プロジェクトルッキンググラスと意識の進化:ビル・ウッド

おすすめの記事

プロジェクトルッキンググラスについて触れられた貴重な内容

少し前にジーンデコードさんのタイムラインについてのインタビューを翻訳して、
モントークプロジェクトやプロジェクトルッキンググラスについて調べていたのですが、2012年の話ですが今の状況にぴったりな内容だと思ったので紹介します。

未来は私たちの自由意志と選択に責任を持つことにかかっています。 二元性の世界を理解し、原因と結果を知り、乗り越える必要があります。

誰も困らない、平和で公平な社会を築くには、自分に都合の良いポジティブだけを見て生きる子供ではなく、都合の悪いネガティブも見て両方認める、皆のことを思いやる大人になる必要があります。

最初に以下のケリーキャシディによるインタビューを見てからのほうが理解が深まります。

これを見れば分かるのは、未来はもう神、正義が勝つのは決まっています。後はどれぐらい早くそれを実現するかです。それは私たちの意識次第です。

“Project looking glass ” The future seen by the elite in looking glass.

英語のビルウッドのインタビューは以下にまとめてあります。

プロジェクトルッキンググラスと意識の進化:ビル・ウッド

文字起こしは以下になります↓

太文字はインタビュアーの発言です。

みんなが何を望んでいるかはわかっているよ
こう言ってみましょう

みんなが私に言ってほしいのは、黒塗りのリムジンに乗って
UFOを操作して、アセンションマシンに乗せてもらえば
人生は完璧だ、ということだと思います

残念ながら、それは現実ではありません

現実とは、そこに真実があるということです

そういう結果は可能です

しかし、それほど単純ではありません

選択には自由意志があります

私たちは、この進化のプロセスと私たちの意識の
アセンションにおいて、あるレベルの責任があることを
受け入れなければなりません

そうして初めて、私たちは銀河系の兄弟姉妹と一緒に
理解のレベルを高めていくことができるのです

私たちがこの惑星を離れるとき、地球のすべてを
破壊しているのと同じように、銀河のすべてを破壊して
走り去ることではありません

私がフォーカスしたいのは、スピリチュアルな面です
今日はあなたがそれを話す機会です

素晴らしい、素晴らしい
ケリー(キャシディ)が話したくないことだから

*フルのインタビューで語られているのは、ケリーキャシディのインタビューは、
現実的な面に限られ、スピリチュアリティについて語らないと制約されてのもので、
自分が語りたいことが語れずストレスが溜まったそうです。

まず私が確認したいのは、ルッキンググラスとは何か
これまであなたが話した情報をまとめてみたいと思います

ルッキンググラスは少なくとも60年代から
使われてきたテクノロジー?

私が生まれる前からですよ、間違いありません

あなたは、ルッキンググラスは未来を見るために使うことが
主な目的ではないかもしれないと言っていましたね

しかしそう使われていたと

私はその主な目的が何であったかを知っていると思っていて
誰も話そうとしないスピリチュアリティというテーマです

もし、より高い意識レベルの人がこの機械を使うとしたら

神や神の意識と話したり、交信したりする目的の方が
より合致していると思います

確かに、第三密度の人々には
少し理解しにくいかもしれませんが

もし私たちがこの道具を与えられたとしても
正しく使うことはできないでしょう

自分を欺くことはできないし
高次の密度の人々にとってこのツールが
どれほど重要であるかを理解することもできないからです

結局、私に与えられたのは
データだけだったことに気付きました

そのことを明確にしたかったのです
あなたは自分で装置を使わなかった

あなたに与えられたデータは、90年代後半でした?

ええ、1998年でした

装置を使って未来を見ようとした
人たちから集められたデータを渡されて

それを調べて、自分の直感的な能力を使って
データが示唆しているのとは
別の結論を出すように求められた?

いいえ、私が求められたのは
何か別の理論を考え出すことだけでした

私が与えられたデータはすべて一つの点に導かれていて
別の理論はありませんでした

私のイメージでは、例えばあなたが1967年にいて

1987年を見たいとしたら、あなたが見ているのは
おそらく1987年までのタイムラインの数に制限はない?

その通り

無限のタイムラインを見ていて、より可能性のある
未来の方がより顕著で、より簡単に実現する
というのが一番簡単な言い方でしょう

コンピュータのように数字の形でデータを出力するだけなのか
それとも画像を生成するのですか?

インターレース画像を生成します

つまり、映画を見るようなものですか?
ホログラフィック映画とか?

これまでに制作されたすべての映画を押し込んだ
映画を見ているようなものです

どの画像がどこにあるのかを把握し、それらを組み合わせる
には、基本的にコンピュータを使用しなければなりません

今までに作られた全ての映画を持っていても
見たいのは一つだけ

とても複雑な話ですが

一方のタイムラインがより強く、より明確というのは
彼らにとって映像がより明確になるということですか?

彼ら(カバール)がより多くの時間を過ごす
より多くのビデオの時間を得る
それが一番簡単な説明です

では、仮想的な出来事に関する情報を挿入して
もしこの人物を大統領にしたら、あるいはこの特定の
自然災害が起きたら、その結果を見る?

彼らがやっているのはまったくその通り

それが目的かわかりませんが、はい、彼らはそうしていました

1967年にいるとしましょう。私たちは未来を見ていて
無限の可能性を見ていますが

2012年に近づくにつれ、その可能性の数は
どんどん狭まっていく?

はい、その通り

重ね合わされたイメージがどんどん少なくなっていく
とてもはっきりと

なるほど。どのタイムラインにいても
2012年になると、壁がある?

壁がある

タイムラインに関係なく?

タイムラインに関係なく。この日に近づくにつれて
タイムラインは収縮したり収束したりしてより減っていき

私が得た情報では、2つになるまで

どうしてそんなことが起こるのか
私たちにはとても理解できませんでした

簡単に説明できる唯一の方法は

一度熱いストーブに触って火傷をしたら
もう熱いストーブには触らないと理解しますね

そして、もう触らなくなります

これが自由意志と選択の仕組みです

火傷をすれば、もう同じことはしない

最終的には、自分の自由意志による意思決定と
二元性を通じて十分に学び
二元性の最終的な結論を知ることは

善悪の知識が選択された
アダムとイブの起源の出来事に戻ることだと理解します

もしイブがリンゴを置いて「いらない」と言って
ありのままの完璧さで進んでいたら
私たちはどうなっていたかを理解するのです

ちょっとしたインタビューにまとめるのは難しいのですが
これが意識の進化です

二元性は、理解する必要のある経験を自分に教えるために
作り出した幻想であることを理解することです

二元性を超越する方法を理解するために

二元性については以下の記事をお読み下さい。

プロジェクトルッキンググラスについてもっと詳しく知る

Eriさんによるプロジェクトルッキンググラスについてのツイート集です。
ページ中頃から始まります。

コズミック・シークレット JAPANさんの記事にとても詳しく書いてあります。
ビルウッドについて怪しい人物と書かれているのですが、話の内容を聞いても違うと感じますし、実際良くリサーチされた文章を後で紹介します。

デイヴィッド・ウィルコックが語る「プロジェクト・ルッキング・グラスとQ」|コズミック・シークレット JAPAN|note
デイヴィッド・ウィルコックがEOWのプラットフォームで語った話をもとに、ルッキング・グラス・テクノロジーと松果腺の関係、そしてプロジェクト・ルッキング・グラスとQアノンの投稿について要点を簡単にまとめてみたいと思います。 デイヴィッド:私がプロジェクト・ルッキング・グラスについて知ることになった情報源の一つが、ビル...

映画「コンタクト」のシーンはこちらです。なんと北海道という設定です。

Contact Space Travel (HD)

ビル・ウッド/ブロックブレイダー:アメリカン・ヒーロー

長いので全部訳すかどうか迷いましたが、ホワイトハットについて書いてあるのと、10年前から今までの流れが分かるので載せました。随分前から、カバール打倒の動きは静かに進行していたようです。
本当に何も気づかずに申し訳なかったと思います。いろいろな人の長年の努力や犠牲があって、今の解放の動きがあることをよく承知するべきです。

以下翻訳です↓

ビル・ウッドは、3人1組のネイビーシールチーム9に所属していた。彼らの任務は、北イラクをはじめとする中東の拠点に潜入し、目標を確認できるほど接近することだった。その目標をトマホークミサイルで攻撃するというものである。このミサイルは、指定された座標に飛んでいき、プログラム上の写真と一致するターゲットを攻撃するようにプログラムされているが、高いレベルの誤差が存在していた。シールチームは、地上からミサイルに最終的な電子誘導を行い、精度を高めた。

唯一の問題は、この攻撃が1992年から2000年にかけて行われたことだ。その間、アメリカはイラクと戦争をしていなかったので、これは「国家によるテロ」です。国家とは、もちろんアメリカのことである。

ビル・ウッドによると、1995年から1997年の間に、彼と他の人々は自分たちのやっていることに疑問を持ち始めた。彼らが破壊していたターゲットは、軍事施設ではありませんでした。彼は、軍事的にも戦略的にも目的がないという意味で、「ソフトターゲット」と呼んでいた。ターゲットは一般市民であり、攻撃の明らかな理由は人々を怒らせてテロリストを生み出すことだった。テロリストがいなければ、アメリカはどうやって “テロに対する戦争”を戦うのか?

1つの標的に2発のミサイルを撃つことも多く、1997年には、小さな町の郊外にある2階建ての小さなビルを狙った2発目のミサイルが、1発目のミサイルから5分後に飛んできた。その時には、救助隊や町の人々が現場で負傷者を助けようとしていた。ウッドは、2発目の「遅れてきた」ミサイルの本当の標的が、1発目のミサイル攻撃に反応した人間であることに気づくと、ミサイルを山に飛ばし、無害な爆発をさせた。

ウッドは上層部に自分の行動を正当化するための “試練 “を与えられたが、何の成果も得られなかった。その1ヵ月後、ウッドは24歳のときに16歳の少女とセックスをしたとして軍法会議にかけられた。この合意の上でのセックスは、その2年前にカリフォルニアで行われたもので、当時は実際に合法だった。ウッドは、11年の懲役に服するか、罪を認めて黙秘し、仕事に復帰するかの選択を迫られた。ウッドは仕事に戻った。

2000年になると、ウッドのチームは、サダム・フセインの惨状はアメリカのやっていることよりもひどいかもしれないと考えている、イラク北部の先住民たちと親しくなった。 ある村では、長老がウッドに「パイロットを使った攻撃が迫っている」と教えてくれた。なぜ長老がそのことを知っていたのか、ウッドがその情報をどう使ったのかは書かれていない。しかし、ウッドが次にその村に行ってみると、トマホークミサイルの攻撃で村が破壊されていたのである。村には35人ほどの遊牧民が住んでいたが、これといった建造物もなく、130万ドルもかけてミサイル攻撃をする理由もなかった。ウッドは、命令に従ってトマホークを村に誘導したシール9チームのリーダーと対立した。ウッドは感情的になって彼を殴り、彼は死にそうになったという。ウッドによると、アメリカ人を守ってくれた人を殺してしまったという罪悪感からか、その男は自分を守らなかったという。

この喧嘩でウッドの軍人としてのキャリアは終わった。彼は病院の精神病棟に6カ月間入れられ、現実が歪むまで薬を飲まされ、現実の認識を剥奪され、精神を破壊しようとした。ウッドは、契約した10年間の兵役を終えて退役し、故郷に戻って電子工学の大学を卒業し、やがて自分の会社を立ち上げた。彼は単純に、軍隊での経験を捨てたかったのだ。しかも、黙って消えないと8年の懲役が科せられると言われていた。それに、刑務所に入らなくても、入ってからでも、性犯罪者として登録しなければならないのである。

9.11が起きたとき、ウッドはアメリカ政府の大嘘を信じなかった。彼にとっては、トマホークミサイルや兵器化された無人機が使用された可能性が高く、10年間同じことを繰り返してきた彼のようなチームがそれを誘導していたのである。多くのビルが破壊されるのを目の当たりにしてきたウッドは、床をパンケーキにするという概念には馴染めなかった。ウッドは、アメリカの情報機関に事前に警告を与えれば、攻撃を止めることができたはずの十分な情報があることも知っていた。

それなのに、ウッドは黙っていた。ウッドは、イラクに大量破壊能力がないことを知っており、それがサダムを攻撃する理由になると考えていた。また、愛国者法が米国憲法への攻撃であることも知っており、その法律を守ることを宣誓していた。しかし、CIAの幹部が度々訪れては、トップシークレットの情報にアクセスしているために不安定な立場に置かれていることを指摘され、ウッドは沈黙を続けた。

ウッドは、次第にインターネットを利用して事実関係を把握するようになった。やがてウッドは、彼の人生の詳細を知っている「ホワイトハット」をかぶった人々、ウッドが「誓いを守る人たち(ホワイトハット)」と呼ぶ人々から連絡を受けるようになった。彼らは「国内外のすべての敵から合衆国憲法を支持し、守る」という誓いを忘れていなかったのだ。

その直後、ウッドはCIAの担当者に、「私は問題を起こすことになる」と言って立ち去った。ウッドはすぐに地元の警察から嫌がらせを受け、近所の人や会社の顧客が警察に訪問され、ウッドが性犯罪者であることを知らされ、彼のビジネスは破壊されてしまいました。

そして、拒否権を行使すると言っていたオバマ大統領が、2011年の最終日に国防権限法に署名した。ウッドと彼の「誓いを守る人たち(ホワイトハット)」は、これが合衆国憲法を破壊する最後の行為であることを悟り、インターネットのプロジェクト・キャメロットのケリー・キャシディのところに行き、テープでインタビューを受けました。キャシディに促されて、小説を書くつもりであることを(法的に)免責すると、ビル・ウッドはこれまでに公開された中で最も重要な秘密を明かした。

フォーブス誌はこう書いている。
…国防権限法-最近上院で可決されたこの法律は、国内のテロ調査と取り調べを軍の手に委ね、政府がテロリストと呼ぶ限り、アメリカ市民を含む誰でも裁判なしで無期限に拘束できる道を開くものである。
有罪が証明されるまでは無罪、というのはもう古い。限られた政府もこれまでだ。今、アメリカ人が直面しているのは、まさに文字通りの終着点である。共和国憲法に盛り込まれた自由を守るか、安全保障の名のもとにプロジェクト全体を破棄し、無益でコストのかかる、結局は自滅的な「対テロ戦争」を延々と続けるか、である。

ウッドと彼のグループにとって、これは最後の藁だった。これが、「誓いを守る人たち(ホワイトハット)」を公然と活動させるきっかけとなったのです。アメリカが生き残るためには、この行為を承認した米国議会と行政府の全員が反逆罪で逮捕されるか、少なくとも弾劾されなければならない。単純なことだ。

さもなければ、権力者たちは次のレベルの米国破壊を続けるだろう。何らかの災害が計画され、国民をパニックに陥れて恐怖心を煽り、真実を求める人々が罪状も裁判もなく逮捕され、すでに建設され、現在稼働している収容所に拘留されることになるでしょう(2012年1月)。前述の発言には多くの証拠があるが、私が最も気に入っているのはKBRのものだ。

KBRの「プロジェクトの概要と想定されるプロジェクト要件」と題された論文には、「FEMAキャンプ」と呼ばれる場所に供給するサービスの概要が記載されている。この書類では、下請け業者が活動に参加するために何ができるかを提案するための一般的な要件が設定されている。カテゴリーは以下の通りである。ケータリングサービス、仮設フェンス・バリケード、手洗い場、ランドリーサービス、医療サービス、オフィストレーラー・管理エリア、飲料水、発電、燃料供給・供給・配電、ゴミ収集、シャワー・トイレユニット、テント、床、電気・空調・ECU、廃水処理。

ガス室や火葬場は載っていませんが、きっとどこかのリストに載っているのでしょう。まあ、火葬場は「ごみ収集」のカテゴリーに入るのかもしれませんが。また、ナチスは犠牲者にシャワーを浴びると言っていましたが、実際にはガス室でした。だから、結局はリストに載っているのかもしれない。

ところで、KBRは自社について、”KBRは、エネルギー、石油化学、政府サービス、土木インフラをサポートする、世界的なエンジニアリング、建設、サービスのリーディングカンパニーです ….” と言っています。KBRは、ジョージ・ブッシュの副大統領に辞任する前のディック・チェイニーがCEOを務めていたハリバートンと事実上同義である。そして、これらの収容所の設立を許可した法律は、2009年1月22日付の第111議会第1会期、H. R. 645です。

そこでウッドは、KBRが供給・運営するFEMAキャンプに連行されないように(起訴されることもなく、釈放されることもなく)、プロジェクト・キャメロットを公表したのである。ここからが非常に興味深い話だ。ここまでお話してきたことは、ビデオの最初の部分にすべて含まれています。ちなみに、当初はカリフォルニアの公共のモールでビデオ撮影をしようとしたそうです。しかし、ヘリコプターが何度も飛んできて音の問題が発生したため、移動しなければならなかった。このモールはキャシディが住んでいるところの近くにあり、彼女はこのような場所を見たことがありませんでした。実はキャシディは、ヘリコプターが電磁パルスを使ってビデオ撮影を妨害するのではないかと心配していたのだ。録画の大半は、ホテルの一室のような場所で行われた。

「誓いを守る人たち(ホワイトハット)」 は、2011年国防権限法を可決した反逆的な政府高官たちを、投獄とまではいかなくても弾劾させるための請願書を作成したいと考えています。また、悪者が次にすることは、パニックを引き起こすようなひどい災害を起こすことだと、すべての国民に知らしめる必要があります。しかし、国民に本当のことを理解してもらうために、ウッドはこれまで語られなかった最大の秘密を公開し始めた。

ウッド氏は、政府が隠している秘密を一般の人々が知れば、現実に対する個人の先入観は打ち砕かれるだろうと冷静に述べている。現在、これらの秘密のいくつかは、私自身や、入手可能なデータを調査した他の人々によって知られている。キャシディとウッドは、これらのテーマのいくつかに触れているが、素人にはおそらく分かりにくいだろう。そこで、ウッドの新情報以外にも、これらのテーマを取り上げようと思う。言ってみれば、背景です。

プロジェクト・キャメロットは、物語や本を持っている人にビデオインタビューを行ってきました。そのテーマは、マスメディアでは見られないようなものばかりです。数えたことはありませんが、何百ものビデオプロジェクトがあります。基本的なコンセプトは、プロジェクト・キャメロットを通じて公にすることで、それらの人々が「処分」される可能性が低くなるというものです。

ロバート・ダンカン・オフィニアンもその一人である。彼は2006年11月、46歳のときに初めてインタビューを受けた。ダンカンは、自分の記憶には大きな空白があることを率直に認めている。両親が彼を金物屋に連れて行き、見知らぬ女性が彼を選ぶために使ったパズルのテストを受けたことは知っている。彼は飲み物を与えられ、それが9歳までの最後の記憶となった。9歳から14歳までは、「多くの超常現象が起こっていた」ものの、比較的普通の生活を送っていた。14歳以降、彼の記憶は再び失われる。

1998年頃のどこかでダンカンは自動車事故に遭い、首のMRI検査を受けることになった。その後、彼の記憶は彼の意識に浸透し始めた。ダンカンは、MRIの電磁共振が「頭蓋骨のインプラントとかみ合わなかった」と考えている。実際、MRIの機械は施術中に燃え始め、ダンカンはものすごい頭の痛みを感じていた。火事になる前のMRIでは、脳の真ん中に米粒くらいの大きさの何かが写っていた。ダンカンは、インプラントが機能しなくなったと考えていた。

新たに見つかった記憶がダンカンに伝えていることは、SFを超えたものだった。彼は「スーパーソルジャーを作るためのプログラムに組み込まれていた。それが彼らの望みなのだ。” これには超常的な能力も含まれる。ダンカンは、自分の人生の中で起きた驚くべき超常現象や、優れた身体能力のテストについて語り続けている。

ケリー・キャシディは、ビル・ウッドにダンカンの2つのビデオインタビューを見せた。彼女は、ダンカンとビルが同じようなプログラムを受けたかどうかを知りたかったのだ。そして、ダンカンについて尋ねると、ビルは最大の秘密を語った。

ウッドは、ダンカンと一緒に、映画「スターウォーズ」のジェダイナイトの技術に匹敵する訓練を受けたという。五感をはるかに超えた能力は、ちょっとした訓練と高度な技術にアクセスできるという信念があれば、誰でも手に入れることができるという。ウッドは、超人的な身体能力を超えて、誰もが他人の考えを読んだり、未来の出来事を予測したりできると述べた。必要なのは、自分にはこれらのことができるという絶対的な信念なのだ。

ウッドはさらに、ダンカンの超能力はインプラントとトレーニングによるものだと言われていたという。そのため、インプラントが壊れたとき、ダンカンは自分にはもう超能力がないと信じていたのです。このプラシーボ効果は、ダンカンをよりコントロールすることにもつながりました。金属片の働きを止めれば、ダンカンを止めることができる。ウッドが言ったように、「信念を奪うことはできない」。しかし、その信念の根拠を指示することは明らかにできます。ウッドは、6ヶ月間投与された病院の薬は、心に手を加えることで何ができるかという信念のシステムを破壊するために使われていると考えています。

そして、キャシディはエリア51の話をした。ウッドは、この異常な秘密施設は、アメリカの宇宙艦隊の秘密を守るために設立されたと説明した。ウッドは、宇宙艦隊には何十台、何百台もの宇宙飛行が可能な乗り物があると考えていた。火星には1日で到達できるし、太陽系のどこにでも行ける。このことを秘密にしていたのは、石油や液体燃料のロケットに代わるものがあるという事実を守るためだった。ウッドはまた、優れた望遠鏡を使えば、月や火星で人工的に作られたものを見ることができると語った。フリーエネルギーの装置は、現在の世界の経済や社会に革命を起こし、悪人たちはコントロールを失うだろう。だから、すべてを秘密にしておくのだ」。

ウッドは、「プロジェクトルッキンググラス」について話し始めた。このプロジェクトでは、素人が知っているものよりもはるかに優れたスーパーコンピュータが使われている。このコンピュータは、超ひも理論を使って、あり得る未来の可能性を判断します。自分のやりたいことをプログラムすると、コンピュータはさまざまな未来の結果と、その結果が現実になる割合を提示してくれるのだ。やがて、オペレーターたちは問題に直面した。ウッドはこう言った。

「非常に頭のいい人たちが、何か大きな問題が起きていることに気づいたのです。それは、どんな選択をしても、どんな可能性を持っていても、「ルッキンググラス」を通して観察される未来のシナリオのすべての可能性が、必然的に同じ未来になってしまうというものだった。そして、どのような決定も、どのような可能性も、ある時点を境にして変わることはありませんでした。それが大きな秘密だ」。

キャシディがそのポイントはいつなのかと尋ねると、ウッドはこう答えた。

「それは2012年12月21日と一致しています。すべての可能なタイムラインは、未来の同じ基本的な歴史につながる….、ゲームのエリートたちは、ゲームの終わりを見つけ出した。その先は何も操作できない」。

また、「すべての情報を持っている人、すべてのことを知っている人を盲目的なパニックに陥れるものだ」とも付け加えた。

キャシディがこの未来が何を意味するのかを知りたがったことに対して、ウッドはこう言った。

「あえて名前をつけるとすれば、それは “目覚めのプロセス “だと思います。それは意識の進化であり、どのような決定や可能性が注入されようとも、最終的には私たち全員が真実を知り、大量の情報を知らないようにするために作られた、この巨大な嘘のダムに気づくことになるのです….、最初は世界の終わりだと思いました。でも今は、彼らの世界の終わりだと思っています」。

ウッドは、現在の信念体系では理解できないことなので、これから起こることの詳細を語ることはできなかった。ただ一つ言えることは、人類は繭から出てくる蝶のようなものだということだ。

そしてキャシディは、もしエリートたちがこの未来を知っているのなら、なぜ彼らはそれから自分たちを守ろうとし続けるのか、と問いかけた。最終的に世界的な大災害になることを想定して、ヘッジをかけようとしているのだろうか?なぜ彼らは地下都市を建設し、核戦争を起こして人口の大部分を殺そうとしているのか?ウッドはこう答えた。

「彼らは正気ではありません。狂っているというだけでなく、自分たちがやろうとしていることをなんとかやり過ごせると錯覚しているのです。その考え方には、明らかにリアリティが欠けています」。

ウッドは、人類は新たな始まりと目覚めの時を迎えようとしているという確信を持っている。彼は、悪人たちがこれを止められると考えているのは妄想だと思っている。彼らはゲームが終わったことに気づかないようだ。しかしウッドは、ゲームが終わったというメッセージを私たちに広めようとしています。もし私たちが、悪い奴らや彼らが作った現実への恐れを超えて、この新しい現実を受け入れることができれば、再生のためのトラブルや痛みを抑えることができます。彼はビデオの最後の言葉でこう言いました。

「人間が可能な限り早く意識を高め、その移行をより簡単なものにするよう努力すれば、痛みを軽減できる要素があります」。

何か問題が起きたのでしょうか?ビルは連邦刑務所にいます。しかし同時に、終末論的な話は何も起こらなかった。そして、起こらなかった悪はもっともっとたくさんあります。それはまた別の記事でご紹介します。なぜビル・ウッド/ブロックブレーダーは刑務所にいるのか?

もし、あなたがBill Wood(本名Brockbrader)に共鳴するなら、彼のFace Bookグループを見てみてください。 そのグループに参加している人たちの中には、本当に素晴らしい人たちがいます。このブログも同じような人たちとの出会いから生まれたものです。

Bill Wood / Brockbrader - an American Hero
(See video in the Darkened Room) Overview of a U.S. Navy Seal revealing State Terrorism by the U.S. against Iraq from 1992-2000. - NLH

ビル・ウッド/ブロックブレイダーはなぜ刑務所にいるのか?

今の状況は分かりませんが、言ってはいけない情報を表に出したことで追われているのは本当だと思います。ミサイルに関してももちろん知られたくないことでしょうが、もっと重要だと思われるプロジェクトルッキンググラスに関してはネットでは検閲されていてあまり出てきません。皆の意識が変わってしまうような情報は特に困るのでしょう。

以下抜粋です↓

ビルが連邦刑務所に収監されているのは、アメリカ政府がアメリカ国民に隠したいと思っていた秘密を漏らしたからです。彼は、9.11のずっと前から、トマホークミサイルを使って地上や艦船から米軍がイラクを標的にしていたことを簡潔に語ったのです。具体的な告発内容は、軍法会議でレイプの罪で有罪になったことに起因します。しかし、レイプと呼ばれるものは、彼に沈黙を強いるためのでっち上げでした。ビルはしばらくの間、自分の仕事を続けていました。しかし、彼が仕事に参加できなくなったとき、アメリカは彼に性犯罪者として登録するよう要求しました。それを怠った結果、彼は投獄され、限られた事実以外はほとんど何の根拠もない陪審員によって有罪とされました。

Why is Bill Wood / Brockbrader in Prison?
Overview of the hijacking of the U.S. Justice System. - NLH
タイトルとURLをコピーしました