マインドコントロールに対して私たちは何ができる?MKウルトラ被害者キャシーオブライエンさん

revolutionディスクロージャー

キャシーオブライエンさんのブログ記事がとても素晴らしかったので紹介します。

キャシーオブライエンさんはどんな人

キャシーオブライエンさんは、悪魔崇拝者の家系に生まれMKウルトラと呼ばれるマインドコントロールを受け性的搾取をさせられていたのを乗り越えられた方です。この世の闇を最も間近で見て体験してきた人のひとりと言っていいかと思います。
ツイッターにとても分かりやすいスレッドがありましたので紹介します。

日本語で情報はあまりないのですがキャシーさんについて書かれているもののリンクを貼っておきます。内容は本当におぞましいです。表に立って告発してくださっている勇者です。

以下はデービッドアイク著「大いなる秘密 下巻 第4章 恍惚のうちに壊されるアメリカ」に載っている内容です。ぜひ読んでみてください。


キャシーオブライエンさんの12月23日のブログ記事:私たちは何ができる?

私たちは日々マインドコントロールにさらされている、私たちは何ができるのか?
内容が素晴らしかったのでシェアするため取り急ぎグーグル翻訳したものを
ざっと修正しました。

私たちは何ができる? キャシーオブライエン

私たちは何ができる?

国の主権を取り戻すためには、まず個人の主権を取り戻す必要があります。

私たちの選挙が露骨に盗まれたことを知ることは、私たち(米国)が目的をもって団結させることです。いわゆる民主党員と共和党員の似たり寄ったりな人々は、少数のディープステート新世界秩序「ビッグガイ」によって実行された#StopTheSteal(盗難を止めろ)に団結しています。”分割して統治する”のソーシャルエンジニアリングは、私たちが奴隷社会に従うようだまされてきたという強力な真実に照らされて消散しています。

共謀する下院議員、知事、市長が明るみにさらされています。このクーデターが最初にワシントン(洗浄されるべき)DCの沼地に根を下ろし始めたのはケネディ暗殺事件がきっかけでした。電子投票機が最初から不正操作されていることを知っている現在のすべての政治家は、この反逆的な「正常」についてある程度の個人的な洞察を持っています。

新世界秩序の計画から利益を得る外国の存在ではなく、米国製の有権者IDと投票機を通じて、地方レベルから選挙の正当性を回復するのは、私たち人々(We-the-People)次第です。私たちは、選挙で選ばれた私たちの大統領を攻撃し、都市の炎上を支援するために就任した「役人」を許して何もしないで見ていることできません。

議会は私たちのために働きます。私たちは彼らの奴隷ではありません。今こそ彼らに説明責任を負わせ、彼らの力を乱用する能力を減らす時です。

私たち人々(We-the-People)は、私たちに声を与え、誠実に私たちの憲法を支持する人々にしっかりと投票することによって、彼らの任期制限と彼らの賃金規模を確立しなければなりません。これらは論理的な懸念であり、通常の分裂的な感情的な「原因」ではなく、キャンペーンの問題である必要があります。

論理は団結します。感情は分裂します。

この事実は、分裂的なトラウマ、恐怖、そしてウイルスとしてマスクされたそれに続くマインドコントロールによって組織的にロックダウンされている私たちの脳にも当てはまります。

マインドコントロールの現実は、明らかに盗まれた選挙に対して自分自身で考え、効果的な行動を取ることができないことによって証明されています。

私たちは何ができる?何をすべきかを言われるのを待って洞窟探検する代わりに、メディアのマインドコントロールを超えて思考を論理的に拡大する時が来ました。

知識はマインドコントロールに対する私たちの防御です。あなた自身を教育しなさい。あなた自身でファクトチェックしなさい。

グローバル教育 / 共通のコアとして支持された「知識」を超えてリサーチしなさい。なぜならその「知識」ベースは恣意的に変更されているからです。論理は、小学校での性別の混乱、絶対的な数学の変更、非論理的な憶測まで、感情に置き換えられました。

私たちはこれからどこに行くのかを知るために、それまでの経緯を知る必要があります。それが1984年以来私たちの学校システムで歴史が書き直された理由です。新世界秩序教育を押し付ける教育長官ビルベネットとラマーアレクサンダーの下での私の経験に関する議会の証言は、いわゆる「国家安全保障の理由」のため、共謀した裏切り者の反逆者たちによって検閲されました。

私たちは今、何を考えるかではなく、どのように考えるかを学ぶ必要のある世代がいます。グローバリストの新世界秩序奴隷社会の到来を告げることを目的としたプログラムを超えて思考を拡大するためには、個人の主権を取り戻す必要があります。

学生が実際の数学を学んだならば、彼らは社会主義が機能しないことを知っているでしょう。したがって、数学が教育で変更された理由です。

本当の歴史が知られていれば、学生は私たちすべての人々に対しての主権国家の憲法上の自由と正義の基盤に敬意を表するでしょう。

学生が他の人のファクトチェックに頼るのではなく自分でリサーチするように教えられていたとしたら、コントロールされたメディアは永続的な嘘で逃げることはできなかったでしょう。

意識的に新世界秩序への行進に加担している多くのアメリカ人の私たちがいるのではなく、非常に多くのアメリカ人が言われたことを話し、するよう意図的に条件付けられています。これがマスマインドコントロールです。

革命

自由にものを考え、中国のようにマスクを強要、ロックダウンされ、ほんの一握りのビッグガイだけが経済から利益を得ていることにうんざりしている私たちアメリカ人は、他の人に手を差し伸べて真実の光に持ち上げ、革命に参加する必要があります。

そのためには、目的を持って団結し、集合的にマスクを外して、再びコミュニケーションをとる必要があります。科学は、マスクが誰がウイルスを捕まえるか捕まえないかを決定しないことを証明しています。マスクは私たちに服従を強制し、私たちの声をこわばらせ、恐れを生み出すだけです。

6フィート離れて/6フィート離れないと死ぬぞ、プログラミングは、子供たちがお互いを恐れ、人生そのものを恐れるように条件付けています。死への生来の恐怖は、体系的なマインドコントロールコンディショニングを通して生きることへの恐怖に取って代わられました。

ウイルス統計について独自の計算を行って、実際の数値が合計されていないことを確認してください。論理的および統計的に、私たちの年間全国死亡率は正常です。これは、すべての形態の死亡が単にCovidに名前が変更されたことを明確に示しています。インフルエンザはどこにありますか?肺炎?老齢?

はい、世界は毎年の選挙のように戦略的にウイルスに見舞われました。 SARS、鳥インフルエンザ、豚インフルエンザなどを覚えていますか?ウイルスは生命(LIFE)の一部です。死への恐怖は人類の脆弱性であり、致命的なウイルスとしてマスクされ大衆のマインドコントロールのために意図的に利用されています。

恐怖はマインドコントロールの主要な基礎です。真実は私たちをから解放します。私たちのためにファクトチェックされるあいだ(つまり他人任せにし自分で考えないあいだ)真実が抑圧される理由です。特に最初から利用可能であった予防と治療に関係するものについては。

深呼吸をして、自由にあなたの人生を生きることに戻ってください。

ソーシャルメディアの検閲やメディアの管理を超えて、昔ながらの方法でコミュニケーションを始めましょう。近所、コミュニティ、レストラン、学校、教会、その他すべての場所で、顔を合わせて、目と目を合わせて、心と心を合わせて、魂と魂で。ウイルスを装って私たちから奪われたすべてを取り戻しましょう。あなたの暮らしに戻り、人間の交流に支えられたあなたの仕事を開きましょう。

コミュニティで積極的に活動し、団結して裏切り者の反逆者たちを召還、弾劾し、ワシントン DC(洗浄されるべきワシントン DC)であなたの声を聞かせましょう!

私たちは皆一緒に「その変革」の中にいます

はい、私たちは皆一緒に「その変革」にいます—歴史のこのパワフルに変革する時、この人生で。

これが私たちにできることです。これが私たちの時間です。

自由な考えと言論の自由を取り戻すことにより、個人の主権を取り戻す時が来ました。

すべての人のために、私たちの国の自由と正義の主権を取り戻す時が来ました。

地滑り的勝利を取り戻し、私たち(米国)を支持するために選出された私たち人々(We-the-People)が選んだ大統領を支持する時が来ました。

原文、本人による読み上げもあります。

タイトルとURLをコピーしました