同意しないことがなぜ大事なのか?同意のスピリチュアルな法則とは:ジジ・ヤング

おすすめの記事

皆が従わなければ相手は何もできません

日本はまだまだ呑気ですが海外ではワクチンパスポート導入と実質的なワクチンの強制でとんでもないことになっています。ワクチンを打たないと仕事にも買い物にもいけません。家で暮らすしかありません。

しかしさすが革命の国フランスでは大人しく従うわけもなく、平和的に抵抗しているようです。

私たちも見習ってがんがんやるべきです。私も普段マスクなんてしません。

皆でNO!と言えば終わりです。

同意しないことがなぜ大事なのか?同意のスピリチュアルな法則とは

説明欄より:専制的な政府の時代に、同意のスピリチュアルな法則はどのように機能するのでしょうか?

短いですが非常に非常に重要な内容なので訳しました。

光も闇も、私たちの同意に従って進めているそうです。だからNO!ということは強力なのです。

「自分は許可を与えていません、止めて下さい」、という事が必要です。

主権は「私たち」にあるのです。

この部分を洗脳によって、同意したことによって進めているのが闇の勢力です。

集団圧力に屈してはいけません。

光側が、ショーを見せることで人々が自分でNO!と言うように仕向けていると言われているのも同じことです。

常に大事なのはあなたの同意であり意思です。力があるのは自分です。

ある意味、闇が一番知って欲しくない、気づいて欲しくない重要な内容です。

以下書き起こしです↓

今、明確にしておきたいことがあります

とてもとてもはっきりと

今起こっていることには、形而上学的な法則があります

その法則の一つが「同意」です

この状況は同意を必要としています

彼らはあなたに同意を求めています

もし、あなたが同意しなければ

あなたは(霊的に)保護されることになります

このことを明確にしておきたいと思います

多くの場合、同意を強要するか、同意を与えるかということになりますが、これは形而上学的な法則です

あなたが何かに同意する、許可を与えることは、交換が行われるということです

あなたは常に同意する力を持っており、それは決して奪われることはありません

誰にも奪われてはいけません

同意はあなたのものです

これはスピリチュアルな法則において非常に大きな意味を持ちます

他のスピリチュアルな法則、例えば、「物事が起こる前に明らかにしなければならない」とか、

*デイビッド・ウィルコックによる、イルミナティの”ルール”とは

「同意」とか、いくつかの光の法則についても、youtubeで話をしようと思っていますが

今ここでするにはとても重要な話だと思います

闇の勢力が本当にそこに入るためには、あなたの同意が必要です

もしあなたが同意をしなければ、あなたにはある種の力が与えられます

皆さんには、このことを心に留めておいてほしいと思います

なぜなら、今起こっていることはすべて形而上学的なレベルでも起きているからです

闇の勢力が利用する同意を得るための法則のもう一つの良い例は、

私は今日、言葉を濁すつもりはありませんが、

もう一つの形而上学的な法則は、強制は同意ほど強力ではないということです。

あなたが探しているものが、大衆から大量の意識と大量のエネルギーを得ることであるならば、

誰かを残酷に殺したり、これらのことを残酷に行うことには、強制には力はありません

本当の力とは、何かが起こっていると人々に信じさせ、

人々に同意させ、あなたが作っているこの代替現実を継続的に選択するように仕向けることです

自分が神であるかのように、代替現実をつくって、人々にそれを選ぶように説得するのです

それはあなたに神のような力を与え、神になった気分を与えます

残忍に……確かに、殺したり、奪ったり、残忍なことをする闇の人々はいます

しかし、世界を動かしている、形而上学に精通した真の人々にとっては、それは野蛮なことだと考えられています

ただ命を奪うために、自分の手で大勢の人が死ぬようなことをするため

多くのカルマを負うことになり、パワフルとは見なされません

パワフルだと思われるのは、人々を同意させ、偽りの現実を選択させることです

偽りのニューノーマルです

この奇妙な世界を作り、計画し、創造する、

そして人々にその世界に入ることを選ばせる

それがパワーであり、彼らが求めているものなのです

そのことを知って、それがあなたにとって少しばかりの羅針盤になるようにしてください

彼らが100%従っている形而上学的な法則があることを知ってください

強制が使われないこともある、などと言っているのではありません。

私が言っているのは、力学についてです

私たちが取り組んでいる力学を知ることは重要です

主な力学は「同意」、ニューノーマルに同意すること、第8球体(悪魔の領域)に同意すること、代替現実に同意することであり、それに従うことです

それに自分を開放することは、悪魔との契約のようなものです

自分の魂を失い、自分を失うのは、自分より下のものに同意することです

同意してはいけないものに何度も同意することです

それが自分を失う方法なのです

だから私たちは、このことをとても真剣に受け止めなければなりません

なぜなら、形而上学的に何か非常に重要なことが起こっているからです

彼らは形而上学的な法則を使っています

そして、あなたは同意しなければならない、イエスと言わなければならない、許可を与えなければならない

許可しないタイプの人々には、あまりうまくいきません

そこでは、許可が得られないので彼らに大きな力はありません

それどころか、同意しないことはすべてを崩壊させてしまうようなものなのです

最後の砦のメディアに変化の兆し

同意させるための洗脳の最大のツールはメディアですが、
メディアに智子さんの予告以降大きな変化が見られます。

コロナを季節風インフルエンザと同等の5類に、との提案。
実現すればマスクもワクチンもプラスチックの仕切りも人数制限も全部必要なくなり
今まで通りの普通の生活に戻れますね。
恐怖を煽り、私たちが自分で自分の首を締めることがなくなります。

日本でも緊急放送用のカラーバーが出たり、ツイッターでも今まではあり得なかったキーワードのトレンド入りです。これって何だろう?と調べて気づく人が増えることが期待できます。

今起こっていることは意識の戦争です。

自立して自分の意思を行使する人になることが必要です。

以前にも載せましたが再掲します↓

今、自分の真実でいる、勇気を持って真実を語ることが最も必要とされていることです。

スライヴⅠのデイビッド・アイクの発言です。

他人の目を気にする、が最大の監獄

「 最大の監獄は人からどう思われるかという恐怖心です。さんざん白い目で見られた私は他人の目を恐れる心から飛び出しました。そうやって何てひどい牢屋に入っていたかに気づけるのです。

私は少数の人が大衆を支配するのがいかに簡単かを自分なりに理解できるようになりました。社会的規範、物事の善悪、何が道徳的で何が不道徳か、何が可能で何が不可能かを決めてしまえばよいのです。

そして、『問題なしゾーン』というものを作り上げます。そのゾーン内での認識、言論、思想に沿って暮らす人は普通と見なされるので、誰かに煩わされることはありません。この囲いから出て個性を表現し始めると、規範からはみ出したと見なされることになり、イルミナティにより刑務所の監視に仕立てられた人間より、よってたかって、はみ出した人間を非難するのです。

面白いことに言論と思想の『問題なしゾーン』の端に来ると、世界銀行の総裁に何と言われるかとは思わないのです。母はどう思うか。飲み仲間や会社の人たちには何と言われるかと考え始めるのです。イルミナティは規範を作り上げることによって、その規範を共有する一大集団をつくり出したのです。」

私たちにとっての最大の監獄とは - 小漁師のちょっとした研究室:楽天ブログ
​ 【送料無料】ランキング1位!国産煎り大豆ミックス大豆の栄養をサクサク食べれる無添加ヘルシーな豆おやつ 焙煎大豆・黒豆・青大豆ミックス。大容量500g|煎り豆 ポッキリ 炒り大豆 炒り豆 お菓子 おつまみ タンパ

スライヴ (THRIVE Japanese)

マトリックスはシステムだ

「マトリックスはシステムだ。そしてシステムは敵だ。 多くの者はプラグを抜く準備ができていない。彼らはあまりに慣れすぎ盲目的にシステムに頼っている」

今、どう生きるのか、何を選択するのかが大切です。
システムの奴隷となるのか、真実を選択するのか。

真実は必ず勝利します。それまで自信を持ってしっかりと自分を保ちましょう。

タイトルとURLをコピーしました