トランプ、JFKと量子金融システム:ミーガン・ローズ

おすすめの記事

善側が全て掌握しています

JFK and Pleiadian Alliance Channeled Message by Megan Rose Medium

4月20日にアップされた動画ですが、今丁度よい内容だと思ったので紹介します。

ミーガン・ローズさんという、まだ若いチャネラーの方です。

完全にチャネリングメッセージなので他に根拠がなく、信用できる人物なのか見極めようと保留していたら別のビデオに エレナ・ダナーンさんがコメントしていました。

エレナ・ダナーン これは私も言われていることと全く同じです。ミーガン・ローズは本物です。

JC KAYさんもテレグラムでインタビューを紹介していました。

Official CHANNEL Quantum Truths JC Kay 🧿
This is my friend Ania K. (check out her channel "Through The Eyes Of ...") with Megan Rose speaking about the last days of Diana. Ania and I have never done an...

なので比較的信用できるかなと思ったので紹介しようと思いました。

善側が全て掌握しています、というポジティブなメッセージですが、

  • 善側は普遍的な法則に沿って物事を進めるため私たちの同意が必要
  • 人々を脱洗脳し意識を変えるためにショーが行われている
  • Qとは何か、どうやって始まったのか
  • これから明らかになるであろう量子金融システムの意味

など、今理解しておくべきタイムリーな話題だと思います。

他の内容と比較して、現実を理解する参考の一つにして下さい。

とても具体的かつ短くて紹介もしやすいので、これからいくつか紹介しようかと思います。

JFKとプレアディアン同盟のチャネリングメッセージ by ミーガン・ローズ・ミディアム

こんにちは、ミーガン・ローズ・ミディアムです。私のチャンネルにお帰りなさい。

今日はリクエストの多かったビデオをお届けします。

たった今まではこのビデオを投稿する時期ではないと感じていました。

今回は、プレアディアン・アライアンスについてお話します。

トランプ、JFKと量子金融システム。

私の考えでは、地球や母なる地球は、基本的にレプティリアンに支配されていたと理解してください。

人類は基本的に金融を通じて奴隷民族として利用されてきました。

エネルギー源として利用され、沼やレプティリアンのために吸い上げられてきたのです。

ある力のある人達が「沼の排水をする」(draining the swamp)と言ってるのはそういうことです。

文字通り、沼地は爬虫類が住んでいる場所です。

基本的には、 レプティリアンが餌としてきた惑星や住んでいた場所から、彼らを追い出すことです。

それが実際に起こっていることなのです。

これまでに起こったすべてのことは、普遍的な法則(Universal Law)に沿ったものでなければならない、

ということを、人々が理解することは非常に重要です。

光側は文字通り常に普遍的な法則に従っています。

汚いことはしないし、闇のように、たとえそれが大義のためであっても、物事を捻じ曲げて無理矢理実現させるようなことはしません。

彼らは常に人類の許可を必要とします。

第二次世界大戦に話を戻すと、そこではグレイやレプティリアンの同盟がたくさん作られていました。

必ずしもアメリカとではなく、ナチスドイツのような他の国などとです。

この頃から地球は本当に暗くなり始め、事態はそれ以前から始まっていたのです。

事態が一転して、プレアデス人に通知されたのがこの時期です。

そして地球が彼らのレーダーに映るようになったのです。

なぜプレアデス人は母なる地球を助けに来たのでしょうか?

それは基本的に、彼らが地球に大量の遺伝子を持っているからです。

私たちは彼らにとても近い親戚です。

闇の力が入ってきてその遺伝物質を搾取すると、闇の力は彼らプレアデス人たちの生命力も奪うことになります。

彼らの波動を下げ、カルマにも影響を与えます。

彼ら(メッセージをくれている相手)には軍人やプレアデス人を感じています。

私たちが感じるのは、この惑星を解放し、私たちと彼らをカルマから解放するためにやってくる軍人です。

基本的には、第二次世界大戦後の頃に、この同盟はJFKシニアとともに始まりました。

彼らはJFKシニアが黄金の文書にサインするのを見せていますが、それは彼らに関連しており、アメリカのための彼らの計画に関連しています。

彼らは、それがアメリカで始まり、アメリカで終わると言い続けています。つまり、それはアメリカで始まったのです。

実際にはすでにアメリカで終わっているのですが、

ジョン・ケネディ・シニアの描写は、彼が レプティリアンとグレイの同盟に気づいているということだと思います。

ケネディはこれを非常に警戒していたと見ています。

プレアデス人が来て、介入したり、援助を申し出たりして、 ケネディが文書にサインして、握手するのが見えます。

プレアデス人たちは私たちを必要としていることを忘れてはいけません。

私たちはケネディを私たちの代表として選びました。

人類を代表して介入する許可が必要だったのです。

そしてケネディはその許可を与えました。

彼の息子に関する計画が明らかになってきました。

私がJFKジュニアをどう見ているかは、人々にとって非常に興味深いものになるでしょう。

しかし、私は多次元的であり、あなたも多次元的であることを理解してください。

私たちの中には高次元に存在する側面があります。

私はJFKジュニアをプレアデス人と見ています。

プレアデスから介入し、母なる地球を解放するためにやってきたプレアデス安全保障協議会の一員です。

彼は船に乗っているように見えます。

そしてこれは、彼が実際に自分の一部を切り離して人間の体に転生する前から存在していた彼の一面です。

それらはすべて、常に存在しています。

同時に、説明するのは難しいのですが、私は基本的にプレアデス人の母船にいるJFKジュニアを見ています。

その船には他に、彼らの量子(クオンタム)技術が搭載されています。

量子(クオンタム)コンピューター技術、そして多くの人が知っているQ、つまり数字の17。

これがここで出てきます。

これが私たちがここで話していることです。

JFKジュニアが17=Qだと言われるのはそれほど外れてはいません。

なぜなら、文字通り彼の連合はその技術を持っているからです。

人類に代わって介入し、人類を解放するための軍事資源として(量子コンピューターを)利用しているのです。

これは実際にそうなんです。

何ヶ月も前に量子金融システムについて聞こうとしたときには、

私はただ瞑想していたのですが、そこで彼らに尋ねたところ、彼らは私の手に何かを投げました。

それが何なのかわからずに手を開くと、トランプの顔が描かれた金貨でした。

*イメージ画像です

それからはしばらく聞きませんでしたが、これだけ知っていればいいんだって何となく分かりました。

私は心配していません。

彼らが担当であることを知っているので、あまり気にせずに聞いていました。

でも、誰もがそれを知っているわけではないことはわかっています。

量子金融システムもまた、プレアデス人によって作られたシステムなのです。

地球は惑星であり、他国を代表する政府や、独立した政府のようなものは、基本的に無効な時代に突入していることを理解してください。

その時が来たのです。彼らは人類を、皆が一つになる場所に移動させようとしています。

必ずしも支配や統治されているわけではありませんが、

一つの国がではなく、この惑星を担当する評議会が代表となり、競争はありません。

戦争を完全になくすことができます。

戦争はお金やシステムを巡って起こりますが、このシステムはプレアデス人や私たちを助けてくれる他のスターピープルによって完全に破壊され、衰弱させられ、基本的に根絶されました。

そもそもトランプの主な仕事は、金を取り戻すために 量子金融システム (QFS)を始めることでした。

*不正選挙立証→(実際には今も大統領でしょうが)大統領として正式に宣言→共和国復帰とQFS、NESARA、GESARAの発表か。

貨幣自体には価値はありません。

金塊を取り戻し、アメリカで始まるこの量子金融システムを導入することです。

アメリカで始まった理由は、金融システムが常にアメリカに依存していたからです。

だから、そのシステム全体を破壊するためには、アメリカを掌握しなければならない、というのが彼らの説明でした。

そのシステムが導入されたので、彼らは最後のドミノが倒れるのを待っています。

自由の鐘が鳴らされているのを見せられました。

自由の鐘(Sound of Freedom)が鳴らされているところを見せています。

そして彼らはding dongの歌を歌っています。

魔女は死んだ……古い魔女……悪い魔女……オズの魔法使いに出てくる魔女。

Ding Dong the Witch is Dead

なぜそれが重要なのかはわからないけど、象徴的な意味を持っているような気がします。

それは後で重要になるでしょう。

基本的には、彼らが言っていることは複雑ですが、実際にはそうではなく、何層にもわたっています。

私にとっては、これらの情報をすべて脳にダウンロードして、他の人に理解できるように説明するのは難しいことです。

でも基本的には、地球は掌握されました。

アメリカは掌握されました。

ただ、今落ち目になっている他の国を見なければなりません。

つまり、アメリカはすでに掌握されているのです。

誰もがそれに気づいています。

誰もが、ディープステートも、主流メディアを見ている人以外はそれに気づいています。

なぜ、偽のジョー・バイデンと偽のカマラがそこにいるのですか?

すべては普遍的な法則に沿って行われなければならないからです。

いわば、まだインチキ(BS)を購読している多くの人類がいるからです。

光側は彼らを脱洗脳するためにそのシステムを使っています。

カバールの武器であるMK-ULTRAマインドコントロールプログラミングを使って、実際にこれらの出来事で彼らをプログラム解除しているのです。

人々が望まないものを見せて、望むものを選択できるようにするためです。


だから、非常に重要なのは、脱洗脳されている私たちは、それを見ないことです。

混乱させるだけだからです。

それは必ずしも真実ではありません。

一般の人たちが望んでいるエネルギーとは正反対のものだと、彼らは私に説明しています。

彼らは常に普遍的な法則に従います。

それは私たちが学び、よく調べなければならないことです。

なぜなら、それが光側の働き方だからです。

他に何かあるかどうか聞いてみましょう。

ジョー・バイデンの場合、私が得た彼に関する情報は、彼が大統領選に出馬する前から、逮捕されて連れ去られたようです。

そう言われています。

カマラ…..ジョー・バイデンと一緒に撮ったカマラ・ハリスのビデオを見たかどうかは分かりませんが、

基本的に彼女をある種のクローンかサイボーグであるかのように見せられました。

頭の中にワイヤーが入っていて、光側で再プログラムされていると話していました。

覚えておいてほしいのは、光側がこの作戦全体をコントロールしているということです。

*ズボン逆さまが掌握のサイン?

この惑星全体を掌握しているのです。

政府システムに関しては、特定の政府が担当しているとは思えません。

私たちを代表するために選ばれた評議会のようなものが見えています。

このビデオはここまでにしましょう。

もし気に入ってくれたら、私のチャンネルを購読してください。また新しいビデオをお届けします。

タイトルとURLをコピーしました