メディアの報道は真逆!ウクライナの状況について知るために

おすすめの記事

◆メールで更新をお知らせします◆

(迷惑メールフォルダを確認し確認メールをクリックして下さい)


 

メディアの報道は真逆!ウクライナの状況について知るために

情報が沢山ありますが厳選して紹介します。
私はそれほどニュースを追いかけている方ではありませんが、
見た中で重要だと思ったものをまとめました。

ウクライナはディープステートの中心

まずは短くてわかりやすいリカルド・ボジ隊長の説明です。

AUSTRALIAONE PARTY (A1) – AUSTRALIAONE UPDATE

リカルド・ボジ隊長が3月3日のアップデートでウクライナについて話しています。

11:00~

「ウクライナで起こっていることは自国で起こっていることから目を逸らさせるためのものだ。第一に、ウクライナはあなたが思っているような国ではない。ウクライナは主権国家ではない。国際的に国境が認められておらずまだロシアの領土だ。ロシアがロシアを侵略しているようなものだ。

第二に、ウクライナの人々は動揺している。私たちオーストラリア国民のように、政府に嘘をつかれ続けてきたからだ。私たちは主権国家だと思っているが、そうではない。ウクライナも同じだ。真実が明らかにならなければならない。

ウクライナは何十年も何十年もグローバリストの中心だった。70年間、悪い組織でDSの道具のCIAが皆を対立させるために工作してきた。ロシアを倒すためと、ウクライナにある資源のためだ。豊富な資源を盗むためだ。

その上、ウクライナはディープステートの中心なんだ。プーチンがなぜそこに行くかといえば、蛇の頭を切るためだ。別の中心だったカザフスタンは崩壊した。

ひとたびウクライナの頭を切れば、ディープステートの猛獣は死ぬ。それが今起こっていることだ。

メディアは核戦争の恐怖を煽り、プーチンは悪者だと言うだろう。これはヒラリーからの計画だったが、選挙に負けたため延期された。

*オバマ8年、ヒラリー8年の新世界秩序のプラン

ロシアを破壊するのは昔からの計画だった。ロスチャイルドの下での銀行制度がないからだ。なんて危険な国だろう(笑)。そして豊富な資源がある。

ジェイコブ・ロスチャイルドが、プーチンは「NWOを裏切った者」と発言

プーチンがディープステートを崩壊させている。彼が蛇の頭を切っている。それが起こっていることだ。だから核戦争とか、ロシアが世界を征服するとかそういう話を無視しなさい。まったくの正反対だ。

だからよく見ていてください。自分でリサーチすること。主流メディアを見ないこと。政治家のように、唇が動いたら嘘だからだ」。

リカルド・ボシ氏 (Riccardo Bosi) ウクライナ騒動の本質。真実を知る覚悟と決断が求められている。

ロシア、プーチン=悪、は本当か?

Stew Peters Shows ウクライナ動画「この戦争で誰かを責めたいのなら、 ディープステートを責めればいい」

プーチン本人は何と言っているか

プーチン大統領ドンバス特別作戦について語る(字幕版)

プーチン大統領の演説:いわゆる「文明国」は、大量虐殺の犠牲者を見て見ぬふりをする偽善者であり、それは道徳的・倫理的な劣化である。

みずさわかいれんさんがプーチンのインタビューをブログにまとめてくださっていました。

ロシアのウクライナ侵攻は生物兵器研究所を破壊するため

ロシア国防省、ロシア軍NBC防護部隊長によるブリーフィング 2022/03/07

ロシア国防省 ウクライナの生物学研究所に関する資料の分析結果 2022/03/10

ロシア国防省 ウクライナの生物学研究所に関する資料の分析結果 2022/03/17

ロシア国防省 ウクライナの生物学研究所に関する資料の分析結果 2022/03/24

ロシア国防省 ウクライナの生物学研究所に関する資料の分析結果 2022/03/31

ロシア国防省 ウクライナの生物学研究所に関する資料の分析結果 2022/04/14

【第7弾】ロシア国防省 ウクライナの生物学研究所に関する資料の分析結果 2022/05/11

ペンタゴンが資金提供したウクライナの『BIOLABS(生物兵器研究所)』の目的と「クラウス・シュワブ」「ハンター・バイデン」との繋がり。

ウクライナ人の現地の声

【緊急翻訳】ウクライナ・ドネツク市でフリージャーナリストがブッコミ実況!

3月6日【最新動画翻訳!】ドネツク在住フリージャーナリストAlina Lippさん実況動画!【拡散願います】

3月7日必見です!【最新動画翻訳】ドネツク在住フリージャーナリストAlina Lippさん実況動画!最後に衝撃の事実が!【拡散願います】

フランスメディア ウクライナ女性「なぜ私達は、この傀儡大統領と政府を守らなければならないのか?

2016年のドキュメンタリーですがあまりに生々しいので閲覧注意です。ロシアが侵攻するずっと前からネオナチ勢力がウクライナ自国民を苦しめてきたことがわかります。

ドンバスの真実 – ウクライナ自国軍からの残虐な攻撃によって苦しめられてきたドンバスに住む人々の叫び! Documentary Film by Anne-Laure Bonnel【日本語字幕】

ウクライナ政府側は新世界秩序、DS側

ウクライナ政府側は新世界秩序、つまりDS側。

ウクライナ国会議員「私たちは新しい世界の秩序のために戦っているのです」Ukraine MP Kira Rudik 2022/02/27

メディアはフェイク

メディア報道とは対象的に、街頭のカメラを見るといたって平和です。

ウクライナは監視カメラでは平穏に見えるが、ニュースでは残酷な戦争が繰り広げられている (主流メディアを見るを止めろ!)
UKRAINE LOOKS CALM ON SECURITY CAMERAS / IN THE NEWS A BRUTAL WAR IS RAGING (STOP WATCHING MSM!)

現地の人は普通に生活しているのに、必死に危機を煽るレポーターに笑えます。

4月18日、産経新聞のカメラマンが現地取材。

映画やゲームより映像を流用。

信頼できる人たちは何と言っているか

馬渕睦夫さん

ウクライナ情勢については、元駐在ウクライナ大使の馬渕さんは信頼できる方だと思います。

【馬渕睦夫】ロシアとウクライナの歴史について自分自身の目で見て知って欲しい【2020年の談話/切り抜き】

これまでの経緯が解説されていて必見です。

緊急特番!『馬渕大使登場!ウクライナ危機は2014年から始まる”ネオコン”対プーチンの闘いだ!』ゲスト:元ウクライナ大使 馬渕睦夫氏

馬渕さんのディープステートについての本です。


河添恵子さん

ウクライナとアメリカ、特にバイデン親子といかに繋がっているかが説明されています。

※LIVE 3/21 16:00〜『ノンフィクション作家 河添恵子 #48』バイデン家と再燃するウクライナ・ゲート~深い闇は真実か⁉

駐日ロシア大使 ミハイル・ガルージン氏

駐日ロシア大使に直撃 未公開インタビュー(2022年2月23日)

テレビ東京のインタビューではありますが、駐日ロシア大使の本音は何かを注意深く聞いてみてください。配慮した物言いをしていますが、ウクライナのジェノサイドにも言及していますし、西側の見方は違うよと色々言っています。

「“虐殺”はでっち上げ」駐日ロシア大使単独インタビューで語る【報道特集】

在日ロシア連邦大使館テレグラム、ツイッターです。ロシア側からの視点を得るためにフォローしてみてください。

アレックス・コリアーさん

「皆さんに対して他に言い方がないのですが、ニュースが言うことはすべて信じてはいけない。あまりにも酷すぎるため、天気予報も信じません。それほど酷いのです。ニュースはフィルムクリップ、他の地域で起こったものやクライシスアクター、フリーダムファイターが木の銃を持っていたり、本当に、それぐらいバカげているんだ。

DSがとにかく何でも壁に押し付けようとしているのだ。グレッグリースレポートの暴かれるウクライナオンファイヤーを見てください。短いけどとてもよくまとまっている。メディアが報道するのはまったくの嘘だ!まったくデタラメだ。

今ロシアが発電所を爆撃していると言っている。不可解だ。ロシアがチェルノブイリに行って乗っ取った理由は誰もそれを開かないためだ

。爆撃はネオナチウクライナ傭兵軍が自国民に対して行っている。そうすることで世界に憐れみを起こしロシアを攻撃するためだ。

フランス人ジャーナリスト 《アンヌ=ロール・ボネル》のスク-プ!★ロシア軍ではなくウクライナ軍が空爆をしている。

プーチン、ロシアは悪者ではない。だからグレッグリースレポートを見て欲しい。あなたに全体図を与えるから。すべて歴史にある。まだ私たちはゲームの中にいる。それを知ることで、私たちは観察者でいることができる。感情に振り回されてはいけない。それは真実でないからだ。まったく真実ではない」。

Alex Collier – Webinar 152 – March 4, 2022

アレックス・コリアーさんが見るように薦めているグレッグリースレポート、Keikoさんが訳してくださっています。いつも貴重な翻訳ありがとうございます。

グレッグリースレポート:戦争で最初に犠牲になるのは「真実」

ウクライナ・オン・ファイヤー、全編です。

ウクライナ・オン・ファイヤー 字幕を更新しました。最終アップデートです。(3/10)

続編です。大変な翻訳の仕事どうもありがとうございます。

Revealing Ukraine 2019(乗っ取られたウクライナ)字幕埋め込み版

アレックス・コリアーさんの動画の続きです。

「アメリカでは1776年の独立戦争と同じことがが起こるだろう。世界の他の地域でも同じだ。なぜなら、システムが世界を乗っ取っているからだ」。

ウクライナに限らず、世界中で「個人の自由が破壊されるか、再生されるか」の試練が起こる。「自己鍛錬が身についていない人にとって、厳しい現実を通して学ぶ時代が来る」、ということです。

占星術をどう思うかは別として、それは、その後のすべての科学が生まれる元となった科学であり、今日の大衆文化では疑似科学として扱われているものの、オカルトの伝統では神聖な知識として扱われているものである。偉大な神秘でありながら、数学のように予測可能で、誰にとっても体験可能である。

そして今日は、占星術的に言えば、アメリカと世界の個人の自由にとって非常に興味深い日で、今日2022年2月22日は、1776年7月4日以来、初めて冥王星が米国に合流する日である。

冥王星の回帰と呼ばれる、248年に一度のイベント。

生まれた場所との関連で、惑星が同じ度数に戻るたびに、人も回帰を経験する。

土星の回帰の考え方は、個人的に理解できる人も多いだろう。土星は約29年かけて太陽の周りを回っている。土星の回帰は29歳の誕生日の頃に起こる。

土星は厳しさや規律を象徴するため、この時期はまだ自己鍛錬が身についていない人にとって、厳しい現実を通して学ぶ時代として知られている。

冥王星は破壊と再生を象徴している。約2年続く冥王星の回帰は、破壊と再生の時代とされる。

アメリカ以上に、1776年7月4日は、個人の自由を象徴している。占星術的に言えば、これからの2年間は、1776年に生まれたこの個人の自由が破壊されるか、再生されるかのどちらかを示すことになる。

冥王星回帰と個人の自由の再生

チャーリー・ウォードさん

サイモン・パークスさん

サイモン・パークスさんの2月27日の最新アップデートでウクライナについて解説しています。
全体像をつかむためにおすすめです。

3月8日のアップデートでも深く話しています。

ミシェル・フィールディングさん

いつも遥か先まで見通すチャネラーのミシェルフィールディングさんがウクライナについて急遽メッセージを出していますから必見です。

戦争遂行のためのプロパガンダ

すごく当てはまると思ったので載せておきます。

我々は、ウクライナについて壮大な規模で嘘をつかれています

アメリカの戦争ジャーナリストの発言です。起きていることの全体像がよくまとまっています。

アメリカの有名な戦争記者であるララ・ローガン(LARA LOGAN)は、アメリカは長い間、ウクライナのナチスであるアゾフ大隊に資金と武装を提供してきたとReal America’s Voice Newsのライブで発言:2022年3月17日

スイスの元軍事情報将校「ウクライナで何が行われ、何が起こっているのかを実際に知ることは可能なのか?」

とても包括的で詳しい分析です。

必見】ウクライナ在住男性『今、ウクライナに”偽善の涙”を流してる方々へ。ユーゴスラビア、グルジア、セルビア、コソボ、ボリビア、シリア、イエメン、イラク、アフガニスタン、東部ウクライナ…何があったのか覚えてないの?』

ウソだらけのウクライナ戦争

よくまとまった記事ですので紹介いたします。

その他おすすめの情報源

リコリコワールドさんのブログが様々なインテル情報がよくまとまっています。

Mariさんのブログのフィルさんによる分析も詳しいです。

タイトルとURLをコピーしました