サイモンパークスさんの最も重要なお知らせとホワイトハットからの公式声明「世界の平和と繁栄のためのアメリカ国民の宣言」

おすすめの記事

ホワイトハットからの公式声明

重要!!

ホワイトハットからの公式声明が出ました。チャーリーウォードはトップのトップから来ていて人々の行動を促すものだと言っています。サイモンパークスさんは、これから出てくる声明の全ての基礎になるもので、この上に積み上げていくものですと言っています。

声明の内容で皆が知らないような内容は特にありませんが、公式声明というのが大きいです。つまり、噂は言われてきたことでここで書かれていることはすべて本当です、現実です、ということです。これは重たいです。イルミナティ、カバール、秘密結社とか悪魔崇拝、生贄殺人、アドレノクロム、人身売買、人口削減計画、不正選挙、海事法、合衆国企業政府、コビッド(コロナ)はフェイク、ワクチンにはmRNAワクチンやHIVが含まれDNAを変化させる、それは免疫機能を失わせ将来70%が亡くなる可能性があるとあります(声明だとコロナはフェイクという言い方ですが、 チャーリーはディスカッションでCOVIDが存在しない、と言っています)。この公式声明を基に、市民は行動を起こし権利を主張してください、という礎です。

この文書がいかに大事なものかと言うと、ホワイトハットによる宣戦布告のようなものです。今まで噂されてきた事を公式に認めて宣言しています。何度も弁護士のチェックを経てリリースだそうです。目覚めていない人、現実と向き合っていない人も、これからムーブメントが起こってくることで少しづつ真実が耳に届き始め、現実と向き合わざるを得ない大きなステップです。ホワイトハットが勝手に解決してくれるのではなく、私たち一人一人が立ち上がりカバールを倒しましょうという開戦の宣言です。ぜひよく読んでください。

サイモン・パークスさんの最も重要なお知らせ

Simon Parkes Special Update. Huge. (6th September Update 2021

私からの最も重要なお知らせ、かもしれないものへようこそ。

まあ、ほとんど最重要かもしれませんが。

今日は本当に暑いですね。

明日は私の誕生日ですが、どうやら誕生日にはすごくいい天気になるようで、それは素晴らしいことです。

それを楽しみにしています。

太陽の光があれば、もちろんポジティブなエネルギーが生まれ、人々は未来に希望を持つことができます。

今日の英国時間午後6時に、私のウェブサイトで、量子金融システムの責任者と同じ人々からの声明を発表します。

愛国者運動に参加している人たちと同じまさにその人たちです。

アメリカだけでなく世界中で、しかしおそらくアメリカで最も強く声を上げていて、盗まれた選挙に反対している人々、

コロナの状況に対する政府の対応に不満を持っている人々からです。

私たちが驚き、ショックを受け、落胆しているすべてのことに、このグループの人たちは、声を与え、代替案をもたらしています。

何ヶ月も前に、私とチャーリー・ウォードは、ある時期に基礎となる声明を発表するように言われました。

私が青写真と呼んでいるものです。

基本声明は、今日の世界の何が問題なのか、それらの問題が何なのかを詳細に説明し、私たちがどうやってそれを正す必要があるのかを始めるためのものです。

しかし、最初の基本声明は、今日、このビデオをご覧になったときに発表されるもので、リンクして読むことができるようになっています(下にあります)。

これは、その中にいる人たち、ゾーンの間にいる人たちに明らかにするためのものです。

すでに目覚めている人たちは、これを読んで次のように言うことでしょう。

「ああ、これは全部知ってるよ 」。

しかし、それを権威ある文書で読むことができるのは素晴らしいことです。

弁護士を経ているものです。

それは8月30日に書かれたもので、私たちがそれを手にしたのはここの時間の午前3時でした。

それは弁護士が何度も何度も検討したからです。

私たちが知っていることが実際に書かれているのを見るのは素晴らしいことです。目覚めていない人、気づいていない人のために。

それは遅すぎる、彼らはいずれにせよ人類から失われています。

しかし、その中間にいる人たち、まだ目を覚まさない人たちには、

これが次の段階、人類の発展の次の段階に進むためのきっかけになることを願っています。

多くの人が、転換点として広く理解されている数値としてクリティカルマスを挙げています。

それを62.5%または62%とする人もいます。

私は今、60を超えていると思っています。

61を超えようとしていますから、この特別な臨界点からそう遠くはありません。

そこで皆さんにお願いしたいのは、この声明を読んでいただくことです。

私が書いたものではありません。

前向きな変化をもたらす組織のトップの人物によって書かれたものであり、

その組織は世界中の愛国者たちと協力していますが、主にアメリカでポジティブな変化をもたらすでしょう。

そして、それは一般の男性と女性の立場から書かれています。

どの国に住んでいようと、この非常に小さく、非常に秘密めいた、非常に強力なカバールに抑圧されている普通の人々の立場から書かれています。

今日の最も重要な問題をすべて提示しています。

チャーリーと私が言われているのは数日後に更なる情報を得ることができるだろうということです。

私が想像したいのは、これが建物の基礎であり、基礎の上に次の層が作られ、特定の側面が取り上げられると想像しました。

この記事を読んで、今朝の早い時間に見てみると、1776年の再来のように思えました。

しかし、イギリス人を追い出すのではなく、

この文書は、アメリカ国内の敵と国外の敵を排除するためのものです。

言い換えれば、これはアメリカ国民と世界の人々に、私たちに何が行われているかを理解するために目を覚ますよう呼びかけるものに他なりません。

そして、その解決策を探し始めるため、

これは結集の場であり、1776年の憲章のようなものです。

自由はここから始まる。

書面にするという意味では。

だからこそ、私たちはそこから安心を見出すべきなのです、私には間違いなくそうです。

あなた方の多くは、インターネットで多くのことを見ていると思います。

しかし、私が言えることは、もちろん私はこの背後にいる人たちに会ったことがあります。

彼らを知っているからこそ、これは本物であり、本当に起こることなのだと確信しています。

そしてもちろん、私たちは戦時下にいます。

私たちは今、戦争状態にあります。

量子金融システムの支払いに興味がある方は 、ディナールを持っていたり、その他の通貨をお持ちの方ですね。

そういう人にはがっかりさせるでしょう。なぜなら、お金を引き換えられる日が示されていないからです。

どれだけのお金が手に入るのかもわからないのですから。

しかし、私が皆さんに言いたいのは、実はこれは同じくらい重要なことだということです。

これは人類に関わることであり、お金や自分が投資したプロジェクトだけではありません。

これは広い意味での公益です。

世界がゴミになってしまうなら、ディナールの支払いを得る意味がありません。

どこに隠れようか、どこに行こうか、意味がありません。

量子金融システムは、白馬の騎士たちが物事を正すために使用する側面、ツールです。

率直に言って、これは最大のツールです。

JFKの命を奪い、ツインタワーと第7ビルディング、何千人もの罪のないアメリカ人を犠牲(9.11)にしました。

世界中で何千人もの罪のない人々を犠牲にしてきました。

そして今、私たちはこの転換点にいます。

遂に遂に三度目の正直です。

私たちは今、この人類の驚くべき変化を目の当たりにすることになるのです。

スピリチュアルな人ならわかると思いますが、私たちはお金に対する恐れを持っています。

つまり、よいお金が何をしてくれるのかということを理解しています。

しかし、お金は悪い使い方をするとどうなるかも知っています。

私たちの周りではほぼ毎日それを目にしています。

しかし、今、この地球上では、お金の状況を掌握しない限り、どんな良い考えや最良の願いも、完全な変化をもたらすことはできません。

カバールから経済支配を奪えば、彼らが私たちの喉を掴む力は弱まります。

だからこれは、債権をいつ現金化するかを知りたい人のための声明ではありません。

これは世界の人々に向けた声明であり、あなたは一人ではないということです。

あなたには果たすべき役割があると理解しています。

私たちは皆、果たすべき役割を持っています。

私はこの活動に参加するように依頼されたことを大変光栄に思っています。

何年か、何年か後には、これが私たちの反撃に確かな形が与えられたターニングポイントとして振り返られると思います。

反撃は自分たちの力でしかできないことを忘れないでください。

私の話に耳を傾けてくれた皆さんは、私が何度も言ったことを聞いているでしょう。

「駆けつけてくれる第7の騎兵に期待するのではなく、私たちが第7の騎兵なのです」。

アメリカ的な表現で申し訳ないのですが、これはアメリカから来たものです。

世界の皆さんも、負けていると思わないでください。

これは私たち全員のことです。

アメリカを修正するだけでは意味がありません。

アメリカを修正しても、アフリカが修正されず、ヨーロッパが修正されず、オーストラリアが修正されないのでは意味がありません。

それは何のため?

すべての人に関わることですが、戦いはアメリカで行われています。

この点は、歴史を振り返ったときに、戦いの焦点がこの基本声明にあったと言えるのではないでしょうか。

焦点が当てられ、金融などのいくつかの分野に簡潔にまとめられました。

これが出発点なのです。

私にとっては、これが開始のピストルなのです。

私にとっては、旗が上がりました。

開始のピストルが鳴らされました。

そして、レースが始まったのです。

時間を割いていただき、ありがとうございました。

この文書を読んでいただきありがとうございます。

この文書が私のサイトに掲載される6時には、私はチャーリーと彼のグループと一緒に、この件について詳細に議論することになるでしょう(下に要約あり)。

これ以上のことは言えないかもしれませんが、チャーリーも私も守秘義務契約があり、チャーリーは守秘義務契約を2つ持っているので、私よりも口が堅くなっています。

そうですね、本当にありがとうございました。今はエキサイティングな時代、前向きな時代です。

確かにひどいことはたくさんありますが、私はいつもベストを信じています。

なぜなら、人類は必ず勝利すると信じているからです。

最も過酷な時代、最も困難な時代にあっても、私は決して悪人たちが望むような、私たちが皆、破滅を運命づけられていると信じることを自分に決して許しません。

いいえ、そんなことはありません。

そしてこれは、物事が変化しているという本当に良い兆候です。

本当にありがとうございました。

世界の平和と繁栄のためのアメリカ国民の宣言

サイモンさんが読んでくださいと言っている声明は以下の文章です。(かんろさんの日本語訳)
ぜひじっくりとお読みください。オリゴポリスト=寡占者の意味です。

未来を抱く青写真

かんろ

以下は、2021.9.6ジュディノートpickupの番外編(一部)として、チャーリー・ウォードがアライアンスから受け取った「宣言」だけを記載します。

そのうち、チャーリー本人より、この「宣言」の真意が聞けると思いますが、おそらくDSに対する訴訟が始まる予定があり(今も継続していると思いますが)、その前に、彼らの罪を洗い出すことが必要で、それを広く共有するためにこのように簡易的に文章化されたのではないかと思います。短時間で編集するには力が足りず、法律用語の言い回しが下手で読みにくい点あると思いますがお許しください。ただ、アライアンスからの正式な文書が読めるメリットを受け取っていただけますと幸いです。

* * *

#ジュディノート :

以下の「国民の宣言(“Declaration of the People”)」は、アライアンスがチャーリー・ウォードを通じて公表するため、2021年9月5日(日)に彼に送ったものである。アライアンスはこれを「未来を抱く青写真」と表現している。

世界の平和と繁栄のためのアメリカ国民の宣言:

最近起こっている人類の出来事の中で、ある民族が他民族との間に結ばれていた政治的な絆を解消し、合衆国の各州の権力者に対して自然の法則と自然の神の法則が独立した平等な地位を彼らに権利を与えることが必要になった時、人類の意見をきちんと尊重するためには、腐敗と影響力によって全てを支配している寡占主義者が課しているとされ、権力が分離を促している原因について宣言する必要がある。

我々は、これらの真理が自明であることを確認する。すなわち、全ての人間は平等に創られており、また創造主によって、一定の譲ることのできない権利を与えられていること、これらの権利の中には生命、自由および幸福の追求が含まれていること、これらの権利を確保するために人間の間に政府が樹立され、被支配者の同意からその正当な権力を得ることができることが決められている。政府の形態がこれらの目的を破壊するようになった場合、それを変更または廃止し、人民の安全と幸福に最も影響を与えると思われる原則に基づいてその基盤を築き、その権力をこのような形態で組織する新しい政府を樹立することは人民の権利である。確かに、長年にわたって確立されてきた政府を、軽薄で一時的な理由で変更すべきではないというのが賢明な判断である。したがって、あらゆる経験から、人類は、自分たちが慣れ親しんだ形態を廃止して自らを正すよりも、苦難を受けることができる間は、苦しむ傾向にあることが明らかになっている。しかし、常に同じ目的を追求する長い悪用と簒奪の連鎖が、自分たちを絶対的な専制政治の下に置こうとしていることを示唆している場合、そのような政府を捨て、将来の安全のために新たな保護を提供することは、自分たちの権利であり、また義務である。米国内のこれらの州は、このように辛抱強く耐えてきた。そして今、このような必要性から、彼らは以前の政府制度を変更する必要に迫られているのである。イルミナティ・カバリストのような秘密結社を支援する寡占主義者の現在の影響力の歴史は、度重なる侵害と簒奪の歴史であり、全ての直接的な目的は、米国の偉大な人々だけでなく、地球上のすべての国のすべての人々に対する絶対的な専制政治を確立することにある。このことを証明するために、真実を率直に世界に明らかにしようではないか。

彼らは、2020年の米国大統領選挙において、あらゆるレベルでの不正と虚偽に見られるように、真実を堕落させることによって法律への同意を拒否した。我々国民は、公共の利益と適切な代表のために最も健全で必要な投票という基本的な権利を行使しても、それを確認する法的権利をも奪われたのだ。

彼らは、知事を含め選挙で選ばれた役人が、緊急かつ差し迫った重要性を持つ法律を通過させることを禁じ、COVID感染症の菌株やその感染症を取り除くことができる真の治療法など、虚偽の報道や誤った情報によって作り出された国民の恐怖に基づく規則を押し付けている。彼らは、「世界平和と繁栄のための米国民のCOVID宣言」のような偽の解決策を押し付け、毒物を注射しているのだ。最も危険なのは、人間のDNAをRNAで変化させ、人間の体が本来持っている病気と闘う免疫機能を失わせることである。このことだけでも、同じカバルであるイルミナティの寡占主義者の支配下にあるあらゆるメディアによって宣伝されたため、偽物のワクチンを摂取した人たちの70%が将来的に命を落とすことになる。

彼らは、国民がCOVID偽装ワクチンを摂取し、その法的責任を手放すための署名をする際、コンプライアンスによって代表権を放棄しない限り、人々に対して対価を伴わない無償の好意として締結される法律を通過させたり施行したりすることを拒否した。

彼らの中でも州議会にいるメンバーは、国民の代表ではなく、戦争、食糧不足、長期的な病気を引き起こす食品改良、人体の免疫システムの無効化などの戦術を用いた世界的な人口削減計画を推進する、誤った物語と命令に国民を服従させる違法な法律を通過させる専制君主である。

彼らは、人類の人口減少を確実にし、彼らのアジェンダのために資源を保持するための方策を遵守することを計画することを唯一の目的とし、彼らの公的記録の保管場所とは異なる遠く離れた場所に州議会を招集した。

彼らは、投票操作によって本物の州議会を何度も解散させ、人民の権利への侵略に反対するために、専制的な寡占主義者とその政策のみを代表する候補者を配置した。

彼らは、そのように議会を解散させると、国民の代表による法的な訴訟後でも、妥協したドミニオンの投票システムと技術を違法に使い、他人を選出させることを長い間拒否してきた。それによって、国民を適切かつ真の形で代表することができない州の立法権は真実に反応しなかったため、今、この権力と権限はその行使と修正のために広く国民に戻されなければならない。その間、国家は妥協された代表権と現在の解決策もなく痙攣した状態で、全ての侵略の危険にさらされたままとなる。

彼らは、全ての国の国民が、全てのレベルの役職に就く代表者に投票することを妨げ、全ての国の国民に害を及ぼすことを特に目的とした、秘密の議題を実行しようとしている。

彼らは、真の司法における司法権と権威を確立するための法律への同意を拒否することで、司法の運営を著しく妨害している。我々国民は、国内の法執行、国内および国際的な軍事活動のすべての分野において、陰謀を企てているイルミネイト・カバリスト・オリゴポリストの影響力と指示による専制政治の偽りの物語に従わされ、その上にいる妥協した当局によって制限され、また指示されている。

彼らは、国内、地域、最高裁判事を、彼らの意志だけで、その職の任期や給与の額や支払いを左右するようにした。

彼らは多数の新しいオフィスを建設し、国民に嫌がらせをするために役員の大群を送り込み、新しい刺激的な資金で彼らの物資を食べ尽くし、偽のパンデミック計画と恐怖で通常のビジネスが繁栄し機能するのを不可能にしている。これは、一時的な解決策から、「書類を見せろ」と宣言するナチスのゲシュタポのような状態になっている。

彼らは平時においても、国連軍やその他のNATO軍の常備軍を、妥協していない軍の指導者たちの同意なしで我々の側に置いていた。彼らは、軍が市民の権力から独立し、優越するように影響を与えてきた。彼らは、国家安全保障を損なうような無謀な政策を引き起こす偽装政権で米国民を怒らせた。

彼らは他者と協力し、我々の憲法とは異なる管轄権に我々を服従させ、また、それが我々の法律では認識されないようにしていた。つまり、彼らの立法を装った行為に対して同意させていた。

外国の武装した大規模な軍隊を我々の近くに駐留させていた。

世界中で何万人ものアメリカ人と何百万人もの人々を殺す偽のワクチンを使用し、米国の住民に対して行うべきいかなる殺人罪に問われるべきだったにもかかわらず、模擬裁判によって彼らを保護していた。

偽のCOVIDやその他のパンデミック対策をめぐる恐怖と新政策によって、世界各地との貿易を断絶し、ビジネスを閉鎖していた。

我々の同意なしに我々に税金を課していた。

多くの場合において、このような虐待を引き起こしている権力者について目撃した人々を暗殺することで、我々から陪審員裁判でのメリットを奪っていた。

悪魔的な人間の生け贄や、幼い子供を拷問して殺害するアドレノクロムの使用を目的とした輸送や人身売買を行っていた。

憲法の自由な制度を廃止し、海事法または提訴法を運用し、すでに破綻している恣意的な合衆国企業政府の設立で境界線が拡大されたことは、アメリカ合衆国及び世界の平和と繁栄のための模範になることを放棄するという宣言であった同時に、合衆国だけでなく世界的にも人民に対する絶対支配を導入するための道具となるということであった。

彼らは、我々の憲章を奪い、最も重要な法律を廃止し、国民の意思による政府の真の姿を根本的に変えていた。

彼らは、我々の合法的に選出された立法府を停止し、偽装投票された候補者に置き換え、あらゆる場合において我々のために立法を行う権限を持つと宣言していた。

彼らは、真の合衆国政府を放棄し、我々が無権利者であることを宣言し、我々に対して戦争を仕掛け、ワクチンで我々をそっと殺し、RNAやHIVなどの毒物で我々のDNAを変化させることで、真の合衆国政府を放棄していた。

彼らは何百万人ものアメリカ国民の生活を破壊し、世界中で何百万人もの人々を無謀にも正確に殺し続けていた。

彼らは、今、外国の国連軍と中国軍の大規模な軍隊を移送して、すでに始まっている死と荒廃と暴政の仕事を完成させようとしているが、その状況は最も野蛮な時代に匹敵し、文明国のトップとしては相応しいと言えるものではない。彼らは、CDC、FDA、国連、CCP、CIA、FBI、MI6などの連邦政府機関のリーダーや、中央銀行の政府権限を持ち、国家と国民の主権をすべて奪うという手段を選んでいた。

我々は、米国内外の同胞からの喚起を求めており、偽りの立法府が我々に不当な管轄権を拡大しようとしていることについて折に触れて警告してきた。我々は、現在の生活状況を彼らに思い起こさせている。我々は、彼らの生来の正義と寛大さに訴え、我々の共通の親族の絆によって、我々の人脈と通信を必然的に妨げるこれらの簒奪行為をやめるよう彼らを説得してきた。しかし、彼らは正義と血縁の声には耳を貸さなかった。したがって、我々は分離を非難する必要性を受け入れ、我々の他の人類が戦時には敵であり、平和時には友であるように、彼らを保持しなければならない。

したがって、我々、米国州連合国家の代表は、この偉大な国家の善良な国民の名において、またその権限によって、厳粛に公表し、宣言する。これらの「国家」は、自由で独立した国家であり、当然そうあるべきである。これらの合衆国は、オリゴポリスト、カバル、イルミナティの秘密結社に対する全ての忠誠心から解放されており、また米国内外におけるこれらの合衆国間の全ての政治的関係は完全に解消されており、また解消されるべきである。自由で独立した合衆国として、これらの合衆国は、戦争を仕掛け、平和を締結し、同盟を結び、通商を確立し、その他独立国が当然行うことのできるすべての行為および事柄を行う完全な権限を有する。この宣言を支持するために、我々は神の摂理の保護に確信を持って依存し、我々の生命、財産、神聖な名誉を相互に誓い合い、我々の個人の権利と自由を守るための変更を行うために、我々の州議会に連絡することを直ちに開始する。我々の最も基本的な権利である、我々の投票と、真実で公正な選挙を行うためのプロセスとその装置を守ることから始める。

我々米国民は、州レベルで自分たちの権利を行使する権限を持っている。この権限によって、これまでの誤りをすべて正し、我々の未来と、誰もが日常生活の一部となっている不正を排除して憲法の下で生きる自由の結果をコントロールすることができる。

今日とるべき行動は、各州の一人一人が、各州の代表者、議員、上院議員に宛てて手紙を書き、新しい議会を通じて、州民を守る州政府の特定の腐敗をなくすために必要な法律を変えるための改革と修正を要求することである。

具体的には次のような問題を取り上げている:

1.) 妥協を許さない本物の投票技術。例えば、ドミニオンベースのシステムではなく、QFS配信ソフトやハードなどの導入。

2.) 個人の自由を守ること。例えば、どのような医療行為を許容し、許容しないかを選択する権利など。このワクチンには、ヒトのDNAにmRNAやHIVなどの悪影響を与える要素が多く含まれている。世界の平和と繁栄のための米国民の宣言に則していなければならない。

3.) マスメディアの影響や連邦政府の影響を受けてCOVID19の接種を強要されたり、FDAやその他の連邦機関からワクチン使用の認可を違法に通過させられたりした人たちに対する損害賠償と責任の追及。連邦準備制度理事会(FRB)、国際連合(UN)、外交問題評議会(CFR)、中央情報局(CIA)、連邦捜査局(FBI)、司法省(DOJ)、国際通貨基金(IMF)、国際決済銀行(BIS)、内国歳入庁(IRS)など、アメリカ国民の問題に影響力を持つあらゆる機関やグループのアジェンダに影響され、我々の個人の自由と幸福の追求を脅かしているのだ。

4.) 全ての制限を取り除き、COVID-19やその他の医療問題に関する恐怖を助長することをやめ、健全な経済の基礎である、働き、稼ぎ、消費するという個人の自由を統制し、破壊すること。我々は平和と人類の愛をもって休息の時間を持つ。我々は死や計画された大量虐殺ではなく、生を望み、私たちの国を破滅と破壊から救うために、この問題が是正されるようあらゆる手段を講じるものとする。

著作権 :神の人(Man of God)

日付: 2021年8月30日

未来を抱く青写真|かんろ|note
以下は、2021.9.6ジュディノートpickupの番外編(一部)として、チャーリー・ウォードがアライアンスから受け取った「宣言」だけを記載します。 そのうち、チャーリー本人より、この「宣言」の真意が聞けると思いますが、おそらくDSに対する訴訟が始まる予定があり(今も継続していると思いますが)、その前に、彼らの罪を...

原文:

MAN OF GOD — Declaration of the People of the United States for Global Peace and Prosperity — FINAL

神の男の宣言について、サイモン・パークス、チャーリー・ウォード他のディスカッション

サイモン・パークス、チャーリー・ウォード他の宣言に対してのディスカッションの要約です。

神の男の宣言

かんろ

昨日(9月6日)にジュディノート の一部として投稿した、「未来を抱く青写真」について、チャーリがパネルディスカッションを開催しました。先週、サイモンと話をする機会を持つと言っていた動画だと思います。これからもこのシリーズが続く可能性がありますが、ひとまず今回はこの動画のポイントを会話形式(意訳含む)でお伝えします。

なお、原文は公式文書なので硬い表現が使われていますが、アライアンスチームから直接送られた大事な書簡であることをお見知り置きください。今後の展開の土台として非常に重要です。

* * *

チャーリー:これは、今後公開が続くであろう最初の書簡である。今回はこのメンバーでこの宣言について議論しよう(今我々がどんな位置づけにあるかなど)。

サイモンとはずっとQFSやRVなど金融面について話してきたが、グラウンドルールが整わない限り成立しないと言っていた。だが、今からその土台が整おうとしている。例えば、選挙詐欺についてだが、アリゾナ、ジョージア、ペンシルベニアなど結果について長いこと保留にされていたが、それにはちゃんとした目的があった。また、COVIDが存在しないことも世界の国々で証明されており、この書簡でも言及されているが、それを主流メディアは報道することを拒んできた

では、まずはパネルの感想を聞こう。

リズ(画面にはいない女性):DSは憲法と国民の価値をあらゆる方面で侵害してきたわ。ここには侵入者(工作員)があらゆる面で犯罪を犯している様子が記載されている。また資産も取り上げられていたことも、スキャンデミックについても言及されている。これについては大統領令が救済方法になるのではと思います。

サイモン:人々は今までの歴史にようやく違和感を感じ始めるだろう。そして、アメリカだけではなく、世界中の人々が本当の正しい姿とは何なのかに気づくだろう。以前、チャーリーやメルKが話していたように、適切で明確な法的手段を通して、コロナやワクチンの被害にあった何百万人という人たちが何十億ドルという損害賠償請求をすればビッグファーマが終わるだろう。それに加えて、こうした動きによって、多くの人たちが愛国者となって支持し始めるだろう。

ララ:公然とDSの悪事を非難する書面ですね。行動を訴えるものであり、歴史を変えるものだと思います。選挙からワクチンから、扱うべき様々な出来事をカバーしていて、これがまさにレッドピルね。

チャーリー:ちょうど今日も(この動画の前に)サイモンと話していたが、アメリカとメキシコの国境で何千人という子供達が行方不明になっている。なのにMSMはカバーしないのだ。彼ら自身が子の親であるはずなのに、それについて無関心なのはおかしい。

サイモン:この書簡についてのもう一つの重要な点は、これは一般の人々を代表して(一般の目線で)書かれていることだね。誰か特定の人や、どこか特定の組織の意見というものではない。一般の人々の声をまとめている。そして、法的かつ漠然と、人々がこの戦いに参戦することを軍に対してアピールしている。また、この書簡の発信元を特定する必要はないが、正義や真実のために戦っている団体が出していることは分かる。そして、これはカバルの終わりを示す歴史の始まりを意味している。

チャーリー:ああ、僕は書いた人を知っているよ。ただグループでまとめたものだ。そして、興味深いのが健康被害にあった人たちが金銭的にも償われると言った風に書かれていることだ。だから、(GESARAについて)お金が十分にないのではないかという心配はいらない。ビッグファーマは偽物を売ってこっそりと大金をへそくりしている。代償は100%なされるだろう。

ララ:この書簡で気になったのは、ここに書かれているカバルを主体とするであろう大々的な組織(連邦準備銀行、国連など)もヒューマニティに対する償いが必要であることを意味しているのではないかと。GESARAのことが頭に浮かんだわ。

チャーリー:確かにそのことが同じパラグラフに書かれているのは意味深いね。

サイモン:僕はここで白黒はっきりさせてきたことにショックだった。どれぐらいの人がワクチンで死に至るかもしれないということを言ってきている。

ジミー:僕は皆が動かなければならないところ、その動きをまとめるものが来たという感じがする。ここには全てが網羅されている。

リズ:それに覚えておかなければならないのは、ワクチンを強制することはそもそもニュルンベルクコードに違反することね。その点において、この書簡は法的にもとても具体的に書かれているわ。

ララ:それに誰もが「来るべきものを止めることはできない」というフレーズを、誰もが外から誰かが救済に来てくれると信じていると思うけれど、この「止まらない」というのは「覚醒」のことだと思う。つまり、全ての人の意識こそが勝利を導くということ。

チャーリー:また、変化を作るのに大人数でいることもない。誰もが一人一人、個個人で変化を作ることができる。今こそ行動すべき時だ。この青写真があるのだから。

リズ:あと重要だと思うのは、そう言いながらも、いつ大統領が実際に姿を現わすかだと思うわ。彼は今も私たちの大統領であり、また彼にはチームがあって、私たちの行動を支えてくれるはずだから。

サイモン:あと、この話は面白いと思うんだ。一週間前に国際司法裁判所がRVに税金免除になる最終日を決めた。しかし、7日後には免税はなくなり、世界政府はRVに40%まで税をかけられることになった。これが何を意味するかというと、悪党どもが想定したのは、ホワイトハットがそのタイムラインをずらそうとすることでまた大量逮捕のための罠を仕掛けるだろうという考えだった。しかし、その判決による開始日は9月1日だったが、実際にはそうならず、結局裁判所は免税の最終日は早くても9月12日としたのだ。これは9.11の翌日に当たる。物事は今、急速に進んでいる。もう誰もその期限を延長しようとはしないだろう。悪党は罠にはまって捕まえられる一方だ。私はいまこの地点まで来たことをとても喜ばしく思っている。この書簡が出たことに安心している。なぜなら逆戻りはないからだ。これは公式の声明だ。だからここから進めばいいだけだ。

(↑かんろ注:つまりRVは予定をずらさずとも速やかに進むだろうということ)

リズ:ちなみに米国では2020年3月15日に、思いがけなく大統領が連邦準備銀行と財務省のバランスシートを一緒にしました。そして、ムニューシンはこのことを3月末にメディアに公開した。それにより、トランプが具体的に連邦準備銀行を解体したということになる。よって、税金の問題はなくなるでしょう。なので、個人で償還する際は税はかからないはずだわ。

チャーリー:今日はご参加ありがとう。ずっと待っていたことが始まる。これらの情報はトップから直接来ているものであるし、共有することも承認されている。誰がトップか当ててみるのも面白い。これはたった一人の人物のことではないが、あるチームのトップだ。

最後に、「サイモン、お誕生日おめでとう!」(皆から)

* * *

神の男の宣言|かんろ|note
昨日(9月6日)にジュディノート の一部として投稿した、「未来を抱く青写真」について、チャーリがパネルディスカッションを開催しました。先週、サイモンと話をする機会を持つと言っていた動画だと思います。これからもこのシリーズが続く可能性がありますが、ひとまず今回はこの動画のポイントを会話形式(意訳含む)でお伝えします。 ...

神の男の宣言2~4

サイモンさんより新しい神の男の宣言がリリースされました。かんろさんのnoteでお読みください。

タイトルとURLをコピーしました