火星、金星と水星 惑星と意識の進化:ジジ・ヤング

おすすめの記事

火星に移住というストーリー

イーロンマスクの火星についてのツイートに、他の方々が反応していました。

マイケル・サラ博士がイーロンのツイートを引用して、

それに反応してジジ・ヤングさんが火星について、
興味深い話を沢山してくださっていますのでまとめます。

火星は失敗したタイムライン

↑惑星の「体」が抜けていました。

火星、水星、金星の謎

ある時点で、地球人類の起源は火星であると主張する人が出てくるでしょう。そう聞くと、私たちの頭の中には、ぼやけた火星のピラミッドの写真や、地表に顔を出して私たちを見つめているかのような「シドニアンの顔」が浮かんできて、忘れ去られた、見捨てられた世界のことを思い出すかもしれません。

火星のピラミッド

Pyramid Found On Mars?

シドニアンの顔(火星の人面岩)

1976年7月25日、NASAのバイキング1号が撮影した火星表面の写真の中に奇妙なものが発見された。それは、火星のサイドニア(シドニア)地域を撮影したものの中に長さ3km、幅1.5kmに及ぶ巨大な人の顔のような岩が写っているというものだった。

火星の人面岩

*デイビッド・ウィルコックが以前、
「火星の顔の写真がNASAから発表されるずっと前に(1958年)、本のカバーになっている、
”彼ら”(カバール)は以前から私たちが知らない何かを知っている」、と言っていました。

The Face Of Mars In 1958 Comic Book!

忘れられた自分自身。私たちの心は、地球を犠牲にしてでも火星を植民地化したいというイーロン・マスクの強い願望がある現在の状況に移るかもしれません。

「マーズ・ディスクロージャー」で私たちが目にしているものは、そのように提示されるものの、究極の真実ではありません。私たちが知っているすべての人類は火星から来たわけではないし、火星はエデンの園でもない。火星は失敗した文明であり、失敗した惑星であったのです。

地球には失敗した火星文明だけが住んでいるわけではないし、火星人は人類の祖先ではありません。火星が「終末の時」を迎えた時、失敗した火星文明の一部が地球に移住してきました。その時、地球にはすでに人が住んでおり、地球にはすでに進行中のストーリーがありました。また、火星移住に関連するものは、ネフィリムや神々ではないことにも注意が必要です。失敗した火星の民は、技術的には進んでいたが、精神や心を失った難民でした。

失敗しなかった火星の他の部分は、アセンションしたり、イニシエーションに合格したりして、完全に別の球体に入っていきました。火星で起きたイニシエーションに合格した人たちは、ここ地球にもいます。イニシエーションに合格した彼らは「火星人」とは呼ばれず、過去に火星で生活していたとしても、元火星人と認識していません。彼らは他の球体を認識しています。

火星のイニシエーションに失敗した人たちは、火星での生活で犯した失敗や間違いを克服する機会を求めてここにいます。これには、宇宙、自分の惑星、他の人間と調和し、共生することを学ぶことが含まれます。神を演じたり、他人を支配したりしないために。これからの数年間は、火星から来た人たちにとって、過去に失敗したのとまったく同じ課題に直面する大きなイニシエーションとなります。

私たちはエコー(反響)の中にいるので、今後数年から数ヶ月の間に、人類の起源についてのある考えを紹介されるでしょう。人類は単一の系譜を持つモノリス(一枚岩)であると。何を信じ、何に信頼を投じるかは、自分で選択できることを知っておくことが重要です。そして、その選択が、これからのあなたを決める意識の流れにつながるのです。あなたの信念を通して、あなたの魂は特定の流れに同調します。

多くの人は、自分の意識や身体がどこから転生してきたかに、すでに強い共鳴を持っています。しかし、ある人には明白で、他の人には明白ではないのが、人間の多次元性(multi-dimensionality)の真実です。私が言いたいのは、火星は地球と同じ密度ではなく、惑星は時間の経過とともに密度が上昇、下降し、時には重なることもあるということです。このような重なりの時期には、肉体的な移動と同時に、魂の移動、つまり転生が行われます。金星と水星も、過去に密度を変えて地球と重なり、現在の地球の構成に貢献しています。DNAを目覚めさせ、人の起源を決定するのは、肉体ではなく、魂です。多くの「ディスクロージャー」のナラティブは物質主義的で、肉体にのみ焦点を当てているので、このことを理解することは非常に重要です。

地球は、未完成のカルマや失敗した文明を太陽系内に統合する、非常に低い密度の統合惑星です。これは、惑星のイニシエーションに合格した高位のイニシエーターが、より高い球体から転生して支援することで可能になります。

FBIが驚愕の機密を公開:天才発明家テスラは「金星人」

このように、地球はまさにミックスであり、多くの人々が異なる宇宙の注目すべき出来事や段階を認識しています。

火星がエデンの園、あるいは人類の原初の惑星だと主張されるようになると、おそらく火星の植民地化が発掘になり、一部の人類が火星から来たから、すべての人類が火星から来たという証拠を聞くことになるでしょう。これは必ずしも悪意があるわけではありません。これらのグループは、自分たちが言っていることを信じています。それは”彼らの”*真実であり、彼らの直線的な記憶からはそれが現実なのです。彼らは他の起源のストーリーやイニシエーションにアクセスすることができません。

私たちがより宇宙的になり、ディスクロージャーのナラティブが熱を帯びてきたら、この地球は単純な構造ではなく、私たち個人の構成も単純ではないことを心に留めておいてください。私たちは全て同じ起源を持っているわけではありません。自分が何者なのか、自分の魂と体がどこから来たのかを知ることは、現在のイニシエーションの一部です。宇宙を自分自身に開示できるのは自分だけです。他のものはすべて雑音にすぎません。火星、金星、水星のミステリーを発見することで、人類への、そして現代の地球への鍵が開かれるのです。

ルドルフ・シュタイナーが描いた、アトランティス時代の火星と水星の影響の図。

補足ツイート

真実を識別して意識の進化を選択しましょう

We are seeing the controlled demolition of society through division & medical tyranny. Once society has been…

Gigi Youngさんの投稿 2021年4月28日水曜日

私たちは、分断と医学の独裁による社会の制御解体を見ています。社会が十分に解体されると、ディスクロージャー(情報公開)が始まります。それには、火星が私たちの祖先の故郷であり、私たちが遺伝子組み換えによって作られたことを人類に伝えることが含まれます。

このアイデアは、最初は多くのUFO研究者やニューエイジャーを満足させますが、心理的には人類を特定のグループの下に置き、人類は純粋な奴隷民族であることを示唆します。そして、人類に自分が奴隷であると思わせることが、ここでの鍵です…。

人類がより高い起源や自然の発展過程を持たない奴隷民族であることを紹介することは、人類に自分たちは神聖さでより劣り、最終的には明らかにETの創造主に従属していると思わせるため、「ディスクロージャー(情報公開)」の必須の部分です。

もちろん、火星への移住は、地球人類が経験した移住のひとつにすぎません。人類は火星人がやってくる前から地球に存在していました。実際、火星への移住は、人類があまりにも多くのテクノロジーを持ちすぎたために自分たちの惑星を破壊し、そのバランスをとるための精神性や感情的な知性を持たなかったために、ここに来たということです。

人類は今、火星人が経験したようなイニシエーションを目の当たりにする段階にあり、本質的な進化を選ぶか、人工的な進化(トランスヒューマニズム)を選ぶかの選択を迫られています。つまり、私たちは実際に、これらの「祖先火星人」の個体を上回る発展を遂げているのです。そしてもちろん、本当は私たちは奴隷民族以外の何者でもないのです。

私たちは、この偽りの、操作されたディスクロージャー(情報公開)の波を経験し、おそらく9月から秋ごろには勢いを増すでしょう。この火星のナラティブについてさりげなく言及することで、人々の反応を見てテストし、私たちの意識の中にその考えを植え付けることになるでしょう。

現在の世界の混乱は、私たちが知っているような社会を破壊するための精巧な計画です。私たちが壊れていく中で、特定のエリート集団は、私たちが奴隷であるという催眠的な起源のナラティブを導入することで権力を強化します。もちろん、これは精神的に人々を混乱させ、心理的に人間を服従させます。いったん精神と心が捕らえられれば、極めて高度なテクノロジーが我々の問題に対する答えとして紹介されます。もちろん、このような嘘や操作を受け入れるのは、自暴自棄になって壊れてしまった民衆だけですが…。これらは、火星ではなく、地球の、アトランティスの技術です。

最終的には、挑戦的ではありますが、人類の真の姿についての会話が始まり、また、惑星圏の役割や、私たちを支援する高次の存在の行列と、それらの支援の正確な方法についても話し合われることになるでしょう。スピリチュアル・サイエンスは、起こっていることを分析し理解するためのフレームワークと宇宙論を提供することで、定着していくでしょう。困難な時期ではありますが、私たちはすべての答えを内側に知っています。それは、私たちの宇宙意識に戻るためのイニシエーションとなるでしょう。偽りの情報を見分け、自分のスピリットとつながればつながるほど、私たちは進化し、思い出し、上昇していくのです。

高次のイニシエートは微細に援助しています

A good example of passive, soft disclosure to introduce the idea of humanity finding their human progenitors on mars….

Gigi Youngさんの投稿 2021年4月28日水曜日

人類が火星で人類の祖先を見つけたという考えを紹介するための、受動的でソフトな情報開示の良い例です(写真)。

時は2025年。人類初の宇宙飛行士が火星に着陸した。
彼らは人骨のある洞窟を発見する。そして、壁には4つの言葉が書かれていた。

その4つの言葉とは?

人類がアヌンナキの火星人によって奴隷種族として創られたと信じさせるための情報開示キャンペーンの一環です。このナラティブの一部は、昨年12月にイスラエルの大臣が発表した「銀河連合」によっても進められました。今後、数ヶ月から数年の間に、誰がこの話を取り上げ、広めていくのかが注目されます。

イスラエルの大臣の暴露についてコーリーグッドとマイケルサラ博士の対談

「トランプ大統領は(ETの存在)を明らかにしようとしていたが、銀河連邦のETは『待て、まず人々を落ち着かせよう』と言っています。」「彼らは大規模なヒステリーを起こしたくないのです。彼らはまず我々を正気にさせ、理解させたいのです。」と、1981年から2010年までイスラエルの宇宙安全保障計画を指揮したエシェド氏が語ったと報じられている。

12/30追記 年末対談コーリー・グッド&マイケル・サラ「イスラエル元宇宙局長の暴露を論じる」

実際には、人間は内部の錬金術(ヒーリング)によって自然な形で進化するように設計されています。ヒーリングによって内なる光が増し、DNAが活性化されるという変容のプロセスを経て。太陽もまた、私たちの変身を助けるように変化します。

どのような存在であっても、外部からDNAを改変する必要はありません。実際には、それはここにいる寄生生物のために、転生するための道が開かれたり、転生するための身体を与えたりするために結んでおくためです、もしDNAを介して自分たちをブレンドしなければ、彼らは絶滅してしまうでしょう。彼らの惑星(火星)は失敗し、彼らはその球体で生きる能力を失いました。彼らはイニシエーションに失敗したのです。彼らは子孫ではなく、寄生者なのです。種を改良したからといって、自分がその種を作った神になったわけではありません。私たちは、神に似せて作られた神聖な存在です。私たちには、自然な形でのスピリチュアルな進化の道があります。私たちの形はすでに完璧で、時間とともに密度が下がり、より強固になっているだけです。

私たちの祖先が私たちを奴隷として作ったと考えるのは、悪意のある反キリスト的なナラティブです。本物の高次元な存在、つまり高次な人間のイニシエートは、神のように現れるのではなく、むしろ人類が彼ら自身のユニークな創造的衝動によって進化することができるよう、微細に影響を与えるのです。これが真の高次元な存在にとって最大の喜びとなります。高位の人間、つまりハイ・イニシエートは、呪文を解いて自分を神のように見せることはありませんし、奴隷を作ることもありません。これは、人類と宇宙のイニシエーションの秩序に対する究極の裏切りです。この物語は、人類が生来のスピリチュアルな錬金術と本質的な進化の道を思い出すための試練なのです。

偽りの情報開示に気をつけてください

ジジ・ヤングさんの補足ツイート集です。

教=× 消し忘れです

生命エネルギーの収穫と開発

アーリア人(アヌンナキ)の起源は火星

イルミナティ内部告発者のアリゾナ・ワイルダーさんも、もともと火星から来たと教えられたと証言しています。

アリゾナ・ワイルダー

【デイビッド・アイク】イルミナティの環境で育ったあなたは、レプティリアンがどこから来たのかについて、何か聞かされたことはありますか?また、その歴史はどのようなものですか?

【アリゾナ・ワイルダー】組織のある側面である「マザー・オブ・ダークネス」を通じて、この惑星におけるイルミナティとは何だったのかという歴史を、私のトレーニングの初期に学ばされました。私が学んだのは、アーリア人はもともと火星から来たということでした。爬虫類人は別の場所からこの惑星にやってきて、支配するためにやってきたのです。彼らはその種族との混血を望んだのです。しかし、彼らは支配者となりました。そして、火星人、つまりアーリア人は、そこから逃げようとしていた。彼らは月に行きました。そして、そこで攻撃を受けた。そして地球に行き、約6,000年前にこの地球上に文化を築いたのです。その時点では、彼らはうまくいっていました。彼らは地球の原住民と混ざり合っていた。仲良くやっていました。そして、約4,000年前に爬虫類人がやってきて、再び支配を始めました。彼らは地球の地下の様々な場所に自分たちを設置しました。彼らの一部である支配者は、政治や宗教に関与し、その時点でこれらの手段による支配を始めました。地球上で信仰されている神々を利用して、そこに入り込み、神々になりました。そして、血の儀式が行われるようになりました。そして、その時から、そのようになったのです。

アヌンナキのナラティブを広めているゼカリア・シッチンは情報攪乱者

【デイビッド・アイク】ゼカリア・シッチンについて何か覚えていることはありますか?

【アリゾナ・ワイルダー】儀式に参加していたゼカリア・シッチンは、儀式としては主要な人物ではありませんでしたが、他の参加者が発言しないように、あるいは彼の周りで発言することに非常に注意を払っていた人物でした。そして、彼は人を始末することについて話していた。自分の邪魔をする人。あるいは、自分が出したくないと思っている情報を出している人。彼は非常に情報操作が得意な人物です。イルミナティやレプティリアンに何が起こっているのか、それを誤魔化すのが彼の仕事なのです。

【デイビッド・アイク】興味深いことに、彼は私にレプティリアンの調査をするなと警告してきました。

インタビュー全文はブログ記事をお読みください。

Great Awakening Map

Great Awakening Mapは以下からダウンロードできます。

The Great Awakening Map
The Great Awakening Map The Great Awakening Map is the supreme red-pill navigational chart for Escaping the Matrix and Returning to Source. Each day, maps conti...

Great Awakening Map 日本語版

歴史認識は重要

ディヴィッド・ウイルコック著
軍事宇宙プログラムの最高機密へ アセンションミステリー[下]より、

月について、そして人類がどういう状態に置かれているのかについて書かれているのが興味深かったのでシェアします。

2016年4月8日の、私との私的な会話の中で、トンプキンズは次のようなことを私に話してくれ、さらにこの本に内容を出してもいいと言ってくれました。

「月は、乗り物である。部屋や建物、エレベーターや管制室、動力系統、軍事設備、商業施設が立ち並んでいる。巨大な軍事基地のような、操作センターである。月について教えられたことはすべて間違っている。それは私たちだけのものではないし、特定の宇宙人グループに属しているものでもない。それを操作する、いくつかのグループが存在している。そこには軍事基地には通常存在しているものであれば何でも見つかるが、中には私たちが理解できないような先進的なものもある。それは途方もなく長い間に使われてきた施設だ。そして彼らは底から脱出して、他の誰かがそれを拾って、また荷物を詰めていったのだ。

月は新しいということはなく、ものすごく古いのだ。我々は月を単なる乗り物や惑星だと思っている。しかし本当は非常に重要なのだ。この地球よりも。なぜなら月は軍事管制センターだから。私たちが住んでいるこの地球も、その管制センターの管轄している実験室の一つに過ぎないのだ。異なる方法で俯瞰すると、何が周りに存在しているのか見るしかない。

なぜなら、知っていることすべては、嘘なのだから。まったくの、デタラメなんだ。我々を操って、誤った情報を与え、支配して監督しやすくするための。それが我々の歴史そのものだ。権力者たちは歴史を偽っているだけでなく、食料から数学まで、ありとあらゆることを偽っている。我々が口にしているものは、正しい食べ物ではない。それを知っていてやっているんだ!我々を銀河から脱出できるほど賢くならないように、全部仕組んでいるんだ」p327

「知っていることはすべては、嘘なのだから。まったくの、デタラメなんだ。」この一言につきますね。

UFOディスクロージャーが始まる

近くにUFOのレポートが公開される予定だそうです。

まとめ

私もこういったことを自分で理解しているわけではありませんが、

  • 私たちの意識はで惑星の運行に大きく影響を受けている。
  • 意識はエネルギーであり、(癒さない限り)パターンを繰り返す
  • 過去、未来といった時間は本質的には存在しない
  • 宇宙人は過去、未来の私たちでタイムラインを移動して干渉している
  • 現在の地球は過去のパターンを繰り返している(火星、アトランティス etc…)
  • ディスクロージャーはテクノロジーを見る方に偏っているため、
    スピリチュアル、自分の内的な成長に関する部分をもっと見る必要がある
  • 進化の二つの方向性:スピリチュアルな進化とテクノロジーの進化(トランスヒューマニズム)
  • どちらの意識の流れに同調するかは各人の選択にかかっている

が大事なことだと思います。

興味のある人が読んで何かを感じたり、自分で調べてみることのきっかけになればと思います。

ジジ・ヤングさんについての他の記事:

タイトルとURLをコピーしました