自分を癒すのは自分自身

おすすめの記事

知るだけで実践しないと意味がありません

短い記事ですが、これ以上なく重要なことを言っているので翻訳しました。

Facebookにログイン
Facebookにログインして、友達や家族と写真や近況をシェアしましょう。

メアリー・アリソン

スピリチュアルな話をしても、それを実行に移さない人には、私のページは向いていないかもしれません♡♤。

↑本当に、ごもっともです。

パターンは、自分で観て癒やさない限り繰り返します。癒やすには辛くても観るしかありません。

それには本人の段階に応じてやる必要がありますが、普段から自分を観て、キャパを広げていきましょう。

トラウマの絆

あなたはいつもトラウマの絆に縛られていますか?

トラウマの絆は、未解決のシャドー(影)のトラウマによって、視野が狭くなり、目の前にあるものを認識する能力が損なわれたときに起こります。過去に誰かのシャドーを迂回した場合…例えば、父親が不在であることや母親が支配的であることを受け入れたくなかった場合、あなたと誰かの間のシャドーの迂回は、将来の人間関係にも影響します。

トラウマの絆は、二人が自分のトラウマの範囲を完全に明らかにしていないときに起こり、それによって二人は自分の直感やお互いのシャドーを無視するようになります。そのため、トラウマの絆が生まれたばかりの頃は、お互いに相手の良い面にばかり目が行ってしまい、強迫観念的な関係になってしまいます。トラウマの絆で結ばれた人間は、相手のありのままのすべてを受け取るための時間を取るよりも、意識的な関係を築くために必要な、シャドーの側面や地に足のついた儀式を統合するために立ち止まることなく、(寄生虫のように)つながりに含まれる美や欲望を吸収してしまいます。

このようにトラウマで結ばれた人は、関係から関係へと飛び移り、関係のポジティブな側面を消費し、自分のシャドーサイド、またはパートナーのシャドーサイドが現れ始めると、その関係を捨ててしまうことがよくあります。トラウマの束縛を前提とした長期的な関係があり、その長期的な関係は、通常、ある種の煉獄にいるように人々を立ち往生させる罠として機能し、未解決の傷を経由して、古い痛みをリサイクルしながら(癒すのではなく、リサイクルしながら)、どちらかの人間に狂気か深い抑圧(魂の死)が起こるまで、立ち往生させます。

*共依存といいます。

共依存(きょういそん、きょういぞん、英語: Co-dependency)、共嗜癖(きょうしへき、Co-addiction)とは、自分と特定の相手がその関係性に過剰に依存しており、その人間関係に囚われている関係への嗜癖状態(アディクション)を指す[1][2][3]。

すなわち「人を世話・介護することへの愛情=依存」「愛情という名の支配=自己満足」である[4]。共依存者は、相手から依存されることに無意識のうちに自己の存在価値を見出し、そして相手をコントロールし自分の望む行動を取らせることで、自身の心の平穏を保とうとする。

共依存 – Wikipedia

トラウマの絆のパターンから抜け出せない自分に気づいたら、そこから抜け出す方法はシャドーを通ることです。自分に完全に正直になって過去の経験を振り返り、自分が経験したトラウマについて学び直すことで、自分を虐待したり傷つけたりした人のシャドーを理解することに近づき、人間関係にアプローチする際に、より深いビジョンと地に足のついた知恵のレベルに達することができます。

この明晰さは、自分のシャドーや傷を理解するのに役立つだけでなく(心配しないでください、誰もが何らかのレベルで傷を負っています)、より深い直感を得て、他人のシャドーをより明確に読み取ることができるようになります。健全な関係を築くためには、シャドー(影)と光の両方のスペースを確保しなければなりません。それができなければ、すべての関係は最終的に崩壊してしまいます。

メアリー・アリソン♤

自分を癒すのは自分自身

シャーマンが患者を癒すのではなく、患者が心を開くことで、シャーマンが導線となり、ソース(源)のエネルギーを思い出させ、患者が自分が常に持っている力を思い出すことができるのです。

ヒーラーやメンターは、その道のりをサポートしてくれますが、完全に無防備になり、自分に正直になるのはあなた次第です。なぜなら、無防備になることこそが、多くの場合シャドーセルフの後ろに隠れているあなたのパワーを露わにするからです。

本当の自分とつながろうとしない限り、本当のパワーとつながることはできないのです。

メアリー・アリソン
アート シャーマニック・サクラ・メンタル・スペース

ナルシストは癒やすことができる

一般的な考えに反して、ナルシシズムは多くの人が想定しているような不治の病ではありません。

ナルシシズムは極度の自己否定に根ざしています。その拒絶感とは、通常、幼い頃から感情的な栄養失調に陥り、その後、(達成感を得るためには)外部の領域からあからさまに、そして執拗に装飾されなければならないと教えられたことから生じます。

これは、感情的な栄養失調として育ち、自分が成長して自信を持つために必要としていた愛と養育が時代遅れだとに気づいた(注:本人の謝った解釈です)から起こります。そのような愛は、家族の団らんという親密な領域には存在しませんでした。もし、家族の世界に養育がなく、パパやママからの目を貫くような真の養育や愛がないのであれば、そのような愛を求める場所は、外部の領域しかないのです。

本当のナルシストは、自分の内面に存在する魅力的な愛を探求する機会を得られませんでした。なぜなら、彼らが持っていた最も親密な愛の表現である家族の愛が空虚だったからです。そのため、彼らは親密さを通じた愛(自己愛を含む)を回避するようにプログラムされています。一方で、(この時点で)彼らが理解するようになった唯一の欲求であるエゴの欲求を満たす表面化した愛に飢え、追いかけ、努力しています。

エゴの観点から愛を追い求めるパターンを断ち切ることは、かなりのプロセスを必要としますが、それは可能です。それには、彼らの本来の愛の源(育成)が劇的に抑えられていたという事実を完全に認める必要があります。したがって、彼らが真の愛を探すのは、自分自身の中での旅であると同時に、彼らとより高い力(源、神、自然など)との間の旅でもなければなりません。最も難しいのは、自分の自己愛が脅威ではないことをナルシストに納得させることです。過去に家族の愛と養育がなかったとき、彼らは自分を慈しむことを含むソフトなトーンの親密さを脅威として認識するようにプログラムされていました。

なぜなら、見えないもの、関係ないものとして教えられてきた内的世界を、誰かの助けを借りずに反省することはほとんど不可能だからです。そもそも、愛や養育の欠如が自己愛のパターンを引き起こしたのであれば、観察者や養育者の存在は、統合的な癒しにとって最も重要であると言えるでしょう。

メアリー・アリソン♤

ユング心理学のシャドー(影)

【ゆっくり解説】19.あれの元ネタユング心理学~影(シャドウ)編~

正直でいることは、自分の中で何も抑圧、分離せず統合した状態でいることです。だから大事です。

メアリー・アリソンさんの以前の記事

以前の記事です。

タイトルとURLをコピーしました