脱Googleのすすめ:ネット検索はDuckDuckGoとBraveを

おすすめの記事

Googleでの検索結果は大きく操作されている

色んな事を調べていくうちに、Googleでの検索結果は大きく操作されていることを
知りました。Google元従業員がGoogleとYoutubeの検索結果の操作を告発しています。

「Googleによる情報操作」内部告発者インタビュー

簡単にまとめると

Google元従業員、内部告発者のザック・ヴォーヒー

  • 2016年にトランプ大統領ツイッターの”covfefe”という単語を辞書から削除
  • トランプ大統領がバカに見えるように、憲法を持ち出して
    大統領が職務不能の理由で外されるよう画策した
  • AIによる検閲 検索候補は検索の多いもの順→結果を操作
    メキシコでのトランプ大統領の人身売買撲滅のニュース、Qアノンのエスプタインに関するニュースを表示せず、大手メディア(プロパガンダ)に誘導
  • Youtube 「いいね!」を90%を消す、視聴者数を改ざんする

トランプさんの言った言葉が検索で表示されない話をしていますが、
要するに私たちが求める真実の情報がGoogle検索をしても出てこないように、そして大手メディアの偏光報道を見せられるように操作されています。

確かGoogleは会社の行動規範ににDon’t be evil(邪悪になるな)とかDo the right thing(正しいことをしろ)と書いてあったはずですが、やっていることは明白な検閲です。

2016年に亡くなったデヴィッド・ボウイは生前こんな言葉を残していました。

【衝撃】『イルミナティはヤバい』デヴィッド・ボウイが人類に警笛!最後のメッセージとは?

【衝撃】『イルミナティはヤバい』デヴィッド・ボウイが人類に警笛!最後のメッセージとは?

グーグルはイルミナティ、イルミナティーはグーグルだ。
グーグルが支配する未来はファシストのディストピアだ。

反体制派の居場所はなくなり、言論の自由も存在しない。
グーグルは我々の顔を永遠に踏み続けるだろう。

グーグルは闇の国家だ。従来の戦争、スパイ、諜報機関は全て忘れろ。
全ての問題はグーグルが支配するインターネットにある。

奴らは人々の感情、施行から、我々が得るべき情報の選択、
果ては、誰に発言権があるかまで決めているのだ。

【衝撃】『イルミナティはヤバい』デヴィッド・ボウイが人類に警笛!最後のメッセージとは?

今や情報を調べる際に、(特に社会の隠された真実について)
大手メディアであるグーグル以外を使うことは必須です。

追記:米司法省、独禁法違反でグーグルを提訴

10月20日、米司法省が独禁法違反でグーグルを提訴。事業分割の可能性もあるようです。

今回の大統領選でも、バイデンに有利になるように
検索結果を操作していたことが暴露されました。

フィルターバブルとは

調べても求めている情報が出てこないのも問題ですが、情報自体をフィルターし、
自分の好みのものしか表示されないフィルターバブルも問題視されています。

グーグルやフェイスブックが、情報をパーソナル化のフィルターにかけ続けることで、ユーザーは自分の興味関心に合うものだけに囲まれて、逆にそれ以外からは遮断されてしまう状態――それが”フィルターバブル”だ。

そのデメリットは、フィルターの精度が上がれば上がるほど、ユーザーはどんどんと情報のタコツボに入り込み、自分と違った立場、違った視点の情報に接する機会が無くなってしまうことだ。

フィルターが危険なのは、自分のものの見方が、世界を代表しているかのように思ってしまうことだ。全然、全くそうではないのに、それに気付かない。

ネットのタコツボ化”フィルターバブル”を破る方法とは?より引用

情報のフィルターバブルが、パーソナライズという名目で進められ、都合の悪いものは見えなくなり、一人一人がバブルの中で分断、対立にそれとわからないように置かれていることを示唆しています。
調べる行為は本来自分自身の認識を広げるものですが、広げるのではなく単一の見方をますます強化してしまう、そんなことが現実に指摘されています。こういう事実を知ったうえで私たちはそれを乗り越えるべきです。

脱GoogleはDuckDuckGo

脱Googleをするには代替の検索エンジンを使いましょう。
DuckDuckGoは個人情報を保護しユーザーを追跡しない検索エンジンです。

デフォルトでは日本語設定になっていませんので、
設定→その他の設定→地域をJapan、言語を日本語に変更してください。

Google検索とDuckDuckGoの比較の例です。写真を拡大して見てみてください。
Google検索だと見事に中国の停電のニュースが出てきません。

ついでにGoogle Chromeも卒業して、Braveに乗り換えましょう。
プライバシーに配慮されたブラウザーです。
広告をブロックしてくれるのでChromeや他のブラウザよりも動作が軽快です。
Youtubeも広告なしで快適です。
Chromeのアドオンも使えますので、移行しても困りません。ぜひ試してみてください。
英語で表示されていますが日本語で問題なく使えます。

自分で考えて調べる重要性

自分で考える重要性について分かりやすく紹介している動画あるので紹介しますね。

らっきーデタラメ放送局★第192回『信じるか!信じないか!あなた次第って?』

らっきーデタラメ放送局★第192回『信じるか!信じないか!あなた次第って?』

コミカルに語っていますが内容は硬派です。

  • テレビで言っていた、有名人が、権威のある人が言っていたから信じる、のではなく疑ってみる。
  • 知らないものは信じるのではなく、わからない、と保留する。
  • 自分で疑問を持って色んな角度から調べてみる。

グーグルでは、

  1. (都合の悪い)情報は隠される
  2.  情報が画一化される(フィルターバブル)

が指摘されていることをまずは知って、それを意識的に乗り越えましょう。
自分で調べる際に、検索エンジンによって検閲されないDuckDuckGoがおすすめです。

コメント

  1. […] ○脱Googleのすすめ:ネット検索はDuckDuckGoとBraveを […]

  2. […] ○脱Googleのすすめ:ネット検索はDuckDuckGoとBraveを | やつろぐ […]

  3. […] ○脱Googleのすすめ:ネット検索はDuckDuckGoとBraveを […]

タイトルとURLをコピーしました