歴史は繰り返す:私たちがそこから学ぶことを選択するまで、同じレッスンは繰り返し異なる形で現れ続けます:ジェイソン・シャーカ

おすすめの記事

エネルギーはパターン

ジェイソン・シャーカさんのフェイスブックに載っていた短い記事ですが、
とても本質的で重要だったので訳しました。

本質は意識であり、エネルギーだということがよくわかります。

そして、エネルギーはパターンです。パターンを変えなければそれを繰り返します。

これは全てに当てはまる法則です。私たちが自分を変える場合にも当てはまります。

ここで言っていることもまったく同じことです。

原題:行動(doing)よりもあり方(Being)を大切に 1月18日 

あり方は信念体系、ビジュアライゼーションで成り立っています。あり方が変わらないと行動しても元に戻ってしまいます。あり方が変化に対する抵抗を生みます。あり方は私たちの基礎であり言葉、信念、周波数です。

スムーズに変化するコツは行動する前にあり方を変えることです。自分のパターンが変わるまで繰り返すことが重要です。

後日全訳しました。

世界に向けたメッセージ 🌎 2021年6月10日

左側:ユダヤ人バッジ 右側:ワクチンパスポート

私たちがそこから学ぶことを選択するまで、同じレッスンは繰り返し異なる形で現れ続けます。

@jasonshurka

歴史は繰り返しています。

80年前、私たちは宗教や人種によって分けられていました。今日、私たちは自分の「注射」の状態によって分けられています。

80年前、私たちは自分の意思に反して医学的な実験をされていました。今日、私たちは自分の意思に反して医学的実験を受けています。

80年前、私たちはユダヤ人と、(ユダヤ人から見た)異邦人を分ける単純な黄色いバッジによって分けられていました。今日、私たちは、注射される人とされない人を分けるために、「ヘルスパスポート」を義務づけられる寸前です。

私たちは、ホロコーストが80年前に終わったと思っています。この1年でわかったことがあるとすれば、物理的な出来事は80年前に終わったかもしれませんが、その出来事を生み出した意識(他の多くの歴史上の恐ろしい出来事)は生き続けているということです。

あの時、集合体の中で活動していた同じ意識が、今日、明らかに再浮上しているのです。なぜか?それは、私たちがテストに合格しなかったからです。テストに不合格になると、再受験しなければなりませんが、同じように再浮上するわけではありません。ただ、同じ原則に基づいて再浮上するだけです。

今日、私たちにはチャンスがあります。80年前に失敗したテストに合格する機会です。人類全体の意識を新たなレベルに到達させる機会です。分裂の意識を解消し、統一の意識を受け入れる機会です。私たちがしなければならないのは、「選択」することだけです。

では、このパスポートは義務化されるのでしょうか?歴史は”再び”繰り返されるのでしょうか?その答えは、私たちの行動と、集団レベルでどのように選択の自由を行使するかによって決まります。明らかになった真実は、私たちの十分な数が単に選択するだけで、このすべてをきっぱりと止められる力を持っているということです。

私たちは、一丸となって団結し、これまでの歴史から学ぶという選択をすることができます。宗教、人種、信念の違いに関わらず、私たちは一つです。そして、最終的に全人類を美と光と平和と愛の新しい世界に導くために、私たちがこのことをはっきりと理解する時が来ました。

私たちにはその力があります!

無限の愛を込めて,
ジェイソン・シャーカ 🙏🏽🌎💜

ハンナ・アーレント: 本当の悪は平凡な人間の凡庸な悪である

なぜ人は悪に染まるのか?アーレントとアイヒマンから学ぶ、より抜粋、引用させて頂きます。

ハンナ・アーレントはアドルフ・アイヒマンを分析しました。アイヒマンはホロコーストに関与していたナチス党員でして、ユダヤ人を強制収容所へ送り込んだ責任者になります。

アーレントもそうですが当時の人々は、「何百万人ものユダヤ人を強制収容所に送り込み、ガス室で殺したアイヒマンはどれほど悪いやつなのか?どれだけ冷酷的なやつなのか?どれほど非人道的なやつなのか?」と思っていました。

「アイヒマンは悪魔みたいな人間なんだろ!悪魔じゃないと何百万人ものユダヤ人をガス室に送り込めないよ!」というのが、世間の認識でした。  

しかし、裁判を傍聴し、アイヒマンを徹底的に観察したアーレントは「アイヒマンは普通の人だ」と結論づけたのです。

•典型的な役人
•主張や意見は特にない
•言われた仕事を淡々とやるだけ

が、アイヒマンの特徴でして、“悪魔的なもの”なんてまったくなかったのです。ただの普通のおっさんだったのです。  

裁判中、アイヒマンは同じことを言い続けます。「私は、上官の命令に従っただけだ」と。

アイヒマンはユダヤ人の収容所へ送る書類にただただサインをしていただけなのです。

中略〜

“全体主義”というややこしい言葉を用います。 全体主義とは、個人は全体を構成する部分であり、個人の活動は全体の成長・発展のために行われなければならないとい主義のことです。この全体主義が人を悪へと向かわせるとアーレントは言いました。

難しいので表現を変えてみます。自分の所属する共同体の価値を、自分の価値であると無自覚に錯覚することが、悪へと導きます。

ナチスで言えば、ユダヤ人を殺して、優秀なアーリア人の世界を作るという価値が、自分の価値だと無批判に錯覚し、普通の人を大量虐殺者にしたのです。

それを防ぐためにはどうすればいいのでしょうか?   「思考し続けろ」   ということになります。

~引用終わり。


映画『ハンナ・アーレント』予告編

映画「ハンナ・アーレント」は、UNEXTで観られます。
31日無料トライアルが利用できます(紹介リンクです)↓

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

これをたまたま見たのですが思わず笑ってしまいました。
バカバカしいけど、同じことが起きています。

社会は洗脳、マインドコントロールと現実逃避で集団催眠状態です。

アーレントは「思考し続けろ」と言っていますが、思考することも大事ですが、
私は同時に「内観し続けろ」、と主張したいです。
自分の内側のエネルギー(=意識)が変わらないといけないからです。

思い癖(パターン)を変える

自分の内面を見つめましょう、内観しましょう、ということも同じです。

自分の繰り返してしまう思考パターン、を意識の光を当てて解消(浄化)することです。

智子さんの解説が分かりやすいのでここに引用させていただきます。

心の浄化の原理については、ホ・オポノポノが参考になります。

【 みんなが幸せになるホ・オポノポノ 】By ドクター・ヒューレン

今、勇気を持って選択、行動しましょう!

ニューヨーク ユニティラリーでの演説

ジェイソン・シャーカさんの他の記事もぜひお読みください。
派手ではないですがとても本質的なことを語っている、今重要なメッセージを発信している方です。

タイトルとURLをコピーしました