※当サイトはアフィリエイト広告を掲載しています

ホワイトハット、Qが本当であることを証明するリカルド・ボジの証言

おすすめの記事

◆メールで更新をお知らせします◆

(迷惑メールフォルダを確認し確認メールをクリックして下さい)


 

ホワイトハット、Qが本当であることを証明するリカルド・ボジの証言

2021年の9月に世界中に拡散された、
リカルド・ボジ(元オーストラリア陸軍特殊部隊・中佐)から、全ての国に共通するメッセージ
と題した動画から、元軍人で現オーストラリア・ワン政党代表の
リカルド・ボジのアップデートをチェックしています。

リカルドがユニークなのは、元軍人なので裏で起こっていることの情報を得ていながら、
ビデオを撮って話しているだけではなく、自分は表で最前線に立って活動していることです。
何者か素性のわからない人ではなく、ラリーやデモに行けば話しかけて質問に答えてくれます。
情報を得るのと表で活動することを両立しているのは稀有だと思います。

いつも沢山他の人が憶測でしか話していないようなことを話しているので、
動画を見直しながら、大事な部分だけ抜粋してまとめようと思いました。
後は自分で内容について調べてみてください。

リカルドの個人的なエピソードについては訳していませんが、

  • コンサルタントの仕事をしていたが、クライアントが5Gに関わるから仕事を電話一本で辞めた
  • それからずっと無給で仕事をしている。貯金はずっと0付近をさまよっている。だから自分も皆と同じで困難の中にいるんだぞ
  • スーパーでトマト缶を15セント節約しているんだ、と冗談を言う
  • アデレードの空港に降り立った時マスクをしていなかったから(もちろんいつもしていない)
    罰金を請求されたが、紙を破り捨てた
  • 自分と家族は脅迫され、5回ぐらい襲われたことがある

ざっと思い出すだけでこれぐらいですが、話しているのを見れば真摯さが伝わると思います。
時にはどれだけ兵士や国民が困難にあるかわかっているので目をうるませて話しているのを見たこともあります。

リカルドはいつもこう言っています。

「沈黙は同意である。行動は道徳的義務である。今行動すること以外に何に価値があるのか?」

「お前たちは兵士たちの犠牲に相応しい存在なのか?今自分にできることをしろ!」

実際に大変な犠牲を払っている人たちがいることを知ってもらいたいと思います。

以下のリカルドのインタビューの抜粋が
「私たちは闘いの最終局面にいる」と海外で盛んに拡散されています。

とても良い現状の要約なのでまずはそちらから見てください。

Qについて短くおさらい

Qはケネディ暗殺から本格的に始まったと言われています。

この演説では、「私たちは完全に統制された陰謀に世界中で対峙している」
と言って後日暗殺されました。一説には通貨発行権を取り戻そうとしていたと言われています。

この演説が決定づけたジョン・F・ケネディの運命?- 不朽の名演説!

ケネディの墓はQの形をしています。

動画が2つ続きますが、どちらもとても良く出来ているので必見です。

『Qという名の物語』 ~ 点と点が繋がって線になる動画(共有・拡散希望)

Q – THE PLAN TO SAVE THE WORLD 世界を救う計画 日本語字幕

今だにツイッターでQpostを投稿すると送信できず検閲されています。
なぜSNSがそれほど恐れるのでしょうか?

大事だと思うQpostをいくつかピックアップします。

「唯一の方法が軍隊だ」、軍隊に注目してください。

Qpost 26

論理的に考えてみてください。
唯一の方法が軍隊だ。完全にコントロールする。
救済と拡散(11.3が第1マーカーとして検証されれば)。
掲示板で最大の先行ドロップ。

Qpost 26

2017年に掲示板に突然現れたQは、大衆を覚醒させるためにヒントを与え、
そのヒントが後で現実になったので大きなムーブメントになりました。

Qpost 4481

悪が 光の下に晒されて初めて
ヤツらを打ち負かすことができる
ヤツらが [影]で操作できなくなって初めて
人々は自分自身の目で 真実を見ることができる
[自分自身の目で] 真実を見て初めて
人々はヤツらの欺瞞の本質を 理解する
キツい 真実
Q

Qpost 4481


Qpost 4641

泥沼は深く張り巡らされている
時には、人々に真実を伝えられないこともある
人々に見せなければならない

崖っぷちに立たされて初めて、
人々は変わる意志(参加する意志)を見出すことができる
私たち国民は長い間、裏切られてきた
あなたは立ち上がりますか?
神と国のために
自由のために
人類のために
私たちは一人が行くところに
私たち全員で行く!!!
Q

Qpost 4641

Q+とはトランプ大統領だと言われています。

Qpost 1358

信頼は獲得されなければならない。
信頼は盲信でもなければ、真実でもない。
私たちは、私たちをここに送り込んでくれた皆さんのために、日々戦っています。
私たちは、この日が来ることを知っていました。
私たちは決して忘れません。
私たちを美化しないでください。
私たちは単なる乗り物に過ぎない。
重要なのはあなた方です。

あなたは希望です。
あなたは愛です。
あなたこそが平和なのです。
団結してください。
一緒にいてください。
強くあれ。
これは、一人の人間や団体よりも大きなものです。
あなた方は真実のために戦っているのです-集団で。
民衆の意志。
自分自身を信じなさい。
選択肢は常にあなた自身にあるのです。
皆さんに神のご加護がありますように。
私たちが1人で行くところ、私たちは全員で行くのです。
Q+

Qpost 1358

Qについては以下にまとめているので読んでみてください。

Qムーブメントは本物だ:リカルド・ボジ

カウボーイ映画では、善人はいつも白い帽子を
かぶり、黒い帽子は悪人だった。つまり黒い帽子を
かぶっている人は誰でも悪者だとわかった

これは悪い奴だ、という観客へのコミュニケーション
非言語的コミュニケーションだった

ブラックハット、ホワイトハットという表現が
誰がこちら側で、誰が相手側なのかを
表すのに使われるようになった

さて、Qムーブメントは何十年も何十年も前に始まった

それがわかると、アメリカの歴史を読めば
あなたが思っているようなことは何もないんだ!

悪いことが起きていることを理解していた
米国内の勢力があった
そしてその範囲と規模を理解していた

今、私たちはまだその味を知り始めたに過ぎない
そしてこの動き、Qムーブメントは本物だ

ナンセンス、アルミホイルの帽子をかぶった(頭がおかしい)ような
ものではない。アメリカの組織の中で善のために
極めてパワフルな力が作用している

何十年も前からだ。今見ているだけのものなんか
ではない。実際、時間軸でも正直まったく同じだ

竹の一種が地下で60年成長するという話を聞いた
覚えがある。やっと表面にたどり着いたと思ったら

頂上まで届かず横に根を伸ばし
60年後には竹が飛び出してきて一晩で竹の壁ができる
Qムーブメントもそんな感じだ

ずっと地中で動いてきた
比喩的にも、文字通り60年前から

そして今、彼らはようやく明るい場所に出てきて
ブラックハットを排除しているんだ

以上がQの短い説明だ。 QアノンはQのフォロワーだ

今何が起きているか、知ったかぶりをする人が多い
商機を得ようと再生回数、いいねを稼ごうとする

でも実際、本当なんだ。神に感謝しよう
それがなければオーストラリアは50年、100年と
国を取り戻すためのゲリラ戦に直面することになる

だから彼らはやることをやっている
私たちは私たちの仕事をする

正直に言うと、皆さんこれを聞いていたら、私たちは
彼らの努力に見合った存在でなければならない

というのも、彼らが経験していることは
言葉では言い表せない、想像を絶するものだからだ

だから皆さん、私が少し興奮すると、こうなる
カールだっり、他の多くの人たちの話を聞いたりするから

週末にキャンベラに来るのも面倒だって?マジかよ!

トランプの誕生日に声明を出すよう依頼された
それは非常に簡潔なものだが、こう言った

「私たちは、あなたが払った、払っている
これから払う犠牲が何であるかを知っている」

「オーストラリアは、決して支払うことのできない負債を
負った。しかしそれは我々が常に覚えているものである」

1ヶ月半ほど前、この言葉を口にしたとき
多くの人はその意味を理解できなかった

しかし、その時が来て、人々は何が行われたかを
理解する時、 口うるさい連中は、黙ってありがとうと
言うのが一番だと言っておこう

私ではなく、本当に頑張っている人たちに

哀れで感謝のない、私たちオーストラリア人の
命を救うために、危険を冒していることに対して

軍隊出身の配信者が配信前に流している軍隊に敬意を表す動画です↓

THE SOUND OF SILENCE – A MILITARY HONOUR

なぜ時間がかかっているのか – 軍の3つの選択肢:リカルド・ボジ

さて、ごく簡単に、私と同じように
なんでこんなに時間がかかるんだ?
今どうにかならないのか?と思っている人のために

3つの選択肢があった。それらを簡単に紹介しよう
現在もオペレーションは継続中なので詳細は伏せる

選択肢は3つあった
1つは長時間かかる、1つは短い

短いのは内戦に発展するものだった

ご存知のように
内戦は、決して、癒えることのない傷である

長いのは時間がかかりすぎてしまう、何世代も
いい人がたくさん死んでしまう

そこで、短くもなく、長すぎない中間の行動を取った
それで数年という短い期間でここまで来れた

これらの行動を取るにあたって、軍隊は「悪い」か
「もっと悪い」か「本当に酷い」の選択を迫られた

そこで「悪い」を選ぶしかなかった。→ワープスピード作戦
でももうあと少しだ

では、その解決策は?

さて、私たちの仕事は何度も何度も聞いている通りだ
国会議事堂を襲撃し、人々を逮捕することではない

私たちの仕事は、国家を復興させること
この国を根本から立て直すことだ
あなたの人生で最も過酷な仕事だ

この責任は、誰もこれまで背負ったことがない
私たち国民が自分たちでやるしかない

トランプの「ワープスピード作戦」は奴らの計画を破綻させるものだった:リカルド・ボジ

質問:「スマートシティや5Gが進んでいるけど?」

もっともな質問だ、ありがとうダレン
シドニーでも同じ質問があった

今起きていることは
ブラックハットが計画を展開している

だから、あなたが見ている悪いものはすべて
奴らが私たちに意図したものだ

トランプの「ワープスピード作戦」のせいで
計画全体を加速させる必要があった

前後関係を説明すると
ワープスピードは、トランプがワクチンの全プロセスを
加速させ、準備不足により破綻させる方法だった

*大事な話なのでここに書いておきます。

リカルド・ボジ:「トランプは(ワクチンで)ミリオン(数百万人)を殺したと言われるが、ビリオン(数十億人)を救った」

ジーン(・デコード)さんが、トランプがなぜ、ワクチンを勧めなければならなかったのか、

ワープスピード計画の話とともに詳しく説明してたんですが、、、

もし、DS・カバルたちが計画通りに2025年まで人類をロックダウンしていたら、経済は破壊され、食糧不足になり、栄養不足から人々の免疫は落ち、健康状態も最悪になり、その状態で強制ワクチンを行えば、ワクチンの毒に耐えられなくて間違いなく、ほとんどの人が死んでいたそうです。驚きやばかった

でも、ワープスピード計画で人々が健康なうちにワクチンを打てば、ほとんどの人がその毒にも打ち勝って生き残ることができる、、そして、矛盾に気づき、十分の数の人間が立ち上がって抵抗する日が来る。

5億残して残り全ての人間が亡くなるのを選ぶか、ワクチンで数パーセントの人間が亡くなるのを選ぶか、究極の選択だったみたいです。

ルッキンググラスで、最小の被害が出る選択を選びながら、この戦いは行われていると聞きました。

ルッキンググラスとは、選択によって未来がどうなるか見えるデバイスだそうです。

未来はその時の選択によって変わるので、今これをこうしたら未来はどうなる?って感じで使うそうです。

多くの人が眠ってる状態で、世界の真実をいきなり暴露したとしても、混乱を引き起こし、洗脳された人を中心に世界中で暴動と市民戦争が起こって多くの一般市民が亡くなる、、、だから、ちょっとずつちょっとずつ情報を開示して流して人々を起こし、一番被害が少ない選択を選んで今がある、と。

余談ですが、ワクチンで被害を被った人は、メドベッドで治せるって噂ですので、ご安心を!

ジーン・デコードさん情報➁

闇の計画では、コロナで世界中を10年間ロックダウンして、人々を恐怖に追い込み、経済を破壊し、地球の人々の精神も健康もボロボロになった頃にワクチンを登場させて無理やり全員に強制で打つ予定でした。それをホワイトハット側は知っていたので、奴らの計画を逆手にとってトランプがワープスピードという形で、あのワクチンを異例のスピードで世に出しました。

それには2つの目的がありました。

まず、一つ目は、闇側の計画では、10年ロックダウンで免疫ガタ落ちの民にあのワクチンを強制的に打つことで地球上のほとんどの人間を副作用で殺し、5億人だけ奴隷として残すことで徹底的な人口削減を行うつもりでした。でも、そのワクチンを1年足らずでトランプが世に発表したことで、あのワクチンを打っても、多くの人が毒に耐えて生き延びれるようにしたのです。

ジーン・デコードさん情報⑦

そして物事が崩れ始めた
しかしスマートシティは常に奴らの意図することだった
奴らの目標であり、ブラックハットの狙いだ

みんなを箱の中に閉じ込めて、コントロールする

5Gタワーがあちこちに
5Gだが、周波数で送信するのは
人の健康に悪影響を及ぼす潜在的な力を持つ

さらにコントロールするために使用される
注射をするとコントロールできると言われている
そして殺す

2019年にトランプがファーウェイをアメリカから締め出したのはそれが理由だと思います。

ブラックグーと酸化グラフェン

単なるコミュニケーションの一形態ではない。というのも
通信事業者であるならタワーはなるべく少なくして
良い信号を長距離送りたいが、5Gはそうではない

霧や雨で5G通信が妨害される
だからタワーがたくさんある
そのタワーで5Gを実現し、 顔認識カメラがある

スマートシティネットワークの一部だ
あなたの言動をすべてコントロールする
それは社会的信用スコアに結びつく

あなたのデジタル通貨にも結びつく
あなたが完全にコントロールされることに結びつく

みんな「銀行残高をゼロにすることなんて
できないだろう?」と言うが
1年半以上前にカナダの男性に起こった
彼が何か言うと、バーン、お金がなくなった

多分クリス・スカイのことです↓

で、話は戻るが、これは起きている?イエス
ブラックハットの計画?イエス
これらは止められるまで展開される

だが私が言ったように、私たちに代わって
とても悪い人たちに悪いことをする善人がいる

アメリカやロシアのウラジミール・プーチンが
ウクライナの悪い連中を排除している
その他、世界中の様々な軍隊によって

この戦争は、JFKの暗殺から60年続いている
最低でも60数年。大きくて複雑だ

今、このようにタワーが建っていて
スマートシティはこれからも進み続ける
奴らの政策は、それが阻止されるまで進み続ける

善人、ホワイトハットは自分の仕事をしている
私たちは自分の役割を果たし、彼らを
助けなければならない。どうやって?立ち上がれ

立ち上がり、行き詰まった国を取り戻す
みんなやろうともしないだろうが

というのは、ラクする人が多すぎるからだ
公務員、テレビ、そういう連中ばかり

でも、私たちは立ち上がるしかない
土曜日に公園で1時間集まるでもいい

立ち上がるしかない。軍隊が私たちに代わって
実行している、この大規模な努力に見合う
存在にならなければならない

皆さん、私たちは恩を仇で返すことになる
アメリカ人やその他の、決して返すことができない
というか、絶対、無理なほどの恩を

それは私たちが絶対に忘れてはならないことだ
その犠牲に見合う存在でなければならない
彼らは今、本当の犠牲を払っているからだ

地下で兵士が戦い続け、死んでいる。ずっと前からだ
私たちにできることは集まって、また公園で立つことだ

ウクライナは蛇の頭だ:リカルド・ボジ

もちろんだ、何度も言っているから
前にも聞いた人には申し訳ないが
多くの人が聞いていないなら大事な話だ

ウクライナで何が起きているのか?まず第一に
壮大な目くらましだ。誰にとっても自分の国で
起こっていることから注意をそらすためのものだ

ウクライナはあなたが思っているようなものではない
専門的な話をするとウクライナは主権国家ではない

国際的に認められた主権的な国境を有していない
まだロシアの一部、10世紀からずっとだ

それを理解すれば
これはロシアがロシアを侵略しているようなものだ

ただそれだけのことだ。2点目。ウクライナの人たちは
とても動揺している。特にオーストラリアにいる人たち
よくわかる。オーストラリア国民が騙されたように
あなたも騙されてきたんだ

私たちは自分たちが主権国家だと思っているが
そうではない!ウクライナ人もそう思っているが違う!

本当のことが少しずつ明らかになってきた
本当に起こっているのはこれだ

ウクライナは何十年も何十年も
少なくとも70年、グローバリストの中心だった

CIA、これは良い組織ではない
ディープステートの実行者だ

CIAは70年前からウクライナですべての人、すべての
ものに対する抵抗勢力を構築してきた。なぜか?

彼らはソビエト連邦を崩壊させたいが
ウクライナにある資源も欲しい。そういうことなのだ

特に東ウクライナは、大量の天然資源があり
CIAが入り込んで支配し、アメリカのビジネスの
利益のためだが、ビジネスではなく、ただの強盗だ

合法的なビジネスマンではない。彼らはただ盗みたい
だけで、それが目的なのだ。そうしてロシアとウクライナ
から奪う。その上、ディープステートの中心地でもある

CIA★ウクライナでの70年〜THE CIA – 70 YEARS IN UKRAINE〜(日本語字幕)

だからプーチンが乗り込んで蛇の頭を切り落とす
ひとたびウクライナが潰れれば

彼らはすでにカザフスタンの首都を破壊してしまった
からだ。カザフスタンの建築を見てこれが普通だと
思うか?奇妙だ。困難な国の建築物とは思えない

確か以前デイビッド・アイクが、「カザフスタンの首都アスタナは映画ハンガー・ゲームに出てくる都市にそっくりだ」と言っていました。

しかしウクライナ、それは蛇の頭であり、ヴラドは頭を
取っている。首が取れれば、獣全体が死んでしまう

これが実際に起こっていることだ。皆さん
そこでお願いだ、奴らは核戦争の可能性やら
ウラジは悪者だと言うだろうが

これはヒラリー・クリントンと共に望んでいた
ロシアとの戦争なんだ。彼女が選挙で負けたから
対ロシア戦争はすべて延期された

これは常にあったロシアを破壊する奴らの計画だ

アメリカを破壊する16年計画、ヒラリーの欄に第3次世界対戦を始めると最初に載っています。

ロシアにはロスチャイルド家の下での銀行制度がない
なんて危険な行動なんだ笑

資源も豊富だ。それを奪おうとした
とにかく、ヴラドはディープステートを倒している
彼は助けている、蛇の頭を落とす、そういうことだ

エドガー・ケイシーの予言

これからしばらく聞くであろう、核戦争の可能性と
ロシアの世界征服の試みの話はすべて無視しろ

完全に逆だ。それがウクライナだ
というわけで、気をつけて。ただ自分でも調べるように

いい加減、主流メディアを見ないことだ
メディアの唇が動くなら、政治家と同じように
嘘をついているからだ

続ウクライナ – プーチンは神の仕事をしている:リカルド・ボジ

プーチンは、1年以上前に私が言ったように
蛇の頭を切っている

カザリアンマフィアが昔からウクライナを支配している

ドラッグ・ロンダリング、マネー・ロンダリング、子供の性売買、

アドレノクロム製造の中心地、何でもだ

なぜ米国の政治家の多くは、自分の子供がウクライナ
でエネルギー関係の役員を務めているのか

エネルギー関係の会社役員だ

ウクライナは国家ではない、犯罪カルテルなんだ

私が絶大な敬意を抱いている
ウラジーミル・プーチンとロシアの兵士
船員、航空隊員は、素晴らしい仕事をしている

彼らは神の仕事をしている。後片付けをしているところだ

前にも言ったが、とても不躾だが、とにかく黙って
ロシア人たちが私たちに代わってやってくれていることに
ただ感謝をしろ!本気で言ってるんだ

ホワイトハットはブラックハットの意図を国民に見せている:リカルド・ボジ

暴露がより濃く迅速になってきた
先日、英国議会で英国の秘書を務める
マット・ハンコックで見た

彼は医療と公共サービスの秘書か何かだと思う
彼の電子メールが暴露された。メディアアドバイザー
との間の一連の電子メールでこう言っていた

「次の規制はいつ発表される?」
「コロナの次の規制」、これが決定的な証拠だ

煙の立ち上るガトリングガン、煙の出ているお化けだ

煙からは逃げられない。自分たちが何をしてるのか
なぜそうするのか、よくわかってる証拠だ
詐欺であることの証明だ

技術的な意味での証明ではなく
そこに多くの情報があるからだ

しかし一般的な人間は、生活に追われていて
実際に手に取って、「今、彼が言ったことを見たか」
と言うことができない

素敵な警告がある。そこにいる残りのフリーメイソンの
汚物たちへ、私が大好きなこの1つの忠告を送ろう

「逃げろ」。ロバート・D・スティール、私は彼が好きだ
彼が保護拘置されていることを願っている

コロナで死去したという報道があり、2021年8月から表から姿を消しています。

彼があのビデオを出した時、「取引をするか
頭部に銃弾が撃ち込まれるか、選べクソ野郎!」
彼らは全てを持っていると言ったんだ

NSAはすべての犯罪の証拠を持っている:ロバート・デイビッド・スティール

我々はすべてを把握している。世界中の不正な富は全て
国家安全保障局によって過去15年間追跡されてきた

我々は今、ウォール街が裏付けなしの空売りで
メインストリートから100兆ドルを盗んだということを
疑う余地もなく知っている

ウォール街は、子供や女性の人身売買
麻薬、銃、金の売買から、100兆ドルもの
汚れた資金を洗浄してきたことも分かっている

アメリカの政府、軍、情報機関の90%の人々は
悪いシステムの中に閉じ込められた善良な人々であると
私は決して言い飽きることがない

秘密情報機関はディープステートに奉仕している
アメリカ国民に奉仕するものではない

特にCIAは拷問や強制連行、ドローンによる暗殺、政権交代
嘘に基づく戦争開始の手助けなどを行ってきた

戦争や人身売買、麻薬などが
ウォール街やディープステートにとって利益の中心だからだ

大統領が(ウイリアム・)ビニーをNSAに送り込み
NSAにあるものを100%処理させれば
お前ら一人一人の金玉を掴むことになる

お前らは生き残れない。逃げ道は1つだ
真実を話し和解を求める道だ
取引をしろ、クソ野郎! さもないと死ぬぞ!

NSAはすべての犯罪の証拠を持っている:ロバート・デイビッド・スティール

それはまさに素晴らしいニュースだ
これは世の中のすべての汚物たちへの警告だ

お前が今まで訪れたすべてのウェブサイト
今まで送受信したすべてのSMS
今までしたすべての電話、彼らはすべて持っている

彼らは順番に捕まえていく。実際、2022の3月
いや、去年の2月、2月上旬ぐらい

我が政府は、2月から東西両海岸で
テロ対策演習を実施することを発表した

西オーストラリア州でのオーストラリア国防軍の訓練

オーストラリア国防軍、西オーストラリア州で訓練
2022年1月25日 – 13時50分
オーストラリア国防軍兵士は、2022年2月から12月にかけて、西オーストラリア州のパース大都市圏でテロ対策訓練を実施します。

訓練は日中および夜間に実施される予定です。

一般市民は、軍用水上バイク、車両、無人航空監視システム、武器を持った軍人を見たり聞いたりしても、警戒する必要はありません。

訓練の一部では、空砲やペイント弾、火工品が使用される予定です。

この訓練を見る人は、どの場所も実際に何らかの脅威にさらされているとは思わないでください。

この重要な訓練は、オーストラリアの世界最高水準の軍事力を維持するために不可欠なものです。オーストラリア政府のCOVID-19への対応の一環ではありません。訓練は、COVID-19の制限と良好な健康管理プロセスを考慮した方法で実施されています。

国防省は、作戦戦術、技術、手順を保護するため、この訓練に関するメディアへのアクセスや具体的な時間などの詳細情報を提供することができません。

Australian Defence Force training in Western Australia

驚きはない。12月で終了、つい爆笑してしまったよ!

私は、なぜ笑っているのかと聞かれたので、こう答えた
皆さん、軍は演習中か作戦中かどちらかだと理解してくれ

その間はない。そして演習は10ヶ月間
そんな演習はあり得ない

だから演習でないのなら作戦中のはずだ
あとは自分で考えてくれ

12月に終わったこの10カ月間、ドアをソフトにノックして
取引があったことを私たちは知っている

望まなかったのでハードなノックではない
そして一人、また一人とオーストラリアの問題児たちが
支配下に置かれるようになった

全員、十分ではないが、ブラックハットを排除した
ホワイトハットの指示と知らずにブラックハットの
下層部の指揮を執るには十分だ

奴らが下層に向かうにつれて、ますます起こっている

国民が見ているものはブラックハットの意図したものだ

でも実現することはない。全てではないが
実現するものもあれば、そうでないものもある

2022年の今頃からWHOが地球全体を運営する
ことになる法の制定(パンデミック条約)があった

そしてなんと、アフリカの27カ国が反対を決めた
だから成立しなかった

私はまた笑って、誰かが、なぜ?アフリカの政治を
コントロールしたいのなら、大きな金塊の袋を持って
現れれば、欲しいものは何でも手に入る、と私は言った

27人のアフリカの指導者が金塊の袋を渡されたが
彼らはノーと言い、前に進まなかった

それが実現しなかった明らかな理由だ
絶対に進むわけなかったからだ

でもホワイトハットは
ブラックハットの意図を見せなければならなかった

ホワイトハットが少しショックを受けたのは
国民の動きの遅さだと思う

私たちは確かに純粋にショックを受けている
どんなに悪質な犯罪でも、国民は傍観して、OK
そして他にどんな番組があるのかチャンネルを変える

国民は実際には目覚めていない
しかし人々がエイズを持っていることが明らかになって
これから変わっていくと思う

イエローハット(無関心)を目覚めさせるのは注射に入ったエイズ

人々は心筋炎や心膜炎を患っている
人々は死の宣告を受けたと思い込んでいる

多くがそうだ。一部は亡くなるが
一部は技術へのアクセスで救われるだろう

栄養状態の改善でも、多くの人が救われるだろう

人々が今、死刑宣告を受けていると信じている事実が
目覚めのプロセスを加速することになると思う

ゼレンスキーや他のブラックハットたちは、ホワイトハットのコントロール下にある:リカルド・ボジ

いやいや、ゼレンスキーへのスパイの話をしてただけだ
奴はいい奴なのか悪い奴なのか?

他のほとんどのプレーヤーと同じように、あなたが見て
いるのは取引に応じた転向組のブラックハットたちだ

ロバート・D・スティールの動画を見たことがある?
彼が、「取引に応じろ、クソ野郎!
さもなくば撃たれるぞ!」と言っている

ホワイトハットはブラックハットの意図を国民に見せている:リカルド・ボジ参照

だからブラックハットが取引に応じて
ホワイトハットの言いなりになっているか
または実はずっとホワイトハットのどちらかなんだ

私はブラックハットを転向させているという事実のほう
を重視する。なぜならそれが賢い反諜報活動であり
多くの資源、時間、労力を必要とするからだ

敵対する組織の奥深くに情報源を確立するには
非常に高いリスクとコストがかかり、エラーの確率も高い
スパイ個人についての話だけではない

一度スパイが拷問されて死ぬという音声を聞けば
本当に理解できる。これはゲームじゃないんだ、と

私も訓練の一環で聞いたことがある

スパイを送り込むのはハイリスクな戦略なんだ
やらなければならないし、みんなやっていることだ

国際的にスパイ行為は違法だ、できない
だが誰もがスパイになる、それが現実だ
戦争の兵法にようこそ

おおよそ起こっていることは、 レッドハット
以前私が人物の内訳を説明したのを覚えているか?

レッドハットはブラックハットが望むことを
何でもする心のないドローンだ

レッドハットの連中はブラックハットが逮捕されるのを
見たとき転向する。それが今起こっていることだ

ゼレンスキーはゲイバーをうろついてる
コメディアン俳優だと知っているが、本当は違う
グランジスクリーマーなんだ

そうだったんですか?すみません。笑い
彼のダンスビデオを再生しましょうか?萎えるだろうなぁ

👠Zelensky Dancing in Heels 👠👠👠🎶

ホワイトハットを待つな!:リカルド・ボジ

気づいてるかもしれないが
私は決してホワイトハットを待て、とは言わない
私はただ彼らが何をしているのかを教えているだけだ
私たちが最初から言っていることだが

1000人集まったら、我々が困る
1万人集まったら、警察が困る
10万人集まったら、政治家たちが困る
100万人集まったら、我々の勝ちだ

私たちは勝った
2022年の今頃、200万人以上がキャンベラに集まった
それは奴らの芯まで衝撃を与えた!

私たちが立ち上がったから
奴らは計画していたことを止めざるを得なかった
文字通り衝撃を与えた。このままではダメだと悟った

そして私たちをエネルギー兵器で撃ち始めた

私たちはやり返さなかった
それでも私たちは立ち尽くし、打撃を受けた

それが奴らを恐怖に陥れた。逃げると思ったからだ

おじいちゃんから譲り受けた303の古い銃で
撃ってくると期待した。カオスへの扉を開くことになる
私たちはやり返さなかった

オーストラリアの人々を高く評価していい。あなたには
わからないだろうが、私はクソみたいな国を旅してきた
そんな打撃を受けて前進する国民はほとんどいない

私の好きなアメリカの哲学者の言葉を借りれば
打撃を受けながらも前に進み続ける
私たちは打撃を受けながらも、前進し続けた

そこが私たちの居場所だ。多くの闘いが
最後の5分で破れるのは、人々が諦めるからだ
それが人生なんだ、そういうものだ

今年の5月20日
私たちは再び立ち上がる機会を得た

さて、これは世界的な動きだ。誰もがキャンベラに
行けるわけではないことはわかっている。去年みたいに
皆がキャンベラに行けるとは思ってない。我々は行く

でもどこにいても外に出るんだ。A1の許可は必要ない
5月20日に公園に立つというビラを出せばいい

犠牲に遭った人たちで集まって
ワクチンで亡くなった知り合いのステッカーをかざす

また大勢で立ち上がれば
また奴らに恐怖を与えることができる。無駄ではない
私たちは奴らの前進を遅らせ、パニックにさせる

強く立ち向かったからこそ
ニューサウスウェールズ州の選挙を不当にし
誰でも明らかな不正のビデオを撮ることができた

投票箱を持った男の車へ後へついて行った
91歳の老婦人は有名だ

このゲームはこうやって闘うんだ。誰も
ホワイトハットの行動を待ってはいない。彼らは来る
でも騎兵隊のように、間一髪で到着するんだ

それは投げやりだな、わかる。でも事実として
彼らには仕事があり、我々にも仕事がある
私たちは立ち上がるべきなのだ。言っただろう

ホワイトハットの約束は?まだ来ないよ?なんて言うな

何度でも、何度でも、何度でも出てこい
戦争ってのはこうやって闘うんだ。相手を潰すまで

私は、「ああ、ほら、よくやった!よく頑張った!
あなたの勝ちだ。もう引き下がるぞ」と言うことはない

奴らは死ぬんだ!奴らは殺されなければならない
私たちではなく、地下で戦っていて逮捕し裁判にかけ
処刑している銃を持っている人たちによって

奴らを止めるにはそれしかないんだ
頭に銅でコーティングした鉛を打ち込む以外
何も止められるものはない!それぐらい邪悪なんだ

奴らは子供の皆殺しに参加するのを厭わないのだから
あなたは奴らが他のものを気にするとでも?
止めると思うか?ノーだ!

何度も言うように、私たちの仕事は引き金を引くこと
ではない。私もそちらに加わりたいが今はそうではない

私たちの仕事はその後の国家を復興するための
準備なんだ。やばそうだって?もちろんだ

夜明け前が常に一番暗い。まったくその通りだ
夜明け前が一番寒いというのもあるね

田舎をほっつき歩いたら夜明け前が一番寒い
太陽が地平線から飛び出す直前
気温は2~3度下がり、ぐっと冷える

それが現実であり、私たちが今いる場所だ
信念を貫き通せ。我々はホワイトハットを待たない
奴らが何を企んでいるのかをただ知っている

私たちは自分がやるべきことをやるしかない

「計画を信じろ」なんてナンセンスだ
私は計画を信用したことなんてない。誰も来ない
ことを前提に計画を立ててきた。それが我々だ

人々は、「座って、ショーを楽しんでください!」と言う
私はそれを比喩として理解している

でも多くのことが起こっていて、こんな報道があること
を忘れるな。あるものは本当であり、その他は
奴らの意図したものを明らかにしているに過ぎない

どの肉を食べるか、気をつけるか?その通りだ

卵不足の件、何トンもの卵がブルドーザーで
穴に埋められる動画を見たことがあるか?

そこに卵が消えてしまったんだ

アボカドが今、超安くなってるの気づいたか?
アボカドをブルドーザーで穴に埋めるのを止めたからだ

あなたが何歳かわからないが、私は63歳だ
だから良い時期を過ごしたこともある
昔はよく串に刺さったラム肉を安く買ったものだ

今はグルメになってしまった。高くて買えない
なぜ?意図的なものだ。奴らはわざとそうしている
つまりこの圧力は、あなたが屈することを望んでいる

あなたは立ち上がり打撃を受け続けるだけだ
打撃を受け続けろ

最悪の場合、ホワイトハットなんて存在せず
何もこれから起こらないとしよう。 どうする?
あきらめるのか、闘い続けるのか?簡単だろ!

はっきりしてるだろ? 私たちは闘い続ける
私たちは私たちの仕事を闘い続ける

保安局のバカどもにもう一回言っておくが
お前らが遅いのは知ってるからな
お前らの中で一番優秀な人間を採用するなよ

マイク・バージェスとお前のピエロども
我々は選挙で平和的に解決することを求めている

誰かが引き金を引くという事実は
ただのオマケに過ぎない。そういうことだ

ホワイトハットが完全なデタラメで、何もないとしよう
どうなる?何人かは死ぬんだ
昔そう言ったことがある。これは戦争なんだ

この言葉は兵士にとっては簡単なことだ
それが兵士の世界だからだ

都会だと、そんなこと言っちゃダメだ、と言うが
奴らは何世代にも渡って我々を殺しているんだぞ

あなたやサラのような善良な人間は死ぬだけだ
ホワイトハットがすぐに来なかったらどうする?

戦略を変える?どんな戦略を提案する?
今ひとつ思いつくが、どうにもならないね

それは可能だが時間がかかりそうだ
一生治らない傷ができる

ディナーのために自分で鶏を殺せる人はほとんどいない

そんなことまでしてくれる人が
どれだけいると思ってるんだ?

これは昔私が作った元のビデオに戻らなければならない

2021年9月 リカルド・ボジ(元オーストラリア陸軍特殊部隊・中佐)から、全ての国に共通するメッセージ

文字起こし

私たちは道徳的な権威を勝ち取らなければならない
その道徳的な権威で、この戦争に勝ち
他の国や世界の模範にならなければならない

そしてもう一度、奴らは少数、我々は多数だ

私たちは立ち上がり、一つの国民として
また数年前、私はこのようなことを
シドニーで20万人の観衆の前で言った

私たちが同意を撤回した瞬間に、私たちの勝ちだ
私たちの勝ちだ

納税者が何人いるか想像できるか?
約1500万人の納税者で有権者

1500万人の納税者がこう言うとする
「今年は税金を払わない。払わん!」
1500万人がやったら?

我々に何が起きるかわかるか? 何も起きない
だって一部の人たち以外、誰も立ち上がり一線を
越えて、やってみろ!と言ったことがないんだから

初めてやるときは怖い。でもしばらくすると
実際は味をしめて、飛び越えたいと思うようになる

でも真剣に、1500万人の税金払ってる有権者が
税金を払わないぞ、とベストを尽くしてないんだよな

赤信号で止まるといった常識的なことは今でもやってる
それは理にかなっているのか?アナーキーには興味ない

でもマネー供給を切ったら、奴らはおしまいだ
誰もタダでは働かないからな

これはまだ我々の手の中にある。まだ道はある
その道とは、A1が最初からやっている方法だ

どうなるか見てみよう。このまま前に進んでいこう
この前の選挙でもっと腐敗している証拠を提供した
壊滅的、壊滅的だ

我々は勝っているんだ。ホワイトハットの有無に
かかわらず、我々は勝利している。ホワイトハットの
有無にかかわらず、我々は前進し続ける

3年前、今から3年以上前に決めた戦略で
私たちは前進し続ける

ということで、大丈夫だ。私たちは大丈夫

よく言った、リカルド!

テオの質問に移ります

軍事裁判は行われるのでしょうか?

軍事裁判所?

裁判みたいな感じでしょうか?

👍

ほらね、これ!

我々は国民の信頼を勝ち取らなければならない:リカルド・ボジ

真実が明らかにされなければならない
A1でやることはすべて、国民の信頼を勝ち取ることだ

どんなに正しいことを言っても、国民に信じて
もらえなければ、時間の無駄だからね

だから、私たちの活動全ては国民の信頼を
勝ち取るためなんだ。嘘をつかず、見下さず
バカ扱いせず、ただ事実を提示するんだ

国民が自分で決められるようにする
彼らは知的な人たちだから、自分たちで判断する
時間が経つにつれて、これが正しいと思うようになるんだ

ということが必要なんだ
だから、A1はとてもゆっくりした成長過程だ
他の人は、次の選挙の候補者が必要だと言っている

いや、そんなことはない。私たちの仕事はオーストラリア
を救うことであって、選挙に出ることではない

大きな違いだ、一方は手段で一方は目的なんだ
だからどうするかというと
ゆっくりと国民に結論を出させるんだ

国民の信頼を勝ち取らなければならない
そうすれば国民は自ずとそこに辿り着くだろう

私たちはこの国にこういう未来を望んでいる
今までのは嘘だったんだ。もうそんなものはいらない
でも、自分たちで決めなきゃいけないんだ

時間がかかっているのは、確実に一人残らず捕まえるためだ:リカルド・ボジ

質問:私たちは今、一体何を待っているのか?
最後のドミノ倒しを待っている私たちを、
ゴール地点まで連れていってくれるものは何なのでしょうか?

いい質問だね。よく聞かれる質問だ。昨夜
西オーストラリアのグループに対してこう説明したんだ

ジャングルの中の村で
数人の狙撃チームが出入りする経路を監視し
生活パターンを把握する捜索作戦の例えで説明した

村の周囲に内側の線と外側の線を張り巡らし
人の出入りを阻止するんだ
そして村の中に入るとトンネルがある

だからちょっと複雑なんだ。こんなに沢山のトンネルが
あり、奴らがこっそり外に出ているとは思わなかった
軍隊はさらに多くのトンネルを発見している

地下基地、トンネルについては、以下の動画が実際に行った(と主張している)人の証言なのでわかりやすいです↓

地下基地(DUMBS)、トンネル、地震、子供の救出:ディスクロージャー(Part 2) “レイ “のインタビュー:ジェイソン・シャーカより抜粋

特にオーストラリアで起きたことに関しては
我々が予想していたよりもずっと酷い状況だった
だから少し時間がかかっている

警告 衝撃! 米軍最新情報!オーストラリア全土のトンネルから100万人の子供たちを救出

パインギャップ、オーストラリアは、南極大陸を除けば地球上で最も秘密の場所である。アメリカの特殊部隊が、これまで日の目を見ることのなかった100万人以上の子どもたちを地上に連れ出した。

オーストラリア・ワンのナショナルリーダー、リカルド・ボジ氏とキャプテン・カイル・パトリオットがボイスチャット。

この放送とQ&Aを聞くために、3時間の時間を投資してください。この放送は、私たちが過去3年間追跡してきたことをすべて確認するものであり、オーストラリアと世界中の米軍に関する私たちの現在の状況を確認するものです。

また、差し迫った出来事や、今後数ヶ月の間に起こると予想される出来事についても説明されており、私たちの生活を整理し、前向きに前進するための計画を立てるのに役立ちます;

  • 40分頃から、オーストラリア、アメリカ、そして世界の軍事的な動きについて議論しています。”私たちはもうすぐだ”
  • サンクスギビングの日(2022年11月24日)、ジュネーブで各国がNESARA/GESARAに署名して法律ができた!
  • QFS(量子金融システム)の説明
  • [02:08:00] Q&A 警告!衝撃 米軍最新情報!オーストラリア全土のD.U.M.BSやトンネルから100万人以上の子供を救出!パインギャップやシドニーが最も酷い
WARNING! Shocking – US Military Update, 1 Million Children Rescued From Tunnels Across Australia.

別記事にまとめました。

確実に一人残らず捕まえるには時間がかかるんだ

さっきの量子ダストの話はすごいな
でも軍隊はトンネルを閉鎖したから奴らは
大陸からマグレブ(磁気浮上式)列車で脱出することができなかった

潜水艦とか、脱出するためのすべての方法を止める
トンネルに侵入する前に封鎖しなければならなかった
皆と同じように、全員を捕らえたいからだ

一人たりとも逃がすわけにはいかない。だから作戦の
最終局面では忍耐が必要なんだ。 それが一番いい
表現だ。私たちはただ確実にやらなければならない

最後の致命的な数日で手を抜くわけにはいかない
正直なところ、最後の数週間、数ヶ月というところだろう
でも完全に正しくやるだけの話だ

それを待っているのだと思う
作戦の最後の仕上げをしてるんだ

AustraliaOne Party – Melbourne, Canberra, and Sydeney Event: Richard Bosi

2022年10月にメルボルン、キャンベラ、シドニーの3都市で、
現実の把握と、国の再建、そしてリーダーシップについて話しているひと続きの講演があります。
英語がわかる方はぜひそちらを見てみてください。

以下は内容のポイントです。こういったことは現実です。

真実以外の何物でもない – Part 1 メルボルン

  • コロナウイルスの欺瞞
    バイオ兵器による死亡・負傷が確認されたにもかかわらず、オーストラリアのメディアはこれを報道していない
  • 監視国家
    オーストラリアに配備された中国共産党による追跡システム
  • 警察国家
    警察によるオーストラリアの人々への不法なコントロール
  • 臓器摘出
    中国共産党が法輪功やウイグルの人々を殺害して臓器を奪う
  • 立法府の横暴
    クラウドシーディング、オーストラリアでの外国軍/警察、遺伝子組み換え作物、ケムトレイルの空中散布、ソーシャルメディアへの干渉、マイクロチップインプラントとRFID
  • 実験動物としての人間
    リビティナという名の3歳の少女は、痛みへの耐性、第三の目の活性化/抑制、生命の脅威への反応/排除のテストを受けた。テストでは、痙攣、声帯チック、噛みつき、鼻出血、嘔吐、叫び、検査者への危害、自己への危害、誤った笑いが生じた

真実以外の何物でもない – Part 2 キャンベラ