カルトの教祖たちから卒業しなさい

おすすめの記事

今、あちら側は必死

メアリー・アリソンさんがちょうど私が最近感じていたことを言葉にしてくれていたので紹介します。

最近は、あちら側は大衆に嘘を信じ込ませようと必死なのではないかと感じていました。
見る人が見ればあからさまなのですが、それでもそれについて行ってしまう自立していない人がたくさんいます。

コロナは全てを炙り出す神の仕組み

悪はいるけど、大衆がそれを信じて協力するからこそ今の社会が成り立っています。原因は私たちです。

地球に注がれるエネルギーもどんどん強まって、私たちの覚醒をアシストしているとも言われています。悪の正体がどんどん明らかになってきています。

メドベッドやフリーエネルギーなどの技術は、人類が一定のレベルに達しないと開示されないと言われています。

もう悪のコントロールが効かなくなってきている今、早く出来るだけ多くの大衆が目覚め、不服従、非協力することが大事ではないでしょうか。

例は沢山あるのですが、分かりやすいものを挙げます。

【拡散希望】河野大臣…コロナワクチンって本当に大丈夫なん…?

寝返った?方もいらっしゃいます。

【真実に目覚めよ日本民族!】ガクトさん有難うございます。

別に芸能人というだけで、ツイッターには(自分もそうですが)、

  • 何で歯医者は営業しているのか?
  • 満員電車でクラスターは起こらないのか?
  • 今年緊急事態宣言が出ているのになぜあえて開催?去年やればよかったのに?
  • マスクは目が粗すぎてウイルス抑制効果なんてない、二酸化炭素を吸って体に悪いだけ

など、皆言っているので特別なことは言っていませんが、

芸能人だから、で、人が話を聞く、という態度は依存の極みですね。

カルトの教祖たち=(広い意味であなたをコントロールする人たち)は、
あなたを自由にしませんし幸せにはしません。

目先のアメを与えるだけで、もっと大きなものを失います。
後で気づいても遅いかもしれません。
今自分で目覚めないと深刻なことになります。奴隷根性を克服しなければいけません。
目先は大変でも、後になって後悔するよりはずっとマシです。とても重要なことです。

とにかく、依存はダメ、ゼッタイ、自立、自立、自立です。

カルト教祖たちから卒業しなさい

私たちの時代の最も壮大な戦いが始まりました。それは、主権、自由意志、そして選択のための戦いです。

もしスピリチュアル・ティーチャーが自由意志と主権の重要性を無視するなら、その人はリーダーではなくカルトの教祖である可能性が高い。

政府関係者の中にも、リーダーではなく、カルトの教祖として行動している人がたくさんいます。

カルトの教祖とは、カルトのネットワークを操る寄生虫の手先ような存在です。尊敬すべきリーダーとは異なり、カルトの教祖は、人々が進化するための安全で安心な環境を作るのではなく、人々のエネルギーを吸い上げます。

ここで問題なのは、カルトの教祖は皆、必死だということです。金正恩を考えてみてください。彼は民間人からインターネットやテレビなど、外の世界へのアクセスポイントを奪っています。金正恩の嘘があまりにも哀れで、あまりにも妄想に満ちているため、他の社会を知るための情報や窓があれば、金正恩がサイコパスの嘘つきであるという事実に気づくことができるからです。

世界中の政府にはカルトの教祖がはびこっており、今日、すべての人間は選択を迫られています。自由を選ぶのか、それとも歪みを選ぶのか。カルトがあなたの選択権を奪うように、カルトの中で生きるのか、それとも自由意志の聖なる空間の中で生きるのか。

今、フランスの人々は自由を求めて街頭に立っていますし、(最近では)イギリスやキューバの人々も同様です。

人々は、虐待的なサイコパスは常に真実を反転させて、自分の自由意志の制限が必要であるとナイーブな人々に信じ込ませるという事実に目覚めつつあります。もし誰かが、あなたを “守る “ためにあなたの人間性や主権を制限すると主張するなら、彼らはあなたを操っているだけでしょう。ジム・ジョーンズを見てみましょう。彼は何百人もの人々に「アメリカ政府が自分たちを追い詰めようとしている」と言っていました。この嘘で人々を監禁し、”保護 “の名の下に自殺に追い込んだのです。

保護というのは一線を画していて、ふとした拍子に詭弁を弄し、犠牲の出るコントロールのメカニズムに誘導する仕組みになっています。私たちは、過去に人類を見捨て、騙してきた政府の網が、なぜ突然、私たちを光の中に導こうとするのか、自問しなければなりません。光とは何か?もちろん抽象的なもので、病気の治癒を約束するものです。その光は、大衆を服従させて自由意志を放棄させるための嘘です。

しかし、私たちが目を覚まして、もはや見せかけを信じなくなったらどうなるでしょうか?私たちは自分自身の光、自分自身の力になり、カルトの教祖に頼って、高度に希釈され歪められたバージョンの光に連れて行ってもらうのをやめるのです。

私たちの時代の最も壮大な戦いが始まりました。勝利への第一歩は、何世紀にもわたって私たちのナイーブさにつけこみ従わせ、力を奪い、偽りにねじ込むために彼らが使ってきた幻想を解消することです。それは何よりも意識の戦いなのです。

カルトの手口:二元性の中でのアメとムチの支配

私たちが完全に現実と一体になり、自分の本来の力でセンターに立ち、源が私たちの細胞に吹き込んだ生命の聖なる奇跡を発揮したいと願うなら、私たちは自分が入ることを選んだ現実のすべての層に目覚めなければなりません。この現実は、より深い理解を望む私たち自身の意識の中のポイントを反映しているからです。

これからの10年間、自己を認識するプロセスを経て、多くの人が目を覚まし、自分が(勝手に)カルトに参加していたことに気づくでしょう。そのカルトは、広大でコラボレーションの刺激の網の目のように、地球の最も無邪気な隅々にまで浸透しています。

本当の意味での「目覚め」には、ある程度の心理学的な研究が必要であり、それによってカルト的な教化の内実を理解する機会が各個人に与えられます。なぜかというと、理由は簡単で、自分の本能的な力に触れている真に解放された魂は、自分たちの社会や世界にカルト的な操作の構造が入り込むことを許さないからです。カルトが多くの人の心を非常に昏睡し屈した状態にし、受動的であることを要求するだけでなく、崇拝することが美徳となるような状態にする方法について、一定数の人々を教育することができれば、人間を奴隷のようなシナリオに操作することができます。自律的な目的、情熱、自然な欲求がすべて蒸発し、人間は自分自身の高い意識状態に奉仕するのではなく、偽物の安全な繭の中にいる目的に奉仕することに固執するようになります。

カルトとは何かというと、深い虐待関係が高度に管理され、拡大されたものです。以下に、よく使われるカルトの手口を紹介します。それは、心を曲げて自分以外の力に委ねさせ、自分の心を捨てさせ、自分の主権的な本質は実は奇跡であり、祝福されるべきもので放棄するべきではないのに、それを忘れさせます。

カルト教化101:子供たちにキャンディを提供する – 成功したカルトやカルトの土壌 (cult and cult(ure))は、すでに存在する奇跡の断片を提供します。カルトは、ひらめきや気持ちのよい話、あるいはオプラが好んで呼ぶ「アハ!」の瞬間というコンセプトで、あなたを引き込むでしょう。その目的は、希望と達成感を継続的に与え、同時に恐怖感と絶望感を心に植え付けることにあります。

しかし、なぜカルトは混じったメッセージを送ろうとするのでしょうか?希望と奇跡の真のメッセージが、破滅と憂鬱の頭の悪いメッセージに混ざっている?それは、この教団を運営している人が、人間の心理だけでなく、意識を理解しているからです。

私たちがこの物理的な領域に入ったのは、自分たちの能力を探求し、自分たちの魂のより深いバージョンに発展させるためです。宇宙は自らを探求する意識であり、この人間的な世界では、サブリミナルなレベルで、源との生来のつながり(奇跡)を思い出すことを切望する一方で、源から離れ(破滅と憂鬱)、存在という多次元性をよりよく認識できるようになることを切望しているのです。簡単に言うと、自分の細胞の中にある天国と地獄を探りたいのです。カルトを運営する人たちは、このことをよく知っています。彼らは、私たちの膨大な探究心を偽の探究のシステムホログラムを作って搾取しています。

健全な探索とは、自分自身の中に入り、自分のすべての側面を愛撫したり意識したりすることです。たとえあなたに暗黒面があったとしても、それはすべての人間や魂が持っているものですが、真の探求と霊的進化には、暗黒への過剰な耽溺や執着ではなく、そのようなものを意識的に理解する観察が必要です。

主流メディアは、全く真実ではないか、または(あるレベルでは)真実であるが、大幅に誇張されている「悲劇」に執着します。なぜカルトがあなたのために経験を作り出すことができるのに、あなたは人間としての意識を具現化して霊的な経験をするのでしょうか?このようにして、あなたは機械のようになり、人生そのものから切り離され、同時に人工的な世界に接続され、あなたの未解決の傷を利用して、本質的にあなたをマスタープランの奴隷として利用します。

その “マスタープラン “とは何か。すべてのカルトのマスタープランとは何かを自問しなければならないのです。

Mary_Allison
If we wish to be fully actualized, standing center in our inherent power, claiming the sacred miracle of life that source has imbued into our very cells, we mus...

カルトはあなたに寄生する、自立せよ!

現存するすべてのカルトは、階層を介して存在しており、この階層の頂点には寄生勢力が住んでいます。それはジム・ジョーンズかヒトラーかもしれないし、ヒトラーの背後にいる人々、ジム・ジョーンズの背後にいるエネルギーかもしれません。この寄生源が何であれ、他人からエネルギーを収穫しているときには興奮状態になります。それは、あなたが本来持っている力から切り離し、その力をあなたに対して使うことで行われます。そう、あなたの注意力「そのもの」がエネルギーなのだから。だから自分の注意に意識を払ってください。

カルトのマスタープランは、常にほとんどの場合、信者からエネルギーを奪い、彼らの力を弱さに反転させ、その力を糧とすることです。

これはどのようにして起こるのでしょうか?

被験者は、カルトの教祖(教祖、教団、エネルギー)が投げかける感情のジェットコースターに夢中になり、自分のエネルギーがカルトの集合意識と絡み合ってしまいます。これにより、被験者は自分の意識の向上に費やす時間、感情のスタミナ、集中力がなくなり、自分の内なるパワーをカルトの教祖に犠牲にすることになります。通常、この時点で被験者は、教団内で起こっていることはすべて被験者のためになるに違いないと信じたり、自分に言い聞かせたりするようになります。なぜなら、被験者は今、解離と喪失のために状況を別の角度から捉え、俯瞰的にアプローチすることができないからです。もしそうだとしたら、すぐにこの教団内に作られた有害な力学から抜け出そうとするでしょう。

カルトの教祖は、被験者の不安や傷を認識することにも長けているので、被験者がカルトの物語から抜け出そう(アンプラグしよう)と考えるだけで、不安や傷を利用し(直接的または間接的に)脅します。

だからこそ、より健全で意識の高い世界を実現するためには、個性化(自立)のプロセスが最も重要なのです。あなたは自身の内的な癒しによって、自分の力をより完全に発揮し、そのような寄生的な魂やエネルギーによって使われる操作的な戦術に関して、より深い認識と知覚を持つことができるようになるのです。

ここにはまだまだたくさん深堀りできることが書かれていますが、これはあらゆるカルトやカルトの土壌(cult and cult(ure))が使う人を操る手口についての入門編としてください。カルトの力関係についての認識が深まれば深まるほど、カルトが社会に蔓延することが難しくなります。

メアリー・アリソン♤

Mary_Allison
Every cult in existence is set up via a hierarchy, at the pinnacle of this hierarchy lives a parasitic force. Maybe it's Jim Jones, or Hitler, or perhaps it's t...

洗脳とマインドコントロール

とてもよくまとまったツイート集です。洗脳とマインドコントロールは特別なことではなく、
あらゆるところに使われています。(特にマインドコントロール)
自分で知って注意深く観察してみて下さい。

オリンピックがきっかけになるか

いつもオブラートに包んだ言い方の愛先生が、

「オリンピックはイルミナティの祭典」

もう隠せないぐだぐだ振りが放映され、一般人の覚醒が進むことを望みます。

選手村オープンしたはいいけど、人はいるの?

動画説明欄より:

誰がみても、どう見ても、無理に無理を重ねてまで開催しようとしている東京オリンピック。 一体、なぜそこまでして開催したいのか、、、考えてみれば不思議です。何か理由があるはず。利権のため、損失補填が怖いから、色々な理由はあると思いますが、もしかしたら、あえて失敗して醜態を見せつけるためにやっているのではないか、、、と考えると疑問が解けます。

菅氏は訪米して大統領と会いましたが、いくら疾病騒ぎの最中とは言え、何のセレモニーもないあまりに貧弱なものでした。わずかにハンバーグ昼食会がありましたが、両国の国旗が出てもいない、テーブルクロスがかけられてもいない、犬の食卓のようなテーブルで差し向かいで写真撮影する二人。 画面通しでもそのあまりなおかしさを感じ取った人は多くいましたが、菅氏ご自身、おかしいことに気づいたはずです。 帰国後、オリンピック開催をすすめ、ついに異常な事態もものともせずにここまできました。それは成功させるためというよりも、もっと他の目的があってのことだったのではないでしょうか。

「これから起こることを何も止めることはできない」

自分をケアしつつ、周りの人を起こしていけば混乱が少なくなります。

変化を楽しみにしています。

タイトルとURLをコピーしました