ルシファーとルシフェリアン、欺瞞の達人たち

おすすめの記事

◆メールで更新をお知らせします◆

(迷惑メールフォルダを確認し確認メールをクリックして下さい)


 

ルシファーとルシフェリアン 欺瞞の達人たち

SRA(悪魔儀式虐待)についてまとめられたブログで紹介されていて知りました。

とても重たい情報ですが、
この世の中を支配するルシファーとルシフェリアン(=悪魔崇拝者)の概要と、
本当は力は私たちにあり、
私たちが真実を知り自分で責任を取ることがいかに必要であるかがわかります。

皆が知るべき大事な情報は出来るだけカバーして紹介してきたつもりですが、
この内容は本当に知るべき私たちの現実がよく要約されていると思います。
エデンの話についてはわかりませんが、私の知る限り言っていることは概ね正しいと思います。
これまでのブログのリンクも文中に載せましたので、詳しく知りたい方は各記事をお読みください。
このブログにある情報を材料に、各自自分で結論を導いて頂ければと思います。

ホワイトハットを待っているのではなく、
私たちは自分たちで真実を知り行動することでしか乗り越えていけないと思います。
軍が裏で働いてくれているのは事実だと思いますが、
自分たちが(知らずに)協力(=共犯)していたら支配は終わりませんし、
一見解決したように見えてもまたすぐ元に戻ってしまいます。

私たち自身が悪魔崇拝者でなくても、「悪魔崇拝者の崇拝者」をやっていては同じです。
集合意識が現実を作っているので、自分で責任を持ち自分たちが変わる必要があります。

https://operationq.pub/?n=4397

影の 大統領
影の 政府
反乱
前例のない 戦争
Q

Q-Post #4158

沼は 深い
ヤツらは 分断を望んでいる
ヤツらは 君たちに人種 宗教 階級 性別などの レッテルをはりたい
分断されると 弱い[団結力を失う]
分断されると お互いを攻撃し 真の敵[ヤツら]を見誤る
基本的 “パックメンタリティ*に従わせる” ために
恐怖を植え付ける範囲と規模についての
MSDNCの予測 [psych 101*][エコーチェンバー**][集団心理]
‘多数派がxyzだと考える場合 – xyzは真実に違いない’
プロアメリカ vs アンチアメリカ
どんな手を使ってでも 権力を取り戻す
大衆に 真実が公表されるのを防ぐ
説明責任を 防ぐ
君たちの人生など ヤツらにとってはどうでもいい[羊]
ヤツらが君たちに求めるのは 票と カネだけだ
強く立ち
団結して
人類は 善
団結するのが 人類
団結すれば 平和になる
主の下に 強く
強さを求め 祈れ
導きを求め 祈れ
アメリカのために 祈れ
悪魔の奸計に立ち向かうことができるよう 神の鎧で完全武装せよ
Q

*パックメンタリティ…個人のグループが計画された指示なしに一緒に行動する傾向

**Psych 101…ポール・クラインマンによる心理学の基本書

***エコーチェンバー…(エコーチェンバー、Echo chamber)とは、閉鎖的空間内でのコミュニケーションを繰り返すことによって、特定の信念が増幅または強化される状況

Q-Post #4397

Lucifer and Luciferians, Masters of Deception by Chuck Swindoll

スライド1-4: 概要、状況の確認と認識

スライド1:

このエッセイの目的は3つあり、この文書に散りばめられています:

  1. ルシフェリアンカルト、その人身御供の儀式の背後にある科学と生物学、そしてそれを動かす心理を暴露する。
  2. ルシフェリアンが西洋にどのような影響を及ぼしてきたかを明らかにし、それが1.とどのように関連するのかを明らかにする。
  3. これらの寄生虫と、彼らが人類に押し付けた人を惑わすような情報を取り除くための、自分で責任を取ることと内発的な反応を提供する。

スライド2:

この地球上では、生命が生命を食べる。この辺りでは、そういうものなのです。木は墓地で最も青々と育つ。一番遅いガゼルは最初に捕まり、ライオンの子に餌を与える。森林火災は新たな成長をもたらす。死と生の相互作用は、あらゆる自然の中で最も受け入れがたい真実のひとつです。

私たちは皆、自然で意識を持つ生き物なので、生と死の両方が自分の中にあることを自覚しています。陰陽。この自分自身の生の側面は調和されなければならず、そうでなければ不安の種となり、心は誤った認識に弱くなるでしょう。

このエッセイは、虚偽の認識の支配者であるリヴァイアサンと、それを崇拝する人々についての研究です。

参考資料:
ジョセフ・キャンベル博士、”Mythos(神話)”
NetflixとDVDで視聴可能なレクチャーセット

『神話の力』 ジョーゼフ・キャンベル × ビル・モイヤーズ Vol 4 死と再生

スライド3:

最近、ルシフェリアニズムと子供の生贄について、グローバル銀行、政治的指導者、バチカンの高ランク者の間でではびこる凶悪な活動の発見が浮かび上がり、多くの懸念があります。地球上の全ての権力の範囲が参加しています。

ルシフェリアンが地球を乗っ取り、人間の可能性を奪う前に、この人間を蝕む信念体系を解剖する時が来たのです。

スライド4:

アダムとイブがあの日、エデンで食べた果実は本当にそうだったのか、自問自答してみてください。それとも、この物語は、人間の心理のもっと深いところにあるものに言及しているのでしょうか?さらに、あなたに教えられたエデンの物語は、実際の物語なのでしょうか、それとも人を惑わすような情報なのでしょうか?

ルシフェリアンには彼らのエデンの物語がありますが、私のように点と点をつないだ同じ話をする人をまだ聞いたことも読んだこともありません。だから、このことについての私の考えは、私たちの惑星の窮状を救うセレンディピティな魔法を解く触媒として機能するのかもしれません。ルシフェリアンのエデンの物語を聞いたことは、私にとって悟りのような体験でした。彼らの嘘を明らかにし、点と点を結びつけ、そして最も重要なことは、歴史を通して、そして今日でさえも、彼らの極めて反人間的な動機と行動を説明するのに役立ったということです。

スライド5-6: ルシファーとルシフェリアン…これらの存在は誰なのか?

スライド5:

組織化された人類の歴史が始まったときから、ルシフェリアンは世界を牛耳ってきました。彼らは、アメリカやローマ、あるいはエジプト人よりもずっと前から、惑星の文化的なベクトルを操り、形成してきたのです。

このカルトは、はるか昔にさかのぼります。「古い宗教」とも呼ばれます。

彼らは何千年もの間、ルシファーとして知られる4次元の存在と直接コンタクトを取り続けてきました。ルシファーは寄生虫で、性別もなく、移り変わる幻影のような存在であり、世界中で、人間が認識できる形や名前に擬人化されています。ルシファーと、ルシファーと同じような4次元の存在の軍団は、初めから人類を略奪してきました。

ルシフェリアンは、子供の生贄という儀式を通して、ルシファーと直接コミュニケーションをとっています。リヴァイアサンを呼び出すこの慣習は、バアルのカルトに由来します。バアルはリヴァイアサン、ルシファー、モロクなどの別名に過ぎません。これらはすべて、同じエネルギーに言及しています。バアルのカルトは、この地球上で最も古いカルトであり、ルシフェリアニズムの古代からの前身です。ルシフェリアニズムは、バアルのカルトを形式化し、高度に組織化したものであると私は考えています。

スライド6:

ルシフェリアニズムは宗教であり、血統でもあります。悪魔崇拝は、真のルシフェリアンとして認定されるための血統と富の必要条件から外れた人々のためのルシフェリアニズムの下層部です。お金でルシフェリアンカルトに入ることはできますが、指導部にアクセスできるのは血統を持つものたちだけです。ルシフェリアンカルトの最高位は投票ではなく、ブルーブラッドの家系の中で厳選された交配により、カルトが慎重に導いた女性の遺伝的血統によって位を授けられます。

王が長男に統治権を与えるように、ルシフェリアニズムでも同じような考えですが、ユダヤ人のように遺伝子を持つ女性こそが重要なのです。

ルシフェリアンは、13+1の隠れた王家の血筋が関わっています。ルシフェリアンは、帝国主義的な王制のように一族だけで支配するのではなく、トップには多くの人がいるので、もう少し複雑で、多くのランクのメンバーを統合しています。ファミリーの間には、多くの不一致や内紛、個人的な思惑がありますが、彼らは皆、地球を支配し、統治するという、たった一つの計画に従っています。

以下は、ファミリーのリストです:

アスター、バンディ、コリンズ、デュポン、フリーマン、ケネディ、李、オナシス、レイノルズ、ロックフェラー、ロスチャイルド、ラッセル、ヴァン・ドゥイン、*メロビンジアン

スライド7: ルシフェリアンファミリーと彼らのエデン観

スライド7:

メロビンジアンはルシフェリアンの中でも最も秘密主義的な家系です。彼らは最も純粋な悪魔の遺伝子を受け継いでいるため、最も大きな力を行使します。このスライドショーでは、このことを繰り返し説明します。有名なアーティストのマリーナ・アブラモヴィッチは、メロビンジアンの血統だと主張しています。実際、彼女はロックフェラーであるビル・クリントンを凌駕しています。ルシフェリアニズムでは、個人の本当の身元を隠すために名前を変えています。そうでなければ、米国議会の議員のほぼ全員がこの14家族のうちの1人であり、クーデターが米国を設立以来略奪してきたことは明らかでしょう。

この一族に関するより詳しい情報は、フリッツ・スプリングマイヤーが1995年に発表した「イルミナティの血統」というタイトルのPDFで見ることができます。


これはインターネット上で無料公開されています。

ルシフェリアンは、自分たちの血統を、同じように人肉食や人身御供の儀式を行っていたアマレク人にまで遡ります。血はルシファーのエネルギーを運ぶので、血統はこの人たちにとって非常に重要です。彼らは、サタンのブルーブラッドの出身でない私たち「普通の人たち」から遺伝子を純粋に保つ必要があるのです。この子殺しカルト集団は、自分たちがカインの血統の直系子孫であると信じています。

ご存知のように、カインはアベルを殺害しました。

スライド8-11: エデン、人間のDNA、心理、アジェンダ

スライド8:

ルシファーは文字通りカインの父であり、アダムはアベルの父であるとルシフェリアンは信じています。彼らによると、イブはその日、一度目はデマゴーグと、次は人間と2回性交をしました。彼女は双子の男の子を妊娠しました。聖書の物語で重要な難解さは、イブの男の子たちが異なる男性の子孫だったことです。

ルシファーが最初にイブと性交し、次にアダムと性交しました。ルシファーたちは、カインの系統がリヴァイアサンのオリジナルの遺伝子を受け継いでいると考えています。リヴァイアサンの一人ではなく、本物のリヴァイアサン(サタン)のことです。彼らは、肉体的な行為が生命エネルギーと動機をDNAに取り込み、意識と同じように、人間の生物学の必須条件である肉体的なセックスが不可欠であると信じています。

つまり、カインはアベルと違って、父親から生きたDNAを受け継いだのではなく、悪魔から死んだDNAを受け継いだのです。カインは、精神力と生命力から人間としての側面を失っていたのです。つまり、カインには良心の呵責がないのです。カインはライオンやオオカミのようなもので、冷酷な殺人者であり、鋭い本能で追い詰め、良心の呵責なく殺します。カインは父親から受け継いだ捕食性向を持ち、弟のように慈愛に満ちた均衡を保ってはいませんでした。人間の心の核は愛なのです。

スライド9:

ルシフェリアンは、リヴァイアサンのDNAから愛が欠落しているため、思いやりののある側面を育むことはありません。サタンは人間ではないので、イブの種はイブと一致する自然な人間のDNAを提供しませんでした。そのため、彼らは血に飢え、人を欺き、サディスティックな特性を育んでいるのです。人間らしさ、思いやりの側面は、彼らから虐待され、欺瞞に取って代わられます。

彼らは、思いやりの欠如、人間性の欠如、世の中を欺く行為を通して、自らをサタンと同一視しているのです。彼らはこのことに誇りを抱いています。カインの殺人、死への渇望、支配的な態度は、愛でもなく、思いやりでもなく、行動の最高の動機とみなされます。欲が大きければ大きいほどいいのです。嘘が多ければ多いほどいい。痛みが多ければ多いほどいい。犠牲が多ければ多いほど、より多くの力を受け継ぐことができます。

彼らはルシファーの血が流れていると信じているので、悪魔的な資質は育むべきものなのです。


スライド10:

グノーシス的な視点と同様に、ルシフェリアンは、デマゴーグであるルシファーが世界を創造したと信じています。そして、不可知論者のように、起源(神、究極の現実、それでないもの)は、リヴァイアサンの過去、過去の時間、過去の空間、認識可能なあらゆる有形現実/非現実の過去にある不可知な力であると信じています。だから、彼らにとっての起源は、無関係なのです。「汝の欲することを行え」。

エデンの物語のリンゴは、永遠の命の秘密を隠す比喩であり、罪とは何の関係もありません。ルシファーはイブにこのことを知らせ、園でイブを惑わし、悪魔の思惑のために彼女の人間的な力を簒奪しました。beguiled(欺く)という古い言葉には、性的なタイプの策略が暗示されています。だから、悪魔に惑わされたイブは、自ら進んで悪魔と性交しました。そして、彼女は蛇から知らされた秘密をアダムに伝え、アダムは喜んでそれに応じました。

ルシフェリアンによれば、人間の性教育全体が、いかに欺瞞から始まっているかに注目してください。ルシファーはイブを惑わし、彼女が喜んで自分を捧げるようにしたのです。これは、ルシフェリアンにとって自然法則におけるフェアプレーと見なされます。なぜなら、イブは共犯であり、彼女は関与することを選んだからです。ルシフェリアンが懸念している限りにおいて、責任はすべての共犯者の中に残ります。酔っぱらいは、酒のせいにすることはできません。

スライド11:

ルシフェリアンは、イブが妊娠した瞬間から、自分たちを他の人たちとは別の、「上」の存在だと考えています。私たちではなく、彼らだけがルシファーの血統を受け継いでいるのだから、時代を超えてずっと悪魔的な計画を実行するためにここにいるのです。彼らは、自分たちの父であるサタンがしたように、私たちを冷酷に支配することが自分たちの義務だと心から思っているのです。

彼らは、自分たちの祖先が本物であることを示す文書を持っています。バチカンの公文書館には、異星人、地球の起源、人類の真の始まりといった情報以外に何が保管されていると思いますか?おそらく、エデンの物語は、私たちが自分の本当の起源を知ることができないようにするための、比喩的な人を欺くための話なのでしょう。自分の起源を知らないと、自己認識ができなくなり、心理的な発達が損なわれてしまうのです。彼らは人間についてこのことを知っています。

彼らは、裏切り、欺瞞、嘘、窃盗といった人間とは逆の属性によって捕食します。非人間性は、血縁内の子供たちに対する体系的、組織的(MKウルトラ的)、儀式的虐待によってもたらされます。その目的は、DNAの人間性(思いやり)を虐待し、リヴァイアサン(欺瞞)の側面を引き出すことです。多くの場合、子供たちは隠され、カルトの他のメンバーによって虐待され、プログラムされるために家族の間で渡されます。キャシー・オブライエンは、著書「トランスフォーメーション・オブ・アメリカ」の中で、彼らが行う虐待の種類を概説しています。


スライド12-13: 儀式虐待の神経学

スライド12:

儀式的虐待は、生物学的には、人間的な特性を仮定する脳のニューロンを体系的に破壊するものです。ルシフェリアンは虐待の技術を通じて、人間的な特性である思いやり、愛、信頼を司る脳の神経回路を体系的に焼き切ります。ルシフェリアンが子供をレイプし、拷問することができるのはこのためであり、それは彼らの脳の人間的な側面が体系的な虐待によって抹消されているからです。彼らは思いやりを持つことができません。彼らは基本的に連続殺人犯の一種なのです。

このことを理解するために、10年以上にわたって週に5回、隣人にレイプされた子どもを考えてみましょう。その子供は、生物学的に、毎日のトラウマによって、行動をコントロールする神経回路が過剰に運動し、焼き尽くされたため、非常に深刻な神経障害を抱えることになります。適切な行動回路を再生・再構築するには何年もかかるでしょう。また、トラウマの電圧によって実際のニューロンが物理的に焼き切られてしまったため、脳の一部が完全に再開発されることはないでしょう。

スライド13:

ルシフェリアンは、事前に計画された特定の虐待によって、人間の精神を特定の行動の一貫性に刻み込む青写真を持っています。ベテランのルシフェリアン一家は、カルトが利用できる行動異常の原因となることを知っている虐待を子供に行うことができ、実行しています。このため、彼らはある種の精神的な信念体系を世に送り出してきました。というのも、自らに負わせた精神的外傷に対して、人々がどのような反応を示すかを知っているからです。罪悪感や精神的な苦しみは、文化の発達を阻害するため、理解し、知り、コントロールし、操ることが容易になります。

スライド14-15: ルシフェリアンの現実

スライド14:

ここから先は、彼らが歴史を通じて達成した欺瞞のレベルを把握するために、肉体的、精神的、霊的に彼らがあなたを入れた箱の外で考える必要があります。皆さん、この人たちは、あなたとはまったく違う現実を生き、それに奉仕しているのだということに気づいてください。

あなたがこのようなことを信じなくても、「彼らは信じている」のです。そして、私たちが目を覚まさない限り、彼らは地球を支配し、悪魔的な環境を維持し、完全にコントロールし続けるという計画を続けるでしょう。誰も私たちを救いに来てはくれません。私たちは、この寄生虫から自分自身を救わなければなりません。私たちが目を覚まし、彼らの計画に歯止めをかけるために何が起こっているのかを発見するまで、彼らは私たちに対する権威の地位を保持し続けるでしょう。

目覚めている者は、目覚めさせないことができません。そして、彼らは私たちのことをこのように知っています。目覚めは私たちの最大の資産です。だからこそ、彼らはそれを最も恐れているのです。私たちは「オズの魔法使い」のドロシーのようなものです。状況を変えるために必要なものは、すでにすべて持っています。

スライド15:

ルシフェリアンは、嘘をつき、騙すことができればできるほど、より狡猾な捕食者であると考え、カルトの中でより高く評価されます。悲劇に見舞われた島々への人道支援に資金を提供するように装うメジャーなスーパースターが、実際には金儲けのために自然災害を強要しているのはこのためです。

何百万もの資金が援助に回された後、ハイチでどれだけの家が建てられたでしょうか?ルシフェリアンはそのお金を横領し、子供や女性を性奴隷として売ることで島の人々から搾取し、最も裕福なルシフェリアンが儀式的に殺害するための「特別な標本」を競売にかける。数年後、彼らは商業的成長の名の下に島にホテルを建設したが、そのホテルはエリートが捕まる心配もなく島の住民をレイプするための児童性愛の隠れ家として利用されただけでした。このように、報道されるのとは違い、彼らは堕落しているのです。

彼らは、このエピソードのすべてを、私たち家畜に仕組んだ狡猾な演出とみなしています。私たちは彼らの詐欺に寄付をすることで、彼らの計画を実行する許可を与えているのです。私たちは、自分が何をしているのかわからないのに、彼らのシナリオを支持しているので、加担しているのです。私たちの参加なしには成り立たないので、私たちは詐欺を可能にしているのです。イブがサタンにとってフェアプレーであったのと同じように、ルシフェリアンにとってこれはすべてフェアプレーなのです。

欺瞞のパターンがお分かりになりますか?リヴァイアサンは彼らによく教えています…

スライド16: 人間の現実

スライド16:

この意味で人生を理解することは、あなたがやっているゲームとは対照的に、彼らがやっているゲームについてより深い視点を与えてくれます。理解できないことは恐怖を生むので、彼らは理解できないように、私たちをあらゆることについて暗闇に閉じ込めています。私たちは意図的な無知にとらわれているのです。知識は力です。もし私たちが彼らの嘘のために騙されたとしても、彼らはより狡猾なゲームをしているだけなので、私たちがそれを可能にすることによって支配権を引き継いでいるのです。自然は無慈悲です。

私たちの唯一の選択肢は、自分に責任を持つことです。なぜなら、もしあなたが「考え方」の罠にかかったら、自分でしか脱出できないからです。あなたの外側にあるものは、あなたが責任を取ることはできません。熱烈な祈りは良い精神の活動かもしれませんが、罠を解除することはできないのです。物理的な行動、注意を払うこと、学ぶこと、気づくこと、これらが罠を解き放つのです。

私たちが目を覚ますまで、状況は変わりません。ルシフェリアンの力は、私たちを騙して信じ込ませ、私たちが実際に経験する世界に不信感を抱きながら、彼らが示唆する世界に従って行動することにあります。つまり、死後硬直が起こり、発達が止まるまで、人間の心を自分自身と戦わせることなのです。

人間は、敗北するために自分自身を敗北させなければならないのです。

スライド17: 社会の現実

スライド17:

私は、ジェイ・パーカー、

キャシー・オブライエン、

マーク・パシオ

のような悪魔の司祭や悪魔儀式による虐待の生存者たちの講演を読み、聞いたことがあります。マーク・パシオは60万人から100万人を超える子供が毎年ルシファーに忠誠を誓うカルトにより破壊されていると推定しています。どうしてそんなことが可能なのでしょうか?それは、FBIが行方不明の子供たちを記録していないからでしょう。というのも、前回確認したところ、FBIとCIAは基本的にあらゆるものを追跡しているのです。メールや友達、食事、睡眠、車……でも、毎年何人の子供が行方不明になるかは、どの機関も把握していません。理解できますか?

つまり、私がどこでシャワーを浴び、どこで働くかは、FBIとCIAにとって、人間の子孫よりも重要なのでしょうか?彼らが追跡していない以上、証拠は「そうだ」と言っています。そして、それが問題なのです。彼らは私たちのことなど気にも留めていません。彼らの父親が彼らに教えるように、私たちは騙される家畜なのです。なぜなら、毎年100万人の子供が消えていると公式に発表されれば、私たちは反乱を起こすからです。彼らはそれを知っています。

ルシフェリアンが懸念しているように、あなたの子供は彼らの次のハッピーミールです。

スライド18: 人間はなぜ美しい獲物なのか

スライド18:

4次元の存在は、人間が発する電磁エネルギーを餌にしています。鍼灸師がステンレスピンでアクセスし、人体を癒すために自然の力を活性化させるのと同じ電磁エネルギーが、この陰湿な生き物が切望するエネルギーなのです。私たちは意識に包まれた形態共鳴体であり、悪魔的存在は寄生虫であるため、私たちを消費しようとするのです。

ハートマス研究所:ハーツ・インテュイティヴ・インテリジェンス

私たちは、貴重で、自然で、美しく、完璧にバランスのとれた生命力を持ち、それは彼らにはなく、また得ることもできません。このように、あなたはルシフェリアンが主張するようなデマゴギー的存在ではないことが確証されます。あなたは、デマゴーグ、すなわちルシファーが持つことのできない、したがって決して顕現することのできないエネルギーを帯びています。言い換えれば、棘は葡萄を実らせません。これは、あなたが意識的な自然な存在であることを保証するものです。あなたは、4次元の悪魔よりも、変態する蝶と一致しているのです。あなたに関する彼らの嘘を買わないでください。自然の恵みは、あなたの陰陽を受け継いだものであり、呪いではありません。

同胞の皆さん、騙されないでください。あなたは哀れな人間ではありませんし、決してそうではありません。

スライド19-20: 機会の宇宙

スライド19:

リヴァイアサンという生き物は、私たちのような肉体を持ちません。彼らは幻影でシェイプシフターなのです。彼らは意思により姿を現し、私たちを緊張感のある見事な状態へと留める3次元の空間法則に縛られることはありません。

彼らは人間を貪るものとして見ています…消費のための餌に過ぎません。彼らは純粋な闇であり、その空虚さと欠乏が、私たちの生命エネルギーへの渇望を駆り立てます。彼らは、私たちができるような方法で、潜在的な能力を持っておらず、生から求めることもしません。私たちは彼らにとって麻薬のようなものなのです。リヴァイアサンは消費することだけを求めています。神が嫉妬深いのではなく、リヴァイアサンが私たちのように生命の輝きと充満を体験することができないからなのです。

スライド20:

宇宙は無限であり、それゆえ無限の可能性が内在していることを理解してください。これには、私たちの次元以外の次元に存在するさまざまな生命も含まれます。無限の大きさと可能性を秘めた完璧な宇宙で、私たちが唯一の生命体であると考えるのは、特に無限を構成する数学を考慮すると、近視眼的です。

この4次元の生命たちは、宇宙を徘徊してチャンスをうかがっている捕食種に過ぎません。彼らはこの惑星にその機会を見出しました。ルシファーが宇宙における「すべての」悪の具体化であると考えることは、ルシフェリアンの嘘を続けることであり、相応しくない敬意を推し進めることになります。この寄生虫は、脅威が恐怖を生じさせるため、私たちが彼らを圧倒的な脅威であると考えることを望んでいます。恐怖は人間の意志を損ないます。彼らは、私たちのことをこのように知っているのです。ルシファーにとって、ルシフェリアンが作り出した彼らによる恐怖で人類を欺くこと以上に満足できることがあるのか、考えてみてください。

そのことを考える間、これを考えてみてください… ニューヨーク港にある自由の女神は、実はエジプトのスピリチュアルな伝承にあるように、オシリスの母である女性神イシスの記念碑なのです。オシリスはエジプトのイエス・キリストの前身であり、だからこそキリスト教では、エジプト神話と同様に、人間の生贄が信仰体系の中で変容するエートスとなっています。十字架は人身御供崇拝の明白なデモンストレーションであるにもかかわらず、明白なことをごまかすために、直感に反する正当化が正典化されてきました。私たちは彼らの欺瞞に囲まれているのです。

スライド21: 不純で成り立った世界

スライド21:

ルシフェリアンにとって、すべての創造物は、起源である究極の現実を冒涜するものです。地球、宇宙、すべてのものは、しかし、原初者の純粋さを汚すものです。ルシフェリアンが考えるように、人生は不純の祝祭です。家畜–私たち全員–は、この不純の祝祭の生け贄となる…..それがルシファーを通して彼らが抱く原理です。彼らは私たちを、彼らが画策し、扇動し、そして見通している避けられない自滅へと支配するためにここにいるのです。これが、昔から戦争が敵同士の偶然の産物ではなく、地球規模の操作であった理由です。

彼らの信念では、宇宙の創造主であるルシファーは、不純の原理的な顕現なのです。したがって、人生は欲望の祝祭である。そのことをよく考えてみてください。

だから、ルシフェリアンの考えでは、すべてが反転しているのです。すべての価値観。すべての使命。すべての行動への動機が。生命とは何か、人間とは何か、宇宙とは何か…という行き過ぎた観念は、すべてあなたの信じていることと逆になっているのです。

スライド22: 罪はルシフェリアンの恐怖を与えるテクニック

スライド22:

映画「デューン」で「恐怖はマインドキラーだ」と謳われたように、確かにそうなのです。罪はマインドコントロールの手法です。古代ローマは、サタンがイブについて知っていたように、一般大衆について知っていました。コントロールのメカニズムに従うようになれば、人間は際限なく操られるのです。ユダヤ教、イスラム教、キリスト教はすべてマスター・コントロール・メカニズムです。西洋の宗教は、自分が罪人であり、信用できないことを知っているため、恐怖によって彼らの可能性を制限することによって、大勢の人々をコントロールしています。これは恐怖の植え付けと呼ばれるものです。西洋の宗教の信者は皆、自分が罪人であり、信用できないと知っているからです。世の中に、自分たちはみな罪人だと思い込ませれば、自分が罪人である以外の現実を体験することは決して許されることはないでしょう。罪はあなたの心の中にしか存在しないので、罪に対する勝利はピュロスの勝利(損害が大きく、得るものが少ない勝利)なのでそれ自体が詐欺なのです。

罪は、宇宙における人間の発展を妨げる詐欺です。それは、ルシフェリアンの恐怖のテクニックで、私たち獲物の精神的発達を妥協させます。自分が罪人であると信じれば、罪人として行動し、生き、そして死ぬことになるのです。

ラム・ダスが書いたように、「(奴隷である)自分が自由だと思えば、逃れることはない」のです。

スライド23-24: 電磁気とルーシュ

スライド23:

私たちは皆、肉体的、精神的なパワーの源泉である溢れる電磁気エネルギーを持っています。年齢を重ねるにつれて、人生経験によって、私たちの電磁気のスペクトルの色は、赤ちゃんのような透明な白から虹のすべての色に変化します。そして、人間一人ひとりを取り巻く電磁気の流れは、経験、人生への態度、周囲の環境などに基づいて、それぞれ固有の色のサインを持つようになります。

私たちの電磁気エネルギーは、快楽を経験すると大きくなりますが、苦痛を経験すると特に帯電します。人間は、肉体的な苦痛が大きくなると、身体から出る電磁エネルギーが強まります。痛みが強いということは、利用可能な電磁エネルギーが多いということです。

スライド24:

私たちがパンや水のような物理的要素を精神エネルギーに変えるように、この4次元の存在たちは私たちの電磁気を4次元のルーシュに変えます。ルーシュとは、電磁気の俗称で、簒奪、強姦的な意味での食物です。ルシファーとその手下は、私たちの電磁気に非常に惹かれます。なぜなら、私たちは自然の地球のエネルギーを持ち、意識の大きな潜在能力を持っているからです。

子供たちは、最も純粋なルーシュを持っているので、最も望まれます。子供がより大きな苦痛の中でより長く生かされるほど、その子供からより多くのルーシュを盗み出すことができるのです。アドレナリンと電磁力の量を増加させるため、最も長い時間、最も多くの痛みを与えようとするのです。悪魔の儀式に肉体的拷問が不可欠なのはそのためです。生贄を行う者はルシファーを満足させるためには、高エネルギーを出力する必要があります。彼らが私たちをどう見ているかを把握しようとするとき、人間を食肉の商業生産という観点から考えてみてください。私たちは、彼らにとっては単なる家畜に過ぎないのです。

スライド25-26: 儀式殺人の生物学

スライド25:

完全に憑依され、経験豊富で熟練した魔女は、子供が最終的に気絶するか、肉体的に疲労に屈して死ぬまで、底知れぬ苦痛を長時間にわたって与え続けることができます。生きている子供を生贄の贈り物や絆としてルシファーに提供することで、この世の力が魔女に授けられるのです。

子供が死ぬ間際に、その血が魔女によって飲まれます。子供の極めて新鮮で温かい血は、膨大な肉体的エネルギーの増強、膨大な性的興奮、大量の老化防止成分、そしてヘロインに似た大量の薬物的快楽状態をもたらします。これはすべて、子供が耐えた痛みのために、アドレノクロム(交感生物学)が大量に血液中に流れ込むためです。ルシフェリアンの儀式は、子供が殺された直後がクライマックスになることが多い。参加者全員が血を飲み、大規模な集団乱交が始まります。

これほどぞっとする嫌なカルトはないですよ、皆さん。人間を欺き、拷問し、消費することをライフスタイルとする集団がこれから暴かれることになる。そして彼らはどこにでもいるのです。元悪魔司祭のマーク・パシオは、アメリカにはこのような狂人が3000万人以上いると主張しています。

スライド26:

耐えている痛みが大きければ大きいほど、副腎でアドレナリンが多く製造されます。子どもたちは、拷問処置の激痛のために絶え間なく叫び続けることで過呼吸になり、血液が酸素で満たされた状態になります。肺から血液中に押し出された大量の酸素は、血中のアドレナリンを酸化させ、アドレノクロムと呼ばれる代謝の高い形にします。

アドレノクロムは、交感神経の自律神経系を構成する化学資源です。

アドレノクロムは、純粋なアドレナリンが酸素によって酸化され、部分的に代謝されたものなので、人体は瞬時にアドレノクロムを代謝することができます。血液はアドレノクロムで飽和状態になり、身体は子供が耐えている闘争か逃走かのシナリオに必要な交感神経生物学的作用を提供しようとするのです。しかし、子供には逃げ場がありません。魔女はこの生物学的エネルギーをすべて消費し、血液がまだ温かくポンプ作用があるうちに、子供の体から直接血液を飲みます。アドレノクロムは、子供の心臓が停止すると、ほとんど瞬時に血液中で無用の化合物に分解されるため、血液は死の「直前」、つまり子供が生きていて、魔女が自分の血液を飲んでいることに気づいているときに飲むのがベストです。頸静脈は、首への素早い刺し傷と深い噛み傷によって、大動脈から直接高酸素のアドレナリン化した血液を供給します。

吸血鬼は本当に実在します。

*このビデオのビル・シュノブレンは、元吸血鬼(Ex-Vampire)だと主張している方です。

Bill Schnoebelen – Interview with an Ex-Vampire

自分で「ヴァンパイアたち」と主張している(Hide in plain sight- 明らかな場所に隠す)例です。

スライド27-28: 適切な人間の対応

スライド27:

私たちは、この寄生虫の感染から回復するために必要なすべての自然の力を吹き込まれて生まれてきました。それは「意識的な気づき」と呼ばれるものです。意識は、自分が何者であるかを知るという自己責任に基づく行為によって実現されるものであり、ルシフェリアンはまさにそのことをあなたに悟らせようとしないのです。なぜなら、もしそうなれば、あなたはコントロールされなくなるからです。あなたは操作されることはありません。恐怖に陥れることもできません。

人間の潜在能力は、信念やコントロール・メカニズムによってではなく、自分自身を知り、認識することによって発揮されるのです。すべての可能性は、あなたの中にあり、したがって、私たちの中にあるのです。人類は自らを救わなければなりません。なぜなら、唯一の方法はそれを通じてのみだからです。それは、自然法則の道です。

すべてのものである自然は、均衡を保つために必要なものをすべて持っています。だからこそ、一人ひとりが目覚めることがとても重要なのです。そうすれば、集合体の中の自然が均等化し、バランスをもたらすことができます。ハートは、一人ひとりの才能と傾向を通して、集合体を導き、形づくります。私たちは、個人として、そして種として、この中で自分たちの運命を作り出しています。バランスが実現するためには、それぞれが自分の役割を果たす必要があります。

スライド28:

もし私たちが真実に目覚めなければ、ルシフェリアンは私たち全員を彼らの言いなりに奴隷にするでしょう。なぜなら自然は無慈悲だからです。

自己の限定された意識は、無限の宇宙によって食い尽くされるでしょう。私たちは皆、これらの寄生虫から自分たちを救うために、自分たちが無限の真理であることを認識し、それゆえに経験しなければなりません。真理は、どんな圧力にも耐えることができます。

真理は常に勝利する。

真理そのものになりなさい。

夏至についての動画

ツイッターでKAORIさんがまとめてくださっていたものを紹介します。

夏至についての動画。3つあります。

カルトの考え方がよくわかる映画

両方ともカルト映画で有名なようです。
悪魔崇拝者がどういう思想をしているのか知りたくて調べていたら出てきたので以前視聴しました。
生贄の際に「死は存在しない」と言っているのが印象的です。
生命を単にエネルギーだと捉えているんですね。
それは本質においては正しいんだと思います。ただ現実で許されるわけはありません。
そういった悪魔崇拝者の思想を映画を通じて学ぶことができます。
フィクションではなく現実にそういう人間たちがいると思って視聴すると多くを学べます。

映画『ウィッカーマン final cut』予告編


不気味な祝祭…アリ・アスター最新作『ミッドサマー』本編映像


タイトルとURLをコピーしました