認知的不協和:私たちは集団のトラウマを癒す時。相手を責めるのではなく、寄り添いましょう

おすすめの記事

今、相手に寄り添おう

ジェイソン・シャーカさんの最新の動画で、今私たちに必要な話をしてくれていたので翻訳しました。

ジェイソンさんがどんな人かは、まとめた記事がありますのでお読みください。

アメリカでは、ファウチのメールで強制目覚ましが始まったような印象です。

アメリカはワクチン接種も遥かに進んでいます。日本はワクチンも目覚めもまだまだですが、まったくこれからの私たちの身に起こり、どう私たちが対処したらいいかを優しく諭しています。

自分の感情の満足ではなく、相手を思いやって、全体に奉仕しましょう。

動画の説明欄のコメントです:

特に、「リーダー」が自分たちの利益を一番に考えてくれていると思い込んでいた人たちにとっては、厳しい時代です。

「だから言ったじゃないか」と相手の顔に突っ込めば満足ですが、そのような行動は自分のエゴ以外の何ものでもありません。

結局のところ、人が倒れているときに蹴ることはありません。倒れている人を蹴るのではなく、助けてあげて「大丈夫だよ」と安心させてあげるのです。

今の時代、私たちは大きく分断していますが、私たちは1つであり、過去にどのような行動をとったかにかかわらず、お互いをサポートしなければなりません。

今は私たちが癒される時であり、一緒にやらなければなりません。

分断されれば倒れ、Divided we fall…
団結すれば私たちは飛翔する United we FLY!!!
無限の愛を込めて。
ジェイソン・ヨセフ・シャーカ

ファウチ・メール

前提として、CDC所長のファウチ博士のメールがリークされました。

PLANDEMIC /プランデミック

メールの内容のまとめです

ファウチのメールから今日わかったこと

  1. Covid(コロナウイルス)はつくられた
  2. ヒドロキシクロロキンはCovidを治す薬である
  3. 無症状で広がることはありえない
  4. フェイスマスクは効果がない
  5. ロックダウンは必要なかった
  6. フェイスブックがCovidに関する権威主義的なプロパガンダを意図的に行った
  7. Covidによって死亡した人の実数は知らされていない
  8. ファウチは先月、議会で故意に嘘をついた。

私たちは1年間ずっと騙されていたのです!!!
何人かは真実を知っていましたが、シャットダウンされ、蔑称で呼ばれ、
オンラインや個人的に罵倒され、ドタキャンされたり、笑われたりしました。
今、誰が笑っていますか?

認知的不協和!

COGNITIVE DISSONANCE!

Eメールについて、私が何を言っているのか、皆さんはご存知でしょう。

そこで、皆さんにちょっとしたお話をさせてください。

認知的不協和がどのようなものかを極限まで見せてくれる話です。

私は本当に不可能なほどあり得ない話だと思っていましたが、 しかし、それは今日の世界で見られることです。

2020年の3月4月頃、いわゆる全てが始まった時、私は自分の意見や情報を親しい友人たちと共有し始めました。

友人たちとは何年も前からWhatsappでグループチャットをしています。高校時代からの40人、45人が参加しています。

最初はDr.F.、Dr.F.に関する情報を共有していました。 そして様々な話題を提供しました。

これはコウモリから生まれたものではなく、実験室で作られたものだという考えに関連していました。

研究室で作られたのかもしれないし、彼らが言っていることは真実ではないのかもしれない。

そして私は批判され、打ちのめされたのですが、彼らが求めたのは一つだけでした。

「ジェイソン、証拠を出せ、お前の証拠はどこにあるんだ」と。

私は、点と点を結びつけるきっかけとなった研究結果を全力で示しました。

しかし、彼らにとってはそれだけで十分だったのです。

だから私は言いました。

「君たちには明らかに証明できないよ。目の前にあるものを見ようとしないんだから。
それだけでは不十分なら、時間が証明するし、証拠も出てくるよ」、と。

ここ数日、証拠が出てきました。

その証拠は文字通りEメールに書かれています。

私はニュースの見出しを取りました。

それから約1年半後、その見出しのスナップショットを送り、彼らが約1年半前に言ったことを思い出させたところ、次に何が起こったと思いますか?

何人かは何も言わずにチャットを去っていきました。

なぜチャットを去ったのでしょうか?

誰かを批判するようなことですか?

いいえ、そんなことはありません。

そこで私は、彼らの立場になって考えてみることにしました。

彼らがどんな経験をしているのか見てみるのです。

それを認知的不協和といいます。

ここ数日のように証拠が出てきてもそれを見ようとしないほど何かを信じてしまうことです。

認知的不協和とは、目の前に証拠があるにもかかわらず、それを見ようとせず、納得のいかない方法で説明し、正当化してしまうことです。明らかなものを見ることを自分に許さず、意味のない正当化をしてしまうのです。

彼らがそうする理由は、彼らは怖いからです。それは、その人の居場所を貶めることとは関係ありません。その人の置かれている状況を思いやり、理解することが大切なのです。

認知的不協和:「なぜ彼らにはわからないの?」

今、真実は、人類のほとんど、集団は大きな認知的不協和の状態を経験しています。

それは快適なことではありませんが、それは起こっています。

それは私たちが考えていたことが真実だったからです。

”私たち”、とは集団のことですが、実際はそうではありません。

証拠と証明が示していますが、証拠があっても証明があっても十分ではありません。

だから私はとてもシンプルなことを理解しました。

証明というものは存在しない。証拠というものは存在しない。

なぜなら、その証明や証拠を見た人がそれを信じたくないと思えば、

客観的なレベルではそうであっても、この男が書いたメールを見ると、

彼が過去15ヶ月間、そしてそれよりもずっと長い間、世界中に向けて言っていたことと矛盾することが書かれていますが、

認知的不協和を経験している人たちはこのデマに固執するつもりです。

あなたがそれを経験しているのは、そこから逃げるためではなく、そこから学ぶためです。

大丈夫です。

もしあなたがかつて何かを考えていたとしても、それが今日では100%真実だとは言えません。

その一方で、これやこれや、これは本当に起こっていることだと言ってきて、それを批判されてきた人たちは、

この15ヶ月の間にあなたを批判したすべての人の顔に泥を塗る必要はありません。

なぜならそれは個人的なことではないからです。

悪口を言われても、愚か者と呼ばれても、 批判されても 、貶されても、あなたが真実を伝えたときに個人が何をしようと、

それを相手にぶつけても、何の解決にもなりません。

相手の立場に立って、相手が経験しているかもしれない認知的不協和を理解することが、
私たちが今経験しているこのトピック全体を癒すためのステップ1です。

大きな隔たりがあります。

それは単に人と人との間の溝だけではありません。

何を信じていいのかわからなくなっているからです。

リーダーが私たちの利益を考えてくれていると確信していた人たちは、今では確信を持てなくなっています。

私が支配者と呼ぶリーダーに権力を委ねていた人たちは、自分が正しいことをしたのかどうかわからなくなっています。

そして、その人たちは、中に何が入っているのか、自分で理解していない実験をされるために並んでいる。

今、この時点でその真実に目覚める人がいるとしたら、

それは簡単なことではなく、怖いことかもしれません。

それは大きな認知的不協和です。あらゆるレベルの不協和です。

だから、あなたが説教をしてきた側だったのなら、

聞く耳を持たなかった人たちを、

今、証拠が出てきたのだから、彼らを貶めないでください。

彼らの側に立って、あなたは彼らのためにここにいると伝えてください。

それが集団レベルで変化を起こす唯一の方法だからです。

得意げに満足するのはわかっています。信じてください、満足しているのはわかります。

自分の中では100%そう思っていても、

しかし、もしそれを他の人が必要としている時、つまり認知的不協和を経験している時に押し付けてしまうと、

彼らの旅をさらに困難にするだけです。

どんな道を選んでも、どんな選択をしても、最終的には、

私たちはひとつ。

より良い現実に到達する唯一の方法は、みんなと一緒にいることです。

一人ひとりではなく、みんなで一緒に。

いつものように、分断されれば倒れ、団結すれば私たちは飛翔する。
(Divided we fall, united we fly)

必要な時、この時、どんな側であっても、団結しましょう。

違った選択をしたとしても、みんな同じ側にいます。

理由が何であれ、互いの名前を呼んで貶めたとしても、

それは決して個人的なものではなく、

あなたが真実を伝えようとしたときに、その人が何を言ったとしても、

名前を貶められてもそれは個人的にではありません。

彼らが抵抗したのは、手放す準備ができていなかったからです。

証拠があっても、証明されていても、多くの人は手放す準備ができていないのです。

それを尊重しましょう。

それを受け入れましょう。

相手がずっと間違っていたことを証明して非難するのではなく、

手を握って、大丈夫だと言いましょう。

難しいですが、一緒に頑張りましょう。

私は皆さんを愛しています。いつも応援してくれてありがとうございます。

また、私のことをクレイジーだとか、バカだとか、批判したり、名前を貶めて呼んでくれた皆さん、

私は死ぬほどあなたを愛しています。私には個人攻撃ではないとわかっています。

分断されれば倒れ、団結すれば私たちは飛翔する。
(Divided we fall, united we fly)

皆さん、本当にありがとうございました。

まとめ

まず、何にショックを受けるのでしょうか。私たちが嘘をつかれ続けてきたことです。
大きくショックを受ける人は、権威に依存してきた人です。

私もここ1年半近く、自分で調べてショックを受け続けてきましたが
(誰だってショックは受けます)、真実を知ることが自己の拡大であり、
The Great Awakening (偉大な覚醒)と呼ばれるものだと思います。

智子さん:ワクチン問題は、人類が進化するために必要な出来事。

性悪説と性善説:

  • 性悪説:カバンが置いてあったら盗まれるのは、自分の責任(相手を信用しない分離の思考)
  • 性善説:カバンが置いてあっても盗むのは盗む人が悪い(相手を信頼する融合の思考)

ステレオタイプになると前置きしておきますが、アメリカでは、性悪説が主流です。盗まれても、それは自分が悪いじゃないか、当然だよ、と考えます。自分のことは、自分で気をつけないと、と考えます。

日本では、だいぶ変わってきてしまったかもしれませんが、性善説、盗むのは盗む人が悪い、という考えですよね。みんなそんな悪いことするわけないよ、根はいい人だよと。実際、離島で、民家の玄関の鍵がかかってないところを知っています(笑)

実際、財布を落としたのに戻ってきた、日本はあり得ない、と外国人が言うと聞きます。日本は安心だ、素晴らしい、というのはそういうところから来ると思います。

その相手を信用しない、性悪説が主流のアメリカ人が、今、認知的不協和を起こしているのですから、相手を信頼する性善説が主流の日本人にとってはもっとショックが大きかろうと思います。

「人は小さな嘘より、大きな嘘に騙される。」

なのでここでジェイソンさんが言っていることは、日本人にとってすごく当てはまる、ためになる話だと思います。これから私たちが集団のショックを乗り越えていくにあたってこれ以上なく大切なことを言っています。マウントするのではなく(笑)、寄り添いましょう。

認知的不協和についてはちょうど別の記事もありますのでお読みください。
私たちがこの現実を生き、皆をサポートしていく役に立ちます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました