トラウマを解放して最高の未来を引き寄せる:トリガーとは何か、それを永遠に癒す4つのステップ!!:エルドラ&シマン

おすすめの記事
  1. エゴが読むのを拒否する、パワフルな内容です(笑)
  2. シャドーワーク:トリガーとは何か、それを永遠に癒す4つのステップ!!
    1. トリガーは私たちの中の時限爆弾のようなもの
    2. トリガーとは、感情的な傷に貼られるバンドエイド
    3. リトリートの女の子のトリガーの例
    4. あなたは今、傷を癒やし、トリガーを手放す準備が出来ています
    5. トリガーは、あなたの内にまだ癒やしが必要なものを思い出させるために存在します
    6. エゴが自分を完全に乗っ取ってしまう誕生日のトリガー
    7. 一度その傷を癒せば、トリガーは消える
    8. 傷はあなたの生命エネルギーを吸い上げている
    9. エゴは常にストーリーの中で幻想を生み出す
    10. トリガーを癒す方法
    11. ステップ1:自分にやさしく- 自己判断を捨てよう
    12. ステップ2:傷口から自分のエネルギーを取り戻す
    13. ステップ3:トリガーを乗り越えて、その背後にある傷を知る
    14. エルドラの妹のような親友のトリガーの例
    15. エゴは自分を良い人間だと思わせ、相手を悪いと思わせる
    16. トリガーは常に自分自身のことであり、相手のことではない
    17. ステップ4:傷を癒す
    18. 自分を愛すると、自分を愛してくれる人たちを引き寄せます
    19. 無条件の愛を体現する者は皆のエゴを映し出す鏡になります
    20. 傷を癒すまで、あなたは低次のタイムラインにいます
    21. 癒しは目的地ではありません、癒しは旅です
    22. 傷ついたインナーチャイルドを常に自分のオーラに留めておく
    23. 本当の仕事はここにあります
    24. 相手を尊重して愛を持って見守る
    25. おわりに
  3. 補足
  4. エルドラ&シマンの他の記事、動画

エゴが読むのを拒否する、パワフルな内容です(笑)

シャドーワーク:トリガーとは何か、それを永遠に癒す4つのステップ!!
Shadow Work: What are Triggers & 4 Steps to heal them FOREVER!!

2019年のコロナの前から、アセンションに向けて人類をガイドしなさい、とハイヤーセルフから言われて、ずっとYoutubeでビデオを配信し続けている、エルドラ&シマンさんの、インナーワークについての教科書的なビデオです。

この二人はかなりの猛者、勇者です。二人とも相当困難な家庭環境やパートナー、子供との軋轢を乗り越えて今に至っている二人です。私たちは何も特別じゃない、昔は Sex and the City(アメリカのTVドラマ)を見ていたからあなた達と何も変わらない、と言っていました。

私は精神病院に入ったり、自殺未遂、パートナーと死別など、そこまでヘビーな体験はしたことがありません。家庭環境があまり良くないとか、ちょっと学校の先生に後で職員室来なさい、と言われた程度です(笑)

ビデオを見ていれば分かりますが、本当に大変な環境を自分で乗り越えてきた人たちなので、内側から輝いていて、自然体で明るいです。言っていることに本当に説得力があります。何かを読んだぐらいではこんな話をするのは不可能です。内面から、体験からの知恵です。

私もインナーワークは10年近くやっていますが、ここまでの大変な内容ではありません。
反応したら自分を観る、を繰り返して、どんどんヴェールを剥がしてきたような感じです。

常に客観視をして、ここでいうトリガー、何か本当の自分でないところから起こった反応は、
なぜ起こるのかな、どこからそれは来るんだろう、と観ていって自分は解消してきました。

今振り返れば、自分は色々尖っていたな、と思いますが、
心の浄化をしていけば、何でもそれは本人の自由だし全然OKだよね、と腹が立たなくなります。

ですので、それに近いことを沢山やっては来ましたが、
私がここにある内容そのままを実践してきたわけではないことを最初におことわりしておきます。

でも、ここにある内容は凄くパワフルで効果のある方法だと確信します。

読むだけで、クタクタになること請け合いです。途中でエゴが読みたくなくて避けるでしょう(笑) それがこの内容の真実さを示しています。それほどにここに書かれている内容はパワフルで重要です。

エネルギーワークは、本当に実践すると、起き上がれない、動けなくなるぐらいパワフルなものです。安全な場所で自分に余裕がある時に行ってください。

シャドーワーク:トリガーとは何か、それを永遠に癒す4つのステップ!!

動画説明欄より:

このビデオは、トリガーを特定する方法、トリガーを引き起こす核となる傷を癒す方法、そしてそれに伴う癒しの結果として瞬時に高いタイムラインにアクセスする方法を包括的に説明することを目的としています。

このビデオでは、以下のことを深く掘り下げます。

  • トリガーとは何か?
  • トリガーの下にある心の傷を特定するには?
  • トリガーと心の傷を癒すための4ステップのテクニック

トリガーは、シャドーワークの中でも、スピリチュアルな進化の一環として人々が直面しなければならない最も困難な側面の一つです。トリガーとは、誰かや何かが、まだ対処していない私たちの深いコアの傷の1つに触れたときに、私たちが持つ極端な感情的反応です。私たちの傷やトリガーは、どこへ行くにもついて回るもので、ふとした瞬間に突然爆発する時限爆弾のようなものです。車の運転中に暴言を吐かれたり、誰かに無礼な言葉をかけられたり、はたまた失恋を思い出すような曲が流れてきて極度の悲しみに襲われたり……。

理由が何であれ、一度引き金を引いてしまうと、感情的なトラウマに完全に支配され、理性から切り離されてしまうため、自分が全く無力だと感じてしまいます。痛みや不快感を感じ、適切な対処法を知らないときには、これらの感情を克服するのはかなり困難なことです。

これは、私たちの精神的な進化の一部である最も重要な作業です。私たちは、心の傷を癒し、トリガーが私たちに課す一時的な狂気に振り回されなくなって初めて、神聖な主権者としての力を完全に発揮することができるのです。

愛を込めて。

エルドラとシマン

*** ニュースレターの購読はこちらから: www.eldoraandsiman.love
*** テレグラムに参加する: https://t.me/eldorasiman
*** Instagram @eldorarosedrops @simanraascension

トリガーは私たちの中の時限爆弾のようなもの

エルドラ:皆さん、こんにちは!

シマン:美しい皆さん、こんにちは。

エルドラ:私たちはチャイを飲みながら、とてもリラックスした一日を過ごしています。

私たちはとてもリラックスしていて、家の中はきれいです。

4時間も雨が降り続いていたので、とても落ち着いています。

そして、私たちは魂の家族(ソウルファミリー)とつながろうと言いました。

このビデオで、私たちのアセンションの旅にとって重要な、私のお気に入りのトピックであるだけでなくまた、個人的にも大好きなテーマをお伝えしたいと思います。

なぜなら、トリガーは私たちの中の時限爆弾のようなものだからです。

トリガーの正体を知り、そのメカニズムを理解し、トリガーを解除して人生を歩む方法を学ばない限り、私たちは本当にいつ爆発するかもしれない時限爆弾のようなものなのです。

トリガーのせいで、右からも左からも、そして中央からも、すべてのトリガーが現れて、人生に大荒れを引き起こしているのです。

このビデオで私たちはガイドからこう言われました。文字通り見せられました。

あなたのエゴは抵抗しようとするでしょう。抵抗して、ああ、これは重要ではない、私はこういうのは得意だから大丈夫、と言うでしょう。

私はこれが得意なんだ、大したことない、これは重要じゃない、私のスピリチュアリティにとって重要じゃない。。。

だから、自分のエゴに負けないで、自分のエゴに引っかからないで。

なぜあなたのエゴはこういう反応をするのでしょうか?

そのことについて少し話しましょう。

あなたのエゴは、あなたをパニック状態にして、あなたを神性から離して小さな状態にしておきたいのです

トリガーの解除がいかに重要かということです。

文字通り、トリガーを無効にして、トリガーを解除します。

このビデオにはたくさんのトリガーが出てきます。

これらをすべて行うことで、あなたは自分自身を永遠に解放することができます。

繰り返しになりますが、あなたは自分自身から解放されます。

このトリガーのメカニズムを理解するまでは、このトリガーを癒やすことはできません。

文字通り、理解できないのです。

その前に何か言いたいことはありますか?

シマン:トリガーについては、これまでにも多くのビデオでお話してきましたが、これは私たちの専門分野の一つです。

それだけでなく、エルドラが言ったように、実際の仕事はここにあります。

瞑想やスーパーフードを食べたり、ヨガやピラティスをしたり、特定の服装をしたりすることが、瞑想やスピリチュアリティや進化のすべてだと思うなら、それはそれで構いません。

しかし、人々が私たちに

「私のすべてのブロックを克服するための確実で最速の方法は何ですか?」

と尋ねるとき、それがこのビデオです。

ここで紹介する内容は、あなたのスピリチュアルな進化にとって最も重要な部分です。ですから、あなたがスピリチュアルな成長を真剣に考えているなら、このビデオを真剣に受け止めてください。

そして、このビデオの意図は、トリガーの教科書とすることです。

このビデオは、トリガーをあらゆる角度から完全に理解し、その原因を理解するための参考書のようなものです。

トリガーが人生を支配しなくなるように、トリガーをリバースエンジニアリングする方法を紹介しています。

これは包括的なビデオになる予定で、これまでにカバーしたことのない多くのことをカバーするつもりです。

エルドラ:とても楽しみです。

まず最初に、トリガー(引き金)とは何かを知っていますか?

誰かに引き金を引かれると、ちょっとしたことで、受動的で攻撃的になったり、気が狂ったようになったり、狂ったような反応をしたりします。

このようなトリガーはたいていどこからともなくやってきます。

誰もがトリガーという言葉が何を指しているのかを知っています。

では、トリガーとは何かを考えてみましょう。

自分の身体を考えてみてください。

転倒して傷を負ったとき、体に傷がついて物理的な傷になります。

バンドエイドを持ってきて、その傷口に貼るわけです。

バンドエイドはただの小さなカバーであり、保護メカニズムなのです。

トリガーとは、感情的な傷に貼られるバンドエイド

ここまではいいですか?さて、トリガーとは、あなたの感情的な傷に貼られるバンドエイドのことです。

トリガーとは、傷口に貼られた対処メカニズムや保護メカニズムであると再定義してみましょう。

実際に書いてみました。正確な定義をチャネリングしました。読んでみましょう。

どこかな?

「トリガーとは、傷を見られないようにするために傷の上に被せる対処や保護のメカニズムであり、その結果、自分の中に強烈で急速な感情的反応が引き起こされる」

「逃げるか闘うかの反応、神経系の反応を引き起こし、何でもトリガーになり得る」

今日は、私たちを動けなくさせ、小さくし、最高の喜びや祝福ではないタイムラインに留まらせる、これらのトリガーについてお話しします。

これらのトリガーは文字通り時限爆弾のようなもので、トリガーを解除することがいかに重要かを知ることができます。

シマン:ここで話していることをはっきりさせておきますが、

誰かに何かを言われてショックを受け、30秒前のような通常の状態ではなく、突然、感情的になってしまうことがありますよね。

突然、怒りや激しい感情的反応などのネガティブな感情状態に陥ってしまいます。

恐怖、パニック、憤りなどのネガティブな感情です。

これらすべてのネガティブな感情ですが、

トリガーの特徴は 、その感情が番犬のように完全にあなたを支配して、防衛メカニズムのように、他人を押しのけようとするのです。

感情が完全にあなたを飲み込むとき、それがトリガーだと分かります

ですから、トリガーのバイブレーションを知ることは非常に重要です。

リトリートの女の子のトリガーの例

エルドラ:例を見てみましょう。私はいくつかの例を持っていますが、出てきた例に従うことにしましょう。

いい例が二つあります。一つから始めて、もう一つは後で紹介します。

最近開催したリトリートで、私が覚えているのは、ある日、ゲスト全員が下の階にいたときのことです。

私は二階にいて、強烈なエネルギーを処理していたので、二階に上がってストレッチをするようにガイドから導かれました。

ストレッチをして、クンダリーニの活性化などいろいろなことをしていました。

私は一人で、シマンもいまいた。

私たちは生徒のために準備をしていました。リトリートの参加者のために準備をしていました。

一人の美しい女の子がいて、とても静かに忍び足で上がってきて、前日に使ったヨガブロックを持って階段を20回くらい往復しているのを見ました。

前日彼らはビーチヨガを行ったからです。ビーチヨガのために、ヨガマットやブログなどが用意されていました。

彼女はたった一人で20回も階段を往復しました。彼女はほっそりした女の子ですよ。

私は自分のプロセスの中でストレッチをしていたので、彼女と関わることはなかったのですが、

私は誰とも話したくなかったし、邪魔されたくもなかったんです。

彼女はそれをとても尊重してくれていて、なんて優しいんだろうと思っていました。

彼女は、「ハロー、エルドラ」、とも言わず私の邪魔をしません。

とにかく彼女は来て、置いていきました。

その夜、私たちは焚き火をしました。焚き火の時、私はとても愛情を込めて彼女に近づき、こう言いました。

「どうして自分で全部やる必要があったの?」

あなたが20回も往復したのを、私は文字通り見たのです。

彼女の顔は完全に縮んでしまいました。

なぜだかわからなかったけど、月明かりの下でこれを見ていてよかったと思いました。

彼女の顔が変わり、すべてが変わり、態度が変わりました。

そして、彼女は言いました。「あなたが一人だったので」

彼女は何かを言おうとしましたが、声がはっきりしませんでした。

そして私は、

「そうだね、みんなに自分の分をやらせればいいじゃない、どうしてみんなを助けるの、みんなにやらせればいいよ、あなたには荷が重すぎるよ」

と言いました。

その後、私たちはそのことを忘れていましたが、彼女の私に対する態度は完全に変わりました。

次の日から一日中、彼女の態度は完全に変わりました。

最初の2日間はとても気さくで私の近くにいて、常に私に話しかけていました。

それから3日目には完全に私から離れてしまいました。

彼女が引きこもってしまったその日は、私がリトリートでブレイクスルーを遂げた日でもありました。

私は、彼(シマン)以外の人からの愛を受け入れる準備ができていなかったことに気づきました。彼の愛は私にとって安全なものでしたが、他の人が私に愛を与え始めたとき、私は壁を作っていたのです。

話が長くなってしまいましたが 、私にブレイクスルーが起こり、感情を解放し、泣いて浄化しました。とてもパワフルでした。

私は集団のためにも浄化しているように感じ、みんながそれを目撃していました。

その直後、同じ女の子が泣きながら私のところに来て、

彼女は「私はただ助けようとしただけなのに、助けようとしただけなのに!」と言いました。

私は「あなたが何を言っているのかわからない、何を言っているの?」と言いました。

彼女が言うには、「昨日のヨガブロックの時、私はただあなたに邪魔されたくなかっただけ」だと。

私は「あなたが言っていることがわからない」と言いました。

本当に、何を言っているのか分からなかったのです。

そして、彼女が説明してくれたのですが、

「エルドラは自分のプライバシーを欲しているように感じました。ヨガの場所を20往復して、誰にもあなたのエネルギーを邪魔してほしくなかったんじゃないか。みんなが集まってきて、話をしたり叫んだりして欲しくなかったんじゃないか。だから私は、静かに上がってきて、ヨガマットやブロックなどを全部自分で置きました」

そして彼女は、焚き火の時に「私を叱った」と言いました。

彼女は、「それがとても愛おしい」と言っていました。

そして、私に、

「なぜこんなことをあなたはしなければならないの?」

と言われたとき、彼女はこう聞いたのです。

「どうしてこんなことをしなければならないの?」

彼女は、私が「そんなことをしてはいけない!」と叱っているように受け取りました。

彼女は、それは母の声だと気付いたと言っていました。

私に感情的なブレイクスルーが起こった時に、彼女はその場にいて、心が溶けたようになって、何かが落ちたと言ったんです。

私は「いや、それは私があなたに言おうとしていたこととは正反対だよ!」と言いました。

私はあなたに言おうとしていたことは、

「なんでこの優しい子が20回も往復するの?リトリートに参加した人たちは、みんな自分のブロックを運ぶぐらい自分でやるような、とても素晴らしい人たちですよ」

でも、彼女は私への愛のためにやっていたんだと思います。

しかし、彼女は大きな傷を抱えているので、

「私は愛されていない、母に愛されたことがない」という大きな傷を抱えているのです。

「私は愛されていない」という大きな心の傷を抱えていたんですね。

彼女の母は彼女を見下したような言い方をするので、このトリガーは彼女の傷の前に貼られました

トリガーは「誰もそこには行かせない、これは辛すぎる」と言いました。

なぜなら、その傷は彼女の子供時代に起こり、時間とともにどんどん大きくなっていったからです。

トリガーがすることは、傷を守ることです。

傷を守るために、ここには誰も入るなと言うのです。

そして、トリガーの役目は、この傷ができたとき、私はそれを処理するには若すぎたし、扱うにも若すぎたのです。

私はスピリチュアル的にも感情的にも成熟していませんでした。

だからあなたのエゴはこう言うのです。

「私は安全なロックをかけている、防衛メカニズムをかけている、金庫をかけている。誰もそこには行かない」

シマン:その通り。

あなたは今、傷を癒やし、トリガーを手放す準備が出来ています

エルドラ:そして今、あなたたちはトリガーは必要ありません。

皆さんは大人ですから、これをきっぱりと癒やす準備ができています。

トリガーの役目は終わりました。

シマン:地球上の誰もがトリガーを持っています。

トリガーがないと言う人への最大のアドバイスは、人間関係を築けと言いたいですね。

なぜなら、私たちが両親や配偶者、子供たちと接しているときには、彼らはトリガーになります。

島に一人で住んでいるなら、かなり安全だと思うけどね。

若いときには何が起こるかというと、この例を挙げて、何が起こるかについてもう少し深く心理的に考えてみましょう。

若い頃、親からネガティブな感情を感じていたとしましょう。

例えば、あなたの母親が感情的な虐待であなたに常に上から押し付けて話したとします。

父親が感情的な虐待をしていて、いつもあなたを下に見ていたとします。

どうなるかというと、その痛み、その経験の痛みは子供にとって耐え難いもので、単にそれを処理することができないのです。

親は子供のセーフティーネットですからね。

もし親がいなければ、もし子供が安全なネットを持っていなければ、その痛みは耐え難いものとなり、処理したくないと思うほどになります。

私はもうこの地球にいたくありません、なぜならここは安全ではないからです。

もし自分の親が安全でないなら、私の人生にどんな価値があるのでしょうか?

安全でないと感じるだけでなく、自分自身に不安を感じるようになります。

自分は悪い人間、ダメな人間だと感じてしまうのです。

そして突然、外から受けた信念からサブパーソナリティが生まれ始めるのですが、それは自分のものでもありません。

あなたは常に内なる純粋な魂を持っています。

何が起こるかというと、あなたの周りに分離のヴェールの層ができます。

それは、あなたの神聖なオリジナルの純粋で美しい天使のような源の自己を外の世界から分離するものです。

それがあなたのエゴになります。

あなたのエゴは、あなたのすべての人生経験から形成された人工的なサブパーソナリティのようなものです。

子供の頃のトラウマはエゴの一部であり、高校時代の初恋もエゴの一部です。

これらのことがあなたのパーソナリティ(人格)の一部となり、

この世界では誰もが自分のエゴであるため、あなたはエゴと同一視し始めます。

純粋な無限の魂の状態に達している人はほとんどいません。

これらのエゴが社会の中で互いに交流し合っているので、私たちは皆、自分がエゴだと思っています。

将来誰かがあなたを見下すようなことを言っても、突然、あなたは自分のエゴに支配されて反応します。

しかし、面白いことに、通常あなたがトリガーされたとき、相手があなたを見下しているとか、エルドラのように、(誤解ですが)意地悪をしようと言うわけではありません。

「この美しい女性が、なぜ自分でこのような作業をしなければならないの?」と愛をもって尋ねていただけです。

しかし、それをエゴが翻訳すると、

エルドラ:尻を叩いて、「なぜあなたは20人分のクソマットを自分で持って行っているのか?」

シマン:その通り。

しかし、そのトリガーでその人がどのような影響を受けるかというと、あの子は母親に自分の努力を認めてもらえず、母親のためにしたすべての優しい努力を認めてもらえなかったことがきっかけでした。

例えば、6歳の時に母の日に素敵なカードを書いたのに、母親がそれを認めてくれなかったことが傷になったのかもしれません。

エルドラのとても愛情のこもった反応が、どう訳されたかというと、それは全く逆でした。

「なんでこんなことするの!?」

そうやって翻訳されていくうちに、突然、トリガーが乗っ取ってしまいます。

では、なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

それは、あなたの潜在意識が常に適切な機会を得ようとして、完全に幻想の状況を作り出しているからです。

それは現実ではなく、あなたがまだこの傷を持っていることを思い出すのを助けようとしているのです。

あなたはまだこのことに目を向けていない、だから私はこの状況を作り出そうとしています。

たとえそれが完全にインチキな話であっても、あなたがまだ目を向けていないことを思い出させるために。

トリガーは、あなたの内にまだ癒やしが必要なものを思い出させるために存在します

エルドラ:そして、エゴはインナーチャイルドの体験を守ろうとします。

それが今起きていることなのですが、今はこの保護はもう必要ありません。

トリガーとは、まだ癒やされていない傷口を開かないようにするために目を逸らさせるものです。

あっちを見て、と気を散らしているのです。

ここは見る必要がないよ、あっちを見て、あっちを見て、あっちを見て、あっちを見て、あっちを見て、あっちを見て。こっち、こっち、こっち、こっちは実際に傷があります。

言い換えれば、癒されていない傷がなければ、本当はトリガーがないのです。

一度傷を癒すと、すべてのトリガーを手放すことになります。

トリガーは、癒されていない傷へのアクセスを妨げているのです。

これを理解することはとても重要です。

癒されていない傷へのアクセスを妨げているのは、トリガーです。

トリガーは、保護メカニズムとして設置されています。

最初に傷ついたときは必要だったが、今はもうあなたを守ってくれません。

実際には、あなたが傷を癒すのを妨げているのです。

トリガーの背後にある根本的な傷の治癒を妨げているのです。

本当の傷から目を逸らされて、癒しを始めることさえできません。

怒りや憤り、悲しみを抱えたままになってしまうのです。

癒されていない傷は癒される必要があります。

シマン:ここで重要なのは、トリガーは常に誰か他の人や、人生の中で自分以外の人物によって引き起こされるわけではないということです。

例えば、家の中で一人で皿洗いをしていて、ラジオを聞いていると、突然、2年前に別れた昔の彼氏を思い出させる曲が流れてきて、まだその別れの痛みをすべて処理できていません。

未だに未解決の感情を抱えています。

突然、悲しみに襲われるのはとても自然なことだと思います。

昔の記憶が呼び起こされているからです。

それは、外部から引き起こされたものではない、あなたが一人でいることで引き起こされたトリガーです。

しかし、常に 、全てのトリガーに共通しているのは、全てのトリガーが、主に子供の頃に起きた、未だに処理されていない過去の感情的反応を引き起こす出来事に関連しているということです。

トリガーは子供の頃のトラウマに起因する

エルドラ:トリガーの80%は子供の頃の出来事だと言えます。

しかし、まれに大人になってから、痛みがあまりにもひどかったときに、これらのトリガーが形成されることもあります。

シマン:大人になってからのトリガーの例としては、例えば4台の車が衝突するような事故に遭ったとします。

誰かが事故に遭い、その事故で怪我をして、その事故で身体に傷を負ったとしましょう。

3ヶ月とか6ヶ月とかギブスをしていたかもしれません。

そうすると、その痛みは感情的な痛みになりますよね。それはとても辛い経験だからです。

肉体と感情を切り離すことはできません。身体すべてがそのトラウマを感じているのです。

そのトラウマは今、その感情体に留まっています。それ自体が傷になっているのです。

肉体的な傷と感情的な傷があるのです。

その事故の物理的な体験があまりにも衝撃的で、例えば臨死体験をしたのかもしれません。

あまりにも衝撃的だったために、自分の中で処理しきれず、処理するための時間が必要だったのかもしれません。

例えば、ギブスを外して回復し、夫と楽しくドライブしていたところ、突然、夫がスピードを出し始め、突然、前を走る車がいて、ブレーキをかけなければならなくなったとします。

またしても事故に遭いそうな状況に陥ってしまったとします。

通常の反応である、

「よかった、無事だった」、「大丈夫だった」、「さあ、次に行こう」

という普通の反応ではなく、夫に怒りをぶつけてしまうのです。

そう、あなたはこう言うのです。

「私の命を何とも思っていないなんて、あなたは本当にバカだわ」

とか、舌の上で転がる言葉を全部言ってしまいます。

相手を傷つけるような言い方をしてしまいます。

それはあなたのエゴであり、番犬のようなものがあなたを乗っ取ってしまうからです。

これは大人になってからのトリガーの例ですが、トリガーが引きこもりの原因になることもあります。

エゴが自分を完全に乗っ取ってしまう誕生日のトリガー

エルドラ:実際に、私は以下のような良い例を持っています。

いや、引きこもりではなく、子供の頃のトリガーについては、とても良い例があります。

数年前まで、私は誕生日に大きなトリガーを持っていました。

このことは多くの人が知っていると思います。

このことについては、私がそのことを投稿したことがあります。

シマン:これは良い例だと思います。

エルドラ:確か2年前の11月が私の誕生日でした。

シマンに出会ってからは、毎年11月になるとこのようなことが起こります。

シマンに出会う前は、安全な場所にいなかったので、このようなことは起こりませんでした。

出会ってから全ての癒しが生まれました。

誕生日には必ず何かが起こりました。文字通り、何かが私を支配しているように感じました。

過剰になってしまっていたのです。

だから、まず第一に言っておきますが、今の私は全く違う状況にあります。

私は誕生日を気にすることもなく、人生はとても充実しています。

誕生日もバレンタインデーも気にしていません。お互いに誕生日を祝うこともありません。

でもあの時は傷が、、、私の誕生日がきっかけで 毎年大喧嘩になっていました。

なぜなら、私のインナーチャイルド(内なる子供)が完全に出てきて、支配したからです。文字通り支配して、乗っ取って、こう言ったのです。

「あなたが買ってくれたプレゼントはこんなもの?」

もし彼が私にプレゼントをくれたとしたら、それは「なぜ私にプレゼントを買ったの?」

プレゼントを買ってくれなかったら、「なぜ買ってくれたの?」

プレゼントを買ってくれなかったら、「なぜ買ってくれなかったのか?」

私は、つまり、言い方は悪いですが、

私は一年中、最もまともで責任感のある穏やかな人間でしたが、毎年私の誕生日には時計のように犬猫のように喧嘩をしていました。

私たちがなぜこんなことをしているのか、理解できなかったのです。3年目までは。

3年目にそれを癒やすまでは、それがトリガーになっていました。

これは2年前のことです。

どのようにして傷が癒されたかというと、私は気づいたのです。

この傷は、私の誕生日が、両親からの唯一の愛情を受けた日だったからなのです。

両親は誕生日の日だけ、私を特別な存在だと感じさせてくれました。

怒鳴ることもなく、叩くこともなく、「誕生日おめでとう」と言ってくれました。

それは私が子供の頃に両親から受けた一番の愛情のようでした。

だから私は毎年自分の誕生日を待っていました。

そしてなんとかその日を迎えました。それはその日が唯一の日だったからです。

誕生日に何があったのかさえ覚えていませんが、その日だけの愛が必要で、切望していました……狂ったように。

一度その傷を癒せば、トリガーは消える

シマン:エルドラはとても過酷な子供時代を過ごしました。

私も彼女の話を聞くまでは過酷な子供時代を過ごしたと思っていました(が彼女はもっと上でした)。

基本的なシナリオは、両親があまり愛情を持っていなかったということです。

母親は父親から虐待を受けていて、父親は自己愛が強く支配的なタイプでした。

母親は自分との関係を築くことができず、父親は非常に支配的でした。

彼は愛情を持っていましたが、非常に支配的なナルシストでした。

子供の頃のエルドラはとても孤独で、愛を受けていないように感じていました。

一年に一度、愛を受けられる日が誕生日だったのです

誕生日が来ると、彼女は9番目の天国にいるような感じで、大喜びします。

その感情に浸りきって、それがサボタージュになります。

それが、傷ついた人を乗っ取るようになります。

一年のうち364日は、あなたが感じていること、今日という日、私は誰もが愛を注ぐ存在であり、私を傷つけることは許されません。

エルドラ:だから、(誕生日の日)私はあなたをテストします。彼が私を十分に愛しているのか、それとも私を傷つけようとしているのか、見てみましょうそんな感じです。

シマン:そう、私たちが出会ったとき、とても愛し合っていたけど、

数年後には、普通の人間関係では、最初の2年はハネムーン期だけど、

その後、相手に安心感を覚えるようになると、その時にインナーチャイルドが出てくるのです。

もしあなたがこのような問題を抱えているのであれば、お互いに愛し合っているからこそ出てくる問題であり、今なら安心してこの問題を癒すことができることを知ってください。

問題が多すぎて別れたほうがいいなんて考えないでください。

これが本当の仕事なんだ、腕まくりをしてもっと深く潜らないといけないんだ、と考えてください。

なぜなら、何に焦点を当てるべきかが分かれば、それを癒すことができるからです。

誕生日の時の私たちの状況はというと、

プレゼントを渡したり、サプライズをしたりすると、彼女の反応は、

「ああ、これはやりすぎだわ、なぜこんなことをしたの?こんなの好きじゃないわ」

エゴは、「私にはこんなことをする資格はない」と言うために、あらゆる種類のストーリーを作ります。

「私はこれに値しない」、「私はこれを望んでいない」、「あなたは何か間違ったことをしている」。

「私は愛を受け取っていない、あなたからの愛を受け取ることはできない」

と心の傷が言っているのです。

「あなたからの愛を受け取ることはできない。自分を愛することができないから」

それが核となる傷です。

私たちの人格の基礎となる愛の欲求を、幼い頃に親が満たしてくれなかったからです。

それはとても大きなことです。それは、子供の頃に受けた愛です。

子供の頃、愛に渇望していると、自分をどう愛していいのかわかりません

これは重要なことなので、繰り返します。

子供の頃に受けた愛は、私たちの全人格の基礎を形成する最も重要な部分です。

その愛に飢えていると、自分を愛する方法さえわからなくなります。

自分を愛することができなければ、他人からの贈り物を受け取ることはできません。

エルドラと私が初めて無条件の愛を体験したとき、彼女のエゴの話が出てきました。

エルドラは、「ああ、これは私には無理だ、受け取れない」と言いました。

前回のビデオでもお伝えしましたが、もしあなたが自分の傷や親密さのブロックをすべて解決していないのであれば、他の人からの愛をどうやって受け取ることができるでしょうか?

このシナリオも同じです。

エルドラ:とても美しい説明でした。私の誕生日に起こったことは、数年前のことですが、まさにその通りです。

良いニュースは、一度その傷を癒せば、そのトリガーは消えてしまうということです。

今、私の誕生日は素晴らしいものになっています。私たちは世界中を旅していますが、本当に祝うことはありません。

なぜなら毎日がお祝いだからです。毎日がお祝いの日です。

傷を癒やせばトリガーは消えます。癇癪を起こしている人のような行動をしなくなります。

物事を内面化するのをやめます。おかしな方向に行かなくなります。

傷はあなたの生命エネルギーを吸い上げている

さて、このビデオの次の部分では、これらのトリガーをきっぱりと癒やす方法を紹介したいと思います。

傷はあなたからエネルギーを吸い上げます

その前に、傷は生命エネルギーを吸うがん細胞のようなものだと言いたいです。

別の言い方をすれば、私たちの中にある傷は、がん細胞のようなものです。

がん細胞は何をするのか?

がん細胞は周囲の細胞から気のエネルギーを吸い取り、自分が成長するために周囲の細胞をすべて殺してしまいます。そして、多くのエネルギーを消費します。

この傷も同じです。傷はあなたのエネルギーを吸い上げます。

エネルギーを大量に消費するので、あなたは疲れを感じているのかもしれません。

これらの傷はまだ残っています。あなたはこれらの傷を癒やさなければなりません。

傷が大きければ大きいほど、トリガーも大きくなる

傷が大きければ大きいほど、トリガーも大きくなります。

傷が大きければ大きいほど、エネルギーが必要になります。

これはとても重要なことで、もしあなたがこれらの大きな傷を持っていたら、

文字通り、あなたの生命エネルギーを吸い上げているのです、皆さん。

次のセグメントでは、もう少し説明してもらってから、どうやって癒やすかに入ります。

シマン:私自身の例を挙げてみましょう。

私は子供の頃に大きな傷を負っていたので、また、別の角度からこの話題に光を当ててみたいと思います。

男性の視点から見ると、女性は自分の感情にとても敏感です。

しかし、男性の場合は、自分がどんな感情を感じているかを認識するのに何日もかかることがあります。

私の幼少期の傷は、父が私を見下したような言い方をしたことから始まりました。

その後の人生で経験した粗末にされる体験は、私はそれを大げさに捉えて、モグラを山の頂きに変えてしまうのです。モグラの山を大きな山にするようなものです。

私たちの関係は、個人的には最も愛に満ちたものです。

エゴは常にストーリーの中で幻想を生み出す

私は個人的にそう知っているし、あなた方もよく知っていることですが、エゴは常にストーリーの中で幻想を生み出します。

例えば、私がエルドラにマッサージをしているときに、彼女がふざけて私にこう言ったとします。

「付き合っていた頃はあんなに良いマッサージをしてくれていたのに、最近は質が落ちたわね」

傷が癒えた普通の人として、私は何と言うでしょうか。あなたならどう言いますか?

「出て行け、このガキが、この甘ったれ」

いや、「君は甘ったれたガキだなぁ」、「マッサージしてあげるよ、わかった、わかった、わかった 」

と言うでしょう。

でも、私の傷は、子供の頃に評価されなかったことと、元の結婚生活では、感謝されずに甘いことばかりしていたから、私たちは皆、このような傷を抱えているのです。

だから私はマッサージをやめて、こう言いました。

「お前が感謝していないので、もうマッサージはしてやらない」

私のエゴは、彼女が悪い人だというストーリーを作りました。私は彼女に怒っています。

エルドラ:これは6年前のことで、私たちが初めて会った時のことです。文字通り、私たちはまだ最初のアパートにいました。

私たちは完全な喜びと至福と愛に包まれていたのに、彼は私をマッサージする手を止めました。

だから私は、

「あなたのマッサージはどうなってるの?もっと上手にやってよ」

と言ったのです。私たちはいつもこんな感じで冗談を言い合っています。

でも、トリガーが彼を支配して、彼はそれがきっかけでマッサージをしてくれなくなって、

その手はどこに行ったのかと思うと、私は横になっていて、彼は別の世界にいたのです。

彼はベッドの横に回って横になり、私が「何があったの?」と訊ねると、

彼が言うには、基本的に彼のストーリーは「恩知らず(感謝していない)」だったそうです。

そしてその時、あなたは気づくのです、これらのトリガーは全て癒されるべきものだと。

なぜなら、「恩知らず(感謝していない)」は、私が癒すべきレッスンでも、彼が癒されるべきレッスンでもないからです。

シマン:私は今、出会った中で最も愛に満ちた女性と一緒にいます。

私は、彼女が恩知らずであるという話を本当に信じているのだろうか?それとも、私が誤解しているのだろうか?

解読し始めると、必ず何層にもなっていることがわかります。

そして、トリガーへの対処法に移る前に、

また、男性の場合、自分の感情を処理し、自分が何を感じているのかを正確に把握するのに何日もかかることがあるという事実にも触れておきたいと思います。

エルドラとの関係が始まったばかりの頃は、感情的な癒しを求めていた時、トリガーを引かれた時には、何日も休んでいたこともありました。

丸2日を費やしたこともありました。ベッドに横たわって自分の傷を感じていました。

それはいいことだと思います。自分の傷を感じるべきです。

でも、男性とそういう関係にある人、繊細な人、自分の問題を解決しようとしている人たちに言いたいのです。

彼らが寛解するとき、実際にやっていることは、自分の中で何が起こっているのかを理解しようとしているのです。

ですから、彼らに時間と空間を与えてあげてください。

そして実際にこのプロセスを経験している男性には、あなたの心が信じている以上のことが内側で起こっていることを理解してください。

彼女に傷つけられたとか、彼に傷つけられたとか、これが原因だとかという外見的なエゴのストーリーよりももっと深く考えてみてください。

それは決して現在の状況ではなく、常にあなたの過去の傷なのです。

私たちはそれを読み解くお手伝いをしています。

トリガーを癒す方法

エルドラ:気に入った!完璧です。

では、この忌まわしいトリガーをどうやって癒やすかに移りましょう。

ヒントその1、ステップその1

ステップ1:自分にやさしく- 自己判断を捨てよう

このようなトリガーを抱えてしまった自分を責めないでください。

私は最もまともで責任感のある穏やかな愛すべき人間でした。

でも、誕生日になると狂ったように変貌してしまいました。

彼も不思議に思っているだろう……この子はどうしてこんな風になってしまったんだろうって。

あなたはそんなに悪い子じゃなかったのに、発狂したようになってしまう。

シマン:それはストーリーを見ているからです。それは実際そんなに悪くはなかったんだよ。

エルドラ:その通り。それは完全に癒されていないインナーチャイルドなのです。

トリガーになるのは、いつも自分自身について

あなたがトリガーを引かれたとき、それがパートナーとの喧嘩であろうと、母親であろうと、トリガーを引かれたのが誰のときであろうと、トリガーになるのは、いつも自分自身についてなのです。

もちろん、誰かがあなたをトリガーしているとき、最初にすることは 、それは常に自分のことであり、相手のことではありません。

だから、もしあなたがYoutubeで私を見ていたり、彼を見ていたりして、トリガーされているとしたら、それは完全にあなたのせいです

それは完全にあなたのせいです。それは次の機会に説明しますが、今はトリガーを癒やす方法に入りたいと思います。

ステップ1

トリガーされている状態では、非常に重要です。理解してください。これは本当にとても難しいことです。それはとてもとても難しいことです。

なぜなら、あなたのエゴが文字通りあなたを支配しようとしているからです。

わかった、わかった、わかった、と言っているうちに、自分のエゴが自分を支配、乗っ取ってしまいます。

シマン:これは意志の力のゲームです。

エルドラ:そうです。

シマン:今回は自分のエゴに支配されないように、真相を究明しようと心を砕く必要があります。

エルドラ:その通り。

このような状況に陥ったとき、まず最初にすべきことは、自分を責めることではありません。

どうして私はこんな風になってしまったんだろう、どうしてこんな行動をとってしまったんだろう、私はこんな変人なんだ、と言わないことです。

全てを失い、全ての人間関係を壊してしまう……ノー、ノー、ノー。

私は人間であり、傷があり、トリガーがあります。

そのきっかけをどうすればいいのかがわかったのは、とてもいいニュースです。

私はそれを癒やすつもりです。

ステップ2:傷口から自分のエネルギーを取り戻す

傷口から自分のエネルギーを取り戻す。

このアファメーションを書き留めておきましょう。

「私はもう、自分の傷やトリガーに自分を支配することを許しません。私は今、すべての方向とすべての時代から自分の力を取り戻します」

あなたの好きなように作ってください。

でも、基本的には次のようなことを言っています。

私は自分から吸い取られている全てのエネルギーを取り戻します。

全ての人生、全ての並行する現実、全ての次元、全てのバージョンの私が今、並行する現実の中で動いていることを取り戻します。私はこのエネルギーを取り戻します。

そうすることで、あなたは傷へのエネルギー供給を断ち切っているのです。それを取り戻すのです。

エネルギーを取り戻すとどうなるかというと、それが成長するためのエネルギーを与えません。

何がトリガーになっているのか分からないまま、常に成長させているのです。あなたは常に自分のストーリーの中で、ああ、あの人は私を傷つけた、あの人は私を見下した、あの人は私をいじめた、と言っている。あなたはいつも、彼女が恩知らずである、かのような状態になっています。

あなたはいつもその傷を守っています。

今、あなたがしていることは、

「いいえ、私は自分の力を取り戻し、私のエネルギーを、私が抱えているすべての傷から、そしてすべての時代から、今の私に戻ってくるように命じる」

ということなのです。

シマン:別の方法で説明すると、次のようになります。

なぜなら、私たちがトリガーに気づいていないときに、そのトリガーを再び呼び起こすような新しい状況が生活の中にあり、過去に処理できなかった痛みの感情が戻ってきているからです。

もし、外の環境のせいにし続けていたら、私たちは何をしているのでしょうか?

傷をどんどん大きくしていくことになります。がんや腫瘍のように成長し続け、あなたのエネルギーをどんどん吸い取っていくのです。

シャーマンとして、人に癒しを与えているときに、その人のライトボディを見ると、ライトボディの多くの部分が暗闇になっているのがわかります。

何が起こるかというと、私たちは過去の幼少期や、幼少期を超えた過去世に至るまで、多くの傷を抱えているからです。

何度もトラウマを受けて、エネルギーの断片を残してきたのです。

これらのエネルギーは、他の次元に残してきた魂の断片であり、魂のかけらなのです。

シャーマンやエネルギーヒーラーとして行うことは、魂の回収(Soul Retrieval)と呼ばれています。

魂の回収とは、あなたの魂の断片をすべてあなたに呼び戻すことです。

今、エルドラが言ったアファメーションは、魂の回収で行うことに似ています。それは、過去のバージョンの自分から、すべてのエネルギーの鎖を呼び戻すことです。

このパワフルなアファメーションを言うだけで、これがただの言葉だと見くびらないでください。

あなたは宇宙に、このエネルギーをすべてあなたに呼び戻すように命令しているのです。これはとてもパワフルなことです。

エルドラ:これは本物です。これはとてもパワフルなことなのです。

シマン:私たちはそれを自分たちで体験したので本物です。

エルドラ:私たちはトリガーを癒しました。だから今親密なのです。

もし傷が癒えていなければ、ツインフレームのコードを起動することはできません。

ツインフレームコードを発動させることで、今のようなクレイジーな(幸運の)スパイラルにいるのです。

私たちは傷を癒したので、非常に速いアセンションのスパイラルにいます。

私たちはすべてのトリガーを外してきました。

自分自身を自由にするために、すべてのトリガーを破棄したのです。

これが次のステップの基礎となります。

ステップ3:

ステップ3、これは私のお気に入りのステップです。

私は個人的にそれを行ったので、それを知っているのです。

教えてもらったのではなく、自分でやってみて、魔法のようにうまくいきました。

第3のステップは最も強力なステップで、最も困難なことですが、意志の力が必要です。

これを覚えておいてください、意志の力が必要です。

文字通り、エゴがあなたを乗っ取り支配しようとするのを、あなたは「ノー」と言い、ハンドルを取り戻します。文字通り、エゴはそれぐらいのエネルギーとなって出てきます。

あなたはエゴにノーと言います。

私は自分自身のコントロールを取る。それはあなたにとって最も難しいことです。特に大きな傷がある場合は。

シマン:沈みかけた船を元に戻すようなものです。

エルドラ:まさにその通り!それにはマスターすることが必要です。

自分自身をマスターすること、今ここにいること、そして粘り強さが必要です。

さあ、これがヒントの3つ目です。

ステップナンバー3

私は今、精神異常者のように振る舞っている、トリガーを過ぎて見るのです。

狂ったような激しい反応をしています。

例えば、あなたが誰かと一緒にいて、その人が異常に激しい反応をしているとしましょう。

私たちはそれを知って、トリガーを通過しているときに、私たちは相手の反応を非難しないことで、お互いのためにスペースを確保する方法を学びました。

ステップ3:トリガーを乗り越えて、その背後にある傷を知る

トリガーを通り越して、傷口にたどり着く。

繰り返しになりますが、トリガー自体を見ないでください。

トリガーは、あなたを不安定な行動に走らせたり、癇癪を起こしたり、喧嘩をしたり、家を出たり、妻や夫に怒鳴ったり、悲しい状態に陥ったりさせます。

母が私を見下していたように、エルドラが私を見下していたというような悲しい状態になることもあります。

トリガーは、エルドラがYoutubeでシマンの邪魔をしたとか、シマンがエルドラの邪魔をしたとか。

あなたのストーリーが何であれ、これらはすべてあなたのトリガーです。

前にも言いましたが、誰かが誰かを切り捨てたことに腹を立てているのであれば、自分の心の傷に立ち返って、いつ自分が切り捨てられたかを考えなければなりません。

シマン:実際に、リトリートの参加者の一人が、エルドラに切り捨てられた(と感じた)ことがトリガーになって起こったことです。

彼女がリトリートでこのことを持ち出したので、私たちは座ってそれを解読しました。

「それは私たちの問題ではなく、私たちは大丈夫、あなたが持ち出したことですよ」

と言いました。

私たちはそれを解読しました。すると、それは彼女の子供時代に、いつも見下して話をされ、黙れと言われていたことが原因だとわかりました。

他者によって引き起こ(トリガー)されるほとんどの人は、誰かを切り捨てることは、それはあなたが切り捨てられたからです。

エルドラ:そう、もしかしたらあなたの奥さんはいつもあなたを切り捨てているかもしれないし、もしかしたらあなたのお母さんはいつもあなたを切り捨てているかもしれない。

私たちが話しているときは、お互いを切り捨てているのではなく、完全に今ここに同期しているのです。そのような状態なので、トリガーが自分の傷についてのものだと理解できるのです。

エルドラの妹のような親友のトリガーの例

私は今、素晴らしい例を持っています。そして、シマンはそれを深く掘り下げて解読します。私たちはその事例について話し合うことになります。

約4年前、私はトロントでのビジネスを売却しました。6人の友人を送別会に招待したのを覚えています。

私は文字通り、6人の最高の友人が送別会に来てくれたら、私にとって世界を意味するだろうと言いました。

真夜中に鍵を渡すことになったのですが、それは私にとって大きな出来事でした。というのも、それは私の3次元の最大の束縛のひとつだったからです。

それは、30年勤めた会社を辞めて、自分のアセンションのために歩き出すようなものです。それほど大きな出来事だったのです。

従業員は皆、私のためにプレゼントをくれたり、歌を歌ってくれたりしました。とても感動的な夜でした。

覚えているのは、私の友人の一人が私の向かいに座っていて、彼女は私の妹のように、私が妹と話しているように、私にとって本当に妹のように感じる人でした。

そして彼女はいつも私にこう言っていました。 「私は夫に満足していない、浮気をするわ」、「私はこの人と浮気をするわ」と言って、彼女の携帯電話の写真を見せてくれました。

「私も同じような経験をしてきました。ひどい結婚生活の中で、浮気をすれば何かが変わると思っていました。でも浮気は深い部分への応急処置に過ぎないんだよ」

と話しました。

でもあの夜、彼女は「私たちは赤ちゃんを作ろうと思っているの。赤ちゃんを作るための努力を始めようと思っているの。赤ちゃんを作るための意思を固めようと思っているの」と言いました。

あの夜がどれだけ愛に溢れ、感情的で、感傷的で、懐かしいものだったかというと、文字通り6人の親友がビジネスの売却の最終日に集まってくれたのです。

想像できると思いますが、とても神聖な夜でした。

私は彼女のところに行って一対一で、

「ベイビー、子供たちのことは一旦置いておいてくれないか」

と言いました。

「あなたは彼と一緒にいても幸せではないし、浮気をしようと考えているんでしょ。子供を持つことは今すべきことではない」

と言いました。

考えてみてよ、それが親友の言うことでしょう。

その夜、彼女からは何の反応もありませんでしたが、彼女が彼に「エルドラは私が子供を産むべきではないと思っている」と言ったところ、

彼はとても中立的な態度をとりました。彼は「どうでもいい」という態度をとっていました。

次の日、私は覚えています。私たちが何かが間違っているという考えはなく、完全に普通でした。

次の日、私はテキストかフェイスブックか忘れましたが、メッセージを受け取りました。それはまるで彼女に悪魔が憑依したかのようでした。彼女は私を悪魔と呼んでいました。

とにかく、彼女は本当に長いメッセージを送ってきて、「よくもまあ、私たちが子供を持つべきではないと言ってくれたわね、よくもまあ、私にそんな呪いをかけてくれたわね」と言いました。

それだけではなく、彼女は夕食会に参加した全ての人にメールを送り、「あなたはとても盲目だ。エルドラは非常にダークだという事実をあなたは知らない」と言ったのです。

彼女は悪魔だ、とか言って、何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も。

止めようとしないし フェイスブックにも投稿しました。

幸いなことに私は気にしていませんでしたが、当時の私は偽の友人を持っていたので、その周りにはたくさんのドラマがありました。

応援してくれてそれはとても嬉しかったけど。

全てが偽物だけど、それがポイントではありません。

その女性は私たちの人生から去っていったのですが、その時、私は衝撃を受けました。彼女に何が起こったのか、シマンと私にサイキックに見せさせれたのです。

彼女の傷は、この男にお金を払ってもらわないと生きていけないということでした。

二人の結婚生活は惨めで、だから彼女はいつも浮気をしようとしていた。

彼を妊娠させようとしていました。彼は私の支払いをしてくれる。文字通りそれがエネルギーでした。

彼は私の支払いをしてくれる。彼は負け犬のようなものです。私が浮気をしても彼は気にもしないでしょう。 彼は一日中葉っぱを吸っているでしょう。でも彼は私の支払いの面倒を見てくれます。

だから子供を作って彼をこの関係に引き込もうと思っているの。私は彼なしでは何の価値もないから。

子供を産まないと、彼は私を捨ててしまう。彼女はそんな話をしていた。

核となる傷:自分を養えないという不安感

この心の傷はとても大きかったのですが、彼女のお母さんは、「何かあったらすぐに否定するから」と言っていましたが、この心の傷があまりにも大きかったために、トリガーになってしまったのです。

そして、自分のエゴをコントロールする代わりに、自分のエゴが完全に支配してしまい、「エルドラは悪魔だ」と思い込んでしまったのです。

シマン:今回のケースでは、私はその状況に非常に近かったので、その場にいて、この人と彼女の夫を知っていました。

この特別なケースでは、何が原因でこのような事態になったのかを考えたとき、私たちは完全に身を引きました。

私たちは完全に身を引いて、何も反応しませんでした。それは私たちのトリガーではなかったからです。

他のことに気を配る必要があるというのはよくわかりますが、彼女にはエゴのストーリーがあり、私たちのせいにして責めているのです。

つまり、私たちは仲良くやっていますが、彼女の方から関係を終わらせてしまったのです。彼女が関係を断ち切ってしまったので、もう元には戻れませんでした。

エルドラ:もう一つのポイントは、誰かがトリガーを引いたときに、「あなたはトリガーに反応していますよ」とか「それは傷ですよ」とか言わないことです。

コーチングをしようとしたり、彼女の言葉を否定しようとしたりしないでください。

シマン:私たちは彼女が言ったことを訂正しようともせず、ただ彼女に距離を置いていました。

正直なところ、彼女のメッセージは非常に罵倒的で、彼女の負のエネルギーから自分を守っていました。

しかし、私たちは実際にその状況を振り返り、実際に何が起こったのかをガイドに尋ねました。

その結果、この女性はとても悲しい結婚生活を送っていて、幸せではなかったということがわかりました。

彼女の夫には、二人の関係をあまり良くしない行動パターンがありました。夫は麻薬中毒者で、彼女は収入を夫に頼っていました。

彼女は専業主婦のようなもので、夫が稼ぎ頭のようなものでしたが、二人は幸せではありませんでした。

彼女は長い間、この共依存の状況の中で生きてきました。

共依存の状態で長い間生活していたので、関係を断つことは全くのノーノーでした。

彼女のエゴは、「私はこの人が必要なんだ」と言って、路上に出てしまうようなものなんです。

私は彼を愛していて、彼は私の言うことを聞いてくれて、私は彼を操ることができる……これがエゴの遊び方です。全ては人を操るためのゲームなんです。

彼女が子供を産むことは、彼を操るもう一つの方法で、彼にアンカーやフックを打ち込んで、彼女の面倒を見なければならないようにしようとすることです。

今、私はあなたの子供の母親なのよ。たとえ私が離婚しても、あなたの財産の半分かそれ以上を奪うことができる、西洋社会はこのようにエレガントに設計されています。

エゴは自分を良い人間だと思わせ、相手を悪いと思わせる

それはさておき、

私たちのエゴが他人を操る方法はとても狡猾、とても狡猾で、自分は良い人間だと錯覚させるほど狡猾です。

「あなたは善意しか持っていないし、とても天使のような存在だけど、あなたの動機を疑う人は悪魔に違いなく、もちろん私は聖人ですから、何も悪いことはしていません」

だから、私たちは素直に、単純に、エルドラは彼女に分析をしたのです。

あなたは幸せではないから、このような関係に陥っているのです。

あなたがしていることは何の意味もない、それは愛の行為でした。

エルドラ:それは深い無条件の愛の行為だったのです。

シマン:道を歩いている見知らぬ人にこんなアドバイスはしません。

エルドラが言ったのは、とても仲の良い姉妹の一人だったからこその愛だったのです。

自分が大切に思っている人にだけ、よく考えてから言うようにしています。

だから、「ちょっと待って」と言わずに、彼女には二つの道がありました。

覚醒している人は、「あなたの言う通りだわ」と言って、ここから目を覚まして、実際に自分のバイブレーションに合った男性を見つけることができたかもしれません。「エルドラ、ありがとう」、と言うでしょう。

しかし、それは一つの対処法でしかありません。

エルドラ:それは充分な経験を積んだ人、充分な気づきの意識を持った人がすることだと思います。

もし誰かが、「あなたはこの盲点に気付いていない」と言ったら、私は「ありがとう」言うでしょう。

シマン:私はこれを見てきたし、私たちもエルドラでこれを見てきました。私たちは自分と向き合う人たちです。

エルドラは、この点においてとても優れていて、私は彼女から多くを学びました。

彼女はとても自分と向き合うのが得意なので、私があることを彼女に提示したとき、それはエゴに基づかない意味のある指摘でした。もし私が彼女に「これはあなたの盲点だから見てほしい」と言うと、彼女はすぐにそれを受け取ります。

どうしたらそんなに早く理解できるんだろうって思うんです。私は羨ましいと思っています。

エルドラ:私は自分の盲点を鷹のように注意深く観察しています。

私は自分の盲点を見ることができ、私は彼の盲点を見ることができる。彼には私の盲点が見えています。

シマン:私が自分のトリガーに入るとき、まだ傷がとても深い段階にいるからです。

これは多くの人に共感してもらえるかもしれませんが、傷がとても深いので、誰かが外から「これを見るべきだ」と言ってくれても、それを相手のせいにしてしまうのです。

相手を悪者にしようとしています。でも、なぜそうなるかわかりますか?

エルドラ:それは、あなたの心の傷が、80%は子供の頃にできたものだからです。

彼の傷はごく最近のものだから、そうなのです。

恩知らずの傷、15年間も前妻に見下され続けた傷、彼は7歳の頃からとてもひどい虐待を受けていました。

だから新鮮なのです。だからあなたはそれを見過ごし、全てがうまくいくと思っていたのです。しかしそれにはマスターが必要です。そして今、シマンはとても上手になっています。

シマン:少なくとも、私は傷を見ることができます。少なくとも、修正すべき点があることを認めることができました。これはとても重要なステップです。

エルドラ:それはただ癒やすことについてです。

みんな、そこには何かがあるんだから、この点に戻って、トリガーを通り越して、まっすぐに傷口にたどり着きなさい。

私の場合を考えてみましょう 私の場合は、誕生日に何が起きるかというと、

心の傷:一年中虐待を受け、誕生日にだけ愛を受ける

これは子供の頃に愛されなかったことによる傷です。誕生日に誰かに愛されたい、特別だと感じたい、特別だと思われたいという傷です。

子供の頃、この日だけは私にとって大切な日でした。その話をするのはもういいでしょう。

今、私は愛に包まれています。どこにいても、宇宙は私を愛で包んでくれています。

必要なのは自分を愛すること、1年に364日も自分の誕生日を待っていた美しいインナーチャイルドを引き上げること、なぜなら毎朝自分の誕生日に目を覚ますと胃の中に蝶がいる(緊張している)からです。

階段を降りると、両親が誕生日おめでとうと言ってくれるからです。

両親が私に愛をもって話しかけてくれたのはその時だけで、悪い人ではありませんでした。

つまり、意地悪をしていたわけではないのですが、愛がなかったのです。

そして、あなたが小さなインナーチャイルドに話しかけて、

「私のベイビー、あなたは今、私と一緒にいるのよ」と言ってみてください。

これが4つ目のステップです 今、私が作ったものです。はい、これが4つ目のステップです。

シマン:ステップ3では、自分のエゴのストーリーを超えて、傷の中に入り込みます。

その傷を初めて認めようとすると、たいていの場合、それがブレイクスルー(突破口)になります。

ここで一つだけ、ポイントとして書いておきましょう。

トリガーは常に自分自身のことであり、相手のことではない

トリガーは常に自分自身のことであり、相手のことではありません。

常に覚えておくべきことは、トリガーは常に自分自身のことであり、相手のことではありません

常に。

この概念を理解すると、自分がトリガーになっていることが分かるので、もっと簡単になります。

自分がトリガーになっていることを確認するための目印をお伝えしました。非常に巨大なエゴや、ガードの固い番犬のような性格があることを知っていますか。

そのシナリオでは、自分の前に立ちはだかり、自分のスペースに誰も入ってこれないようにしています。

それはとても厄介なことで、とても嫌なことなのですが、もしあなたにそのようなことが起こった場合、

そのような特定の状況では、自分を孤立させたいと思うでしょうし、自分の内側に入りたいと思うでしょうし、瞑想したいと思うでしょうし、部屋に入ってみんなに、少しスペースが必要だと言いたいと思うでしょう。

私は処理する時間が必要です。そして、あなたのハイアーセルフに尋ねてください。

「ハイアーセルフ、私は準備ができています。傷を見せてください。この瞬間、私は自分のエゴのストーリーをすべて捨てます。その傷と正面から向き合う準備ができました」

あなたはいずれかの方法でそれを見せてもらうことになります。

通常、それはあなたの過去の出来事として示されます。

もし、それが最近の出来事なら、もっとさかのぼって、もっとさかのぼって、自分の人生の中で、感謝されていないと感じたことや、見下されていると感じたことはいつだったかと、自分に問いかけてみてください。

その瞬間に感じていることが何であれ、ハイヤーセルフにその感覚がいつから始まったのかを教えてもらいましょう。

私が初めて見捨てられたと感じたのは6歳の時で、母が電話をしていました。

私は病気で、上の階から母を呼んでいました。

どんなに大きな声で叫んでも、それは今でも私の心に刻まれています。

どんなに大きな声で助けに来てくれと叫んでも、彼女は電話をかけ続けていました。

私は彼女に見捨てられたと感じました。

そして、その見捨てられたという傷は、今でも私の中に何らかの形で残っています。

自問自答してみてください。そうすれば、あなたの人生で最初に起こった時の同じような状況が示されるでしょう。

トリガーはほとんどの場合、前述したように80%は子供の頃のものになります。

だからこそ、トリガーを受けたときには必ずインナーチャイルドが出てくるのです。インナーチャイルドの傷が出てくるのです。

誰かに怒りをぶつけるとき、とても意地悪で有害な言葉を言ってしまうかもしれません。

核となる傷:私は愛されるに値するだけの愛情を受けていない

しかし、あなたのインナーチャイルドが相手に伝えているのは、ほとんどの場合、「私は愛されるに値する方法で愛されていない」ということです。

それはいつも、愛されていないということについてです。

だから、あなたは傷の中に入り、その傷を正面から見つめ始めるのです。

傷を感じることを自分に許すと、魔法はすでに起きているのです。癒しのプロセスが始まっているのです。

なぜなら、傷に光を当てることが癒しであり、傷を感じることが癒しなのです。

では、なぜその傷があなたの目に留まったのでしょうか?

20年前、30年前、40年前のことでも、なぜ、今になって気がついたのでしょうか?

なぜなら、その傷が生まれた瞬間には、その傷を感じるだけの感情的な許容能力がなかったからです。

でも、今は違います。自分の意識を持って、傷を感じ始めてください。文字通り手を置いて、体の一部が痛いなら、心臓が痛いなら、お腹が痛いなら、そこに手を置いて、目を閉じて呼吸をするように感じてください。

白い光をクラウンチャクラから入れて、傷口から出す。息をしていると、白い光がクラウンチャクラから入ってくるのを感じます。そして、息を吐きながら、傷口から白い光を吐き出します。

つまり、神の源のエネルギーをクラウンチャクラから傷口へ、そして傷口から外へとフィルタリングし、チャネリングしているのです。

これは非常にカタルシスに満ちたプロセスであり、実際に魂の暗黒面に光を送っていることになります。

その光は、あなたの魂の失われた部分を再生します。

過去に置き去りにしたすべての断片が、今、あなたのもとに戻ってくるのです。

ステップ4:傷を癒す

エルドラ:傷を癒す。これが最も美しい統合の部分です。

どのようにして傷を癒すのか、私が誕生日に行った例を挙げてみましょう。

私の中の美しいインナーチャイルドを連れてきました。

愛を求めていました。認められたいと思っていました。受け入れられたいと思っていました。
一日でもいいから愛されたいと思っていました。

その子を連れてきて、こう言いました。

「あなたは私を手に入れたのよ。私はあなたと一緒よ、私はあなたと一緒よ、私はあなたと一緒よ」。

それはまるで、あなたが年老いたバージョンのように、赤ちゃんとしての自分のインナーチャイルドを抱きしめ、子供の頃に受けられなかったすべての愛をその子に与えているかのようです。

インナーチャイルドを抱きしめて、私たちにはこれがあると言い、どうやってその傷を癒すのかと言うのです。

ベッドに寝転んだり、自然の中に行ったりして、自分の美しいインナーチャイルドを引っ張り出して、文字通り自分のインナーチャイルドを直視して、その傷をつける原因となったすべての状況を見ます。

私の場合は、いつも見下されていました。私の両親は、いつも私に「あなたと結婚する男はかわいそうだ」と口に出して言っていました。

いつもそう言われていました。それだけでなく、私は結婚したときに家を飛び出したり、

その後、彼らに会ったときには、私の元夫に文字通り「大変だ」と言っていました。「どうやって彼女が男と一緒に暮らしているのかわからない」と。両親はいつも元夫の肩を持っていました。

このような傷は、そのトリガーを通り越して、傷を見て、私の場合は何をしなければならなかったのか、これで癒やされたのか、と聞いて癒やすのです。

それはとても美しいものでした。これは2年前のことで、私たちはキューバかどこかにいました。

シマン:そう、キューバでした。

エルドラ:そうそう、2年前、3年前のことを思い出しました。3年前の私の誕生日、私は何をしたと思いますか?

同じことが起きたって言いました。 目が覚めたら10時でした。彼が買ってくれたものと一緒に可愛いカードをくれました。私の中で強烈な反応が起きました。

その日、私たちのガイドは文字通り「空間を分けなさい」と言いました。

彼は「ガイドが別々に過ごせと言っている」と言いましたが、私は「この野郎、今日は私の誕生日だぞ」と言いました。

「あなたは私から離れたがっている!」

私は癇癪を起こして、彼に離れて欲しくないと思いました。それがトリガーです。

すると彼は、「ベイビー、ガイドが僕たちは別々にいるべきだと言っているから、それを尊重しよう」と言いました。

私はビーチの片側に行き、彼はビーチの反対側に行って、お互いに見えないようにしました。

そしてその時、ヒーリングが起こったのです。

私は自分のひげのガイドを呼び、それを助けてくれました。

私は自分の美しいインナーチャイルドを呼び出して、

「あのね、ベイビー、私はあなたに十分な愛を与えてこなかったわ」

その時、すべての傷は必要ないのです。彼が私を愛していようと、彼女が私を愛していようと、彼らが私を愛していようと、彼らが私を愛していまいと、そんなことはどうでもいいのです。

人間の愛とは何かを考えてみましょう。

私はたくさんの人に「愛してる」と言われてきました。私が参考にした友人やソウルシスターたちもその一例です。

この愛はいったい何なんだろうと思いました。

最終的には自分を無条件に愛することに集約されます!!

最終的には自分を無条件に愛することに集約されます。

もし私が自分を無条件に愛していなかったら、私はYoutubeのビデオを作ることができませんでした。

なぜなら、どれだけ多くの批判が私たちに投げかけられているかを知っているからです。

私たちを見ている多くの人たちは無条件に私たちを愛してくれている、そんな皆さんは素晴らしいです。

自分を愛すると、自分を愛してくれる人たちを引き寄せます

私は、皆さんに感動しています。

これを聞いてびっくりすることを知っています、グッゲンに、スキーに、キティ、あなたたちは素晴らしいです。

この3人の美しい魂は、20代の若い魂ですが、全員がそうだと思います。二人はインド、一人はアメリカにいます。

私たちのテレグラムチャットの管理者が必要になって、彼らは、ページをきれいに保つために管理者になることを申し出ました。

これは2日前のことで、今まで私はスクリーンを通してあなたたちを見ただけで、あとはリトリートに来た何人かの人たちを見ただけです。

彼女たちは文字通り、小さなテレグラムチャットを作りました。

私と彼ら3人、そして彼らから私に注がれる愛は、とても純粋なバイブレーションです。

昨夜はベッドに横たわり、なんてこった、これまで私は自分自身を愛していなかったので、宇宙は私の欠点をすべて反映してくれる人々としか私を結びつけなかったのだ、と思いました。

私は自分を愛していなかったので、宇宙は私を愛せない人々を映し続けたのです。

私が自分を愛していなかったために、彼らは私のことを見ることができませんでした。

私のように、シマンのように、これらをすべて癒してしまえば、話は別です。

私たちは今、お互いに愛し合っているように、自分を愛してくれる人たちを引き寄せています。

昨日、ガーガン、スキーとキティが私を感動させてくれました。

というのも、ある人が私たちのテレグラムチャットにコメントしてくれたのですが、「なぜ私がトリガーを引かれるのかわからない」と言っていたのです。

「ある日、シマンが話しているときはトリガーにならず、エルドラが話し始めたときにトリガーになりました。でも、これが私のトリガーだということは理解しています……何が入っているのか、何が起こっているのか」

そして、あなた方の一人が、キティーだったかスキーだったかわかりませんが、その人に返事をしてくれました。私たちにとってそれは、アハ!の瞬間でした。

彼女はこう言いました。

「信じて、あなたのネガティブなエゴが癒されたとき、なぜ彼女にトリガーされなければならないのかというネガティブな声が癒されたとき、あなたには天使が見えるでしょう。あなたはただ天使を見ることになるでしょう」

と彼女は言いました。

文字通りの意味で、とても深いことを言っているのですが、

自分をクリアにすると、彼女が言っているのは、私やシマンと話していると、私たちを天使のように見ている人がいるということです。

もしあなたが女性の傷を持っていたり、父親の傷を持っていたりしたら、シマンは人々の多くの父親を、エルドラは母親の傷やその他のものをトリガーします。

無条件の愛を体現する者は皆のエゴを映し出す鏡になります

そして、覚えておいてほしいのは、私たちのように誰かが力を発揮しているとき、私たちはマスター・トリガラー(人々が自分の傷を映し出す鏡、のような意味)だということです。

シマン:スピリチュアル・ティーチャーとはそういうものだからです。それが私たちの無条件の愛だからです。

取り組むべきことを、いつもあなたに示しています。意識してやっているわけではありません。

なぜなら、私たちは人々をトリガーすることが大好きだからです。

それはあなたを通して起こるので、あなたのハイヤーセルフは、私たちとの相互作用の中で、何らかの方法で、あなたが私たちによってトリガーされるような状況を演出するのです。

成功した生徒は、長い間私たちと一緒にいて、私たちと一緒に最後までやり遂げた生徒です。

彼らは、私たちではなく、彼らに常にスポットライトが当たっていることを知っている人たちです。

脱落していくのは、「お前らは悪い奴だ」、「お前らは悪だ」、「汚い言葉を使うな」、「悪口を言うな」、「肉を食うな」、「豪華なホテルに行くな」と言っている人たちです。

お金のブロックが出てくることもあるし、信念体系を経由されることもありますが、これらすべてがトリガーになります。

でも、あなたが幼いインナーチャイルドを誕生日に連れて行ったときのことも話してあげてください。そう、あなたの誕生日のトリガーで、お前たちを連れて行こうと言って、カタログを拾ったこと。

エルドラ:はいはい、ありがとう、忘れてました。どうやって覚えてるの?

彼は素晴らしいですね。それで、私はその時に何をしたかというと、

私は文字通り、5つか6つのバージョンのインナーチャイルドに呼びかけました。覚えているのは3つのバージョンです、3つのバージョンが出てきて、私は言いました。

シマン:そのうちの1つは部屋に閉じ込められていた子、もう1つは3~4歳の頃のあなたのインナーチャイルドです。

エルドラ:3つの異なる年齢があって、傷ついたインナーチャイルドが出てきて、私は「行こうぜ、あんたたち」と言いました。女王様たちはここにいるんだから。

シマン:プロセスを説明しましょう。皆さんには家でトリガーがかかったときにこれをやってもらいたいので、まず内向きになって、傷を見たいと言うとします。

傷口を見ているときは、その傷口を癒やしたいと思います。

そして、その傷はたいてい子供の頃にできたものなので、最初に強烈な感情を感じた時の自分の姿を思い浮かべてください。

例えば、私が6歳の時、大声で叫んでも母親が助けに来なくて、私のインナーチャイルドが分裂しました。

エルドラの場合、彼女の誕生日の傷を見ると、一人は6歳の時に愛されなかった時のインナーチャイルド、もう一人は16歳の時に3日間部屋に閉じ込められた時のインナーチャイルドです。

エルドラ:よくぞ覚えていてくれました。

シマン:そしてもう一人は20代で、その後3つのバージョンが出てきました。

エルドラ:そう。それで何をしたのかというと……文字通り言ったんです。私の誕生日を盛大にお祝いしましょうって。

私は何を言ったかというと、彼らを連れ出して、クソキャデラックで迎えに行くと言ったのを覚えています。お金で買える最高のホテルに泊まろうって。ご褒美に何かを買ってあげる。

そして彼らに言いました。この休暇は私たち4人のためのもの。私とあなたたち私の断片たち3人のもの。

ペディキュアをしに、16歳のインナーチャイルドと一緒に ペディキュアをしに行くのよ。

私は高級ホテルに行って、マッサージに400ドル使いました。

私は自分がしたことのように、インナーチャイルドにこう話しかけました。

「あなたは今私と一緒にいるのよ。私たちはお互いを甘やかして生きていくのよ。あなたは今、私と一緒にいる……誰でもない……シマンでさえも……」

それが私にとってのブレークスルーでした。

私は、

「誰にも、私にも、シマンにも、あなたたちを傷つけることは許されない」

と言いました。

「約束するよ。今日からあなたたちは私のもとで安全です。私はあなたをしっかり握っています」

シマン:その通り。

エルドラ:ヒーリングはとてもパワフルで、私を解放してくれました。

もし、私がこのようなヒーリングを受けていなかったら、そして彼がいなかったら、私たちはYoutubeビデオを作ることができなかったでしょう。これがどれだけ大きなことか想像できますか。

傷を癒すまで、あなたは低次のタイムラインにいます

傷を癒すまで、あなたは低次のタイムラインにいます。

つまり、同じことを別の言い方で言うと、もしあなた方が癒されていない傷を持っているなら、そのせいであなた方は低いタイムラインにいるということです。

傷を癒すことで、私たちはロケットのように上昇していきます。

今、私たちは文字通り、お互いに何の傷もない状態に入ることができるからです。

ストーリーの中で私がいかに多くの日数を費やしていたかを話しましょう。

シマン:そう、これはステップ4の「傷を癒す方法」の一部です。

傷の中に入っていくと… 私の場合、傷のきっかけとなったストーリーに、時間をかけすぎてしまう、そのストーリーに浸り続けてしまうことがありました。

私はエネルギーを外に投影し続けていました。そして、部屋に隔離されて瞑想し、感情を処理することで、自分は正しいことをしていると思っていました。

しかし、感情を処理し、問題の根本的な原因は何かを自問するのではなく、私は、彼女が原因だとか、彼が原因だとかいうエゴの話に囚われていたのですが、そのプロセスがどのように機能するのかわからなかったので、そこから抜け出すことができませんでした。

私たちはいつも人生をリバースエンジニアリングするようにしていて、それはとてもパワフルな生き方だからです。

人生をリバースエンジニアリングしてみると、核となる傷はすべて子供の頃にできたものだとわかりました。皆さんにもこの方法をお勧めします。

まず、エゴのストーリーを(そこにはまらずに)通り過ぎてください。そして傷を感じてください。

自分の中のどの部分、つまりインナーチャイルドバージョンの自分が、最初にそう感じたのか、最初に傷ついたのか、最初に助けられたのかを感じてください。

見捨てられたと感じたとき、そのインナーチャイルドバージョンの自分を目の前に連れてくるのです。

ハイアーセルフがするように、インナーチャイルドに話しかけましょう

ハイアーセルフがするように、インナーチャイルドに話しかけます。

あなたは彼らの幸せを祈る者であり、あなたは彼らのハイアーセルフであり、あなたは彼らの無条件に愛する者として、インナーチャイルドに語りかけるのです。

あなたは彼らの無条件に愛するアセンデッド・マスターです。

その子をただ抱きしめて無条件に受け入れてくれる人として話しかけるのです。

イマジネーションのパワーは強力です。

もしあなたのイマジネーションが非常に強ければ、あなたが熱心に実行すれば、私はこれがうまくいくことを保証します。

あなたの傷を癒すことができます。

インナーチャイルドを連れてきて、何の制約もなく無条件に自分を表現するように頼むのです。

日記を書いて、自然に出てきたものを何でも書き留めることで、自分のインナーチャイルドとチャネリングすることもできます。

実際、日記をつけること(ジャーナリング)はとてもお勧めです。

日記を書くと何が起こるかというと、自動書記が始まるのです。最初の数語は頭の中で考えていることかもしれませんが、その後、指が勝手に動き出し、チャネリングを始め、自分でも意識していないデータバンクや記憶にアクセスし始めるのです。

何年も抑圧されていた潜在意識の断片をチャネリングすることができるようになります。

意識していなかったからこそ出てきた痛みがあることに衝撃を受けるでしょう。

これらの記憶の多くは閉じ込められているので、インナーチャイルドとのチャネリングを始める際には、言葉を使って行うことができます。ジャーナリングで行うこともできます。

インナーチャイルドが自分の傷を表現するのを許したら、彼らを抱きしめて、こう言うのです。

「今、私にはあなたがいる、もう誰もあなたを傷つけることはできない、あなたは私と一緒です。あなたは私と一緒にいます。私と一緒に融合しませんか?」

と言って、そのインナーチャイルドを抱きしめます。

準備ができたら、インナーチャイルドはあなたと合体します。このプロセスを急がないでください。

癒しは目的地ではありません、癒しは旅です

もし、このプロセスを行うのに2、3回かかるようであれば、焦らないでください。癒しは目的地ではありません。癒しは旅です。自分自身に忍耐強くあってください。

そして、そのインナーチャイルドを抱きしめ、時が来たら、そのインナーチャイルドに自分のハートと完全に融合し、ライトボディに溶け込むようにお願いしてください。

その時、あなたはヒーリングが完了したことを知ります。

この溶けて融合するプロセスを実際にイメージしてみましょう、私もエルドラも経験していますから。

彼女の経験では、誕生日に愛を与えられなかったのは、彼女のインナーチャイルドでした。誕生日だけが愛を受けられる瞬間だったのです。

エルドラ:重要なことは、インナーチャイルドは常にサマンサ(多分リトリートの女の子)のように行くわけではないということです。インナーチャイルドは常にあなたをすぐ許し、癒されるとは限りません。

私のように、彼らは6ヶ月ほど癒す準備ができていませんでした。

どのくらいの期間かは覚えていませんが、あなたはそれを急ぐ必要はありません。あなたは霊的(サイキック)ビジョンを見るでしょう。

シマン:ただ続ければいいのです。

エルドラ:誰かが、私はまだあなたに統合したり溶け込んだりする準備ができていないと言ったとしましょう。

まだあなたのインナーチャイルドは、サイキックビジョンでインナーチャイルドを見てみるとわかります。

例えば、まだ準備ができていないと、完全には癒されていないように見えます。

私のインナーチャイルドのように、疲労困憊しているように見えました。彼女は母親を助けるために12時まで階段に座っていたのです。

例えば、両親が喧嘩をしたとすると、私はいつも後ろ、肩の向こうを気にして、常に危険を感じながら生活していました。

私のインナーチャイルドは、「もう帰ろう」と言うだけではなく、「さあ、マッサージにお金をかけよう」、「スパで過ごそう」、「あなたと私で公園で過ごそう」などと言っていました。

これはプロセスです。

傷ついたインナーチャイルドを常に自分のオーラに留めておく

パワフルなテクニック- 傷ついたインナーチャイルドを自分のオーラに留めておく

その方法は、常にインナーチャイルドを自分のオーラに留めておくことです。

これが私のやり方です。いつも彼女を私の周りに置いておくと、私の16歳の子供が自分のことをするように、彼女も自分のことをするようになります。

私が自分のことをしている間、彼女はヒーリングをしていましたので、これは多次元ヒーリングのようなものです。

あなたは自分の人生を歩むと同時に、これらのインナーチャイルドバージョンを近くに置いておきます。自分のオーラの中に置いておき、チェックし続けます。

シマンが言ったように、彼らが最終的にあなたと融合するまで、常に彼らを意識しています。

私は実際に書き留めたマントラを持っています。

あなたがハイヤーセルフとしてインナーチャイルドに話すとき、文字通り共感を持ってこう言います。

私は自分の痛みを喜んで感じます

「私は自分の痛みを喜んで感じます。私は自分の痛みを感じることを望んでいます。この傷を処理するために必要なものを見たいと思います。自分の中を通過させます」

そうすると、感情的な電荷が解消され始め、傷が解消されるのです。

シマン:その通り。そして気づくのは、次に同じような状況が起こったとき、以前は自分のトリガーになっていたのに、それほど悩まなくなるでしょう。

ほんの少し気になるだけで、気がつけば、そこに行く必要はありません。もう処理してしまったんだから。

そうすれば、どんどん楽になっていきます。それは、癒しのプロセスがうまくいっていると感じるときです。

自分に忍耐強く、常に自分の内に目を向けましょう。

責めるのではなく、ハイヤーセルフに聞くのです。これはとても勇気のいることですが、ハイヤーセルフに傷が何であるかを教えてもらうのです。

そして、その傷の原因となった過去の部分を特定したら、痛みを感じて、インナーチャイルドに話しかけてください。

痛みを感じ、インナーチャイルドに話しかけます。傷ついて断片化した自分のバージョンは、それ自体がひとつの人格になります。

そのインナーチャイルドに話しかけ、彼らを愛するのです。

これはいつも変わらないことです。

それは、常に愛の欠如であり、愛されなかった過去の傷であり、愛の欠如であるということです。

私たちが好きなもう一つの簡単なエクササイズは、瞑想しているときに行うものです。

何のきっかけもなく、ただ瞑想しているときに、自分の心臓に手を当てて、そして毎日、お互いに光を送り合うのです。

エルドラ:皆さん、私たちはこれを毎日行っています。

シマン:愛と光を自分のハートに送り込むのですが、最初は心の中に空洞があるように感じたり、何かが欠けているように感じたりします。

なぜなら、スピリチュアルな旅の初めの頃は、すべての人とは言いませんが、ほとんどの人は魂の欠片がたくさんあります。

なぜなら、愛されていないからです。

心に手を当てて、自分の愛で自分を満たしてください

心に手を当てて、自分の愛で自分を満たしてください。

このエクササイズはとてもパワフルです。

自分の愛で自分を満たし続けることで、最終的には、至福の状態を感じることができます。

この至福感があなたを支配するのを感じるでしょう。

そしてその時、あなたは自分の愛が本当に溢れ出していることを知るのです。

噴出しているのです。

これはとてもパワフルなエクササイズです。

自分を愛することです。

本当の仕事はここにあります

エルドラ:私はこのトリガービデオを作ったことをとても嬉しく思います。

シマン:同じく。これは本物の仕事です。みんな真剣に取り組んでください、そうすればあなたは飛び立つことが出来ますよ。

エルドラ:私はとても興奮しています。 私たちがしたことの一つは、この送信全体にクリスタル・ダイヤモンドの周波数を埋め込んだことです。

それが何をもたらすかというと、ここに聖なる道具をいくつか用意しました。

これが何をするかというと、あなたたちのクソを優しくさらけ出すことで、あなたたちを素早くダイヤモンドの周波数に引き上げるのです。

すべてのトリガー、すべての傷、すべての制限された信念システム、それが何であれ、このツールはあなたに全てを与え、表面に出してくれます。

もう言い訳はできません。あなたはこの問題を解決し、彼らのつっかえから自分自身を解放するツールを持っています。

飛び立つ準備はできています。あなたはロケットのように飛び立つ準備ができています。

シマン:覚えておくといいもう一つのアファメーションは、ハイヤーセルフに、自分の傷やトリガーを、全体を揺さぶるような方法ではなく、優しく見せてもらうことです。

ハイヤーセルフにお願いするとしたら、

「ハイヤーセルフ、どうか私の盲点、傷、トリガーをすべて、私が処理しやすい方法で明らかにしてください。暴力的な感情の爆発を引き起こさない方法で」

それがうまくいけば、ハイヤーセルフはあなたに優しくしてくれるでしょう。

エルドラ:最後に一つだけ、皆さんに確認しておきたいことがあります。

シマンは2回か3回ほど言っていましたが、あなたが痛みを感じているときには、トリガーを通過して傷口に行くとき、耐えられないほどの痛みを感じることがあります。

傷が大きいと、その傷、悲しみ、痛みのすべてが、世界で一番嫌な感じになります。

自分を安全な場所に置いて、「感じてみよう」と言って、心臓に手を当ててみると、嫌なことや辛いことが浮かんでくるのを思い出してください。

勇気を出して、それを感じてみてください。

でも、これが奇跡なんです。

一日に15~20分でもいいから、それを感じていると、

どうなるかというと、それはあなたから離れ、癒され、処理され、永遠に消えていきます。

これを最後にして、ある日突然、感情が残らなくなって、あなたは「わかった、もういいよ」となるでしょう。

痛みを感じようとしても、あなたは「大丈夫」と思います。「もう痛みはない、楽になった」。

シマン:そう、あなたはそれを癒しました。あなたを心から愛してくれる人がいれば、それは本当に助けになり、あなたのために全ての空間を与えてくれます。

前回、自分の傷を感じていた時、エルドラがとても愛情を持って部屋に入ってきたのを覚えていて、私はその状況について彼女を責めていたのですが、

彼女はただ無条件にスペースを確保し、私のエゴのトリガーに反応することもなく、

「私はあなたに愛を送るためにここにいるのよ」と言ってくれて、私は「なんてこった」、

それが私の心を溶かしました。私のストーリーを打ち砕いてくれたのです。

私は彼女がいて幸運でしたが、もし皆さんが安全だと感じられる人がいないのであれば、そのような状況から離れて、公園に行くなどして自分を解放する必要があります。

公園など、エネルギーから離れて一人になれる場所に行きましょう。隣の部屋で誰かに暴言を吐かれているような不安定な状況ではできません。

たとえ、車に乗ってどこかへドライブして8時間座っていたり、プールに行ったりしなければならないとしても、安全な場所で行ってください。

相手を尊重して愛を持って見守る

エルドラ:そしてもうひとつ、もし目の前の人がトリガーを引かれていたとしたら、

例えば、シマンがトリガーを引かれたとき、私は部屋に入って、ただ愛と無条件の愛の中に座っていたとします。

そして、その無条件の愛の力は、傷を溶かすほど強かったのです。

シマン:それは私にとって最もパワフルな出来事でした。

というのも、私はこの天使を非難していて、彼女は私に何も与えてくれないと思っていたのですが、私を縛っているのは私のエゴの話だと気づいたのです。

そのおかげで、初めて自分のエゴを超えて、気づくことができました。

それが私のアハ!体験でした。ストーリーではなく、私自身なのだと気づいたのです。

エルドラ:私はただ、自分には癒すべき傷があることを忘れてはいけません。誰でもそうだし、それが普通なんです。

だから、もし誰かが目の前でトリガーに反応しているとしても、指導したり、説教したりしないでください。

彼のように、もし私が行って「あなたはトリガーに反応しています」と言ったら、彼は家を出て行ってしまうでしょう。

相手を信じて、ただ相手に愛を与えて、理解していると言ってください。

忘れないで、トリガーとは何か、今のあなたは知っているでしょうが、あなたの人生の周りの人々はそんなものは知りません。

だから、それを理解して、他の人がトリガーを経験しているときに共感することがとても重要なのです。

だからといって、その人があなたにクソを投げつけたり、あなたに失礼なことを言ったり、あなたを見下したりするのを許す必要はありません。それは絶対にダメです。

少なくとも距離を置いて、これを乗り越えるまで待ってるよと言ってみましょう。

私はここにいます。私はあなたを愛しています。でも今はあなたの乱暴なエネルギーに付き合うことはできません。あなたにも境界線があります。

おわりに

私はこのビデオを作って本当に良かったと思っています。これは素晴らしいことです。

もう一度私が言っていたことをまとめると、私はガーガン、キティとスキーについての考えをしっかり伝えきれたかどうかわかりません 。これはとても美しいからです。

私にとってとても重要なことは、私は自分を癒した後、シマンにこう言いました。

天使たちが私たちをどう見ているのか見てみましょうと言いました。

彼らは私たちを天使として見ています。なぜかというと、彼らは自分自身の癒しを充分に行い、私たちも癒しを充分に行ってきたので、最終的には、愛しか見えない人たちとエネルギー的な波動が一致したからです。

そしてもう一つ、みんな、今降りてきたことです。

私たちを鏡の板として使ってください……リフレクター、リフレクターボード、なんでもいいです。

私は完全に誠実に、言った事実を真実だと保証することができます。

シマンと私はエゴではなく、今は無条件の愛の中にいます。

シマン:経済的な動機でビデオを作っているわけではありません。

エルドラ:私たちがあなたをトリガーするとき、あなたは時々人があなたをトリガーしても、その人があなたを愛しているのかいないのか、あるいはあなたをトリガーしているのか、あるいは彼らのエゴなのか、よくわからなくなることがあります。

彼らはあなたの先生になることはできませんが、自分のエゴにとらわれていない人ならできるのではないでしょうか?

私たちはエゴを持っていません、保証します。

もし、あなたが私たちにトリガーされたら、それをトランポリンにして、次のように言ってください。

「ああ、この二人にトリガーされたけど、彼らはエゴを持っていないわ。だからこそ、私の中にやるべきことがあるんだ」、と。

だから、私たちを責めるのではなく、私たちを最大のトランポリンとして使うのです。

私のことを非難したり、私たちを最大のトランポリンに見立てたりするのではなく、私たちはお互いに支え合っているのだと言いたいのです。

あるいは、彼が私にトリガーされ、私が彼にトリガーされた、これらはすべて人間のストーリーであり、私たちはいかなる責任も負いません。

これこそが無条件の愛なのです。

私たちの無条件の愛は、あなたにトリガーされる機会を与えています(エゴのない鏡のような存在だから)。

あなたを歓迎します。文字通りそれが私の気持ちです。あなたを歓迎します。

なぜなら私はあなたの親友になるためにここにいるのではなく、あなたを喜ばせるために来たのではなく、あなたに受け入れられるために来たのではありません。

私はトリガーを引くために来ました。 ちょっと言いすぎかな。

シマン:私はあなたのトリガーになるためにここにいるのではありません。

でも、それはプロセスの一部として起こることであり、それはあなたが経験の中で作り出していることだからです。

あなたには目が必要です。自分を見つめようとしない人ははトリガーを映し出そうとさえしていません。

エルドラ:私たちはわざとトリガーになるようなことはしていません。 私たちはただ自分自身に満足しているだけです。私たちは皆さんに教えたいし、私たちが学んだすべてのヒントを提供したいと思っています。

でも、もしあなたがトリガーに反応しているなら、それを自分のものにして、乗り越えて、傷を癒して、自分のインナーチャイルドと過ごす時間を作って、飛ぶ準備をしましょう。

シマン:また次の機会まで。皆さんを愛しています。

エルドラ:バイバイ、みんな愛してるよ。

補足

“トリガーと悪い態度をしている人の違いをどうやって見分ければいいの?”
“もし、それがトリガーであれば、それは私の問題であり、彼らの問題ではないでしょう?”

私の回答:

素晴らしい質問ですね。もしあなたがトリガー(センターに対して)を受けているなら、あなたの中に癒しを必要とする心の傷があります。

一方、相手の態度が悪くても、自分のセンターを保ち、自分のパワーに留まり、エゴに支配されることがなければ、結局、相手に今は帰ってもらうか、その場から自分を離し、自然の中で素早くグラウンディングしたり、瞑想したりして、「トリガー」を感じることなく一日を過ごすことができます。

この違いは、”あなた”がその状況をどう感じているかを見ればすぐにわかります。もしあなたが、相手の無礼さや見下した態度について常に考えていて、「相手が間違っていて、自分が正しいことを証明しよう」と思っているなら、あなたはトリガーされています。

もし、相手がどのように無礼なのか、どうやって20通りの方法で相手に伝えることができるのか、ということに執着しているとしたら、それはあなたのエゴであり、あなたはトリガーになっています。もし、あなたがニュートラルを保ち、一歩下がって、自分の境界線を確立し、相手が落ち着いたところで合理的な会話をすることができれば、それはあなたが自分のパワーを発揮しているという事実を反映しています。そして、あなたは”相手”の暴走によってトリガーされることはありません。

例えば、誰かが私たちのソーシャルメディアに無礼なコメントをして、それを私たちが見てしまったとします。私たちは、そのユーザーを自分のページから追放し、次の行動に移すだけです。シマンと私は、このことをお互いに共有しないというルールを設けています 🙂 私たちのページ管理者は私たちにシェアさえしない指針を持っています。なぜなら、それは私たちの関心事ではなく、私たちよりも無礼な発言をしている人のバイブレーションを反映しているからです。私たちはトリガーされていないことを示しています。その代わりに、その低いバイブレーションのコメントを気にして、その人がいかに失礼なことを言ったかなどを話して一日を過ごしたとしたら、”私たち”はトリガーされていて、まだ自分の中に見るべき核となる傷があるということになります。そうなると、私たちはその周波数に吸い込まれてしまいます(これがトリガーの役割です)。そうではなくて、ネガティブな周波数が私たちに触れないようにして、跳ね返すようにするのです。わかりますか?)

私は真面目な生徒たちと皆さんの質問が大好きです:) 私たちがビデオを作るときに話しているのは、あなたたちだということを知っておいてください❤️ ❤️ ❤️

Telegram: Contact @eldorasiman

エルドラ&シマンの他の記事、動画

マータさんが一部の記事を訳してくださっています。翻訳に感謝いたします。

もう過ぎたものだからいいや、というものではなく、
とても素晴らしいメッセージばかりですので、興味があればぜひお読みください。

「 EldoRa & Siman」のブログ記事一覧-真実の泉 - ディスクロージャー
「 EldoRa & Siman」のブログ記事一覧です。ホィッスル・ブロウワー・警告の笛を鳴らす人達が伝える世界の真相。私たちには、何が出来るのか?【真実の泉 - ディスクロージャー 】

以下は記事の読み上げ動画です。

銀河連合からのアップデード(5/20)-地球でこれから何が起きるのか?

今何が起きているのか?☆グローバル・アップデート☆エルドラ&シマーン

真の歴史 – アトランティスから今の黄金時代まで – 春分からの目覚め☆

3月の銀河宇宙からのエネルギー&キリスト意識のダウンロード⭐️コーリーグッド*メッセージ

タイトルとURLをコピーしました