スピリチュアル・サイオプ(心理作戦):論理的分析:メーガン・ローズ

周波数を上げる

スピリチュアル・サイオプ(心理作戦):論理的分析:メーガン・ローズ

メーガン・ローズさんは、いつも短いですが必要なタイミングで必要な内容を発信して下さっています。

日本でもめちゃくちゃ流行っていると思います。いくつも思い当たるものを見かけます。
単なる素人によるなんちゃってチャネリングは違うかもしれませんが、ちょっと影響力のあるようなタイプの人の多くが当てはまるのではないかと思います。

一つ見分け方を言っておくと、人身売買やペドフィリアなどの「部屋の中のゾウ」に意図的に触れない、コロナやワクチンを肯定しているかで、相手の立場が見抜けると思います。ちょっと前なら、トランプを批判し、バイデンを擁護するかを見ると立場が分かりやすかったです。

スピリチュアルに関して、「依存しないで自立して下さい」、と教える人たちは多くないと思います。
「信者」と書いて「儲かる」、「依存は儲かる」、と仕掛ける側の人たちは裏で思っています。

いくら光の側を演出していても、やっていることはカバールと変わらない場合もあります。

メッセージだけ、「自立して下さい」と言って、自分の箱の中に閉じ込める場合もあります。
直接的に(わかりやすく)崇拝させなくても、間接的に崇拝させる(仕向ける)パターンもありますから、自分をしっかりと持って客観視して下さい。

いくら素晴らしいメッセージを言っていたとしても、崇拝させる人が良い人なわけありません。
自分の力を他人に明け渡さないで下さい。

Spiritual Psyops: A Logical Explanation

説明欄より:

このビデオの意図は、スピリチュアルコミュニティの混乱を解消することにあります。このようなビデオを作ることは私の喜びではないのですが、人類を大切に思うがゆえの義務なのです。私たちは皆、外部からのメッセージや検証なしに、ハイヤーセルフやソース(源)につながる力を持っています。私たちは奴隷ではありません。私たちは自由です。私たちは主権者なのです。

バックアップチャンネル: https://www.youtube.com/channel/UCzOlMvckLkPgeSNNITNrwhA
Patreonチャンネル:patreon.com/meganrosemedium
ウェブサイト:meganrosemedium.com

サイオプ(心理作戦)の論理的分析:

-あなたのバイブレーションが十分に高ければ、一部の人だけが新しい地球にアセンドすることができる=あなたが自分の罪を悔い改めれば、一部の人だけが天国に行くことができる。分裂とコントロールのメッセージ

-何百万人もの人々が、大災害やあなたの手に負えない何かによって死ぬでしょう。恐怖とコントロールのメッセージ

-最悪の事態に備えて、物資を買いだめしておきましょう、世界は終わります。恐怖とコントロールのメッセージ

-複数のタイムラインがあり、ある人は一つのタイムラインにいて、別の半分は別のタイムラインにいる。分裂とコントロールのメッセージ

書き起こし

こんにちは、メーガンです。

今日のビデオでは、スピリチュアルなサイオプ(心理作戦)についてお話します。

このビデオを作ったり、撮影したりするのは楽しいことではありません。

旦那が浮気してるって友達に言うようなものです。あなたもやってみたらわかります。

私は知りたいのですが、彼らはあなたにとても怒るかもしれません。

でも、メッセンジャーを撃ってはいけません。

スピリチュアルなサイオプ、つまり心理作戦は、人類を奴隷にするために使われてきたものです。

これらの心理作戦は3文字の機関によって行われます。

オリオンのグレイ、今では解体されたドイツのナチスであるダークフリート、そしてシカール帝国のレプティリアンです。

この3つのグループは人類を奴隷にするための心理作戦を行っています。

これはマインドコントロールの一種であり、これはスピリチュアルなコミュニティにも浸透しているマインドコントロールの一種です。

だから私たちは混乱しているのです。

右脳と左脳があります。

マインドコントロールは、ある概念を右脳に導入することで行われます。論理的に分解できない哲学的な概念です。

脳はその概念全体を受け入れなければいけません。

導入された概念。

通常の学習は、学校に行くと、右脳に概念が導入され、左脳がそれを論理的に処理します。

それが意味をなすことで、その人は続けて導入された概念を基に構築していきます。それが通常の学習の仕組みです。

しかし、心理的な操作は、論理的に意味をなさないもので右脳を過負荷にします。

それはしばしば恐怖をねじ込まれます。

そして、人はその考えを丸ごと受け入れなければならず、しばしば自分自身をそれと同一視し始めるのです。

誰かがそれを論理的に分解すると、認知的不協和が起こります。

認知的不協和とは、目の前に証拠があるにもかかわらず、それを見ようとせず、納得のいかない方法で説明し、正当化してしまうことです。明らかなものを見ることを自分に許さず、意味のない正当化をしてしまうのです。

彼らがそうする理由は、彼らは怖いからです。それは、その人の居場所を貶めることとは関係ありません。その人の置かれている状況を思いやり、理解することが大切なのです。

認知的不協和:「なぜ彼らにはわからないの?」

彼らはそれと同一化しているため、(否定されていると感じて)怒りを覚えるのです。

概念が自分自身、信念のシステムになってしまいます。

これを「教化」と呼びます。

人類を奴隷にする最良の方法は、スピリチュアルな方法で、人の魂の本質や魂の周波数を吸い上げることうや、宗教やスピリチュアルな方法で、自分以外の何かに信頼を置かせることです。

人間の脳の働きは、第二次世界大戦中に、ナチスの科学実験で実際に研究されました。

ナチスはレプティリアンと提携して、非常に強硬なマインドコントロールを行うようになりました。

レプティリアンはバチカンにもつながっていて、カソリックで恥や罪悪感を与えて人々を奴隷にしています。

これらの存在は低い周波数を収穫し、全世界で最も低い周波数は恥と罪悪感であることを覚えておいてください。

彼らは人々を洗脳し、人々を台に乗せます。

救世主や聖人などの宗教的な人物を使って、人々が自分の力を手放し、自分の外に力を置くようにしたのです。

人々が宗教から遠ざかっているため、このような厳しいパターンがスピリチュアルなコミュニティにも入り込んできています。

彼らはその力と支配力を維持したいのです。

彼らは何をしたかというと、人物像を作ったり、光の存在であるアセンデッドマスターを装ったりして、サイキック能力を持つ人、チャネリング能力を持つ人、テレパシーでコミュニケーションをとる能力を持つ人など、罪のない人間を犠牲にしてきました。

彼らを拉致したり、記憶を植え付けたりしています。

実際に拉致して、記憶や人工知能、偽の記憶を植え付け、ダウンロードすることができる装置を作ったのです。

チャネリングをしていると言う人は、この情報をダウンロードしたと言っているのです。

人助けをしていると信じている無実の人を連れて行き、現実を歪めたり、ナラティブを歪めたりするような情報を与えるのです。

それはマインドコントロールや奴隷のようなものです。

高い密度の存在やアセンデッドマスターが、常にメッセージを流すために誰かと接触することを約束するとは思えない理由をお話ししましょう。

高い密度の存在や慈悲深い存在が人類を助けようとするならば、その方法は人類に自立することを教えるからです。

人類を奴隷から解放し、自分自身を解放するためには、その人自身の自由意志によるその人の魂によってのみ可能だからです。

ですから、スピリットガイドのメッセージのチャネリングをしていても、その人が自分自身の魂と触れ合うことを教えているわけではありません。

あなたは、その人が源につながる力を持っていることを思い出させていないのです。

大天使ミカエルのように、イエス・キリストのように、私たちが台に載せているアセンデッドマスターたちのように、私たちは実際に彼らとまったく同じです。

私たちは源につながる力を持っています。だからこそ、メッセージや明日起こることなどを人々に求める宗教的な仲介役になっているのです。

それが彼らのやり方の一部であり、私はそれが強権的であると言っています。

その強権的なモデルですが、オリオン・グレイや3文字の機関も同様にこれを行っています。

それはすべて同じエネルギーです。

すべてが同じエネルギーなのです。

光の銀河連合と世界の銀河連合については、世界と光の言葉を除外して、私たちが知っていることを使って話してみましょう。

私はこのことを論理的に人々に説明したいからです。

宇宙人は現実の人物です。

彼らは私たちと同じように現実の存在であり、みんな家族がいて仕事があり、人生の目的や使命があります。

その目的とは、もし彼らが銀河連合のメンバーであり、地球に関わっていて、この太陽系で彼らは戦争をしてきた、ということです。

イラクのアメリカ海兵隊に例えてみましょう。

仏教徒でスピリチュアルに進化した海兵隊員がいるとしましょう。

悟りを開いていると言ってもいいでしょう。

しかし、彼には仕事があり、戦争をしていて、故郷の家族に連絡を取り、スピリチュアルなアドバイスをしたり、愛のメッセージを伝えたり、魂のレベルでつながっている知り合いに愛を送ったりするかもしれません。

銀河連合の存在たちも同じです。

彼らは戦争をしています。彼らはスピリチュアルに進化しています。

彼らにはスピリチュアリティがあります。

もし彼らが誰かとコンタクトを取るとしたら、それはその人が家族の一員であるか、魂のつながり、スターファミリーのつながりがあるからです。

もちろん彼らはその人に愛や希望などのメッセージを送りますが、全人類のスピリットガイドになることにコミットする時間はありません。

もしあなたが高次元の存在や善意の存在であれば、実際にはその肩書きを望まないでしょう。

なぜなら、人々はあなたに依存するようになり、あなたは自分の中にある強さを刺激しないからです。

銀河連邦がここに存在する目的は、自分自身を通して他の人々に力を与えることにあります。

彼らはどのように私たちのスピリチュアルな進化を助けているのでしょうか?

文化を共有している人たち、他の惑星や他の人種から人間の体に転生した人たちがいます。

彼らの文化を共有し、彼らの主張を共有し、彼らの視点を共有しています。

しかし、銀河連合が人類のスピリチュアルな進化を助ける主な方法は、心理的な操作やマインドコントロールを打ち破ることです。

それは本当にシンプルで、それほど複雑ではありません。

アシュター「卿(lord)」という呼び名、私たちは異星人は現実の人物であり、崇拝されることを望んでいないと理解しましたが、

アシュター「卿」という言葉、女王や王、男爵として自分を提示することは意味をなしません。

人の上に自分を置くという強硬なプログラムです。

私は王だ、私は神だ、私は何者だ。

私からスピリチュアルなアドバイスを受けなさい。

私に依存して奴隷になればいい。

だからアシュター「卿」は実在しません。

それはラジオの周波数を使って導入された強権的な概念です。

人々がチャンネルを合わせると、実際に人々は意識を捨てて潜在意識を開放しているので人工知能の電波が入ってきたり、ただのダークな悪意のある存在が入ってきたりするのです。

だからアシュター「卿」は実在しません。

アシュターという言葉は軍人の称号であり、シリウスB星系のヒューマノイドの集団であるアシュターの集団があります。

あなたや私のような実在する宇宙人たちはレプティリアンやシカール帝国に侵略されていましたが、

レプティリアンに侵入されるのは嫌だと決めた少数のグループが離反したのです。

善い人たちは木星軌道上にアシュター銀河司令部を設立しました。

(善いアシュターと悪いアシュターが存在します)

あるアシュター集団はレプティリアンの一員であり、彼らのパートナーであり、彼らと同盟を結んでいますが、木星軌道上にはアシュター銀河司令部と呼ばれる善良なヒューマノイド・エイリアンがいます。

それがアシュターです。

アシュターは軍の称号であり、アシュター「卿(lord)」は人間ではありません。

今、チャネリングをしている人には本当に気をつけた方がいいです。

なぜなら、彼らは私たちのエネルギーを必死に吸い上げようとしているからです。

彼らは、私たちが自分自身で源につながることができると理解し、もう必要ないと思われるのを恐れています。

スピリットガイドも必要ありません。

自分で源につながればいいのです。

スピリットガイドでさえ必要ありません。

真面目な話、自分でメッセージを受け取ればいいのです。

私たちは自分自身のメッセージを得ることができますが、私は自分自身を主、聖人、女王、王のように見せる人には気をつけます。

私たちはみんな平等だからです。もしあなたが本当に違う人種なら、もしあなたが本当に違う人種から来た地球外生命体の誰かとコミュニケーションをとっているのなら、慈悲深い地球外生命体ならこう言うでしょう。

「私たちは皆平等であり、お互いに力を与え合い、お互いの間で主権者になることなのだ」

私のバックアップチャンネルを購読してください。

説明文に書いてありますので、そのチャンネルを使う必要がないことを願っていますが、私のビデオのいくつかは削除されています。

また動画をアップしますので、よろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました