光の銀河連合からのアップデート② 偽情報に騙されないように、思考を観察してください:エルドラ&シマン

おすすめの記事

光の銀河連合からのアップデート②

GFL Ascension Status Update

全部で1時間20分ある内の、20分から45分までの内容です。①から順にお読みください。

ここでもたくさんの事が述べられていますが、一つ意見を述べたいと思います。

誰の意見も、絶対的なものとして受け入れず、「誰々は〇〇と言っている」と受け止めるのがよいと思います。

その意見と自分を同化させないことです。

Aさんはこう言っている、Bさんはこう言っている、共通するのはこの部分、この部分は意見が異なる、という感じで、おおまかに全体を掴んでいくのが良いと思います。

光の銀河連合のコンタクト

シマン:メインストリームのアーティストたちが立ち上がっています。

これはストーリーが展開していく一部なのです。

私たちは銀河のガイドによってそう示されています。

まず第一に、光の銀河連合のコンタクトの方法ですが、

はっきりと呼べるような具体的なコンタクトがあるわけではありません。

集合的なエネルギーが私たちの間を通り抜けて、チャンネルしていくのです。

エルドラ:非常に高い周波数のエネルギーです。

シマン:そうやって私たちと(情報を)共有しているのです。

それはとても具体的な情報です。チャンネルガイダンスのようなものです。

エルドラは現在、太陽系の外の銀河系ソースと交信するために必要なアップグレードやインプラントを受けていることも示されました。

高次のビームとテレパシーでコンタクトする場合は、地球の範囲内である必要があるのです。

地球から非常に離れた種族と直接コンタクトを取る必要がある場合は、

ある種のインプラントをあなたのフィールドに設置する必要があります。

エルドラ:インプラントの話をすると、多くの人が「えっ?インプラント?」と思うでしょう。

インプラントにはポジティブなものとネガティブなものがあります。

ネガティブなインプラントは、私たちのチャクラに置かれ、私たちをコントロールし、支配し、アセンションするのを妨げます。

しかし、今、私に起こっていることは、それがあるからこそ、私は自信を持って話すことができるのです。

多くの人がこれ(インプラント)を受け取っています。

私たちの銀河系から非常に遠く離れた先進的な存在と、非常に高いレベルでテレパシー通信を行うことができるのです。

シマン:その通り。通常のテレパシーコミュニケーションは、ハイヤーセルフと天使やガイドを通して行われます。

そのための特別な装置は必要ありません。

しかし、文字通り詳細を受け取っているような感じの、その詳細を書き留めることができるような非常に特殊な会話の場合、このインプラントを使うと、より良く、より明確になります。

私も同じようなインプラントを持っていますが、これは2017年にウォークインが起こったときに設置されました。

ある日、私がシャーマンとしてメディスンセレモニーを行っていた時のことです。

私は初めて光の銀河連合からコンタクトを受けました。

最初に送られてきたメッセージは、

「アンドロメダの基地からあなたに連絡しています。あなたは非常に注意深くモニターされています。あなたは安全です。私たちは光の者です。私たちはあなたと一緒に人類にメッセージを発信します。私達はあなたがライトボディのアップグレードを受け取るために協力しています」。

私は、「なんだって、やったぜ」、と思いました。

エルドラ:彼らはあなたにトーンを与えたことを覚えていますか?

シマン:はい。

エルドラ:あなたと私とローレンだったと思うけどもう一人女の子がいて、他のみんなは中にいました。

何人か、3人いました。ジャナだったと思います。

私たち3人はデッキの星空の下で寝ていて、残りの8人か9人は下で旅を続けていました。

そして、私たちはその人たちからコンタクトを受け、彼らは私たちすべてにメッセージしてきました。

シマン:デッキに寝そべっていると、お互いの目の前に3つの星が見えました。

その星が点滅し始めたのです。

エルドラ:何か私たちにビームを送ってきました。

シマン: みんな第三の目を開いて、マカバを作ったら、マカバが狂ったように回転し始めたんです。

光の銀河連合がコンタクトしてきた最初の日に、私たちにとてもパワフルなアップグレードをしてくれました。

自分の思考を観察してください

エルドラ: シマンが言ったことについて少しお話したいと思います。

先に進む前にいくつかのことがありますが、前に戻る必要があります。

人々を操っていたテクノロジーが解体されたので、

今、自分の思考に気を配ることはとても重要です。

というのも、皆さんの多くが人生の中で実際に観察したり気づいたりしていることは、このネガティブなエネルギーの塊から抜け出すことができていないということだからです。

私も数年前、いや5年前にはそうでした。

私の人生は、楽というよりもストレスが多いと感じていました。

目覚めた後の私の人生が、です。

目覚める前はすべてが簡単でした。

目覚めた後は全てが変わりました。

一度目覚めると、自分にとって最高の利益にならないものの、すべてのクリーニングが始まります。

人間関係、仕事、依存症、体重過多、トラウマ、感情的な荷物など、

人にどのように言われるかをあなたが許しているか、

境界線をいくつ持っているか、

自己価値観とは、

これらのどれかが(本来の自分と)一致していない場合、目覚めた直後に、これらすべてが現れて、あなたはふるいにかけられ、選別される、非常に激しい時期を経験します。

私たちが気づいたのは、旅を続けていくうちに、よりアセンドした状態の存在になっているということです。

今の私たちは、ポジティブな周波数をネガティブな周波数よりもずっと長く保持する能力があります。

シマン:人生にネガティブな要素はほとんどありません。なぜなら、私たちはエゴのレッスンをほとんどマスターしているからです。

エルドラ: その通り。人類はそこに向かっているのです。

私がこのメッセージを受け取ったのは、特に今回のような場合、

だからこそ書き留めたのですが、一番のポイントは、

「心の中で考えている思考をクリスタルのように明確にする必要がある」

ということです。

こう考えてみましょう。

いつでもスキがあれば、あなたのエゴは、「チップスを食べに行こう」とか言ってきます。

実際に、これは昨日、いいえ、今朝起こったことですが、

シマンが外に出て、何かを取りに行って、30分くらい外にいましたが、私は横になって、ただ自分に愛を与えていました。

私は床に寝転んでいました。私は床に寝転ぶのが好きです。なぜなら地球とつながっていると感じるからです。

そうしていると、私のエゴが、「ねえ、テレグラムに投稿しよう」と言っているように聞こえてきました。

今私がしていることは、自分のエゴを観察して、ノーと言うことです。

その声を観察するように、遠くから自分のエゴを観て、ノーと言うのです。

私はその声にただ従うつもりはありません。

シマン:観察者のように。

エルドラ:観察者になるのです。私は自分で自分に愛を与えます。

そうしたら別の声が聞こえてきて、「これを注文しようとしていたのを覚えている?」

他にも、ストレスに関連したものであれば、「あの時のストレスを覚えている?」

そうすると、あなたはその声に執着して、ウサギの穴に入っていって、

「ああ、私はとてもストレスが溜まっていたんだ、私にこんなことを言ったあのクソッタレめ」ということになります。

そうすれば、文字通りウサギの穴に入り込んでしまいます。

私が受け取ったメッセージの中には、

「自分の思考を観察することが非常に重要である」

というものがありました。

自分の古いパターンを観察して自由になる選択をしてください

マインドコントロールが無効になっているので、ここにいくつかのメッセージがあります。

「マインドコントロールは無効化されたが、人類の集合意識はまだ沢山のものを抱えています。私たちはまだ以前のパーソナリティの特性、以前の選択に従って生きています」

シマン:私たちは古い車輪を回し続けています。

エルドラ:私たちはまだ自分の心の支配者、マスターにはなれていません。

だからこそ、まだ始めていませんが、私たちのミステリースクールでは、心を落ち着かせることなどについて、より深く掘り下げていくためのガイダンスを受け取っています。

高次のガイダンスへのチャネリング、豊かさ、全身のシステムのマスターなどなど。

たくさんのテーマがありますが、すべてはこれからです。

しかし、あなたがメンタルボディのマスターになることはとても重要です。

そのためには、「一歩下がって自分の思考を観察すること」です。

思考が浮かんだら、

「ノー、私はただここに座って自分に愛を与えるだけです。それが私の最高のタイムラインだから」

これが私が皆さんと共有したかったことです。

私は今、これから話すことを皆さんにシェアするように促されています。

私たち人間は自分の平和を見つけるために多くが必要だと思い込んでいます。

あなたはいつも、幸せを見つけるために休暇を取ろうとしたり、自分のことを良く思うために何かをしようとしたりしています。

気分を良くするためにソーシャルメディアを利用したり、気分を良くするためにアマゾンで何かを購入したりします。

そして、私にとってのアハ!体験は、「今、この瞬間がとても平和だ」ということに気付いた時です。

何もせずに、ただ自分の心とつながれば、それはとても平和なので、色んなことをして走り回る必要はありません。

私はただ、自分のニュートラル・ポイントに立ち返るだけでいいのです。

一日の大半の時間そこにいれば、それがあなたの支配的な現実となるのです。

光の銀河連合は、エゴのネガティブな思考パターンに捕らわれないように、みんなに注意を促しているのです。

銀河連合やアセンデッドマスターの偽情報

昨日も、この件について、私たち二人に同時にチャネリングをしていました。

そのことについて話しますか?

ライトワーカーに誤った情報が広まっていることについて。

シマン:もちろん。本当にその通り。

エルドラ:それが、(皆がチャネリング)できない理由だと思います。

それが私たちに放送するよう依頼された理由の一つだと思います。

なぜならば、今、多くの人が光の銀河連合をチャネリングしているからです。

有名になるために宇宙船に乗る人がたくさんいます。

有名になったことで、人々はなぜこのようなメッセージを発するのかを忘れてしまいます。

それは非常に高いソースからでなければなりません。

非常に高い周波数である必要があります。

多くの人々は、銀河連合の最も高次の光をチャネリングするための拡大した意識を持っていないことに気をとめてください。

誤った情報がどのように広められているのかについて話したいと思います。それは闇の勢力がマインドコントロールしている方法の一部でもあるからです。

シマン:その通り。

光の銀河連合のビデオを作るたびに、「光の銀河連合は悪だからコンタクトを取るな」という低い波動のコメントを1つか2つ受けます。

でも何が起こっているかというと、多くのチャネリングをする人たちは、善意でチャネリングを始めても、充分に周波数を高めていないのです。

それでは、5次元には到達できないのです。

彼らは4次元のアストラル次元にしか到達できません。

このアストラル次元は、地球のようにポジティブな存在とネガティブな存在の両方に占められています。

ネガティブな存在は愛の振動に耐えられないので、5次元以降はすべてポジティブです。

5次元はすべて愛で、それ以降の次元も同様です。

高次元の情報かどうかを見分ける方法

それで何が起こるかというと、これらのネガティブな存在が、例えば、セント・ジャーメイン、アシュター・シャロン、アーキエンジェル・マイケルのような存在になりすましているのです。

彼らはまず、良い情報を与えてあなたを騙し、アセンデッド・ビーイングとして登場します。

彼らは見た目を変えることが出来ますから何にでもなって現れます。結局はすべて幻想ですからね。

しばらくしてあなたの信頼を得ると、あなたの神経系に深く入り込みます。

そこから、コミュニティを作り、人々があなたに同調し始めるかもしれません。

これらのネガティブな存在は、通常、エゴに傾く可能性のあるライトワーカーをターゲットにします。

彼らは、密かに自分を充分に愛していないので空虚感を満たすことを求めていて、ソーシャルメディアから評価や愛を得ることでその空虚感を満たしたいと思っています。

エルドラ:有名になったり。

シマン:有名になるために、時にはチャネリングされてもいない情報をでっち上げることもあります。

アーキエンジェル・マイケルから聞いたと言ったりします。

しかし、それではアーキエンジェル・マイケルの名を汚してしまいます。

時々、人々はアシュター・シャロンのように見える存在に襲われることがありますが、それは彼らの悪いバージョンです。

アストラル次元にポジティブな存在がいるときは、同じ存在のネガティブなバージョンも存在する可能性があることを知っておいてください。

だから、このような心の幻想に基づいて進まないでください。

私たちは皆、存在が私たちに接触したときのフィーリングやバイブレーションによって自分自身の中でわかります。

高揚感や開放感を感じるのか、それとも萎縮してコントロールされているように感じるのか。

チャネリングで気をつけなければならないのは、ネガティブな存在は常に情報を与えようとしますが、その中に、あなたを恐怖に陥れたり、パニックにさせたり、自分が安全かどうかを疑わせるような内容を忍び込ませてくるということです。

例えば、私たちはアセンションに乗っているが、カバールが私たちに反撃して、アセンションがあと20年ほど遅れて、戦争が起こるかもしれないとか、そういった嘘を忍び込ませます。

彼らはこれらのことを受動的に入れ込みます。

エルドラ:これは非常に、周波数についての話です。周波数の違いについてです。

シマン:基本的に、もしあなたが高揚感と希望に満ちたメッセージを受け取っていないなら、疑問です。

それが天使やアセンデッドマスターがこれまでに発信してきたすべてです。

もしあなたが萎縮して恐怖を感じているなら、あなたは正しい存在とチャネリングしていません。

光の銀河連合が悪いとか、このアセンデッドマスターが悪いとか、あれは悪だとか、そういう絶対的な基準にとらわれないでください。

もしあなたが高い周波数に同調しているのであれば、悪は高次の領域に存在さえしません。

それはあなたが5次元のポジティブな周波数にさえいないということです。

自分を浄化してください

つまり、あなたが本当にしなければならないことは、あなたのバイブレーションを上げることです。

方法はたくさんありますが、自分にとって良い選択や習慣をすることで、自分のバイブレーションを上げる必要があります。

体の浄化をする必要があります。

澄んだ水を飲む。

ポジティブな考えを持つ。

人生を浄化する必要があります。

身の回りの環境を整える 。

友人関係をきれいにする必要があります。

時間の大半を誰と過ごしているのか?

エルドラ:できるだけハイヤーセルフのように行動し、甘やかされた人間の自分の行動を減らしていきましょう。

たった今、あなたが求められていることは、自分のプログラミングを変えることです。

それができるのはあなただけです。

自分の選択を変えてください。人間であるセルフよりもハイヤーセルフにより多く共鳴し、より多くそれを放射してください。

誤った情報の話に戻りますが、起こっているのは、これらの多くの情報、銀河連合のチャネリングをしている人がたくさんいるのはそのためです。

例えば、誰かが銀河連合のチャネリングをしていて、突然オンラインで、「ワクチンを打つのは全然構わないよ」と言ったとしましょう。

彼らはその一つを忍び込ませただけです。

彼らが悪人という意味ではありません。彼らが悪人という意味にもなり得ますが、私たちが感じているのは、彼らの意識が銀河連合のメッセージを受け取るほど大きくないということです。

誰かが間違った情報を与えられて、「あなたはサイキックアタックを受けている」と言っても、彼らはそれを信じてしまいます。

彼らの意識がそれに気づいていないからです。

また、なぜ彼らは、このエネルギーが彼らの中に入り込むことができるのでしょうか?

それは、名声を求めているからです。

金儲けのためです。

シマン:スピリチュアルなエゴも入り込んできます。

エルドラ:それは巨大です。

とにかく、この話をまとめると、誰の話を聞くかには十分注意してください。

銀河連合やチャネリングされた情報に耳を傾けるときは、本当に本当に注意してください。

あなた、です。責任は常にあなたにあるのです。

この人から無条件の愛を感じるかどうかを見極める感覚を持つ必要があるのです。

無条件の愛を偽ることはできないので、それを見分けるのはとても簡単なことです。

無条件の愛は、ハートから発信されるものです。

シマン:この地球上では非常にまれなことなのです。

エルドラ:それは超レアです。

超レアなので、それを感じないときは、「よし、気をつけよう」、と思ってください。

無条件の愛を持つ人はいます。とてもはっきりとそういう人はいます。

でも、それはとてもまれなことなのです。

ですから、今、誰かに会ったとき、あなたは本当に見極めることを求められているのです。

なぜそれが重要なのか、今からお話しします。

見極めができていないと、間違ったウサギの穴に入ってしまう可能性があります。

完全にパニックに陥ってしまいます。

20ものチャンネルを追いかけて、「どうしよう、私は何をしたらいいんだろう」と思うかもしれません。

真実に共鳴するためには、自分の中のごちゃごちゃしたものを本当にきれいにしなければなりません。

この話はここまでにしましょう。

シマン: 聞く前よりも混乱した気分になるような情報源は取り除く(フィルターする)必要があります。

もしそれが助けにならないのであれば、自分でフィルターしてください。

ポジティブETとネガティブETの人類との関わり

光の銀河連合は惑星地球にとって新しいものではありません。

また、1950年代から政府と接触しているという事実にも触れたいと思います。

ネガティブなETとポジティブなETの両方が、50年代半ば、アイゼンハワーの時代に政府と接触しました。

当時、ヴァリアント・ソーという名の男性が金星から来ていました。

このことは50年代に出版された「ペンタゴンの中の見知らぬ人(A Stranger in the Pentagon)」という本に記録されています。

それは写真付きでよく記録されています。

ヴァリアント・ソーの写真もあります。

彼は完全に銀色の宇宙服を着ていたとされています。

後にNASAがその宇宙服を調べたところ、この素材は特定できない合金でできていることがわかりました。

地球上には存在しないもので、今まで見たこともない素材でした。

撃ってもへこみもできないほどの破壊不可能な素材でした。

この宇宙服には生来の技術というか生来のシステムがあって、あなたの意識と連動してポータルを開き、宇宙のある地点から別の地点へと瞬時に移動することができます。

つまり、非常にハイエンドな技術なのです。

ヴァリアント・ソーがアメリカ政府に連絡を取ったとき、ネガティブなETも接触してくると警告したのです

ネガティブなETは世界中の権力者を買収し、高度な技術と引き換えに、便宜を図ってもらい、政府から人類に対してネガティブな実験を行う許可を与えてもらうのだと。

それが実際に起こったことです。

ヴァリアント・ソーは2年間ホワイトハウスにいました。

本の中では、彼がジェダイのようなことをしてセキュリティを通過した 、セキュリティ担当者が彼を銃で打とうとしたところ手を振って合法的な役員のようにセキュリティを通過した、ようなことが記録されています。

いろいろと面白いことがありました。

大体何が起こったかというと、政府はポジティブなETを完全に無視したんです。

彼らはポジティブなETを完全に無視しました。

私たちの政府はカバールによって運営されているので、どうなると思いますか?

国民は完全に馬鹿にされ、何も知らされませんでした。

そこで、彼らはネガティブなETと契約を結びました。

よく知られているように、ゼータ・レクチルとグレイ、彼らのネガティブのバージョンは、非常に高度な文明を持った社会です。

銀河間の技術を持っていますが、それほど進化していません。

彼らはまだ非常にネガティブな種族です。

グレイは具体的には、DNAに手を加えて感情を感じなくなってしまったために絶滅の危機に瀕していました。

そして、鈍く冷たい論理的な社会になってしまったために、

将来の世代が繁栄するためには、人間のDNAを自分たちの種族に戻す必要がありました。

このような遺伝子操作は、残念ながら何十年も前から地球上で行われていました。

ハイブリッドとウォークイン

その結果、レインボー・ゼータと呼ばれる新種族がつくられたのです。

レインボー・ゼータは人間とゼータ・レクチルのハイブリッドで、このレインボー・ゼータ・ハイブリッドの子供たちは、実際に地球に戻される予定です。

現在、これらのハイブリッドの子供たちの多くは、地球や火星の地下にある基地やその他の場所で発見されています。

月にも多くの基地がありますが、私たちの情報によると使用目的が異なっています。

これらの子供たちの多くは、まず、すべてのトラウマを癒すプロセスを経なければなりませんが、彼らは非常に高度な存在です。

もう一つの出来事は、私のようなハイブリッドです。私はウォークイン、私はハイブリッドです。

そのような人たちが沢山います。驚くようなことはありません。あなたが驚くようなことは他に沢山あります。

地球上にはあなたが想像する以上のものがあり、それが増えています。

ウォークインが増えています。

ウォークインとは何かご存知でない方は、私のウォークイン体験のビデオをチャンネルで見てください。

基本的には、あなたの魂が、あなたの魂の高い側面と融合することです。あなたの魂の銀河の側面があなたの人間の体に入ってきて、あなたのバイブレーションをはるかに高い周波数に上げ、テレパシーやヒーリングなど、さまざまな能力がオンラインになるのです。

多くのインプラントがオンラインになります。

多くの新しい光のテクノロジーがあなたのライトボディにインストールされます。

今、地球上にいるウォークインの多くは、人類の周波数を上げて、レインボー・ゼータたちと出会い、交わることができるように人類を準備しているのです。

ハイブリッドとしてやってくるレインボー・チルドレンたちはとても高い周波数を持っていて、

彼らは純粋な愛であり、純粋な源の周波数なのです。

もし彼らに会ったら、あなたの中の悪いものが露わになるでしょう。

ほとんどの人は子供のように自分が出てきて、何が起こっているのかもわからず、ただ混乱してしまうでしょう。

自分のコップが爆発するかのようにね。

基本的に、私たちはゆっくりと、銀河の存在たちに会うための準備をしています。

とても楽しみな時期です。

そして、このような実験は行われています。

アースアライアンスの起源と光の銀河連合の介入

ネガティブなETの話はちょっと脇道にそれましたが、

しかし、何が起こったかというと、光の銀河連合は手を引かなかったのです。

彼らは、人類に本当に届くためには、地球上のすべての善良な人々とアライアンスを組む必要があることに気づいたからです。

アースアライアンスの起源は1950年代に始まりました。

すべての、軍隊や3文字の組織の善良な人々や影響力や権力を持つ人々が、何が起きているのか、大量虐殺が行われ、政府が人間の魂をネガティブETに売り渡しているのをあぜんとした目で見ている人たちです。

彼らはこの悪と戦うために団結する必要があることに気づきました。

地球に平和をもたらすために光の銀河連合と協力し、地球に転生した人々のネットワークである、アースアライアンスを結成しました。

アースアライアンスの活動と同時に、闇の者たちはこの惑星を破壊しようとする試みを強めました。

闇の者たちは、自分たちがに手に入らないのであれば、お前にはやらない、という考えでした。

すべてを破壊してやる、戦争と混乱を起こして、自分たちは宇宙船で別の惑星に行くからお前たちには何もできない。

彼らは80億人の魂を人質にしていたのです。

しかし、何が起こったかというと、エルドラが言っていたように、光の銀河連合はネガティブな社会が普遍的な法則を破り、ポジティブな社会、ニュートラルな社会、発展途上の社会の自由意志を侵害すると、光の銀河連合に介入する許可を与えてることになります。

なぜなら、彼らは銀河警察だからです。

光の銀河連合の任務の一つは、前ワープや発展途上の文明を保護することです。

通常、文明がどのようにして光の銀河連合と接触するかというと、ある意識レベルに到達したときに「ああ、自分たちはひとりじゃないんだ」と気づくのです。

人類はその意識レベルに達しています。

しかし、政府が抑制しているため、他の人種と交流することはまだ許されていません。

通常は銀河系の人々が代表者を送ってきて、交流が行われますが、彼らは私たちの社会には直接干渉しません。

彼らはゆっくりと私たちの手を握り、銀河系社会として完全に統合されるために必要な情報を与えてくれます。

しかし、それが実現しなかったので、ネガティブなETは、実験を許可する代わりに多くの技術を政府に提供しました。

しかし、このネガティブETが提供した技術は一般市民には共有されませんでした。

今では、1パーセントのカバールが持っているフリーエネルギー装置や、メドベッド、10分以内に銀河の中心まで移動できる都市の大きさの宇宙船などがあります。

エルドラ:ネガティブな人たちは、これらすべてにアクセスできます。

シマン:はい。有名な宇宙ステーションがユタ州のシャスタ山の山中に隠されています。

地下にはたくさんの宇宙ステーションがあり、頻繁に宇宙船が惑星の軌道を出入りしています。

私たちはいつもそれを見ていますが、私たちは自分の生活に戻り続け、気にもとめません。

今起こっていることは、人類から隠されていたこのネガティブETのテクノロジーが、すでに社会に導入されてしまっているので、銀河の仲間たちがが私たちを早送りしても何の問題もない、ポジティブなものについては。

なぜなら、闇の勢力が打倒され、我々の現実から徐々に排除されていく中で、 これらの技術はすべて人類と共有されることになります。

なぜなら、それらはすでに私たちの文化の一部だからです。

私たちの文化の一部ではないが、技術的には私たちの現実に注入されています。

私たちの目に触れないように隠されてきただけなのです。

通常、私たちがこれらの技術を自力で作り出せるようになるまでには、何百年もかかると言われています。

光の銀河連合が核戦争を止めた

また、あることが起こりました。

闇の者たちによって世界規模での戦争の脅威にさらされたとき、光の銀河連合はそれを許さなかったのです。

それは自由意志の法則の侵害だったからです。

人類が戦争を選択すれば、そうなるでしょう。

しかし、それは我々に強制されたものであるため、 外部からの手段で止めることができました。

光の銀河連合は、実際に着陸、いいえ、着陸したのではなく、多くの宇宙船を秘密軍事施設の核基地の上に持ってきて、これを解体し、遠隔操作で多くの核兵器を武装解除しました。

これもよく記録されています。

実際に調べてみると、このような情報がたくさんあり、私はチャネリングの半分でさえ伝えていません。

本やインタビューで語られているように、知られています。

軍関係者の間など、至る所で語られています。

これらは既に一般的な知識です。

~45分まで。

エルドラ&シマンのその他の記事

エルドラ&シマンの以前の銀河連合からのアップデートはマータさんのブログにあります。

エルドラ&シマンの他の記事です。

エレナダナーン、ミーガンローズの他の記事です。共通していることが多く、とても参考になります。

タイトルとURLをコピーしました