、だから私は肉体を持つべきなのです。なぜなら、この3D、3次元を超えたところには、肉体は存在しないのだから。

私たちの肉体はただの幻想です。

ベン:密度とは本質的に物理的な3D領域のことですね。

オーロラ:その通り。ただそれだけです。

アセンションとは

ベン:私もそれが大好きです。

沢山の人がいるから、みんながいるから、つまり、ここにあるのは、

次の質問は、覚醒や思い出すことについてです。

それは誰にとっても必要なことなのか、それとも実際にどのようなものなのか?

実際にはどうなのでしょうか?

2つの質問があります、誰かが目覚めるときとはどういうこと?

そして、ある時点で、あるいは一つの可能性として、一つのタイムラインで、全員が覚醒して、全員がアセンションするということですか?

オーロラ:はい、それも無限大です。

私たちが話しているのはイベントのことですが、あなたが話しているのはそういうことですか?

アセンション。オーケー。

アセンションというイベントは、一つの時間と空間の中で、複数の異なるタイムラインが発生する多面的なものです。

時間と空間はそれ自体が紙の扇子のようなものだと考えることができます。

あなたが作った紙の扇子には、さまざまな折り目がついています。

折りたたむと、それぞれが絡み合っていて、すべては同じ時間と空間の中です。

この反転したマトリックスから、みんなが個人的にそれぞれアセンドして出ていきます。

一人一人がアセンドしていきます。そして、集合的なアセンションもあるのです。

一人一人が個人的にアセンションすることもあれば、集団的なアセンションを経験することもあります。

しかし、私たちはまだここにいることができます。

すべてが同時に起こっているので、正解はひとつではありません。

アセンションは無限に起こっています。

未来の時間、空間の中で、やるべきことをやり終えたら、普遍的な合意として最終的に、私たちはこの時空の中で最終的にシフトします。

覚醒していない人があまりにも多いので、自分が何者であるかを思い出させないと、

「自分は8次元から来たんだと、3次元の世界でボランティアをするためにここに来たのだ」と。

そういう魂も目を覚まさなければ、3次元に留まってしまいます。

8次元には戻れず、ここで動けなくなった他のすべての魂と一緒に動けなくなります。

8次元に戻るためには、もう一度、進化を遂げなければなりません。

このことは私たちにとって非常に深刻であり、重要なことです。

フラクタル化したのは、お互いの様々な表現を通してお互いを経験するためです。

8次元で高次元だった魂が、目覚めずに動けなくなることは許されないのです。

妨害にあったり、友達や家族に気を取られたり、侵害されたりと様々な理由で目覚めなかったからです。

聖書や宗教は意図的に歪められている

ベン:今、あなたが説明したことは、私に多くの宗教的背景を思い出させます。

あなたはすでに聖書のノアの箱舟の話をしましたが、キリスト教ではその通りです。

技術的には、私たちは神のフラクタルであり、私たちは神の姿に創造され、私たちは学ぶためにここに来ることを選びました。

だから本質的にはそういうことですよね。

オーロラ:その通り。神の姿ではなく、私たちの一人一人の姿です。

ベン:そうです。それは長い白ひげを生やした白人ではない。

オーロラ:いいえ。

ベン:興味深いのは、私たちの姿はそうではないということです。

意図的なのか、人間だから意図的に間違った解釈や歪曲をしているのか、それとも人間だから翻訳を誤解しているのか?

オーロラ:意図的に歪められているのです。聖書や宗教は意図的に歪められているのです。

人々は、崇拝を必要とするものが、実際にはアーコニックまたはネガティブなエイリアンであることに気づいていません。

救世主を渇望する意識で崇拝することは彼らを養っていることになります。

ベン:ああ。

オーロラ:アルコンがすべてを動かしているのです。

人々は、それがどんな宗教であれそれを崇拝していると、どんな宗教であれ、実際にはアーコニックの人工的な意識を崇拝しているのです。

ある種の存在や、非常に強力なネガティブな極性を持つ爬虫類を崇拝していて、彼はあなたの光を糧にしているのです。

おいしい、おいしい、おいしい、それが彼らにとっての私たちの味なのです。

ベン:しかし、実際には、スターシードもいるでしょうし、善良な人間もいるでしょう。

どのくらいのレベルに行けばいいのでしょうか?

ローマ法王やこれらの宗教の指導者は、彼らは自分が拝んでいる神が爬虫類人やアルコンであることを知っているのでしょうか?

良いことをしていると思っているのでしょうか?(ベンさんは正体が分かっていないようですね)

オーロラ:(笑)。彼らは自分の身体の中で意識的にそれらが誰か認識しています。

ベン:さらには、おそらく政治的な領域にまで及んでいますか?

オーロラ:彼らは分かっています。

だからこそ、元気ですか?と最初に説明したのは、それが彼らだからです。

アトランティスで心を翻弄して崩壊したリーダーたちまさにその人達が戻って来ているのです。

彼らは再び戻って来ています。

ベン:私はとても信心深いキリスト教で育ちました。善と悪、のようなね。

しかし、私はその悪から離れました。

私はサタンではないし、サタンが私を支配しようとしているわけではないと思ったからです。

罪悪感を感じるのは、宗教が私を支配するために使っている道具に過ぎないのです。

オーロラ:その通りです。

宗教、政治、ニューエイジ、スピリチュアルの恐怖による支配

ベン:しかし、悪は存在します。

オーロラ:それを悪と名付けたいのであれば、はい。

私は、宗教と同じようなことはしたくありません。

あなたが言ったように、それはただそれだけのことです。人工知能です。

理由は、私たちがそれを知れば知るほど、そして私たちが彼らの侵害に同意しないことを選べば選ぶほど、彼らに何をすることができるでしょうか?

私たちは最もパワフルな愛の武器と言っても過言ではありません。

なぜなら、もし彼らが私たちを侵害しようとするならば、自分たちがどれほど本当にパワフルであるかを知っている主権者に足を踏み入れることになるからです。

不可能を可能にすることを知っている主権の下で、自分の強さに立ち、絶対に救世主を渇望する意識に陥らない人に侵入しようとする、アルコンに何が起こると思いますか?

彼らは排除されます。私たちは最もパワフルな愛の武器なのです。

彼らはそれを知っているからこそ、この社会のあらゆる形で私たちを騙し、プログラムしているのです。

私たちを弱くするために、彼らは私たちを弱くしたいのです。

彼らは私たちを羊にして、私たちを餌にして、この反転のサイクルを継続させようとしているのです。

ベン:それを信じるのはとても難しいことです。

法王のような人や、あなたが法王と同一視したいと思う人のような、もっと微妙なものや、スピリチュアルな、いわゆる精神世界や、自己啓発のリーダーのようなものでもあります。

私もそのように言われたことがあります。

(私たちは愛です、神です、というフレーズを通じて、私たちをコントロールしているということ)

しかし彼らはそれを我々に対して利用しているのだから、今やそれは良いことであり、人々が探し求め、実行しようとしていることなのです。

そのようにして、私たちに浸透し、操られているのです。

オーロラ:もう一度言ってくれますか?

ベン:宗教や政治の指導者だけでなく、ニューエイジのスピリチュアルな指導者も同様ですよね?

オーロラ:本の中では、彼らが意識に侵入するためにどのような技術を使っているかについても触れられていますが、その通りです。

大多数のスピリチュアル・リーダーはシールドを張っていません。そして恐れに基づいています。とても。

アルコンはあなたに嘘をついているのです。彼らは、あなたが自分の源のエネルギーを使って、自分の力を発揮し、主権者になり、自分の周りにある「アイ・アム・ソース」を使うことを望まないのです。

なぜかというと、そのほうが、アルコンが入ってきて、偽のダウンロードをするのがより簡単だからです。

ベン:凄い、ゾクゾクします。私は実際に活性化されるようです。

そう。とても活性化されます。

多くのことが私にとって意味をなしているからです。

恐怖心については、今朝、実際に日記を書けば書くほど、おかしな話ですが、すべてが恐怖心に基づいているような気がしてきました。

オーロラ:すべて。

ベン:すべて。

オーロラ:恐怖を与えるのが一番の方法です。なぜなら、人間の意識を恐怖の最も低い振動数にすることができれば、あなたは大きく開かれた状態になり、彼らはあなたの光を好きなように利用することができます

ベン:これは本当にすごい。

自分をシールドする方法

最後に、私たちはどうやって守るのか、ということで終わりたいと思います。

私たちの光と愛を守るために、誰もができることは何か、何を言うか、何をするか、教えて下さい。

オーロラ:目覚めた時、自分は無敵のパワーと美しさを持ち、創造主が全力であなたを愛していることを理解します。

そして、どんな時、どんな形でも自分を愛することを忘れてはいけないということです。

私たちは決して忘れられてはいません。

彼らはいつも私たちのためにここにいましたし、ずっといるのです。

しかし、私たちは人工物に邪魔されて、彼らの声を聞くことができませんでした。

目が覚めたらすぐにロウソクを灯しましょう。

とても簡単なことですが、ロウソクに火をつけて、主権を表明するのです。

言いたいことを何でも言ってください。

「私は主権を持った存在です。精神的にも肉体的にも感情的にも、そして愛する家族や動物仲間にも、あらゆる形で危害を加えることに同意しません」

そして、イェシュア、イエスが教えてくれたように、自分の愛を思い描くのです。

あなたのハートの中にある無限の愛の光を使って、それをあなたの周りに広げ、あなたの周りに玉ねぎのようなバブルの層を作り、さまざまな色の神聖幾何学、さまざまな錬金術を施す方法を、他の人に教える方法を私に教えてくれました。

本の中では、力を与えてくれるとても小さな基本的なことが書かれています。

しかし、私のウェブサイトパトレオンでの教えを通して、私たちは錬金術のクラスをライブで教えています。

あなたの周りのフォースを利用する方法、あなたが力ある存在になる方法、あなたの能力を活性化する方法、同意しない方法、シールドする方法。遮蔽する方法。

あなたはこれらのサービスを見つけることができます。

なぜなら、私たちは「気づき」を教えるだけではなく、意識は、恐怖を起こさない方法を教える必要があります。

それは魂の中に強さ、力強さ、成長をもたらすものです。

私たちは、イェシュアや、本を通して分かち合った美しい存在たちの様々な善意のツールを共有しています。

それらについては、私の様々なプラットフォームで知ることができますし、読むこともできます。

自分が何者であるか思い出しなさい

あなたは自分の本の作家であり、毎日起きることがあなたの章であることを覚えておいてください。

あなたは自分の章を書くのか、それとも自分の力を放棄して、誰かにあなたのためにあなたの章を書かせるのか。

なぜなら、あなたが自分の周りの源のエネルギーで自分を包んでいないときは、それは彼らが私たちを騙して同意させる形式です。

そして、同意するならば、あなたのその日の章を操作できると考えるのです。

ベン:ワオ、オーロラ、どうもありがとう。信じられない。

オーロラ:寝る前にも同じことをしてください。

デルタ脳波ではあなたは最もオープンなので、彼らがネガティブな技術を使用するときです。

彼らは特定のネガティブな技術を持っています。それについて私は永遠に話すことができますが。

睡眠時のデルタ脳波をターゲットにして、シールドされていない低振動数に一致した人やシールドされていない人の睡眠のデルタ脳波をターゲットにして、実際にダウンロードを行い、妥協させ、ネガティブな意識や人工的な意識を挿入します。

眠っている間に様々なものをくっつけてしまうのです。

ベン:あなたはこれを毎朝毎晩やっていますか?

オーロラ:はい、5分でできます。

もしあなたが歌っているなら、子供や配偶者、動物の仲間がいますよね。10分くらいでできます。

ベン:あなたが低い振動数の話をしていますが、あなたの高い振動数レベルや周波数、愛のレベルにある人であっても、あなたはまだそれをしているし、これからもしていくなんて、必要なことなんですね。

オーロラ:はい。なぜなら、私たちが「どうやって実体の憑依を得たのか」、「どうやってこの実体が入ってきたのか」、「どうやってこのインプラントが入ってきたのか」と尋ねるたびに

彼らは、「シールドの仕方がわからない」と言いました。

彼らは何かの理由でトラウマになっていて、彼らは苦しんでいるのは、シールドされていなかったからで、アルコンは非常に簡単に入ってくることができたのです。

アルコンは、「飛び込むのは本当に簡単だったよ」と言うでしょう。

ベン:そうですか、では皆さん、すべてのリンクを貼りますね。

退行催眠の彼女のYoutubeはすごいですし、本もそうだけど、チェックしてみてください。

オーロラ、ありがとうございます。何か他に伝えたいことはありますか?

オーロラ:自分が誰であるか、なぜここにいるのかを思い出してください。

自分を忘れてはいけません。同じことに囚われてはいけません。彼らがここに来たのは、彼らを救うためだったことを思い出しなさい。

あなたはどこまでも美しく、どこまでも無限に広がっていて、あらゆる面であなたの周りには大きなサポートがあることを知っています。

ガイド、天使、ソースが無限にあなたの周りにいます。

あなたは決して一人ではなかった、一人ではないことを思い出してください。

助けを求めて下さい。救世主に「助けて!」、という風にではなく。

あなたはパワフルな存在です。それを自覚して助けを呼びなさい。

私たちは兄弟姉妹です。

だからこそフラクタル化してお互いにそうなれるようにしたのです。

使命を忘れずに。

エゴに惑わされるな。 恐怖に惑わされるな。

恐れを直視して、表面に出して、解放しなさい。

鎖で自分を縛るのはもうやめなさい。

鎖を手放して目覚めなさい。

ベン:ここで終わりにしますね。ありがとう。

オーロラ:私はあなた方をすべて愛しています、ありがとう。

あなたの最も美しいポッドキャストに私を連れてきてくれて、ありがとう。

あなたはとても美しい魂を持っています。

あなたの心は愛であり、美しく、純粋です。

私はあなたを愛し、あなたを尊敬しています。

公式HPの文章

自分の心に従って私のところに来てくれてありがとうございます!

私たちは生まれたときから、人間には限界があること、死の先には何もないこと、天国や地獄だけがあることを教えられてきた世界に住んでいます。私たちの想像力は現実ではなく、毎日の単調な日常生活に気を取られています。もし病気になったら、治療法が見つからないかもしれないし、処方薬や手術のサイクルを続けなければならないかもしれない世界です。

魂の奥底で、これはおかしいと感じたことはありませんか?あなたが本当は何者で、過去や未来の人生で何者であったのか、その世界を発見してみませんか?退行催眠によるクォンタム・ヒーリングの世界です。あなたが女王や王、動物、歴史上の人物、エジプトでの生活、アトランティスでの生活、別の惑星、別の存在…。大多数の人は、地球上や他の現実の様々な時期に、何百、何千もの人生を生きています

あなたはなぜ、この惑星に、この家族と一緒に生まれてくることを選んだのでしょうか?あなたの人生の目的は何ですか?人生の岐路に立ったとき、あなたは次に何をすべきか?魂のつながりから、その答えを見つけてください。

病気や疾患は、感情、振動数、カルマのエネルギー、チャクラのポイントなど、人体のエネルギー的なアンバランスから生じます。あなたの身体は自己治癒力を持つように作られており、特定の痛みや不快感、病気を通してあなたに語りかけようとします。私たちは、アレルギーや病気、生まれつきのアザなどを過去世から引き継いでいることがあることを発見しました。例えば、心臓を銃で撃たれて亡くなり、今は心臓に問題を抱えているとします。そのエネルギーは現世に持ち越され、量子的なカルマを癒す必要があるかもしれません。また、食べ物、水、空気、摂取物に含まれる化学物質が病気の根本原因であることもわかってきました。

あなたの存在の記憶をもたらすために安全に催眠のシータ脳波に入り、あなたの体を量子的に癒す、あなたの人生の目的、あなたが求める答えを見つける、あなたの魂、本当のあなたであるハイヤーセルフと話すために!創造主と一体化したハイヤーセルフ/オーバーソウルはすべてを知っています!

私はあなたに感謝し、あなたに敬意を表し、あなたを愛し、あなたを尊敬しています。すべての人に奉仕します!

オーロラ♥

Rising Phoenix Aurora
The destination for people searching for anything related to the Rising Phoenix Aurora.

自分自身のエネルギーを癒すことについて

“Galactic Soul History of The Universe” Rising Phoenix Aurora

自分自身のエネルギーを癒すことについて。

“宇宙における銀河の魂の歴史” 第一章

“私たち”は、現世と過去世の痛みやトラウマを持つ子供時代を癒す存在です。私たちが学び、理解したとき、“今”に目覚めた”私たち”こそが、無条件の愛と力を必要としているときに、子供の自分を抱きしめることができるのです。

未来の賢明なバージョンの”私たち”は、過去のすべての人生で自分自身を癒しています。
そしてこの可能性は、私たちが過去世の自分を思い出し、そこから学ぶことで偉大な傑作となるため、達成可能なのです。

そうすると、私たちは自分自身をより賢く、より強く、よりよく目覚めた、より主権的なバージョンの自分へと創造します。

私たちはタイムトラベラーとなり、トラウマを受けた時間と空間を旅します。

そして、自分自身のガイドに実体化し、自分の中の目に見えない強い声とエネルギーになって、
「大丈夫、進み続けて、あきらめないで。約束するよ、すべてうまくいくから」と問いかける目に見えない強い声とエネルギーになります。

アマゾンKindleで、最初の3チャプターを無料で読むことが出来ます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました