ディスクロージャー(Part 1): “レイ “のインタビュー:ジェイソン・シャーカ

おすすめの記事

◆メールで更新をお知らせします◆

(迷惑メールフォルダを確認し確認メールをクリックして下さい)


 

ディスクロージャー(Part 1): “レイ “のインタビュー:ジェイソン・シャーカ

2022年1月1日に公開されたジェイソンシャーカさんとその師”レイ”さんのインタビューです。
海外で大きな反響を巻き起こしたインタビューです。

言っていることをそのまま信じる必要はありませんが、
宇宙船で別の惑星に行き、地球外生命体と直接接触したり、
ミッションで地下基地に行ったことがある直接体験の話が聞けます。
インテル情報のようなまた聞きの話ではなく、本人の直接の一次情報です。

時間がある時に翻訳したいとずっと思っていましたがようやく字幕を付けることができました。

英語オリジナル版のリンクです。

ディスクロージャーはPart 3まで公開されています。

ジェイソンシャーカ公式サイト

はじめに

インタビュアーのジェイソンシャーカさんが黒色、レイさんが普通の文字になっています。

概要欄①を参照してください

①2020年9月9日午前9時(東部標準時)、「ピラミッドコード」と題された文書が一般に公開されました。2021年11月11日午前11時(東部標準時)、「レイズ・オブ・ライト」と題された文書の一部が一般に公開されました。これらの文書は両方とも、ジェイソン・シャーカが「レイ」と呼ばれる匿名の人物と、「TLS」(ライト・システム)と呼ばれる非常にスピリチュアルに高度な秘密組織のために発行したものです。

11年間の身分を隠しての仕事の後、レイは声を変えることと、身元を隠すために暗い条件で撮影することを条件に、初めてカメラに出演することに同意しました。このインタビューでは、レイがこれまでに得た知識や情報、そしてTLSで実際に体験した驚くべき出来事について、質問に答えています。レイの一部の発言は、正しい英語ではないかもしれません。これはレイが外国人であるためです。

皆さん、こんにちは。今日は、私がこれまで話してきた人物と
非常に興味深い、また違ったインタビューをします

「ピラミッドコード」を書いた人物
「レイズ・オブ・ライト」を記録した人物

TLS、別名ライトシステムという組織に関して
私を今の世界に引き入れた
今日お話しするのはこの人物です

その人物は、私の親愛なる友人であるレイで
私の目の前に座っています

レイ、この度はお時間を頂き、本当にありがとうございます

どういたしまして

まず最初に、なぜあなたをカメラの前に連れてくるのが
いかに大変だったのか、というところから始めたいんです

オーケーをもらった後も
あなたの声を変えなければならなかったし
あなたは正体を明かしたくなかったのです

ああ、私はとてもプライベートな人間なので
人前で何かをするのは嫌なんだ

それに、私の仕事の性質上、身分を隠さなきゃならないんだ

仕事の性質上、興味深いことにあなたは
二重生活を送っているわけですが
この点についても触れておきましょう

表舞台に立つ皆が知っているあなたと
裏方として密接に連携している組織で
沢山の仕事をしている二重生活です

それはどういうことなのでしょうか?
知らない人のために説明をお願いします

まあ、そう、二重生活だね

2010年まで、私はごく普通の生活をしていた
そして、TLSが私の人生に入り込んできたんだ

出会った人がいて
その人にじわじわと入れ込んでいったんだ

TLSと関わると、基本的に全てが極秘になる

組織の人間以外には、自分も組織の人間も
特定できないようになっているんだ

TLSとは

TLSとは何か、何をする組織なのか
あなたの実体験からもう少し詳しく説明してください

TLSは、何千年も前から存在する組織で
今現在、世界中に約7000人のメンバーがいるんだ

支部というかオフィスというか、そういうものがあるんだ

基本的に世界の主要都市には
オフィスではなく支部と呼ばれるものがあるんだ

各都市にマネージャーがいて
その上にマネージャーがいる

彼らは物理的な仕事と
スピリチュアルな仕事を同時にこなしているんだ

スピリチュアルな仕事をするメンバーもいれば
物理的な仕事をするメンバーもいるし
時にはその両方をこなせるメンバーもいる

物理的な仕事とスピリチュアルな仕事とはどのようなものか
いくつか例を上げてもらえますか?

物理的な仕事とは、例えば個人のオフィスや公共の
オフィスなど、誰かのオフィスに行って、基本的にその人の
コンピュータや机から重要な書類を奪おうとすることだ

その人が何か他のことで忙しくしている間に
資料を持ち去ろうとするんだ

それを “盗み “と呼んだっていい

スピリチュアルな仕事は、例えば、マインドゲームと呼んでもいい
ある人の人生観を変えたり、政治家などがあるテーマについて
意見を変えたり、彼らに対してスピリチュアルなワークをすることだ

ほとんどの場合、相手は自分が何をされているのか
わかっていない。すべてはその時々の
ミッションの内容や与えられた次第なんだ

だから、ニューヨークのど真ん中でも、ユタの山奥でも
どこでもいい。ミッション次第なんだ

短いミッションと長いミッションがある

あなたは自分を組織のどちら側だと思いますか?
より物理的な仕事の方か、スピリチュアルな仕事の方か
あるいはその両方?

私はよりスピリチュアルな方だ

私はスピリチュアルな方の担当だ
たまに物理的な仕事をすることもあるが
大抵は人と一緒に行動する

あなたが過去に行った仕事の中で、スピリチュアルな面での
例をあげられるものはありますか?

いいえ、ありません。それについては言えませんね

TLSの物理的、スピリチュアル、すべての活動において
全体としてどのような意図を持っているのか?また、何を
目指しているのか、まとめるとしたら、目的は何ですか?

いい質問だね。私は何度も自分に同じ質問を投げかけてきた
自分でさえ、これからやろうとしているミッションが
理解できないこともあるぐらいなんだ

何が目標なのかが分からないことがある
いつも教えてくれるわけではないんだ

たまには、ただ行って言われるがままに行動して脱出するんだ

何が目的なのか、いつも分かるとは限らない

しかし、全体的には宇宙の周りの物事を
解決しようと考えているようだ

人類を助ける、困っている人を助けたり、世の中の役に立つとか

TLSはとても非暴力的な集団で
武力を行使するのは好きではないんだ、使えたとしてもね

武力は行使しないんだ

前にもマインドゲームと言ったが
許される範囲で相手の心を変えるのを好むんだ
常に自分の力で変えることが許されるとは限らないよ

人の魂、人の心を通じて物事を変えるとかね

TLSのルール

何かをやっていいことと悪いことのルールって知っていますか?

ああ、でもとても複雑なんだ
こんな短い議論でまとめられるかどうか

人の運命に干渉することは
99%の場合許されないことなんだ

例えば、私によくあるんだが、危険な目に遭っている人を見て
自分には助けられるから、その人を助けたいと思って
危険地帯から脱出させるよう要請すると

「ダメだ、放っておけ。彼はこれを乗り越えなければならない
それはできない」と言われることがよくあるんだ

逆に、これはよくあるんだが
私の目には犯罪者と映る悪事を働く奴らについて

私が奴らが何をしたのかわかっていて
そして奴らが何かをするのを止めたい時や罰を与えたい時
明らかに警察は何もしてくれないんだからな

それだって許されなかったんだ

犯罪者たちは元ナチスか小児性愛者かもしれないな

今日までまったく理解ができないんだよ
ルールが分からないんだ

私は最大限ルールを守ろうとするよ。でも正直に言うと
いつもルールを守るとは限らないんだ。私はルールを破る
確かに私はルールを破ったことがあるんだ

ルールを守らなかった時は代償を払ったんだ

ルールを破ったというのは
どういうことなのか詳しく教えてください

組織内でやってはいけないことを
その時は正しいと思ったからやったんだ

私は組織との間に衝突があるんだ。私はより多くの行動と
もちろん正当な理由のために
必要な時には武力行使することを信じているからだ

でも、TLSはもっとのんびりしている

武力というのは
彼らが「仕方ない」と思わない限りは
行使したくないものなんだ

だから私は組織との間に衝突があるんだ

私はその組織のコミュニティの正式なメンバーではないから
個人的な葛藤があるんだ
だから、全てを知っているわけではないんだ

全てを教えてくれるわけじゃないのは理解できるけど
私には多くのことで理解できないことが多いんだ
でもとりあえずやっているんだ

何度も聞いたことがありますが
TLSはあなたを入れたがっていたのに
あなたは入らなかった

なぜそのような選択をしたのか、詳しく教えてください

私はまだ家族主義で、コミュニティの一員なんだ

メンバーになると、自分だけでなく、家族全員の全てが変わる
その覚悟がないんだ
私の家族は間違いなく準備ができていない

身近な人はほとんど何も知らないんだ

だから、特に自分のやり方と相手のやり方との間に
多くの不一致や衝突がある現状では
自分にとって適切なことだとは思えないね

彼らはもっとチームワークを大切にしたい

私は自分一人で行動するのが好きで
上司との間に摩擦が生じる

TLSのマネージャーと超能力

ひとつお聞きしたいのですが、あなたは上司の指示やルールが
必ずしも理解できていないようですね

誰かの運命に干渉するようなことは誰が決めるんですか?
あなたはどちらかというと、兵士のように聞こえますね

イエス

司令官はどこ?司令官は誰?
人間ですか?高次元の世界から?
そういうのはどうなってるでしょう?

ノー、人間だ

私たちがラビAAと呼ぶラビがいる

彼がメインメンバーの一人だ

彼の下に世界中でたくさんのマネージャーがいる

私の直属の上司、あるいはボス、スーパーバイザー

彼女はニューヨークの人間で、私は彼女に直談判し
彼女から直接命令を受けている

そして彼女はラビの助けを借りて決断しているんだ

ラビみたいな人は他にもいるよ

彼らは人間だが、私の目には超人だね

彼らには天賦の才能があり
私やあなたには理解できないようなことを
やってのけるんだ

私はこの目で見てきたが
今日に至るまで衝撃を受け続けているんだ

あと、ラビみたいなのが何人かいるんだ

世界中に何人いるかわからないが、他にもいるんだ
特殊な超能力を持ったとてもユニークな人たちがね

そういう人がまだ地球で
400、500、600歳で
肉体をもって存在してるんでしょう?

もっと古い人間もいる
私の記憶が間違いでなければ646歳だが
まだ生きていて機能している人間もいるんだ

でも見たら普通の人、年寄りのね
超年寄りじゃないけど年寄り
でもいい体をしている

そうなんだ。見たら
とても健康そうな年寄りだと思うだろうな

普通の一般人には理解不能と言うのは
どんな能力を見たことがあるんですか?

あまり多くは語れないが、空中浮遊とか

彼らは何時間も呼吸をせずに
水中に潜ることができる

また、他のETと通信する能力も持っている

多くの言語を話し
その中にはこの世界の他の存在の言語も含まれる

物理的存在と呼んでいる
彼らはETなんだが
世界の違う場所からやってきているんだ

今のところ、私が言えるのはここまでだ

空中浮遊などの超能力にアクセスしたことは?

最初に超能力を授かったんだ

その与えられた能力は、いつでも奪われる可能性がある

そうですね、でも遊びでやるようなものではないんだ

特定のミッションのためにやるんだ

どんな状況で空中浮遊が必要なの?

それは言えないな

でも、過去に活動で使ったことがある?

イエス

TLSの地球外生命体との連携

あなたが持ち出した地球外生命体に関して、多くの人が
何らかの形で開示されることを期待していると思いますし
多くの場合、偽りの希望という考え方もありますね

最近、政府が大きな情報開示があると言っていましたね
でも本当には何もなかった

物理的な地球外生命体との
個人的な遭遇をしたことがありますか?

イエス

どうだったか、どんな体験だったか、詳しく教えてください

何を知りたいのか、もっと具体的に言ってくれ

まずはTLSから

TLSと地球外生命体は連携しているのでしょうか
連携しているとしたらどのような形で?

ああ、彼らは提携している

我々メンバーはETの大陸に行っているよ
惑星と呼ぶのであれば

惑星?大陸と呼ぶ人もいるな

なぜかわからないが
惑星ではなく大陸という言葉を使っている

別に違いはない

意味は同じだ

そして、ETたちはここ地球に来て
もちろん訓練を受けて
ここの社会の一員となるんだ

ETが地球に来て同化する
その目的は何でしょうか?

ETはすごい超能力を持っているので
ここで仕事に使うんだ

例えば?奇妙に聞こえるが
実は手足から原子力を生み出して者もいるんだ

彼らの体内には、そのエネルギーを与える何かがあるんだ

ウナギみたいなものだ

ウナギは獲物の脳に
60万ボルトの電流を流して殺す

そうやって殺すんだ

ウナギで60万以上だから
ETは核武装しているようなものだ

彼らは時に他人にとって
非常に危険な存在になり得ると言えるだろう

TLSを通じて
物理的にどれくらいの地球外生命体と
接触したことがありますか?

よくは覚えていないが5〜6人だろうか

接触したETたちについて

過去に話したことがありますが
3つくらいと言われましたね

私の記憶では、ナシヤ、ティア、コノです

その他、あなたが接触したETたちについて詳しく教えてください

他にもいるよ
でも、今話に出たような人たちのように
名前を出すわけにはいかないな

で、何て言えばいいんだ?
ティアの人々はより人間に近いと思う

ただすごく背が高いだけだ

ちょっとティアの人々の身体的特徴を説明してくれませんか?

とても背が高くて、ヨーロッパ人みたい、骨が太い

そして、独自の言語を持っている

テレパシーで意思疎通もできる

でも、彼らには独自の言語がある

どの惑星も独自の言語を持っていて
技術的には非常に進んでいるが
生活は非常に質素だ

彼らの惑星で言えば
床で寝るとかそういう意味だ

裸足で歩くことが多い

ある事情で脚に保護が必要な場合は別だが

そして彼らの服装はとてもシンプルだ

他には?さっきも言ったけど、背が高いんだよ

男も女も、我々よりずっと長生きなんだ

そしてティアはとても乾燥した場所で
実はそれが今彼らが抱えている問題なんだ

水不足で人口が減っているんだよ

水はここ100〜200年
彼らの大きな問題なんだ

暑いんだ。色黒のヨーロッパ人がいるみたいに

つまり、常に日焼けしているように見えるということだ

金髪で瞳の色もブルー、グリーンとかね

男は毛深いけど、女はそうじゃない

みんな似たような顔なんですか?
それとも多様性がありますか?

家族みたいな感じ
みんなよく似ていて、ヨーロッパ的な感じだね

彼らの星には他の種族も一緒に住んでいるのですか?

人間もいる
そこにいる人間は彼らのようになるんだ

そこに来て、人間の身体でとどまることはできない
変化するように訓練されるんだ

彼らの食に順応して徐々に彼らの生活に慣れていくんだ

彼らがここに来ても同じことだよ
地球に来ても同じことだ

それは非常に長いプロセスで、その方法を訓練するんだ

私がそこにいた時、自分の身体でそこにいることができなかった

他人の体を与えられたんだ
どうやるかは知らないが、私の体はそこにはなかった

今は自分の体だ

宇宙船とはどんなものか

物理的な宇宙船に乗ったことがあると話していましたね

イエス

それらを旅行という観点から話していただけますか?

まあ、様々な宇宙船があるから
大きさも形もいろいろね

色は基本的に黒、シルバー、白で、ほとんどがシルバーだよ

赤とか黄色とかの色は見かけないね

さっきも言ったけど、形が違う

窓があるものもあれば、デジタル窓もある
窓だと思っていても、実はテレビ画面みたいなものだ

非常に高度なテレビ画面だ

こんなの見たことがない

船には必ず船長がいて
乗組員は3人から30人程度だ
船の大きさにもよるが

今まで見たり乗ったりした大きさの違いを教えてください

小型のものから、小さいもののサイズはヨットくらい

何フィート?

75フィート(約23m)のヨットを想像してみて
それがもっとも小さいので
大きいのはサッカー場の2〜3個分くらいの
大きさになるかもしれないな

つまり、船が大きければ大きいほど、乗組員も多くなる

このような宇宙船に乗った経験があるというのは
まず、物理的な宇宙船に乗った経験は何回あるのか?
そして、どこから離陸するのか?

何回乗ったことがあるかというのは、そういう意味なんだね?

物理的に自分の体で乗船したという意味です

私の記憶では8,9回くらいだね、そんなに多くない

宇宙船に乗った経験の中で
特に印象に残っていることはありますか?

詳しくは言えないな。情報量が多すぎて

今まで乗ってきた宇宙船は
一般的に機体内部はどのような感じなのでしょうか?

繰り返しになるけど、極めて高度だ
デジタルボタンがあるものもあるよ

画面や窓があるものもあれば、ボタンがあるものもある
実際の物理的なボタンだ

機長の手で操作するものが多いね

船長が磁石を手に持って、手で物を動かし始めたり

自然界のエネルギーで物理的に動かすことは可能なんだが

もしくは、自分の身体のエネルギー
つまり想念の力を使って宇宙船を動かすこともできる

もちろん、やり方は知らないが、やっているのを見たし
ラビからヒントをもらったよ
そこへ行ったときはいつも一緒だったから
いろいろ教えてもらった

そこに行くのは全てが学びの体験であって
楽しみたいから行くのではないんだ

どこかの休暇に行くところじゃない

それは、あなたが学ぶべきことを学ぶためなんだ

自分の中の深い部分を掴んで
ミッションに使うためや
将来の他のミッションのためなんだ

どのような場所から離陸したのですか?
ここニューヨークやニュージャージー、フロリダから?

色々な場所かもしれないね
フィールドがある限り、どこでもできるはずだ

普通は普段から使っているフィールドがあるはず

TLSは下調べや事前準備なしに
新しい場所に行くのを嫌がる

でも、ここニューヨークから、ノー
ニュージャージーから、イエス
何度か訪れたことのあるいつもの場所がある
いつも飛行機に乗っている訳じゃないけどね

私はその場所に現れるだけのチームの一員だったが
毎回飛んでいたわけではないんだ

自分には合わなかったので、経験が少ないんだ

それはほんの一部なんだ
どちらかというと、始めた当初が多かったね

そして最後に宇宙船に乗ったのは2014年頃かな

それ以来、乗ってないよ

離陸するとき、素早く離陸するのか、ゆっくりなのか
誰も見ていないのか?

まず第一に、計画や船長の行動、機体によって
早かったり遅かったり

そして磁場もあるね

船やフィールド全体を包むシールドのようなものなんだ

道路からフィールドを見ようとすると
噴煙が見えるかもしれないけど
構造物も人間も見えず、噴煙が見えるだけだね

噴煙が地面から出てると思うだろう

噴煙に見える、直視するとね

暑い日にすごく遠くを見て
道路から噴煙のようなものが
出ているように見えるだろう?

何か波打っているみたいな?

そう、波打っている、それが見える

そう思うものが、雪の日でも同じ噴煙を見ることができるよ

部外者の一般人にはそう見えるんだよ

普通はそこまで露出してないけどね

もし誰かがそこに居たとしても
普通はセキュリティでそれ以上進めないようにしている

警備員が現場を隅々まで見渡せるとは限らないので
人が通ることもあるけど、大抵の場合、見られない

もし見たとしても、誰も信じない

これらのフィールドは私有地ですか?
それとも公有地ですか?

ほとんどの場合、公有地だ

政府はこのような事態が起きていることを把握している?

全ての政府が知っているよ

彼らは私が話しているような詳細については知らないけど
もちろん知っていて
それらについて人々の間で話し合われているよ

でもね、大物政治家、重要な政治家は
何が起こっているのか知っているんだよ

どの程度かは知りませんが、彼らは知っている

政府とTLS

その大物政治家や個人、そして政府は
例えばTLSという組織が存在し、何をどのように行っているのか
広く知っていると言えるでしょうか?

TLSという名前を知っているかどうかはわからないが
このような分野で活動している組織があることは知っているはず
イエス

例えば、ラビが会議に出席したのを知っている

彼はラビとして来たわけではなく
実際に当時の大統領とワシントンで会談を行ったんだ

年号は伏せるが、彼は会議に参加していた

どうやってIDを変更したって?
身分を変えて大統領に会う?
ラビはNASAの人にも会えるんだ

私はNASAの人に会った

NASAから来たある人たちは、TLSの一部だ
NASAの重要な人たちだ

そのうちの一人は、まだ公開されていない
本「レイズ・オブ・ライト」でも言及している

彼との会話がまるまる載っている
そして個人的にたまたま一緒にやった作戦の仕事についても

ハリウッドでもNASAでも政府でもいいんだ

会った人全員を知ってるわけじゃないが

知っているだけで、メンバーはそこらじゅうにいるんだよ

NASAについて少し。非常に物議を醸す意見が多いのは
多くの人々がNASAは闇側で、様々なことで嘘をついていると
考えているからです。その一つが、地球の形です

そして今、この「フラットアース」という考え方が広まっています

さて、あなたは実際に地球の大気圏外まで
宇宙船で行ったことがありますね

実際に窓から外を眺めて
地球の形そのものを体験したことがありますか?
もしそうなら、何が見えたのでしょうか?

さて、まずはNASAについてだが、NASAは政府機関だ

だから皆へのアドバイスは
「NASAを含む政府機関を信用するな」

そして私はNASAで働く人と一緒に仕事をする機会に恵まれた
NASAの中でも特に有名な人物とね

とても有名だから名前は言えないが
たまたまTLS側で仕事をしていた素晴らしい人だ

でも、NASAは信頼できる機関だと言われている?
ノー

他の政府機関と同じように腐敗しているのは確かだ

どれも信用できない
私は何一つとして信用しない

地球は平らではない

2つ目の質問は何だった?

地球の実際の形なんですが
いわゆる月面着陸があった時
多くの人があれは偽物だと言いますよね
あれはハリウッドの演出だったと
そうかもしれませんね、全く分かりませんが

しかし、実際の地球の形について
もしあなたが大気圏で
窓の外を見る特権と機会があったならどうでしたか?

ノー
これについてはNASAは嘘をついていない
地球は平らではない

陰謀論という言葉は使いたくないが、ナンセンスだ

平らでもないし、フェイクでもない

そして、政府内の他の多くの機関もそうだが
今はそれに立ち入るつもりはない

概要欄②を参照してください

②信頼できる人物による「証明された」モデルを通じて、地球が平らであると信じている人がいることは承知しています。レイは宇宙から地球の形を見ただけでなく、北極と南極の両方に行ったことがあり、平らな地球のモデルがリュダクリスであることを確認しています。なお、レイは個人的な経験や直接の観察結果を話しているだけです。皆さんもご自身で見極めることをおすすめします。

あなたが地球を離陸した時の速度は?

見当もつかないな。超高速としか言いようがない

しかし、まず私のような人間が宇宙船に乗ると
宇宙船の中を歩くなんてことはできない

何か飲まないと。大抵の場合、すごく不味いものを

何が入っているかは知らないが
天然のハーブを使っているのは確かだ

どこから仕入れているのか知らないが
前に飲まないといけないんだ

また、宇宙船や移動する場所によっては
圧力から体を守るためにスーツを着ることもあるんだ

その調合液は、気圧から身を守るために飲むのですか?

イエス

そして気分が悪くならないように

この調合液のせいで、その後数日ほとんど吐き気が続いて
帰ってきても数日は吐き気が残っていたよ

でも結局は慣れるんだ

実際の宇宙船に乗る前に
どのくらい飲まなければならないのでしょうか?

初めての宇宙旅行では、1ヶ月ほど飲んで体調を整えたよ

それは心地よいものではなかったが、やり遂げた

スーツを着て2回のフライトがあったんだ
その他はスーツなしだった

宇宙船の乗船体験

スピードの話に戻ると、もし地球から離れるのが早かったら
どうやって外から地球を観察していたのですか?

窓から見える景色はどんな感じだったのでしょうか?

それはとても興味深い体験だった

窓から見ているからスピードを感じられるよね

圧力を感じるからこそ、飛んでいることがわかるんだ
確かな圧力をね

たいていの場合、機長から「座れ」と言われる

立つこともできるが
ベルトを締めていないといけない

乗組員にその必要はない

慣れているんだろうね

締められていることはない

初めての者だけベルトを締めている

窓から見ていると、移動速度は非常に速いが
その分認識は非常に遅い

だから極端に遅いスピードで
動いている物を窓から見るんだ

どうやったらそうなるかって?
分からないけど、きっと時間に対する認識を変えているんだ

窓から覗くと、とてもゆっくり動いているように見えるけど
実際はとても速く動いているんだ

飛行時間は5、10、20、30分の間で
様々なものが見える

でも私たちの時間の認識では
移動にそれほど時間は必要ないはずだ

ここで言う距離とはどれぐらい?

何百万光年、何十億光年という距離だ

私たちが知っている宇宙の外側の話だ

完全に外だ

それらのある種の旅行は
魂と肉体の組み合わせで可能なんだ

どういう意味か説明できますか?

宇宙船がやっているシステムを学べば
人間が宇宙船なしで肉体を用いてできるようになるんだ

体を持って飛んでいく?

体でやるなら、明らかに沢山の調合液を飲んで
沢山のトレーニングが必要だな

調合したものを飲む?

そう

そして、体がなくてもできる

体外離脱と呼ばれるものだ
いろんな場所に素早く移動することができるんだ

そしてまた、ここで私が強調したいのは
夢を見ているのではないってことだ

夢を見ているのではない
あなたは実際に何かをやっているし、場所に行っている

どこかに行くには物理的な体が必要だ
ラビがどうやったかは聞くな

自分には借りる体が必要なんだ
だから私もその一人だったんだ

ティアに行った一人だった
ティアでは例えば最初に到着した時
私は体を借りたんだ

ラビは普通に歩くよ

人々は彼を知っていて、挨拶をしていた

人々はラビを愛し、慕っている、そんな関係なんだ

でも、彼は地球人のように普通に歩いていて
私がショックを受けているのを見て、バカにしたんだよ

惑星ティアでの体験

おかしな体験だったよ
ティアでのとても面白い体験だった

初めて行った時に3日くらい過ごしたと思う

地球時間で3日?

イエス

その星での時間の流れがどう働いているか説明できますか?

よくわからないよ。どう説明したらいいのか分からない

その3日間で

まず、夜がないんだよ
常に晴れている

ティアでは?

ティアには3つ太陽がある、月はない

月がないんだ

いつも暑くて、いつも晴れてる

日が弱い時もあれば、日が強い時もある
でもいつも晴れている

雲はありますか?

ほとんどない

言ったように、雨の問題があるようだ

水の問題がある

言ったように、あまり深入りできないけど
「レイズ・オブ・ライト」でもティアで参列した

葬儀のことが書いてありますね

イエス

ティアの地球外生命体が死をどう捉えているのか、教えてください
こちらでは黒い服を着て、悲しくてみんな泣いていますが
それと違う見方をしているのでしょうか?

ノー、彼らは全く違った見方をしている
彼らにとっては人生を祝うセレモニーなんだ

彼らは、たまたま亡くなったこの存在が
言ってみれば何かに転生していることを知っているんだ

何かはわからないが、でも、彼らにとっては
この存在がどこかに移動することが人生のセレモニーなんだ

彼らにとっては常に良い場所なんだよ
彼らはそれをネガティブな動きではなく
ポジティブな動きとして捉えているんだ

ああ、だからセレモニーがあるんだよ

誰も泣いてないけど、祈りや、歌のようなものがあるんだ
私たちにはとても奇妙なものなんだが

でも全体的に見れば
ネガティブではなくポジティブな経験なんだ

悲しくはない、悲しみはなかった
彼らは自分自身を表現していた

彼らは多くの愛に溢れた表現をする

笑ったり泣いたりっていうのはあまりない

それは彼らにとって、愛なんだ
愛を与えることだ
それは見ればわかる

彼らのラビへ話し方を見て、違った体験をした

地球で見るのとは訳が違うんだ

地球と同じように遺体を埋葬するんですか?

埋葬することもあれば、火葬することもある

水辺があれば水に浮かべることもある
故人の要望だと思う

こちらで家族、母親、父親が選択するような感じですか?

イエス

惑星ナシアとコノムの話

では他の2つの人種に話を戻しましょう
ティアの話をしました

あと、ナシアとコノムの話もあります

他の地球外生命体との体験について
もう少し詳しく教えてください

例えば、ナシアはたくさんの果物を栽培しているんだ

緑が多いね

野菜がないんだと思う
逆にティアは野菜系の食べ物が多い

言うまでもないが、全員ヴィーガンなんだ
彼らは動物を食べない

動物はいないんだ。自然界にいるのは彼らだけ

ティアには野菜がある

緑が多く、水分の多い果物が多いんだ

しかし面白いことに、彼らの建物はより先進的で
我々と同じように2階、3階、中には4階建てのものもあるんだ

建物はすべて白で統一されていて
ティアや我々と比べると非常に短命だ

例を挙げていただけますか?

私の記憶が正しければ、我々の時間では15年だと思う
ティアはかつて360年、平均350年から380年だったのがね

水不足で今は180年から200年に減っていて
180年になる前にほとんどが死んでしまう

ティアでは

ティアでは

ナシアについて、先進的な建物というと、高層ビルは?

ノー

あなたが見た中で一番高い建物は何階?

4階建て

そのビルでは何をしてるんですか?家、オフィス?
社会はどうなっているのでしょうか?

両方

彼らは働いているのか?

働くよ

どんな仕事?

知らない、わからないが、でも、普通に生活しているよ

彼らは非常に短い記憶力を持つことが知られている

彼らは身体的にとても背が低い人たちだ
とても低い

骨が太く、肌が黒くて、鼻がない

2つ穴があるから人間のように見えるが
でも人間からはかけ離れている

ナシアは、人間に似ているティアとは違って
人間に似ているが、彼らを人間として定義することはできないな

コノムも全く別世界だよ

どう説明したらいいのか分からないくらい

まず、私が経験したコノムの存在はニューヨークで
彼はオリジナルの体と顔だった

殺されかけた話

どんな姿をしていたんですか?

小さな丸まったイルカ

よほど怖かったんだろう
まだ着たばかりで

あるミッションで、特定のホテルに滞在していた

私が現れたら、他の人々がそこにいた
私の上司もいた

そして私は近づいて、好奇心で
なぜか彼に触れてみたくなったんだ

勿論、危害を加えるつもりはなかった
でも私が彼に近づき、手を出すと

彼は私が危害を加えようとしている
あるいは攻撃しようとしていると認識したんだ

それで彼は私を攻撃して、殺されかけたんだ

どんな風に?

とんでもないショックを与えた

放射線?

あれは何だったのかわからないが
体内で爆弾が爆発したような感じだった

気絶させられ緊急手術で心臓に直接注射されたんだ

刺すような感じで

全ては迅速に行われて、私はもうほとんど気絶していたんだが

そして30分、1時間後
妻ともう一人の友人、TLSの友人が迎えに来た

私のシャツは注射の痕で血まみれだった

妻は怖がっていたが、大丈夫だと言ったんだ

私はとても弱っていたけど
でも次の日の朝には元気になっていたよ

痛みはあったけど、大丈夫だった

だから、私に何か処置をしたんだと思う

だから彼に放射線を当てられたんだと思う
それが正しい表現だろう

今日でもわからないんだ

でも、彼の体内は核発電機みたいなものだったんだ

たまたま親しくなったから
彼のことを知ることになったんだ
数年の間に、私たちはより親しくなった

一緒に仕事をした
彼と時間を過ごしたんだ

私は彼が姿を変えるのを見た
彼は今日は普通の人間になった

会ってみてくれ

人間の名前を持っていて、喋るんだ

英語訛りのある英語を話す
面白いよ

彼はプロセスを経て
私たちの食べ物を食べ、全てを教えられたんだ

彼はスーツで着て、イギリスから来た紳士みたいなんだ

今日の彼はそんな感じだ

シェイプシフティング

姿を変えたというのは、シェイプシフティングのこと?

ノー、このケースは違う
シェイプシフティングはしないらしい
彼は違うよ

どうやって変身するのか?わからない
プロセスを経てだ

私はその訓練には参加していないから

その前に彼は食べ方を学ぶ必要があった
それからはわからないな、私の専門じゃないが
でも彼はシェイプシフターではない

ノー、この場合は違うね

ホログラフィック・フォームを通過した経験を話してくれませんか?

複雑な質問だな

繰り返すが、私はプロセスに参加していないので
プロセスを語ることはできない
ただ、私が知っている人たち、存在は知っている

そして時間の経過とともに、突然その姿を変え
次に会った時には透明な人間になっているんだ

透明って意味わかる?

透けて見えるってこと?

ああ、でも人間が見えるんだ

その人間の中に手が通るの?

ああ、変な話だが、話しかけられるし、話してくる

英語で話しかけてくる
水も飲めるんだ

どうやって水分を体内にとどめている?

全く分からない。分からないな。

でも、初めて見たときは
「うわー、怖い」って思ったのは確かだ

そういうのを初めて見た時は怖いよね

大人数でラビがいて
組織で起きた素敵なハプニングみたいな感じだったね

2人いると言ったがその2人を見た時に
もしかして変な店に入ったのかと思ったよ
私は酒も飲まないし、何も触れてないんだが

私は生涯ずっとクリーンだから

急にそういう人を見たらね
でも知り合いになったらもう気にしないけど

そして最終的には体や骨、皮膚など人間らしくなっていくんだ

透明なホログラフィックな形が完成すると
再び密度のある肉体を持つ、新しい体を持つということですね

誰かの体を引き継いだのか
それとも自分の体の形を変えているのか?

よく分からないが、自分の体の形を変えているのだろう

でも、そのプロセスに時間がかかるんだ

どれくらい?1年ぐらい

わかりました。その1年後、彼らは瞬時に変化することができる?

イエス。ホログラムのような存在になれるんだ

彼らは元の姿に戻ることができる。なぜなら、多くの場合
自分の人生、自分の惑星や大陸にいる家族の元へ帰るからね

だから彼らが帰る時には元の体に戻るんだ
人間として帰らない

長い時間をかけて変身するのと
瞬間的にシェイプシフトするのでは何が違うのでしょうか?

この2つのプロセスの違いは何ですか?

シェイプシフトは別物だ

シェイプシフトは1秒もかからずに行われる

以前見たことがある?

イエス

見たことを説明できますか?

私はやらないし、私にはできない

ああ、組織でシェイプシフトする人を一人知っている

初めて見たとき、ものすごく怖かったよ、本当に怖かった

何が起こっているのか理解できないが、そうだな
人間が他の人間や他の動物に変身することもある
ミッションの目的によってはね

最初にシェイプシフトを見せらたのはホテルの一室だった

何が起きているのか
怖がるな、これが現実だと私に教えるためにね

だから、そのプロセスを見せるという意味もあったんだ

でもやっぱり、教えてもらってるのは理解できても
初めてだと恐怖で倒れそうになるんだよ

1秒とか2秒とかの変化なので、とても怖いんだ

この具体的なケースで姿を変えられるのは人間ですか?

具体的な人物のことだ、イエス

そんなことができる存在、ETがいるのか?
わからない

できると思うよ

人間にできるなら、きっとできる

彼らは我々よりはるかに進んでいるから

瞬間的に形を変えること?

イエス、でもシェイプシフティングのことじゃない

誰もができることではない

あなたにできるようなことではない
私が座って教えることはできますよ

でもそれができるのは
ある特徴、ある資質を持って生まれてくる必要があるんだ

例えば、ラビは何でもできるはずだが
でもシェイプシフトはできない

でも、私が言っている彼女はできた

ホログラフィックな変身は誰でもできるのか?
それとも生まれつきなのか?

ホログラフィックな変身はETで見ただけだ

だから、人間のことは言えない
わからない

ホログラムになって、後に人間になったのはETだ

でも、その答えはわからない

レプティリアンのETは存在しない、人間だ

地球外生命体に関して
昔も今も邪悪な存在として様々な考えがあります
私たちを痛めつけ、殺すためにここにいる、と

レプティリアンや他の種族
堕天使や悪魔の一部、悪と呼ばれていますね

コノムの人物から怖い目にあった以外で
あなたが脅威を感じたことはありますか?

地球外生命体と接触したときに、邪悪という意味で
恐怖を感じたことがありますか?

そんなものはない。これは全部テレビとかで聞いた
ナンセンスな話だ。そんなものはありませんよ

邪悪なETは存在しない
ETは悪ではない

彼らは悪が何であるかを知らない

極めてナイーブとさえ言えるだろう

概要欄③を参照してください

③レイが「レプティリアン」なんていないと言うとき、彼が言いたいのは、人類を傷つけ奴隷にする悪意を持った爬虫類のような存在がいる物理的な惑星は、現時点では存在しないということであることに注意してください。とはいえ、現在権力を握っている特定の人物が、爬虫類のような存在にシェイプシフトする能力を持っていないわけではありませんが、彼らは別の人種ではありません。TLSには、その能力をポジティブな目的のために使うシェイプシフターがいるように、組織に属さないシェイプシフターの中にも、その能力をネガティブな目的のために使う者がいるかもしれません。しかし、これらの人々は、今世で地球から生まれた母親と父親を持つ人間です。この知識は、レイの実体験と、この分野の最高位であるTLSのエージェントたちから教えられた情報・知識から得たものです。

この地球上には、確かに闇の力やエネルギーが存在していますが、それらは物理的な地球外生命体ではありません。このような悪魔の儀式に参加している個人や「実体」は、人間であり、非常に邪悪な人間なのです。要約すると、物理的な地球外生命体について語るとき、彼らは私たちの理解を超えた超自然的な力を持つ、親切で優しい魂であることを皆さんに理解していただくことが重要なのです。もう一度言いますが、これは議論を呼ぶ発言であることは理解しています。皆さんは、自分自身で調べ、識別力を働かせ、自分自身の結論を出すことをお勧めします。

ああ、私が襲われたのは
私が彼に何か悪いことをすると思われたからだ
彼自身が怖かったんだ

私のミスだ
私がいけなかったんだ

ただ、気になったから行って会話してみよう
話してみようと思っただけなんだ

そして、彼を存在ではなく動物として見てしまったんだ

僕にとってそれは動物であり、奇妙な動物だった
だから気になったんだ

単純に言えば撫でようとしたら襲われた

でも、攻撃する力があるか?ああ

攻撃してくる?
ノー、絶対にない

彼らは戦争が何なのか知らない

彼らには戦争がない

暴力はない

常に自己防衛だけだ、私の場合みたいにね

でも、悪事を働く奴ら話とか、そういったのは
残念ながら私たちの地球上だけの話なんだ

血を飲むレプティリアン、地球外生命体が人を殺して
食べようとしているのを直接体験したという個人に対して
あなたはどのような反応をしますか?

そんなものはいない

その人たちが嘘をついているだけだと思いますか?

そうとは限らない。そういう人間がいるんだ
レプティリアンに変装して薬物の影響下に置けば
その話を信じてしまうんだ

彼らが必ずしも嘘をついているとは言わないが、その話は
彼らが嘘をついているか、誰かが嘘をついているかのどちらかだ

これはマインドゲームであり
残念ながら、この世界にはたくさんの悪人がいる

これはTLSに同意できない部分でもあるんだ
彼らはミッションで地下の子供たちを助けるようなことを
沢山している一方で

何千何万という子供たちがいるんだが
彼らは最後までやり遂げることはないようなんだ

そして子供は増え、悪事を働く奴らも増えるから
その面倒を見なければならないだろう?

そして、私の中では奴らの面倒を見る唯一の方法は
残念ながら暴力を使うことだ

私は暴力を好む人間ではないが、暴力を使う必要がある時は
問題を解決するために暴力を使うしかない

しかし、TLSは多くのことをやってのけた
TLSは武器や暴力などを使うこともあったが、ごく稀だったね

地下トンネルの体験

あなたは何度も共有していますし、私もあなたの代理として
ある意味では組織全体の代理として、2020年の1年間
非常に邪悪な人々が運営する精巧な地下トンネルについて

子供の救出や解放に関係する多くの作戦やミッションについて
皆さんに情報共有してきました

TLS ミッションアップデート

多くの人々は、これらの地下トンネルで活動している実体は
地球外生命体であり、人類に恐ろしいことを行っていると
考えています

あなたは地下トンネルに何度も行ったことがあるかと思います

そこで体験した事を説明してもらえますか?
地球外生命体や他の形態の存在を見たことがあればぜひ

そこにはETは存在しない
これはまた、メディアからのネタだね、たぶん

ノー、存在しない

それは残念ながら人間なんだ
悪しき人間たちが悪事を働いているんだ

子供たちは問題の一部に過ぎない

そう、こちら側で殺された人もいるからね

向こう側は?

向こう側の方がより被害が多いことを神に感謝しよう

でも、そうだな、ミッションで殺された仲間もいるしな

非常に危険だったんだ

あのトンネルは悪事を働く連中が
クレイジーなテクノロジーで守っているんだ

だからあなたは特別な靴と特別な装備で
行かなければならないんだ

確かに多くの子供を助けることに成功したよ

数字は言わないけど、すごい数をね

それは世界中で行われた

私はどちらかというとニューヨークの部門の仕事に関わったが
オーストラリアでもあちこちで行われたんだ

あのトンネルはずっと前から世界中にあるんだよ

各国政府も知っている

政府は悪事を働く奴らが誰であるかを知っている

悪事を働くのは基本的にショーを運営する側の人間だ

我々は政府を持っていない

政府は全て操り人形なんだ

早くいいことが起こって、誰かが来て
永遠にそいつらを追い出してくれないかなぁと思ってるんだ

そして新しい民主主義の中で生きていくことができる
今は民主主義がないのだから

我々は皆、理解さえしていないシステムの奴隷のようなものだ

そして子供たちがずっと傷つけられている

私やあなたのようなナイーブな人間たちから
お金が盗まれているんだ

そして、奴らは、私たちの世界のすべてを
支配しているようなものなんだ

メディアであれ、軍隊であれ、思い当たるものは全部だ
早く何か起こって欲しいよ

民主主義は存在しない

コロナが始まったとき、私は希望を持っていた
誰かが立ち上がるチャンスだと思ったんだ

ゲームのやり方を知っている
優秀で強いリーダーが必要なんだ

そしてまた、私の意見では、決意が必要だ
「火には火で答える、花で答えない」

早くこういうリーダーが現れて欲しい
民主主義はとっくの昔に失われているから

今は民主主義じゃない

民主主義は消滅したんだ

ほとんど奴隷のようなものだ
奴隷制度は廃止されたと思っているが

ノー、廃止されていない

性格が変わっただけだ

だから私たちは民主主義に住んでいると思うことにしているが
私たちは組織的に毒されている
食べ物や水や空気や薬を通してね

やはり早く真のリーダーが現れて
この状況を打破して欲しいと切望している

暴力は暴力で解決できるのか

もっと哲学的な質問をしたいのですが

うん

あなたと私の間では、多くの場合
その対処法について意見が分かれていますね

ああ

TLSも、あなたとは意見が一致していません
あなたが暴力が必要な場合が多いと考えていることに関して

TLSは、武力行使ができない場合は
場合によっては武力を行使せずに特定の組織を倒し
最善を尽くすと言っています

しかし、私の理解では、ほとんどの場合
TLSは人々を覚醒させ
この先の事態を阻止することに重点を置いていると思います

そこで質問なんですが
あなたは「火には火で戦わなければならない」と考えていますね

私は個人的に
それだと今までと同じところしか行けないと見ています
悪事を働く悪い人間たちを排除することはできるでしょう

でも、彼らは置き換わるだけでしょう?
私の目には、もし大衆が変わらなければ
もし人々が世界で起こっていることにもっと注意を払わなければ

同じことが起こり続けるでしょうし
捕まえて処刑しても何の役にも立ちません

そういった別の視点についてはどういうスタンスなんですか?

私は意識の気づきをとても大事に思っている
反対はしませんよ

あなたのやっていることは素晴らしいことだと思っている
TLSのやっていることは素晴らしい仕事だと思う
反対はしていない

ただ、意識の気づきに加えて
大衆、国民、子供たちを守れと言っているんだ
彼らは何も知らないんだ

そのためには、時にはある種の暴力を
振るわなければならないと言っているわけではない

ちなみに暴力といっても
銃を持ってミッションに行くのではないよ

爆弾や銃を使わなくても
このミッションはクリアできる

「スピリチュアルな暴力」と言うものがある

理解するのが難しいかもしれないが
私は銃を持って誰かを殺しに行くなんて話はしていない

ノー、そんな話はしていない

でも、銃がなくても人間、悪人を排除することはできる

システムがあるんだ
そういったテクニックがある

私は知っているし、やったことがある

TLSから10人のチームを出してくれと、組織に何度も話したよ

短時間で、この世界を変えることが出来る
それは排除や死と呼ぶだろうって?
そうだ、でも問題はないだろう

権力者の悪人たちが
子供や大衆に何をしているかという話?

イエス

詳しく説明してくれませんか?
心臓発作を誘発させるとか、そういうこと?

テクニックについては話せないけど
暴力という言葉を使ってる時点で察してくれ

銃や爆弾のことかい?違うよ

私のミッションには10名必要だ

自分なりに考えてみたんだ

上司にプレゼンしたよ

却下された

どうして?

わからない、意味不明だ。わからないよ。

これが私が抱えている組織との問題の一部だ
特にこの2年間、世界中で起こっていることについて
悲惨なことや悪事を目の当たりにしても、誰も何もしないんだ

ああ、確かにTLSは何人かの子供、多くの子供を救出した

そして彼らは世界のある場所での物事を変えた
全ての場所ではないが

彼らの意見では、あるプロセスが必要
プロセスが起こらなければならない

私たちは干渉できない
TLSが干渉することもある

それが私には理解できないんだ

全く干渉しないか、ずっと干渉し続けるか、どっちかだろう
そうじゃなきゃ無理だろう

でも、今の意思決定のシステムがよくわからない

意味がわからない

私は決して理解したことがないよ
もう11年もやっているのに

自由意志なんて今の社会にはない

人の自由意志を侵害しないことと関係があると思いますか?

おそらく

それは理解できるが
悪事を働く者たちは全く同じことをやっているんだ

だから、「反撃しないならどうやって勝ちたいんだ?」
ってことを言いたいんだよ

今日は何にしたって自由意志を持っている人はいない

考えてみれば
税金を払わないと刑務所に行くことになるだろう?

ワクチンを打たないとレストランに行けない
子供にワクチンやいろんな薬を与えないといけない
学校に行けない

自由はない

奴隷のようなものだ

世界のほとんどの地域ではマスクを付けるだろう
それは奴隷にする様式なんだよ

悪人はマスクに効果がないって知ってるんだよ
知らないわけではない
バカバカしいが、奴隷にする様式なんだ

「マスクを付けられたら、お前は奴隷だ」

「お前は黙ってろ」

「喋れと言われたら喋れ」

そろそろ何か起こらないと
今の世の中は良い方向には向かわないだろうよ

TLSについても、実際に世界で起こっている
多くのクレイジーなことがあるのに
人に話すと多くの人たちは信じませんね

世界の大多数は、ここで話していることを信じないでしょう

もちろん

これを聞いている人たちは大丈夫かもしれませんが
人類の大多数はこの情報を受け入れる準備ができていない
とあなたは信じている

なぜ、そう思うのですか?

普通の人はこの情報を理解することができないからだ

まず、99.9%は信じることはない

実際に証拠を出すなら別だが

仮に証拠を出しても
「ここにトリックがある、マジックがある」
と言うだろうね

そうそう、始まった当初は私だって完全に信じていなかったんだよ

これを始めた頃は、何が何だかよくわからなかったんだ

何一つ信じていなかった

しかし、世界はまだ準備ができていない

残念ながら、人類の大半はバカだと思う
でも、きっと変わると思っている

変わると思っている。知識、私が受け取った情報では
以前にも言ったと思うが
今から最大あと170年でニルヴァーナが来る

TLSとは何か

もっと早くできる

私は忍耐力がないんだ
170年も待つなんて嫌なんだ

私が生きている間に実現して欲しい

もう若くはないしな

だから、もうすぐそうなるし、世界は助けを必要としている

早くそうなるといいね

確率的に言って
あなたが生きている間に実現すると思いますか?

私が生きている間に?
ノー

あなたが生きているうちに?
イエス

一つの世界、一つの政府

TLSには、あるものを物理的に見せる能力があることは
お互い知っています

地球外生命体、シェイプシフト能力、浮遊能力、その他諸々

フリーエネルギー、驚異的なテクノロジー
なんで今すぐ出さないんだろう?

マジックショーじゃないんだから

「来い、来たら私の力を見せてやる
だから私を信じろ」
みたいなものではないんだ

ラビのようなリーダーが立ち上がる日が来ると思う

彼は姿を現すだろう

彼は自分の能力を見せるだろう

どうするかはわからないが、彼が示すことで
この特定の人物がリーダーになって世界を引き継ぐことができる

私は一つの世界、一つの政府を信じるが
それは正しい理由においてだ

一つの世界、一人の王、または一人の首相
一人の大統領になると思うんだ
好きなように呼べばいいさ

軍隊はないだろう

軍隊は必要ない

戦争は起きない

国境はない

みんなが一つになる

国内のトラブルを抑えるために警察は必要かもしれないけど
経済は良い方向にシフトしていくよ

透明性が出てくるだろう

透明性が確保されれば
自国の経済も含め、全てが良い方向に向かうだろうね

そうなるかって?
きっとそうなるよ

TLSの経験を通じて
そうだね、きっとそうなるよ

170年より前に実現するのか?
私はそう信じたい

多くの人々は、一つの世界政府と聞くと、新世界秩序
イルミナティ、カバールなど、非常に邪悪なものを思い浮かべます

あなたが言ったことと
彼らがやろうとしていることはどう違うのですか?

彼らは、大衆を支配し、奴隷にし、持ち物を乗っ取り
お金を乗っ取り、銀行を廃止し、経済を変え

基本的にあなたを奴隷にし
自分たちが権力を握ることができるようにするために
やりたいと思っているんだ

そんな世界の話じゃないんだ

私が言っているのはみんなが一つになる世界の話だ

誰もが同じ権利を持っていて

誰もが金持ちになれるし、金持ちになれないこともある

本人次第

本人が決めることだ

自由な選択だ

ワクチンを打つか打たないかは、誰でも決めることができる

どんな宗教を信仰するか誰でも決めることができる
もし宗教が存在するとしてもね

宗教はいずれ廃止されると思う

私の思うような世界を実現するためには
宗教は解体されなければならないし、そうなるだろう

それは多分、一つの宗教でしょう

愛と呼んでもいいし、何と呼んでもいい、でも一つだ

だから一つの世界、一つの政府、一人の王
一人の首相、何と呼んだっていいが

そうそう、国内問題だけなら小さな警察でいいんだよ

それだけだ

概要欄④を参照してください

④この点をできるだけ明確にするために、レイは抑圧と支配というレンズを通して、現在の世界統一政府のモデルに賛成しているわけではありません。レイは、真の民主主義、完全な透明性、真の自由、自由と幸福の追求を持つ人々の手に権力がある状態で、団結し、互いに調和して生きるという真の条件の下での一つの世界政府に賛成していると言っているだけなのです。私たちが今日経験しているような腐敗を招くことなくそのような地点に到達するためには、人類の集合意識は、もはや腐敗や強欲と共鳴するのではなく、統一、調和、透明性、自由意志が無条件に尊重される互いへの無条件の愛と真の共鳴をする意識の地点に到達する必要があるでしょう。

そのような状況だと
その一人の首相、一人の王、一つの政府が
今の世界で経験するように腐敗したらどうするのか
ということが最大の懸念材料だと思います

だから民主主義があるんだろう

首相は終身雇用じゃないだろう

国民の、国民のための政府という
本来のあるべき姿があるだろう

今の時代は違うが

今日は、みんな好き勝手やってる

弱者なんて誰も気にしていない

庶民は苦しんでいる

巻き上げられているんだ

その自覚がないんだよ

つまり、私たちがより団結し、他人を思いやり
愛する意識を高めてこそ
本当の意味でそれを実現できるのです

もちろん、その通り

そして、そうなるんだ

地球外生命体には軍隊も戦争もない

地球外の惑星、その存在たち、あなたが行ったことのある
惑星は、そのように生活をしているのですか?

もちろん

少し説明してもらえますか?
彼らは軍隊を持っていないんですね

警察はあるのか?政府はあるのか?

軍隊もないし、戦争もない

お互い行き来できるのに、戦争はありえません

トラブルはあるかって?
ティアで話したように、水の問題があるそうだ

だから、今生き残るための問題があるんだ

だから水を手に入れるために独自の技術を持っているんだ

いつまで続くか?
わからないが、問題であることは間違いない

でも、戦争?ノー。戦争なんてことはない

彼らは戦争ってのがわからないんだよ

皆、とても落ち着いているんだ

彼らはほとんどストレスなく生きていると言っていい

皆ヴィーガンだ

食用の動物なんていないよ

存在しないんだ

この一つの世界政府を待っているんだ

ええ、でも私が説明した方法でね
今日奴らが計画している方法ではない

この地球上の人類は、いつになったらあなたがここで
共有している情報を素直に
あるいは喜んで受け取ることができると思いますか?

残念ながら、この世界で
何か悲劇的なことが起こる必要があると思う

戦争かもしれないし、何だかわからないけど

そしてそれは多くの流血をもたらすだろう

そうして多くの死者が出て初めて、人々は目を覚まし始める

同時に、リーダーが現れて引き継ぐことを期待している

そしてそれは実現されるかもしれない

そうなるだろう

きっと、そうなる

ただ、いつになるかはわからない

待つだけの忍耐力もないしな

今日中に全部やりたいんだ、できるならね

できれば来週やりたいし、できると思っている

それは戦いだ

楽しいことではないが
今経験していることよりはマシになるはずだ

フルディスクロージャーはいつ起こると感じますか?
地球外生命体だけでなく、その他あなたが話した
全てに関しても含め、集合レベルで

いつ起こるかって?タイムラインを示せと?

断言はできないでしょうが

1、5、10、30年後、大規模な変化があると思いますか?

残念ながら、私が生きている間には起こらないと思う
そうあって欲しいけどね

出来るとはわかっている

できるはずだ

でも、誰も私のやり方は好きじゃないんだ

だから私一人では無理なんだ

チームで対処する必要があるんだ

今日の流れだと、難しいプロセスを経ないといけないだろうね
もう入ってるんだけどな

私の考えでは、我々は第三次世界大戦に突入していると思う

誰も注意していないだろうが
我々は戦争の中にいる

人が死ぬんだよ

病気になる人が出てくる

でも、あと数年でニルヴァーナになるとは思えませんね

ノー、ニルヴァーナはもっと時間がかかるだろうね、残念ながら

でも、明日誰かが起きて
「よし、やろう!」と思うかもしれない

短時間でできるかもしれない

この世界は30日以内に全く違う場所になる可能性がある

全く違う場所に

あなたは多くの情報を持っていて
変化をもたらす力をもっていると私は思います

それでもあなたがそれをしないのは
私の理解では2つの理由があるからです

1つ目、あなたは人々がまだ準備ができていないと感じている
そして2つ目、プライバシーへの配慮から
自分の身分を明かしたくない

あなたの話した情報のインパクトの大きさについて言うと

あなたを追い詰めるつもりはありませんが
なぜ自分のプライバシーが、自分が生きている間に
それを実現するために少しでも変化を起こす
可能性よりも重要だと感じるのでしょうか?

実現するためにプライベートを
明らかにする必要を感じないからだ

それは関係ない

本の話でしょ、何のこと?

「レイズ・オブ・ライト」とコード

本「レイズ・オブ・ライト」のことです

TLSに共有することが許された
あなたの経験について話しているんです

許可されているんでしょ?
でも、周りから違う目で見られるのが嫌だから、そうしたくない?

それだけじゃない、前にも言ったはずだ

TLSは最初から公開するよう言ってきた

理由はいくつかありますが、私は反対だ

その1、言う通り、プライベートなことが多く書かれているので
プライベートを保つため

私のプライベートを
世間に知らしめる必要があるとは思わない

それが1つ

その2、子供や家族、仲の良い友人を守らなければならない

この本には、名前を隠している人がたくさんいるんだ

仮に明日、私がこの全てを放棄し、公開するとしよう

TLSはコードを世間に渡す気がない

コード無しなら、この本の目的は何だろう?
好きなように読めばいいじゃないか

読むとストーリーが見えてくる

私が読むと、ストーリーはない

コードが見える

コードで何か作れそうだ

でもあなたは無理だ

では、なぜ人々が本当に完全には理解できないものを
与えるのか?ああ、きっと彼らは本が気に入るだろう

すべての人がね

読む人はあまり多くはないだろう

この本を読む機会に恵まれた全ての人が
経験したことだと思う

彼らは皆、コードを知らなくても
信じられないような体験だったと言う

学びの機会だ

人生の経験だ

誰もが楽しみ、誰もがそこから何かを学んだんだ

しかし、一度コードを手に入れれば
それはとてもシンプルなコードだが、コードは教わる必要がある

読み方が変わってくるんだ

理解が違ってくる

世界の重大な秘密が、あなたの前に明らかになる

例えば、何も知らなかったのが突然
「ワオ、今までとは違うものが見える」、といった具合にね

で、またTLSとの問題なんだが、本を出せと迫られるんだ

なるほど、同意すると仮定してみよう

オーケー、妥協案として、少し前にあなたとしたように
名前を隠すというのもいいかもしれないね

だから名前を隠す。オーケー

しかし、この本の本当のエッセンスはコードであり
TLSはそれを公開する気はないようだ

絶対とは言っていない

今はダメだと言っている

じゃあ、準備ができたら、その時に公開しよう

なぜ今リリースして、10年後にコードを渡すのか?意味不明だ

20年後か100年後か、これからどうするつもりなんだろう

「レイズ・オブ・ライト」から離れよう
あなたが知らないだけで、また他にも素材があるんだ

「レイズ・オブ・ライト」と非常に相性の良い素晴らしい情報だ

ある本がもうすぐ出る

私が書いたものだ

私の文章だがある部分
私が入れなければならなかった情報だ

あるグループから依頼されたんだ

公開する気はないようだ

もうすぐ出るって言ったじゃないですか?

TLSが公開すれば、私はもしかしたら読めるかもしれない

あなたも、あなたの視聴者も読むことはできない
公開されないよ

では、なぜ私の情報を公開し
私の一部でもあるあなたの情報を公開しないのか?
たまたま私がその一部であっただけだ

秘密はたくさんある
どれぐらいあるかはわからない

どうだろう、あのね、誤解しないでくれ
素晴らしい組織だよ

TLSは多くの素晴らしいことを行ってきたし、今も行っている。

些細なことで毎回イライラしてしまうんだ

組織との関係は良好なんだ

みんな大好きなんだ。私はこの人たちに命を捧げるが
ルールは作らないので

だから私は流れに身を任せるしかないんだ

ルールを作る人が決めるから、何が起こるかわからないんだよ

自由意志とプロセス

もしかしたら、情報開示のプロセスがあって
人を傷つけないために、あるいは与えすぎて
混乱を招かないためかもしれない

もしかしたら、彼らは本をそのまま出せと言っているのは
レイ、あなたが必ずしも予見できない何かが
実現するのかもしれないと思ったことはないですか?

言い換えれば、システムを信頼して仕事をすることを学んだのか
それともまだそうなっていないのか?

システムを信頼していないわけではないんだ
実力を見てしまったからそうも言ってられないんだよ

ただ、充分な力が発揮されてないとは思う

TLSにはもっとやれる力がある

TLSは非常にユニークな組織で
大きな力を持った人々が集まっている

彼らはそうすることを選ばないが、やろうと思えば
この世界、この宇宙であらゆるレベルのことができる

「運命のプロセスに干渉してはいけない」
といつも言われているのが一番の理由だね

たぶんコードは、現時点では
運命のプロセスに干渉してしまうのかもしれない
そう考えたことはないですか?

もちろん。でも、コードを公開すれば世界を変えるだろう

でも、それだと人為的に世界を変えるのではないですか?

ノー、知ってる人だけが知っている秘密を教えてあげてるんだよ

それに、私の知らない秘密がもっとたくさんあるんだ

では、なぜより良い世界のために提供しないのか?

だって、もし間違ったタイミングである秘密を明かしたら
それは誰かの自由意志を侵害することになるかも
しれないってことでしょう?

コードを公開せずに本を出すというプロセスは、人類全員が
努力なしではなく、有機的にプロセスを進めるための
コードを得るための一歩になるのかもしれません

ノー、それは誰かの自由意志を変えるものではない

それは誰かの選択を考え直すきっかけになるだけだ
それは違うね

選ぶ自由は変えないよ

機会を与えているんだ

「決断する前に、選択する前に、これを読め」って言ってるんだ

思っているより世の中にはたくさんのことがある

読んだ後には、何を選ぼうとそれは自由だ

もちろん、コード付きの本が彼らを永遠に変えてしまうから
違う選択をするだろう

そういうことだ

それは良いことであり、ネガティブではない

今公開されたテキストにラビが何か言っている部分があるので
それを言い換えてみます

「もし、あなたがその秘密を受け取るために働き
あなたが受け取るものを得るために働くことなく
私があなたに宇宙のすべての秘密を与えたとしたら

あなたの選択はもはや自由な選択ではなくなってしまうだろう
偏った選択になってしまう」と彼は言っています

そうだな、私もそう思う。そうかもしれない

しかし、ここに座っていて、本当に全世界、80億人が
変化に対応できると言えるのか?
ノー、ありえない

でも公平に見て、80億の人々は日々変化していますよ

10年前の世界を見て、今の世界を見てください

私たちの食生活を、私たちの行動を見てください

確かに、悲劇はそれを引き起こしますね。でも
10年前、50年前、100年前と人は変わってきているんですよ

ネガティブに変化したんだ

気づきに向かってポジティブに変化することを言ってるんだ

気づきがあれば、何が起こっているのかがわかるだろう

明らかに違う反応、違う行動になるはずだ

話し方が変わるし、家族を見る目が変わる

何もかもが変わってくるよ

この気づきの意識は、今ここでまだ発揮していない
内的な力を与えてくれるだろう

例えば、過去生を見ることができるようになるかもしれない

それはちゃんとした用途で使えば素晴らしいことだ

それが、今ここではまったく起こっていない

そう、ラビが本当に世界のほとんどの人に期待していること
残念ながら聞こえは悪いが、95%はバカだと言っているんだ

彼らは変わらない

だからこの世に必要ないから人口を減らそうとか言ってる
悪事を働く連中みたいな真似をするなら

もう社会の役に立たない80歳の老婆は殺す
老婆は連れていけないって話だ

ちなみに、彼女は社会にとって非常に有用な存在になり得る

80歳の老婆との付き合い方を社会が知っていればね
これはみんな忘れていることなんだけど

どうすればいいのか忘れているんだ

でも、平均的な80歳の老婆や老爺を考えたら
彼らから学ぶべき人生経験がたくさんあるはずなんだ

彼らは私たちが持っていない知識を持っている

彼らは我々の知らない70年前、80年前の記憶を持っている

彼らから学ぶべきこと、習うことがたくさんある
でも、我々は年長者に対する敬意を失っている
我々は彼らをお荷物だと思っている

「だから、65歳、70歳でも死んだほうがいいくらいだ
人口が多すぎる」とか言っているんだ

明日には「ユダヤ人も黒人もスペイン人も増えすぎた」と
ヒトラーがやったように「アーリア人が~」ということになるかもな

それがサイコパスの手口だから、大衆は理解できないんだよ

ラビだが、敬意を評して言っておくと
彼も物事を変えたいのだが
それをプロセスを通してやりたいと考えているんだ

私にはプロセスを待っている暇はないんだ

毎日人が死んでるんだぞ

殺されているんだ

人が殺されているのに、誰も何もしない

私にとっては、それは間違っていることなんだ

「完全な覚醒」が公開されたら

今の世界は、本当の意味での
「気づき 」を得る準備ができていると思いますか?
「完全な覚醒」

ノー、さあどうだろう?
「完全な覚醒」が公開されると仮定してみよう

オーケー?それを悪い意味で捉える人も出てくるだろう

自殺するかもしれない

ノーと言っているわけじゃない
それは本人たちの自由だ

人によっては興奮して心臓発作を起こすかもしれないな

それはその人の自由だ

これが魂の運命なんだ

今起こることに従って、彼らは変わろうと決めたのだ

そう、この情報はあなたの選択を変えることになるのか?
イエス、でも彼らの選択を邪魔するものではない

彼らはまだ好きなように決められる、止めはしない

強制はしてないし、銃を突きつけることもしていない
言ってるじゃないか、「聞いてくれ、これが情報だ」

「本当かどうかチェックしてみろ」
もし自分で納得して動けば
ほとんどの人が正しい変化を遂げるはずだ

多くの人は、大した割合ではないと思うが、そうなるだろう

死ぬかもしれない
ああ、では死なせてあげてくれ

だから何だ?
それがプロセスの一部なんだ

死んでも転生するんだ

何が起こるかわからないが、今日起きているような殺人とは違う

奴らは人を殺しているだ
頭のいい人、知的な人を見てみろ

日常では、仕事を通じて人と出会う

普通の人、賢い人、知的な人

そして私は座っていて、どこかに連れて行けるんじゃないかと
思いながら話しているんだ
ノー、彼らは本当に盲目なんだ

何も見えていないんだ
何も見ていない

どうやって変えられると思いますか?

彼らを変えるのが仕事なのか?
その方が良い質問かもしれません

ノー、私の仕事ではない

私の仕事はどちらかというと個人単位なんだ

何らか世界にショックを与えないと
変えることはできないと思うんだ

どうやって世界にショックを与える?
チームで動いて、無力化したい相手を無力化するんだ

同時に、あなたのような人たちに気づきを広めてもらい
私たちが話した様々な本のような情報を公開するんだ

そして今日、インターネットの世界
この世界のすべての人に2秒で情報を送ることができる

そうすれば、ほとんどの人はその情報をポジティブに捉え
ポジティブに行動することだろう

ああ、真逆のことをしそうな人もいる
それはその人の自由だ

そのせいで死ぬとしても、それはそれで仕方ない
彼らの選択だ

それを勧めてはいないよ、強制はしていない

私は彼らにこう言ったんだ
「いいか、好きなようにやれ」と

今日は自由な選択がない
誰一人として、誰もね

皆へのアドバイス

最後の質問ですが、あなたはこの11年間
特に人生全体を通して多くのことを見てきましたね

あなたが見て、経験して、学んで、経験して、アクセスした
そしてその間にあるものすべてにおいて

今、人類に、疑う者と信じる者の両方に
正しい方向に進むよう促すメッセージは何でしょうか?

今日、この世界にある情報のほとんど
ほとんどが誤った情報だ

我々は嘘と操作の世界に生きているんだ

私が人々に問いたいのは、目を覚ませということだ

みんな寝てるんだよ

ニュースを聞くのは止めろ

主要メディアの言うことを聞くのは止めろ

もっといい情報を得るためのリサーチがあるはずだ

経済や医療制度、ワクチン、税金について自分を教育しろ
あなたが教えられていることは全て嘘だ

私たちは騙されているんだ

私たちの子供たちは騙されている

今の子供たちが受けている教育はまるで馬鹿げている

そして、私たちは嘘八百を並べ立てられているんだ

私たち市民、民間人の仕事は
リサーチによって真実に迫ろうとすること、学ぶことだ

だから月曜夜にフットボールを見るのは止めて
もっと有意義なことに時間を使え

自分の内なる魂を探すんだ

あなたの友人や家族の内なる魂を探るんだ

正しい情報を探せ

いい人はいっぱいいる

良いリーダーは沢山いる

強いとは言えないかもしれないが、良いリーダーだと思う

私たちは良い方向に進んでいないのだから
新しいことを学ぶために目と心を開き始めるんだ

私はある意味心配しているんだが
もっといい方法があると思っている

でも、チームワークが必要なんだ

あなたが視聴者に何度も言っているように
私たちは一つになって行動しなければならないし
すべての意見に同意する必要はない

意見が違ってもいいんだ
より良い人生という共通の目標に向かって協力し合えば

自由、解放、幸福の追求は存在していない
民主主義を取り戻さなければならない

今は民主党が政権をとっているのかもしれないが
民主主義なんてないんだよ

全部嘘だ

どうもありがとうございました。今回お時間をいただき
ご快諾いただきありがとうございました

簡単ではなかったと思いますし、途中で説得することも
多々ありましたが、来ていただいてありがとうございました

声も違うし、姿も見えないけど

みんなを大切にするのはわかるし、正しいことをするのも
わかるし、自分なりのやり方があるのもわかるし
それらは間違いなくユニークだと思います

でも、あなたが来てくれて、あなたの経験や考え、洞察力
知識を私たちみんなと共有してくれて、本当に感謝しています

ありがとう

概要欄⑤を参照してください

⑤このインタビューを通じて開示された情報の多くは、理解しがたいものであり、あなたの現在の信念に疑問を投げかけるものであることは承知しています。このインタビューはレイが初めて承諾したもので、あるトピックについて深く掘り下げたり、あるトピックについて反証をしたりする時間があまりありませんでした。もし、もっと深く掘り下げてほしい話題や、今後のインタビューでレイに質問してほしいことがあれば、フィードバック、質問、コメントをお待ちしています。contact@jasonshurka.com までメールをいただければ、次回のインタビューであなたの質問にお答えできるよう、最善を尽くします。ぜひ、レイにチャレンジしてください。疑問をすべてぶつけてください。真実を語る者は、それに挑戦する者を受け入れるものだ。

ご視聴頂きありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました