ハリウッドの映画プロデューサーが告白する悪魔のマインドプログラミングの意味: ジョン・ポール・ライス

ジョンポールライス おすすめの記事

ハリウッドの映画プロデューサーの告白

SNSで見た記事がとても優れていたので翻訳しました。

徐々に理解できるようになるまで、読み続けてください。意識と現実の投影に関する部分を理解し始めるまでに、私は3年かかりました。その鍵は、潜在意識にあります。私たちの思考の95%は、この潜在意識から生まれます。潜在意識のルールを学べば、理解できるようになります。

こちらが記事を書いたハリウッドの映画プロデューサーのジョンポールライスさんです。
リンウッド弁護士が、真実だから見ろ、と言って口コミで拡散された必見の動画です。

『ハンガー・ゲーム』のプロデューサー★ジョン・ポール・ライス氏★ハリウッドの小児性愛者について語る

30分超の告白の中で、ペドフィリアの実態を知るために見るように言ったドキュメンタリー2本です。

OUT_OF_SHADOWS_/_アウト・オフ・シャドウズ(暗闇を抜けて)日本語字幕版

ペドゲート 2020 パート2 トム・ハンクス

記事の内容をすごーくざっくりとまとめると

悪魔のような多次元存在は存在する。
生贄の儀式により悪魔を多次元より呼び出している。
悪魔によるエンターテイメントのシンボルやサインやイメージを含んだコンテンツは
(ハリウッド映画やミュージックビデオ、その他エンターテイメント)
私たちの現実を創造する意識の力を利用して、
利己的で浅はかで暴力的な物質主義の現実を創造、維持してきた。
私たちは神である自身の力に目覚めなければなりません。

意識 あなたは何者?あなたは本当は何者?

2020年7月3日

ジョン・ポール・ライス

以下は40年以上のハリウッドのベテランが教えてくれたものです。

“私たちは神のイメージで作られており、私たちの中には、同じ力、ひとつに統一しようとする側面を持つ小宇宙を持っています。私たちが毎日の祈りと瞑想によって、私たちの中の神の側面のバランスをとるとき、裁きとあわれみはキリストのうちに和解し、私たち自身が羊飼いになるのです。

私たちが用心すべきものは、権力や支配者、エドムの王たち、私たちの中で活動しているバランスの取れていない力です。ある人々が神と呼ぶ力は、儀式によって形作られ、何千年にもわたって血の犠牲によって養われてきたもので、”本物”のように見え行動する存在を生み出してきました。

イメージ画像

召喚した存在は実際こんな風だそうです

プラズマ猫の例

それらは私たちによって想像されたもので、私たちの想像力の中で、水のような比喩的な意味ではなく、自律した霊的な形あるものとして生きています。モロク、バアル、その他のY字型の悪魔のブランドは、相互に関連したシンボル、紋章、象形文字のファミリーによって表現されています。これらのシンボルは、私たちの周りに溢れている “ブランド “であり、消費財の “通常の”マーケティングとして表示されるよう幼児期から条件付けされてきました。

これらのオカルト的な要素を認識し、それらがどのように私たちの意識の中に入り込み、自動的(無意識的)な行動になるのかを理解することが、”目覚め(Awakening)”とは何かを知ることの一要素なのです。

広告や娯楽メディアのコンテンツに埋め込まれた悪魔的なシンボル、サイン、イメージ、象形文字に繰り返しさらされることで、私たちの中のそれに伴う影響力が活性化します。

それはオカルト的な儀式、祭礼、生け贄の産物であり、私たちの多くが閉じ込められているこの性的に乱れた物質主義的環境を作り出しています。これらの儀式は、カルトの主導により、悪魔の “エンターテイメント “プログラミングへ累積的にさらされることによって伝播する、多次元の寄生的な霊的存在を(増加的に)徐々に現実化する目的で実行されます。その結果、多次元の寄生的な霊的存在は確実に存在しています。

ペドフィリアのカルト信者は、公然とサタンを宣伝し、あからさまにサタンを崇拝し、YouTubeで子供たちに催眠性マインドコントロールゲームを使って、演劇やアート、コメディに見せかけた儀式に参加するように勧誘しています。悪魔的な”ブランド”は古代のルーン文字やお守りを使用し、紋章や象形文字は私たちの文化を熟知しています。ニュースや “エンターテイメント “メディアのコンテンツは、「セックス」と「死」に関連した埋め込まれたシンボル、音やサブリミナルイメージを大量供給しています。これらのオカルト的な影響は何十年にもわたって、利己的で浅はかで暴力的な物質主義の意識を生み出し、維持してきました。このような文化は、サタンとルシフェリアンが好む小児犯罪者のピラミッド型奴隷社会を最も簡単に実現できる文化です。

デルフィのアポロ神殿の彫刻は、正しく訳すと”自分を知れ”とは書いてありません。”自分を観よ(Watch yourself)”と書いてあります。そして、私たちが自分自身を観るならば、私たちは自らの意識に、学ぶにつれ認識力を強める、反応とは異なる別の層をもち始めるでしょう。人間は(文字通り)無限の自己を修練する能力を持っているように見えますが、血を飲む小心な神々はそれを好みません。

彼らは、人間の意識を狭め、閉じ込めようとするために、多大な賢さとむなしい努力を費やしてきました。無駄で強制的な仕事をやらせ、忙しく働くことを率先させ、社会的な付き合いや義務、金銭的な嫌がらせや、気を散らせることで、私たちを本当の宇宙と、私たちの中にある大きな ”G”、神の力に目覚めないようにしてきたのです。サタニストたちは、聖霊(the Holy Spirit)のような自己を認識した量子場を知覚できないので、神 ”GOD”を信じません。

彼らにできることは、ドラッグ、セックス、イリュージョン、NLPのマインド・トリックなど、彼らがいつもやっていることだけです”。

人間よ、内なるあなたの真の神聖な力に立ち上がりなさい。この記事をどこでも共有してください。世界を目覚めさせる必要があります。

“私たちが生まれるとき、私は、私たちが生命の根源につながっていることを発見し始めます。私たちは神の息子や娘である存在を顕在化しています。私たちは光なのです” – ロナルド・バーナード

Ronald Bernard ~ Fmr. Dutch Banker (ITNJ Seating)

What Are You? What Are You Really? | coreysdigs.com
They have expended so much cleverness in a futile effort to channel and confine human consciousness into darkness. Don't let them - we are the light.

ロナルド・バーナード氏の日本語のものをここに紹介します。
自分で体験した闇と光を語っているすごい内容です。おおよそ上記の動画と同じ内容です。

元エリート銀行家★ロナルド・バーナード氏★世界の悪魔エリートを暴露 PART 1

元エリート銀行家★ロナルド・バーナード氏★世界の悪魔エリートを暴露 PART 2

元エリート銀行家★ロナルド・バーナード氏★世界の悪魔エリートを暴露 PART 3

元エリート銀行家★ロナルド・バーナード氏★世界の悪魔エリートを暴露 PART 4

短編映画”I,Pet Goat II”「私、家畜である山羊」の解説

”広告や娯楽メディアのコンテンツに埋め込まれた悪魔的なシンボル、サイン、イメージ、象形文字に繰り返しさらされることで、私たちの中のそれに伴う影響力が活性化します。

それはオカルト的な儀式、祭礼、生け贄の産物であり、私たちの多くが閉じ込められているこの性的に乱れた物質主義的環境を作り出しています。これらの儀式は、カルトの主導により、悪魔の “エンターテイメント “プログラミングへ累積的にさらされることによって伝播する、多次元の寄生的な霊的存在を(増加的に)徐々に現実化する目的で実行されます。その結果、多次元の寄生的な霊的存在は確実に存在しています。

ペドフィリアのカルト信者は、公然とサタンを宣伝し、あからさまにサタンを崇拝し、YouTubeで子供たちに催眠性マインドコントロールゲームを使って、演劇やアート、コメディに見せかけた儀式に参加するように勧誘しています。悪魔的な”ブランド”は古代のルーン文字やお守りを使用し、紋章や象形文字は私たちの文化を熟知しています。ニュースや “エンターテイメント “メディアのコンテンツは、「セックス」と「死」に関連した埋め込まれたシンボル、音やサブリミナルイメージを大量供給しています。これらのオカルト的な影響は何十年にもわたって、利己的で浅はかで暴力的な物質主義の意識を生み出し、維持してきました。このような文化は、サタンとルシフェリアンが好む小児犯罪者のピラミッド型奴隷社会を最も簡単に実現できる文化です”

上記の内容をよく表した、シンボリズムに溢れたこのビデオについて、ジーン・デコードさんが解説していました。反キリストの復活を表す、カバールによる予測プログラミング(何かを起こす前に事前に伝える必要がある)だそうです。

ジーンさんの解説に出てくる、短編映画”I,Pet Goat II”「私、家畜である山羊」です。
ずっと前から計画して、こんな風に発表しているなんて、
改めてとんでもない世界に住んでいるんだなと思いました。

ジーン・デコードさんが解説する、”I, Pet Goat II”「私、家畜である山羊」予測プログラミング 反キリスト ノートルダム大聖堂

詳しくは別記事をお読みください。

ホルスの目の意味

映画やエンターテイメントでよく見る「ホルスの目」について、関連した部分だけ以下に抜き出しました。

「これがマトリックスの終わりであり、これがマトリックスの始まりである」

私の頭の中では、この彫刻はホルスだと思っていました。

もしあなたがイシスについて知っているなら、オシリスはその子孫です。

ホルスはイシスとオシリスの子孫です。

つまり、ホルスの目が常に世に出ているのはそのためです。

ホルスの目は常にそこに置かれている……一つの目のことです。

*こういうのがありますよね、と説明するためにやっています。
本人がメンバーというわけではありません。

それは、シミュレーションを創造するために、閉じ込められた神々を人工的に現実化させることです。

彼らは儀式や音楽の中で何度も何度もその象徴を繰り返します。

音楽、大衆文化、一つ目の象徴、すべてはマトリックスの創造を維持するための儀式なのです。

そう、そうなのです。

この彫刻はホルスでした。

この現実の人工的な創造についてのものでした。

以上引用終わり。

全訳は以下をお読みください。

サインやシンボルがどういう意味を持つのかの解説です。

シンボルを使うのは、それにつながるためにやっているのだと私は解釈しています。
それを呼び出す、引き出すトリガーのようなものだと思います。

意識が現実を創造するとは

ジーン・デコードのインタビューよりとても重要なことが述べられているので以下に引用させて頂きます。

元米軍潜水艦部隊のジーン・デコード氏インタビュー*MiyokoAngel 2 - 真実の泉 - ディスクロージャー
MiyokoAngel2の動画Part11-28-2021元米軍潜水艦部隊のGeneDecodeさんが説明している部分英語だけで字幕のない部分で気になるポイントだけ翻訳を書き出します。()内は、私の解説です。-ペロシは今連行されており、今メディアに出てくるペロシはクローンである。DSのクローン技法はあまり上手なものでは...

G: あと1時間くらいで私はカバールに対する起訴の内容の説明のクラスを開催します。これはCourts of Heaven (天界の裁判所)で1月15日に行われたものです。彼らは6日と7日?(あるいは第6条と第7条という意味)において、神の審判(judgement of God)に違反したので、それに対する起訴です。
良かったら、それも今度日本人視聴者向けにやってもいいですよ。私と弁護士団Bless to Serveが全部登場して日本人向けに再度やってもいいです。

M : (・・・)これは3次元で起きている裁判なのですか?

G: そうですよ。

M: (笑) これは天界で起きているものだと思いました!

G: どういう事か説明します。カバールは何千年と私達がこの3次元、この現実を創造する様に操作していたのです。彼らは私達に映画の様なものを見せていて、例えばシンプソンズの様な漫画を見せていて、その背後にはツィンタワーが倒壊していく映像が実は流れていて、潜在意識はそれを記録しています。実際にワールドトレードセンターが倒壊する何年も前にその映像を植え付けられているのです。

【完全版】予測プログラミングの歴史

普通の人達は、このCourts of Heaven (天界の裁判所)の存在を知りませんので、カバールはそこに行ってこういう事をしますと申請するのです。でも反対する人、意義を申し立てる人がそこにいなければ、裁判は申請した側を了承するしかないのです。誰もその裁判所でそういう申請がされていた事を知りませんでしたので、反対する事が出来なかったのです。カバールはこれを何千年とやって来た訳です。そしてワールドトレードセンターも倒壊させ、人々に恐れを植え付け、NewWorldOrderを築こうとしていたのです。

思考がエネルギーとなり、そのエネルギーが形を形成してこの物質界、現実界を創り出している事も彼らは知っていますので、恐怖を人々に植え付けて、そこから大衆に現実を創造させていたわけです。

思考が体内の電子や陽子(プロトン)に影響を与えて、自分が期待する未来を創造している事を彼らは知っていますので、彼らはスピリチュアルなレベルで操作し、メンタルな面に影響を与える為に映画やテレビで映像を見せ、それを潜在的に期待すると、それを現実界に花開かせるという操作をずっとやって来ていた訳です。

リモート・ビューイング リモート・インフルエンス (コーリー・グッド)

思考から感情が生まれ、恐れとか怒りとか、負の感情を抱かせる様に計画されていたのです。

魂がないと、この様な事は出来ませんが、彼らの多くはもう魂を売ってしまっていて魂がないのです。彼らは魂がないので、魂のある私達を使う必要があるのです。

ですから、この事を天界の裁判所に今申し出て集団訴訟を起こしているのです。そこで最高裁判所の神に了解をもらったので、彼らの犯罪は認められ、逮捕に動ける様になったのです。

カバールは、もう本当に長い事黒魔術や呪術を使ったりして、現代では映画やテレビを使って我々を操作していたのです。テロとか戦争の嫌な未来の映画を見て、わあ〜酷いと思っていても、起きるかもしれないと思っていて、それを頭の中で想像すると、それは現実を創る事になる訳です。

一人一人がそうやって未来を創ってしまっているのです。
(だから、そういうものは見ない方が良いという事です)

M: だから私達は今、ポジティブな思考を持ち、人生を楽しんでいく事が大事ですね。

G: その通りです。

M: 今起きているCOVID(コロナウィルス)のパンデミックも人々に恐れとか不安とか負の感情を植え付けることが目的でしたね。

G: その通りです。

ニューエイジ・グルの闇の世界

フェイスブックにアップされていた記事の翻訳です。

今の時代に強くお勧めします。過去数年にわたってエンジニアリングされ、過去5年間で加速された大混乱の結果として、このような新しい波が存在しています。

ニューエイジ・グルの闇の世界|ドキュメンタリー

主な赤旗(危険信号)

  1. (アクセスに)お金が必要
  2.  ”自分の方法か、高速道路” メンタリティ – 彼らの “シークレット” があなたのために機能しなかったら、”あなた”が責任を負う。

LAで学んだように、これらの無意識の「スピリチュアル」な人々は、常に真実の一部を使っています。それは、エネルギー、周波数、振動についての真実です。量子場での心の振動による意図についてもそうです。これらすべて、そしてそれ以上のことが、聖書の中でたとえ話を通して語られています。

私たちが生きているこの時代には、無意識のナルシスト、ソシオパス、サイコパスがこのニューエイジ/引き寄せの法則の空間にあふれ、「富」や「愛」を実現するという形で「答え」を求める弱者、絶望的な者、トラウマを抱えた者を食い物にしながら、同時に私たちの無意識の心の根本的な原因に対処することを分かりにくくし、目をそらすように設計された、超セクシュアルで物質主義的な、究極的には反人間的なシステムに参加しています。

私からの質問はこうです。

“膨大な不必要な苦しみがあり、時間を無駄にすることができないこの未曾有の時代に、今まさに助けを必要としている人々から多額のお金を徴収しているのでしょうか?
“誰に奉仕しているのか?”

アラン・ワッツが述べたように、その秘訣は「与える」ことです。
“汝のパンを水の上に投げよ。汝は幾日か後にそれを見つけるであろう”伝道者の書11章1節

Strongly recommend for this time. There is a new wave of this coming into existence as a result of the Great Disruption engineered over the past several years, accelerated over the past 5.

The Dark World of New Age Gurus | Documentary

Major Red Flags:
1. Money required (for access)
2. “My way or the highway” mentality – YOU ARE TO BLAME if their “secret” doesn’t work for you.

As I learned in LA, these unconscious “spiritual” people always use particles of truth. It is true about energy, frequency and vibration. It is true about intention with the heart’s vibration in the quantum field. All of these and more are spoken of in the Bible through parable.

In this time we live in, the rise of UNCONSCIOUS narcists, sociopaths and even psychopaths will flood this NEW AGE/Law of Attraction space, preying on the vulnerable, desperate and traumatized who seek “answers” in the form of manifesting “wealth” and “love” while at the same time participating in a hyper-sexualized, materialistic and ultimately anti-human system that is designed to obfuscate and deflect away from dealing with the root causes of our unconscious mind.

My question to you is this: “In these unprecedented times, where there is enormous unnecessary suffering and no time to waste, we are charging large sums of money from the very people who need help NOW?” “Who is being served?”

As Alan Watts stated, the secret is to “give it away”.

“Cast thy bread upon the waters: for thou shalt find it after many days.” Ecclesiastes 11:1

John Paul Riceさんの投稿 2021年5月12日水曜日

コメント

タイトルとURLをコピーしました