即興の再会①: 光はすべての闇を暴く:JC KAY&チャーリー・ウォード

未来にワクワク

◆メールで更新をお知らせします◆

(迷惑メールフォルダを確認し確認メールをクリックして下さい)


 

即興の再会①: 光はすべての闇を暴く:JC KAY&チャーリー・ウォード

サイモンさんのアップデートがあったので取り掛かっていたのに後回しにしていましたが、今の現状私たちがいかに生きていくかについて沢山の素晴らしいアドバイスが詰まった対談です。

全55分のうちの前半の29分までの全訳です。

JC Kayさんはとにかく正直な方で私は大好きです。それがいちばん重要な資質に思います。

アセンションへの道は周波数を上げること

インテルなどの最新情報はありませんが、どうすれば自分の意識を上げていけるのか、本来はこういった内容のほうが遥かに重要に思います。アドバイスを取り入れて日常で実践してください。

#218 An Impromptu Catch Up with Charlie! (JC Kay + Charlie Ward)

フェイク(偽物)が今暴かれている

JC:何が起こったのか、また会うことになりましたね。

チャーリー:すごくない? 人生ってこんなに素晴らしいんだ。

物事が起きるのは理由があるだ。

あなたに会った瞬間から、あなたのエネルギーが大好きでした。

そして今、私たちが経験しているのは、

プラスチックのキリスト教徒や愛国者、プラスチックの変人たちが何人も関わっていて、偽物たちが自分たちを暴露しているんだ。

JC:フェイク、フェイク。

チャーリー:その通り、その通り!

私はシェル(潜在的エージェント)と呼ばれ、MI6のエージェントと呼ばれています。

JC:私はペテン師と呼ばれたことがありますよ。

誰かが、「彼女はカバールとイルミナティの一員だ」と言っていました。

私は、「それは一体どこから来たんだ!?」と思いました。

私は、「何それ、ただの母親なのに」。

チャーリー:MI6のエージェントと呼ばれたとき、私はおそらくリストの最後の一人になるだろうと思ったんだ、黙っていられないからね(笑)

諜報部員って、秘密とかそういうの守ってるんじゃないの?

JC:誰もが、「あなたと私は親友だ」と言い続けました。

もう1年も話していないのに。

文字通りもう1年も話していないのにですよ。

12月21日の前にマイケルジェイコと一緒にインタビューしたような覚えがあります。

2020年12月20日、それが最後でした。

だから私は2020年以降、あなたとずっと話していないのです。

チャーリー:でも、それがいい友達というものです。

毎日話す必要はない。

親友は何年も離れていても、会うだけで、まるで昨日のことのようなんです。

JC:そうしたら、アルファが私たちにメッセージを送ってきたんです。

「JCはどこに行ったの」、って。

チャーリー:そうそう、アルファの良いところは、私の家に来たことがあるんです。

私の家族に会ったことがあります。

妻にも会いました。

本当の私を知っています。

というのも、街で会った人が、私が本物かどうか確かめに来たことが何度かあるからです。

JC:知ってる、知ってる。

マーク(アトウッド)はいつも、

「安心しろ、チャーリーはただチャーリーなんだ。チャーリーは子供で、あのままなんだ」

と言っています。

チャーリー:そうそう。

マークともう一人のマークは、まだ実際に会ったことがないんだ。

4月には自由に行き来できるようになるだろう

JC:そうなんですね。

彼と私は同じロックダウンが最も厳しい国にいるので、越境や入国審査が厳しいんです。

でも、それももうすぐ変わると思っています。

旅行やその他もろもろも、すぐにシフトしていくと思います。

3月末から4月にかけて、そのような時期だと感じています。

いつも感じていることです。

私とのセッションでも、そのことが何度か出てきています。

だから、4月頃には(みんなにとって)大きな再会があると思っています。

そして、普段はあまり見る機会がないのですが、あるビデオを見ていました。

占星術師も同じことを言っていました。

彼女は3月から4月にかけて、たくさんの再会があると言っています。

先日、ヒーリングセッションのようなものを受けて、そのことが伝わってきたんです。

だから、きっとそれはこの空気中にあるんだ、空気中にあるはずなんです(感じられる人にはわかるはずです)。

だから、ちゃんとした同窓会を開きましょう。

地元の人たちが集まってパーティーを開くだけでなく、視聴者のみんなとのツアーとか実現しそうですね。

会いたい人がたくさんいます。

たくさんの人がいるんです。

世界中にいる多くの視聴者に会いたいです。

あなたも同じでしょう。

チャーリー:4月からツアーを開始します。

私たちはアメリカの言葉を使いません。

愛国者とも、偉大なる目覚めのツアーとも呼びませんよ。

JC:それはいいアイデアですね。

2月から物事は急速に進展する&Qフォン

チャーリー:4月にやる予定なんだ。楽しみにしているよ。

しかし、ミシェル・フィールディングを知っているかどうかわかりませんが、彼女があることを指摘していました。

私は彼女と定期的に話をしています。

彼女は2021年にこう言いました。

「チャーリー、2022年の始まりは、中国の暦では私たちは丑年です。牛は土地の準備の代名詞です」

彼女はこう言いました。

「2月は、現実的なこと、すべてを正しく実行すること、 2月からは物事が急速に進展する虎の年になる」

と言っていました。

JC:はい、虎は良いですね。

チャーリー:2月3月4月と、いろいろなことがはっきりと見えてくると思います。

なぜなら私は、その裏で何が起こっているのかを知っているからです。

これはすべて金融リセットを隠すためのものです。

初日から分かっていたことです。

そして、ハードワークは完了しました。

まだまだやるべきことはあります。

新しい携帯電話を出すこと以上に重要なことはありません。

JC:へぇー、そんなの聞いたことないよ、どんなのですか。

ディスクを想像しています。

チャーリー:iPhoneに似ていますね。

iPhoneに似ているよ。

テスラフォンなんですが、Qテクノロジーが使われている。

*Qフォンについて

私はただ流れに身を任せているだけ

JC:ああ、誰かに聞きました。

よくわからないけど。

わかるでしょ、チャーリー、私はいろいろなことを聞いても、ただそんなことはどうでもいいんです。

私はただ、その流れに身を任せているだけなんです。

それが今来るか、後で来るか、全部良いんです。

私が一番気にしているのは、自分の感情と、自分のエネルギーをどう守るかということです。

そして、この人生と一日一日をどう過ごすか。

私が誰にでもできる最高のアドバイスは、ただ今を生き、最高に幸せであること、

そして、その他のことはあったらさらに嬉しいことなだけです。

全部そうなんです。

チャーリー:その通り。

JC:メドベッドがあってもなくても、それがあれば、それはさらに嬉しいことなだけなんです。

そして、私が最近やっている最大のこと、1年間あなたと話していないので言っておきますが、

最近、私がしている最大のことは、私のフォロワーに主権者としての力を与え、自分の足で立つようにするよう助けることです。

そして、次に何が起こるかとか、そういう細かいディテールにこだわるのをやめることです。

細かいディテールは、それはある程度は、私たちがどこへ向かっているのかのビジョンを与えるという点で良いことだと思います。

しかし、私は、人々は自分自身の人生の主導権を握り、機能していないシステムを解体しなければならないのです。

なぜなら、多くの人が職を失い、学校教育や健康について考え直す人がたくさんいるからです。

そして、観客を持つ人間としてできる最善のことは、彼らに最も力を与えるものを見せることです。

例えば昨日は振り子を使ったビデオを撮りました。夜中に促されたんです。

私はいつも流れが来るからするのです。

だから、あなたとビデオを収録したのです。

促されてやるしかないからです。

チャーリー:私たちはたった30分前に話したばかりです。

JC:そう、30分も経っていませんね。

あなたがメッセージを送ってきて、ショーをやろう、と言うので。

私は「ええっ、トレーニングウェアを着てるんだけど」と。

ちょっと待って。

だから、基本的にはそうやってなるようにしかならないんです。

流れに身を任せるしかない。

でも、ダウジングでちょっとだけビデオを撮ってみたんだけど、これは何だかわかるかな?

だから、それは振り子を使うんですね。

振り子はあなたを助けてくれます。

ある種の占いの一種であり、ある種のものを利用し、質問を始め、ある種の質問を組み立てると、物事の方向性について答えを得ることができ、物事を具体化することができるのです。

私が尋ねたことの一つは、少し論争になっていたので、「人々が金と銀を買うことは重要なのか」、と聞いてみたのです。

でも、私はただ、自分の人生の舵取りをするように言っているだけなのですが、「多分(Maybe)」と出たんです。

というように、何度も「多分」と出てきて、

何か質問するたびに、「多分」と出る場合、それについて明確な答えが得られないのです。

なぜかというと、それは自分の選択だからです。

だから、あなたはどちらでもよいのです。

積極的な生き方の一部の方向を選ぶこともできます。

そして、あなたは、実際に、私はいくらか投資するつもりです。

株式市場がどうなっているかは、見ての通りです。

金や銀に投資することもできますし、そうしないという選択もあります。

いずれにしても、誰も取り残されることはないと思うんです。

自分に力を与えてくれることを何か始めるしかないと思うんです。

もしそう思わないのなら、私はただ、誰も取り残されないと思うよ、と言っておきます。

本当にそう思っています。

ただ、私は(皆にとっての救済が)あるんだと思います。

「そんな簡単(シンプル)なことじゃない」は嘘

チャーリー:誰も取り残されることはないよ、あなたに同意します。

今日、あるものを送ってもらったんだけど、これがまたすごいんだ。

このスクリーンに映せるかな。

ちょっと待ってね。

それをここに持ってくる必要がある。

というのも、これは、、、

ちょっと待って。

これは非常に貴重なものなので、共有したいと思います。

JC:オーケー、見せて。

チャーリー:これだよ。

さて、これを見ることができるかどうかわからないが。

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

「一番大きかったのは何ですか?

あなたがつかれた最大の嘘は何ですか?

そんなに簡単(シンプル)なことじゃない」

いいや、それは私が言われた中で最大の嘘だ。

「そんな簡単(シンプル)なことじゃない」

それはカバールがあなたに言う嘘です。

ああ、あきらめるのは簡単じゃない。

そう。

本当のところはどうなんだろう。

その通りなんだ。

無理だと言われたことをやればいいんだよ。

それはとても簡単なことなのです。

そしてそれは常にそうだったのです。

で、一番大きいのは何だと思いますか。

私はただ、美しいと思っただけです。

そんな簡単なことじゃないと言われるけど、

よく言われますね。

あなたと私は、それがとても簡単であることを証明しました。

JC:そうです。ただ「今」を生きて、今この瞬間を楽しもう。

そうでないとね。

チャーリー:その通り。

JC:人々はすべてを複雑にしています。

だから正直に言いますよ。

私はだから本当に離れてしまったんです。

あなたのインタビューは、真実追求者のネットワーク全体で私が行った最後のインタビューの1つだと思います。

なぜなら、私は自分のことをやりたかったからです。

私はルールには従いません。

義務的に何かをするのは好きではありません。

自分のことは自分でやりたい。

誰かに頼まれたからやる、ということはしません。

私の尊敬する友人たちが、彼らのショーに出演するよう懇願してきたのです。

でも、私はそんな気にはならないのです。

そして、初めて会った人たちが、「私と一緒にショーをやらないか」と言ってきて、それが正しいと感じれば、それをやるんです。

だから、私の人生はシンプルだと言いたいのなら、 シンプルに言うならその通りでしょうね。

確かにそうですね。

なぜなら、人を自分自身や真実から遠ざけるのは、義務感で物事を行うことだと思うからです。

そして、この世界で起こっていることのすべての理由は、わかりますか、

みんなが従っているのは、義務感からやっているからです。

そして、自分の本当のパワーを知らないのです。

自分自身を知らない。

一歩離れて、自分のことをしたときに、どれほどの力があるのかを知らない。

それがあってもなくても、自分は大丈夫だということを知らない。

自分の人生について、このストーリー全体を自分で構築しているのです。

うまくいくためには、ある方法で行わなければならないのだとか。

だから、すべてを失い、すべてを手放し、ただ身を委ね、ありのままの自分で、物事が起こることをただ許したとき、

そのときこそ、魔法が起こり、すべてが流れ出すときなのです。

私は自分自身のためにそれをしなければなりませんでした。

なぜなら、私は知らなかったからです。

突然、あっという間にフォロワーが増えました。

そうなんです、ただ人のショーに出るだけだったんです。

どうしたらいいのかわからなくなったとき、「ただ自分のことをやりなさい」とメッセージを受けたんです。

ひとたび自分を信じ、直感に従うという旅に出れば、人生はシンプルになると思います。

なぜなら、あなたは練習を始め、真実の筋肉を鍛え始めるからです。

直感に従うか、義務的に何かをするかは別として、

私はもう義務で何かをすることを拒否しました。

これは義務ではないのです。そんなものではないのです。

あなたがメールしてきて、「ショーをやらないかい?」、

私は、「オーケー、いい感じだ、いい感じがする」と思いました。

で、私は「よし、やりましょう」となったんです。

私たちはもう勝った

チャーリー:その通り。自分を手放すということは、自分のバックボーン(背骨)を取り除くことではないのです。

いや、バックボーンは必要だ。自分の中に何か強いものが必要だよ。

でも、ただ流れに身を任せながら、内なる強さも持つことです。

そして、今オーストラリアで起きているロックダウンやその他もろもろのクレイジーなこと、

それは、人々に主権者としての自覚を芽生えさせることです。

「私は自分の権利のために立ち上がるんだ」と。

そして、世界の99.9%が0.01%に反対していることを人々が理解したとき、

圧政に対抗するために団結する時である、私たちは今、このような状況にあるのです。

私たちは今、圧政の時代にいて、それが露呈しているのです。

プロジェクトルッキンググラスや、チャネリングによって未来を見通すことができる人たち、

プロジェクトルッキンググラス “Project looking glass ” The future seen by the elite in looking glass.

*プロジェクト・ルッキンググラスについては以下の記事もお読みください。

そして、あなたのように物事をはっきりと見ることができる人たちがいるから、彼らはそんなことできないはずだ。

私たちは結果を知っている(笑)。

JC:私たちはもう勝った。

チャーリー:私たちの勝ったんだ、神の勝利だよ。

ずっと前に勝ったんだ。

JC:「いつまでみんなここでそんな話をしているの、私はもうそこにはいませんよ」、という感じです。

チャーリー:だから笑えるんだよ。

私たちは笑い飛ばせるのさ。

面白いものがあるよ。

JC:邪魔するつもりはなかったんだけど、みんなはこう言っています。

「チャーリーはなぜいつも笑顔なの?世界がとんでもない方向に進んでいるのに、なぜそんなに幸せそうなの?」。

チャーリー:その通り。私たちは何が起こったかを知っているからだ。

結果を知っているんだ。

モハメド・アリがカシアス・クレイに戻ったとき、あるいはモハメドに改名ときのビデオを送ってくれた人がいて、とても気に入ったんだ。

Do you have a bodyguard? Muhammad Ali

モハメド・アリに変わったばかりの頃、

あるトーク番組に出演したとき、司会者が「ボディーガードはいますか?」と聞くと、

彼は指を通り越して見ていて、もうそこにいないんだ。

「ボディーガードが一人いる。

彼は目がないが、私を見ることができる。

耳はないが、私を聞くことができる。

彼は、彼が望むものを何でも通過していく。

そして彼は私の、彼は神、彼はアラーだ。

そして彼は私のボディーガードなんだ」。

私はそれをとても美しいと思いました。

とても美しい。

そして、あなたのボディーガードが誰であるかを知っているとき、、、

そう、私は脅迫されたことがあります。

ドアをノックされたこともあります。

JC:それは酷い。

チャーリー:でも、私は誰のために働いているのか知っています。私は神のために働いているのです。

それに昔から知っているんだが、

奴らは相手に危害を加えようとするならば、彼らは言いに来ないんだ。

ただ叩いてくるんだよ。

ゆだねる(surrender)

JC:そうそう、最近よく出てくる言葉が「ゆだねる(手放す、降伏、放棄、surrender)」です。

それは弱さだと思われがちですが、そうではありません。

ここ数ヶ月でわかったんです。

実際に全てを手放し、ゆだねるところまで行くには、相当な強さが必要です。

そのためには、大きな勇気が必要です。

なぜなら、人はバラバラになるのを恐れて、自分の人生の多くのものにしがみつくからです。

そして、多くのものにしがみつくのは、それが自分の人生をつなぎとめ、強くしてくれるものだと考えるからです。

でも、そういう考えが浮かんだので、クリスマスに一人きりで過ごすことにしたんです。

娘を父親に預けて、ただ一人で過ごしました。

電話も何もない、農場にある小さな小さな家で、何日も周りに誰もいない中で。

それは私がこれまでにした中で最高のことだったんです。

私はすべてを手放しました。

私はただ自分のために考えました。

私は今までで最高の気分でした。

私はすべてを放棄しました。

私は何も必要ないことに気づきました。

何も必要ない、ただ何もいらない。

何もいらないよ、誰も何もいらないんだよ。

それがあるなら、それはそれで嬉しい。

なぜなら、何も持っていない状態で、何もいらないと言えるようになったときが、

あなたが人生で到達することができる最も力を与えてくれる場所なのです。

それが本当の意味での降伏です。

そしてそれは、特にある状況をコントロールしようとしているときです。

あなたが本当に本当に必死に投資しているもの、人間関係でも、仕事の成果でも、何でもいいんです。

それに没頭しているとき、それを失う時、

そして、実際に神に向かってこう言うのです、私は何度かそうしなければなりませんでした。

「私はただ降伏します、何がどうなろうと、私はその結果に対処できますように」。

それは人生の中で本当に本当に力を与えてくれる瞬間です。

そして、それは多くの、、、

そう自分に言い聞かせるとき、多くの苦悩や不安な感情が湧いてくるものです。

しかし、あなたが本当に手放すと、神の奇跡が起こります。

この数ヶ月の間に何度も自分自身で目の当たりにしてきました。

一度でも自分の道を踏み外したら、奇跡が起こるのを見ることができるでしょう。

チャーリー:あなたがそう言っているとき、私は神への降伏について考えていました。

降伏したときに最初に消えるのは恐れです。

降伏したら、恐れたりパニックになったりすると思っているからです。

それは全く逆で、神に身を委ねると、恐怖、心配、懸念は一瞬で消え去ります。

それはまるで子供のように。

他の子供たちと何かのために戦っている時にはね。

例えば子供の頃、私の父と母には5人の子供がいて、5つのプラスチックのコップがありました。

4つは黒で、1つは緑でした。

私たちは緑色のものを取り合いました。

手に入れたら1分もしないうちに、もういらないと思ってしまう。

あなたは持っているからです。

これは、物事のために戦って、ふとした瞬間に、なぜそのために戦ったのかと考えるのと同じ心理なのです。

私はそういう話を何度もしてきました。

新しい車を買ったとき、新しいボートを買ったとき、何か新しい特別なものを買ったとき。

一日くらいは興奮するけど、

ボートの場合、持っていてよかったと思う日は2日あると言われています。

買った日と、売った日です(笑)。

その通りだと思います。

そして、これらは単なる所有物であり、

神とつながったとき、それは何の価値もない。

誰かに何かを与えると、神はそれを与えてくださる

私たちはホームレスの人たちに食事を与えてきました。

その満足感は何日も、何週間も、何ヶ月も、何年も続きます。

また行きたい、もっとやりたい、もっとやりたいと思うようになるのです。

クリスマスには皆に食事をしてもらいましたが、もちろん1月が来て悪天候がやってきました。

妻が言いました。

「みんなにコートと毛布を買ってこないと」、「あれもこれも買ってこないと」。

そして、この旅で素晴らしいのは、

人生で何かを望むなら、

誰かのために何かを始めることを条件に、神はそれを与えてくださるのです。

JC:そう、100%です。私もそうなるのを見ています。

チャーリー:そして、もしあなたが誰かのために何かを始めるなら、

健康であろうと、車であろうと、屋根であろうと、欲しいものが何であろうと、

私の場合、10年前は奥さんでしたがね(笑)

しかし、他の人のために何かを始めなければいけません。

JC:そしてこれが私のやり方でもあるんです、チャーリー。

私はこの旅で、とても祝福されています。

なぜなら、私が始めたとき、全く働いていなかったのを覚えています。

お金もない、何もない。

マークと出会ったとき、彼は私に「ユーチューブチャンネルを収益化するな」と言ったんです。

取り押さえられるかもしれないと。

というのも、「これとは別にお金を稼ぐ方法を教えてあげるよ」と。

「そうすれば、あなたは自立した人間になれる」。

私はそうして彼のアドバイスに従いました。

そして、私は引っ越しをすることができました。

元夫と一つ屋根の下で別居していたのが、 自分の家に引っ越すことができました。

そして、豊かさが私に訪れるたびに、私はいつも、それを分け与えています。

私は常にどれだけのことをやっているのか、そしてそれを個人的にやっているのか、言い尽くすことができません。

私はそれをするだけで、それを人に話すことはありません。

私はただ、人々が必要としていることを必要なときに、その人のためにするようなものなのです。

私はそうしようと思う気持ちから、シャツをプレゼントすることにしました。

もし私がどんな形であれ、祝福されているのなら、

私はそれを人々と共有する必要があり、私はできるだけ多くの援助を人々に提供する必要があるのです。

そして私はいつも、これが5次元的な生き方だと言っています。

これは5次元的な考え方です。

私のショーには、ゴードン・スミスという人が出演しています。

彼はヒプノセラピストで、近々コースを開く予定です。

土曜と日曜に開催されるコースです。

#215 HIGHLIGHT ON HEALERS: Gordon Smith – The Power of Hypnotherapy (with JC Kay)

彼は私に、「JC、あなたは沢山のフォロワーを持っているね」と言いました。

「私のコースのリンクをシェアしてもらえないだろうか」。

私は、「そんな遠慮しないで、私のショーに来て!」と言うと、彼は「ああ、わかったよ」と言いました。

だから、彼のコースを土曜日と日曜日にやりたいのです。

でも彼は、

「僕がこのコースをやるけど、みんながお金を払ってもいいし、お金がないなら僕に言ってくれれば無料で提供するよ」、

とまで言ってくれたんです。

「新しいヒーリングの方法を学んで、未来のために、人々のために役立てたいと考えているすべての人に、私はこの使命と気持ちを持っているんだ」

と彼は言いました。

「私は無料で提供します 」。

マークは自分のコースで同じことをしました。

これが、私たちの生きる方法なのです。

ただ物を溜め込んでいくということではなく、

どうやったら、このものを再分配できるか、ということです。

どうすれば、自分の知識や時間、才能を人々と共有できるのか、

いかにして他の人々に与え、より良くしていくか。

しかし、どうすれば彼らに力を与えることができるのか、

なぜなら、私が学んだことのひとつに、人に物をただ与えても感謝されないことがあるからです。

だから、時には彼らに力を与えて、自分自身をより良くする方法を学んだり、彼らの人生をより良くするためのツールを提供したりする必要があります。

それが私がこれからしたいことで続けていきたいことです。

自分の魂とつながって正しいことをする

そう、このショーはすべてこの一部なのです。

多くの人が気づいていないのは、公共のプラットフォームを持つ私たちが、

これは自己宣伝のためでもなければ、ただ注目されたいからやっているわけでもないのです。

私は隠れていたかったんですよ。

最初にビデオを撮ったとき、私はただ、オーストラリアの地下にあるものをリモートビューで見るという、

このアストラルジャーニーのことをみんなに知ってもらいたかっただけだったのを覚えています。

#1 WHAT’S HAPPENING UNDERGROUND IN AUSTRALIA? AUGUST 2020

それだけが私の望みでした。

どうやったら顔を出さずに録画できるんだ、と思いました。

私は、ただビデオを紹介したくて、顔を見せたくはなかったんです。

恥ずかしがり屋だからというわけではなく、みんなの前に出ることなく、ストーリーを発表したかったのです。

そして、それがきっかけで、世間の注目を浴びるようになったのです。

それがどんなに大変なことか、みんな分かっていないんだと思います。

そして、私たちがどれだけ監視されているか、

どれだけ多くの攻撃を受けてきたか、わかりますか。

私たちは皆、あれこれ書かれ、私たちの後を追って、私たちを中傷しようとする人たちがいて、私たちをお金をもらって中傷しようとする輩や、デモニックアタック(呪いをかけてくる)だっているのです。

私に対して集団から黒魔術をかけられたこともあります。

いろいろなことがありましたが、あなたも同じようなことがあったのではないでしょうか。

ハゲタカはそこにいるのです。

でもね、私たちはただ立ち続け、何をすべきか、真実と神と自分を一致させ、ただ進み続けてきたのです。

そして、私は誰かのために義務的に何かをして自分の魂を売り渡すことは決してありません。

私は常に自分の真実を話します。

常に。

チャーリー:その通り。そして、それをすることで、これを見ている人たちが私たちを理解できるようになります。

それができるのは、あなたが自分の魂とつながっているからです。

自分の中でつながっているのです。

そして、誰にでも内面とつながる機会があるのです。

あなたは幸運だ、あなたは幸運な人だ、と言うのはとても簡単ですが、 私たち一人ひとりが幸運なのです。

そして、私たちは、つながることを学ぶ必要があります。

そして、一旦、自分の中でつながると、正確なモラルコンパスを持つ必要があります。

何が正しくて、何が間違っているのかがわかるようになります。

私の場合、毎日自分のモラルコンパスをリセットしなければならない。

悪魔はあなたを何かに魅了する素晴らしい方法を持っているからだ(笑)。

悪魔のトリックは本当に素晴らしい。

JC:それは何、ボトルか何かですか?

悪魔の手口

チャーリー:いや、昨日はユーチューブで10人か15人くらいの女の子たちがきれいに歌っていた曲だったんだ。

˗ˋˏ和訳ˎˊ˗ Love On Top – Beyonce (from cast of Pitch Perfect)

全員がハーモニーを奏で、美しく響きました。

この人たちはすごいな、と思いました。

そして、わあ、素晴らしい、と思って下を見たら、それはユニセフがまとめたものだんだ。

これが子供を人身売買している人たちなんだと思いました。

そして、これがあなたを誘惑しているのです。

美少女と美声のような美しさで誘惑し、美しいハーモニーを奏でています。

そして、その背後にいる人物を知ることになる。

そうやって彼らはあなたを引き込もうとするんだ。

これが悪魔の手口、サタンの手口です。

JC:絶対に!

これはまさに私たちが生きている世界であり、領域なのです。

私たちの世界はシミュレーションだと思いますか、チャーリー 。

話は変わりますが、あなたはこれがシミュレーションだと思いますか。

光はすべての闇をを暴く

チャーリー:私は、この世界はは私たちが参加しているパントマイムだと信じています。

戦いはすでに終わっているのです。

すでに勝っているのは分かっています。

そして私たちは生きています。

一年前、トンネルを抜けたとき、私は言いました。

「トンネルの先にある光は幻想ではない。 トンネルが幻想なのだ」と。

光は神の純粋な光であり、私たちはその光を見ているのです。

トンネルを抜け出し、光の中に入ると、光は闇を露わにします。

プラスチック(表面的な、偽の)愛国者、プラスチックキリスト教徒、プラスチック信仰のヒーラー、プラスチックメドベッド製造者などなど。

全部、全部です(笑)。

すべて暴かれる。これが美しいところなんだ。

そして、プラスチックのトゥルーサー(真実探求者)、そういうのもたくさんいる。

しかし、光の素晴らしさは別にもあります。

闇は光の中にあっては存在しえないのです。

光はただすべてをさらけ出すだけなのです。

そして私があなたと繋がった時、初めてあなたと繋がった時の事は忘れませんよ。

私は超超興奮し、あなたは超超緊張していたので、、、

JC:私は録音していることさえ知らなかったんですよ!

10分も経たないうちに、録音していることを知らなかったんです。

「ゲームを見てるんだけど、どう思う?」とか言っていたら、

チャーリーは私のことを知らないだろうから、私はただ自分のことを話していました。

自分のことを話しただけです。

そしたらみんなに「自分のことを話すのはやめてほしい」と言われ、10分くらい経った頃を覚えています。

「オーマイゴッド!録音していたのか」、って(笑)。

チャーリー:しかし、これが人々がJCを好きな理由です。

JCは自分を取り繕わない本物だからです。

このショーは二人のおしゃべりのようなものです。

机の前に座ってニュースを読むより、共感してもらえると思う。

これは二人の人間が、一人はオーストラリアから、もう一人はスペインに住むイギリス人から、今起こっていることについて話しているだけなんです。

それが、人々を啓発し、気分を高揚させるんだ。

~29分。

JC KAYさんの他の記事

JC Kayさんは他の誰も言っていないような内容を話していてすごく勉強になります。インテル情報より、本質的な生き方について教えてくれます。そして何よりも実践者です。

JC KAY
「JC KAY」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました