認知的不協和:なぜ彼らにはわからないの?:ケリーK

おすすめの記事

真実から目を背けるのは心の防衛反応

コーリーグッドがテレグラムで紹介していた動画です。

「これは、どれだけ真実を投げかけても、
人はそれを見ることができないということを思い出させてくれます。」

SBA - Ascension Works TV
This is a reminder of why, regardless of how much truth you may throw at a person, they simply can not see it

多くの人が共感する内容だと思います。私も実体験からそうです。
外に向かうことよりも(外を認識することは大事です)、内に向かうこと
(=自分自身を変容させること)の意味がよく理解できます。

認知的不協和:なぜ彼らにはわからないの?

Cognitive Dissonance: Why can’t they see?

皆さん、こんにちは!ケリー・Kです。今日は、誰もが何度も耳にしたことのあることについてお話したいと思います。

認知的不協和について聞いたことがあり、それが何であるかを漠然と理解していますが、本質的には、なぜ、目の前にいる人は私が見ているものを見られないのか、目の前にあってこんなにあからさまなのに、と疑問を抱く時が来ます。

なぜなら、あなたの目には、あなたが見ているものは、まさにあなたが見ているものであり、明白であり、目の前にあります。あなたは何かを読み取っているわけではなく、陰謀論者でもなく、ウサギの穴に潜っているわけでもなく、ただ論理的に、あるがままを見ているのです。

しかし、そこで会えない人たちがいます。会えない代わりに、自分が今いる場所にいることを非難されるような経験をしたことがあるかもしれません。言い換えれば、自分が見ているものを見て、自分が知っているものを知っていて、自分が理解しているものを理解していることで、非難された経験があるかもしれません。

だからあなたは、「なぜ彼らにはわからないの!?」、「なぜ彼らにはわからないの!?」、とフラストレーションを抱えます。

もうひとつの大きな疑問は、彼らはいつになったら見られるのかということです。彼らとは、あなたの視点では目にベールをかけているような人たちのことですが、彼らは単に見ようとしないのか、あるいは見ることができない何かが起こっているのでしょうか。

それが何なのかを話したいのです。そうすれば、あなたはあなたのことを理解し、相手もあなたのことを理解し、私たち全員が会うことのできる平らな地面を再び見つけることができるでしょう。

認知的不協和とは何かということを深く考えずに、また、他人を非難するためのレッテルや用語として使わずに、認知的不協和とは何か、ということについて、非常に客観的な理解をしてみましょう。

認知的不協和とは、目の前に証拠があるにもかかわらず、それを見ようとせず、納得のいかない方法で説明し、正当化してしまうことです。明らかなものを見ることを自分に許さず、意味のない正当化をしてしまうのです。

彼らがそうする理由は、彼らは怖いからです。それは、その人の居場所を貶めることとは関係ありません。その人の置かれている状況を思いやり、理解することが大切なのです。

誰かに情報を提示して、その情報が彼らの信じる現実の基盤を揺るがすと、彼らは不安になります。そして、あなたが提示する証拠や情報によって、強固だと信じていた世界、真実でリアルだと信じていた世界、そして故郷と呼んでいた場所が、すべて崩壊し、現実がすべて崩れ去ってしまうかのように見えるのです。

今、あなたのような素晴らしい人々、独立独歩の人、先駆者が、ベールの向こう側を見たいと思っている、自分にとって意味のない現実を崩したいと思っている人がいます。なぜなら、その現実は、長い間、意味をなさなかった可能性が大きいからです。混沌とした世界、人々が対立し、いがみ合い、傷つけ合い、環境を汚染する世界。

その世界は、あなたや多くの人々にとって、故郷のようには感じられず、意味のあるもののようには感じられませんでした。しかし、あなたが実際に提示しているものは、その人たちにとって、現実が崩壊してなくなってしまうと信じているものです。

このように異なる考えを提示すると、自分の現実が目の前で消えてしまったら、現実が崩壊して崩れてしまう、自分の現実が存在しなくなったら、私もそうなってしまう、という感覚を持っています。

それはエゴの私であり、それは彼らが知っている唯一の私だからです。彼らが知っている唯一のアイデンティティは、エゴにとらわれた精神です。

だからこそ、ある人にとっては、認知的不協和は、心理的にも感情的にも正気を保つという意味で、生存の問題なのです。ある人にとっては、それが簡単な方法です。

しかしあなたは、自分が現実の産物ではないことを理解しています。私は創造的な存在であり、現実の創造者であり、複数の現実があり、現実は私が自分自身に焦点を合わせる場所です。

言い換えれば、私は現実の産物ではなく、現実の創造主なのです。 そのような人たちは、その生得的な知識の中に常にいました。そのため、そのような人たちは、楽に管理できる範囲を超えて現実を見ることができるのです。それを知ることは、私たちに共感を持つことを教えてくれます。時々、誰かの頭を壁にぶつけて、「これを見て、これを見て、これを見て」と言おうとするときに、「ああ、そうか」と思うよう、教えてくれます。

目の前にあるものを、ほとんどいじめのように見させようとする人がいます。彼らの意図は美しく純粋であるかもしれません。「私はあなたを無知から救いたい。あなたが精神的に囚われている場所から救いたい、今いる場所の限界を超えて、ワクワクするような輝かしい可能性の世界があることを知ってほしい」のです。

しかし、ある人にとっては、そのような概念はなく、あるのは自分のいる場所の制限とそれによる安心感だけです。それは、非常に恐怖、エゴに基づいた考え方です。ここでのエゴとは、自己中心的なエゴという意味ではなく、偽りの自分、小さな自分、という意味です。反転したマトリックスの枠、投影され、押し付けられた現実の枠を超えて、自分が何者であるかについて本当の意味での感覚を持っていない自分という意味でのエゴです。

そしてもちろん、本当のことがどんどん見えてくると、ワクワクして興奮し、何が本当なのか、何が本当なのか、と駆り立てられる人もいます。しかし、私が言ったことを理解すると、そうでない人の限界を思いやる気持ちを理解します。

「願わくば、相手がまだ見ようとしていないものを説得することはできないが、相手に気づいてほしい」

あなたはそれを見ることができている。

それはあなたの才能なのです。他の人には見えないものが見えているとは、それはあなたの才能なのです。彼らを説得する必要はありません、彼らはいずれその気になるでしょう。

ちょっと考えてみてください。

もし、あなたがしなければならないこととは、あなたがすでに真実だと知っている真実に足を踏み入れ、更にそれを超えていくことだとしたらどうでしょう?他の人に挑戦したいと思うのと同じように、自分自身に挑戦し、自分が知っている真実の範囲を超えていくことに挑戦してください。他に何が、他に何が、他に何が真実なのか、と、自分自身に挑戦してください。

情報開示とはあなたのことです。あなたが自分自身に情報を開示すること、自分の本当の姿を明らかにすることです。その旅が、それが自分の焦点になれば、他の人を一緒に連れてくる必要はありません。彼らはあなたと一緒に来ることを選ぶでしょう。

なぜなら、最終的には、あなたがより愛情深くなり、とても賢くなり、とても寛容になり、とても受け入れられるようになり、自己認識が深まり、自分に責任を持つようになり、判断したり、非難したり、責めたりしなくなりました。

あなたは、活性化されたキリストの意識を持つ存在になっているのです。その時点で、真実主義者になり、現実の舞台裏で起きていることを知り、自分は彼らを説得するためにここにいるのではないと気づくのです。説得しようとするすることは、あなたは自分の旅を遅らせることになります。

あなた方の多くが、悪口を言われたり、誤解されたりすることに対処していることは承知していますし、それが孤独に感じられることも理解しています。孤独を感じ、心痛を引き起こすこともあるでしょう。

しかし、旅、あなたの旅、あなたの道の旅、あなたの道を切り開いてください。自分の道を切り開いて、情報開示を超えて、理解される必要性を超えて、自分自身を理解してください。

あなたが他人に求めることすべて、自分の波長に合わせてもらいたい、自分の居場所に合わせてもらいたい、自分が見ることのできる現実の真実を相手に伝えたい、それらをより深いレベルで自分自身に与えてください。

このことがあなたにしっくりくるか、意識の存在としてのあなたの役割を確立するのに役立つかどうか、コメント欄で教えてください。意識の存在は、他の人が必ずしも即座に得られない洞察を常に得ることができるのです。

そうすると、自分は仲間はずれで、孤独だと感じるかもしれません。そして、自分の知っていることを他の人に伝えることで相手のペースを上げ、取り入れようと思うようになります。

自分の考えを雄弁に世界に発信するように求められる人たちがいますし、そうなる人もいるでしょう。それがあなたの天職であるならば、ぜひともそうしてください。自分の知っていることを人に話すべきではないと言っているわけではありません。

私が言いたいのは、自分の頭をレンガの壁にぶつけたり、誰かの頭をレンガの壁にぶつけたくなったり、惨めな気持ちに陥ってしまうこと、「なぜ彼らにはわからないの!?」、「なぜ彼らにはわからないの!?」という苛立ちは、思いやりを持って理解する概念に私たちを導きます。

あなたが生きている世界をほとんど信じていない、とはどういう気持ちがするのか、あなたの生きている現実があなたを生かしているのか?、あなたが現実を生かしているのではなく、現実があなたを生かしているのか?

あなたが現実に生かされている、という認識は、とても小さく、とても限られた現実の認識です。そしてもちろん(その場合)、あなたはその産物であって、創造主ではないのです。

あなたの創造性は無限で限界がないことを知っています。しかし、人間には自分に与えられていないものを他人に与えようとする傾向があります。

もしそれがあなたに当てはまるなら、自分自身にもっと深いレベルの情報開示を与える方法を見つけてください。あなたが現在見ているはるか遠くを、あなたが本当は何者で、あなたがここで何をしているかという、真の根源を見出してください。

そうすることで、あなたは自身がどのように他の人を鼓舞するかを見ることになるでしょう。人を怖がらせるのではなく、人を鼓舞するのを見ることになるでしょう。

あなたがこの惑星で見たいと思っている情報開示になる機会をあなた自身に与えてください。自分の素晴らしさを自分自身に開示し、それがあなたをどこに導くのか見てみましょう。

まとめ

やつお:

認知不協和は、人がこれまで持っていた 「信念や考え方」に対する新しい「事実」が生まれたときに認知的不協和というストレスが発生します。 そして自分の中に存在するストレス(矛盾)を解消するために自分が納得のいくような答えを考える心理行動です。

これが、真実を聞いても、現実のリアリティがあまりにも強すぎる=洗脳が深いため、真実を飲み込むよりも、目の前の矛盾によるストレスを解消しようと相手を攻撃(外に出る)するか、見て見ぬ振りをする(内に出る)、自分を正当化しようとする理由です。

相手のタイプや興味に合わせて話をするしかありませんが、相手が心を開く必要があります。まずは自分が真実を探究し在り方で示すしかないのかなと思います。実際は信じられない現実があるということ、それを覆していくことは大きな奉仕ですね。

あと、これは心の自然な働き(防衛反応)なんだと知ることで、自分が嫌われているとか、相手が馬鹿なんだ、という訳ではないということです。大らかな気持ちで接しましょう。まあ、大変ですけどね。自分もうんざりですが。

タイトルとURLをコピーしました