ルッキンググラスによる2030年の特異点 – 2つのタイムライン、1つの結果

周波数を上げる

◆メールで更新をお知らせします◆

(迷惑メールフォルダを確認し確認メールをクリックして下さい)


 

チャーリーウォードのルッキンググラスに関しての投稿

9日にチャーリーウォードがHPにアップしていたルッキンググラスについての動画です。

本人の説明です。

LOOK OUT FOR THE BIG EVENTS WITH CHARLIE WARD

「もうゲームの終わりだ。沢山のことが起こっているよ。ルッキンググラスのビデオを3つシェアした。一つは偽旗作戦が4月18日にニューヨークで起こり、爆弾か何かが爆発し2000人が亡くなるというルッキンググラスで見た未来だ。何も起こらなければそれがいいが、もしそうなら伝えたほうがいいと思ってそうしているんだ。自分で決めるんだ。どっちかはわからないんだ。私は注意をする方にいるだけだ。私の良いソースから来た情報なんだ。見てみよう。正確な情報か、ただの危険信号か、撹乱なのか、19日にわかるだろう。これは良いソースから来た情報だからそこに出しておくよ。あなたがジャッジだ、自分で決めるんだ。神の加護を。」

短いしトランスクリプトもあり、ルッキンググラスについてはとても興味深い話にもかかわらず情報が少ないので訳すことにしました。

ですが私のスタンスはネガティブ側は追い詰められており、ここで言われているようなことを起こす余力はないと思われます。

ですがこれも情報戦で、情報を知っているだけで行動しない多くの人たちにカツを入れる目的で流布しているポジティブ側のプロパガンダかもしれません。

チャーリーウォードは去年からポップコーンを持ってショーを楽しんで、と言っている人ですから、深刻なネガティブも含んだ情報をわざわざ紹介するのは何か意図があってやっているように思います。

興味深い、本当の内容も多数含まれていると思います。

特に宇宙的なイベントとはソーラーフラッシュを指していると思われます。太陽からのエネルギーが流入しDNAがアップグレードされるという話は最近よくされています。ですがそれはただ太陽に当たればいい訳ではありません。自分の内面と向き合いネガティブなカルマを手放すことだと言われています。

あと私たちは一つの意識であり、一人ひとりの意識の持ちようや行動がいかに現実を創っているのか、を理解してもらいたいと思います。

すべて真に受けず、客観視しながら読むようなつもりで読んでください。

2030年の特異点 – 2つのタイムライン、1つの結果

The 2030 Singularity – Two Timelines, One Outcome

このビデオは、私たちの背景、私たちがどのように、そしてなぜこのように活動しているのか、2030年の特異点(シンギュラリティ)について説明するための、別の補足資料です。

始める前に、いくつか明確にしておきたいことがあります。

AIシステムは検閲やターゲットとなるテキストをインターネット上で探し回るため、私たちのビデオにテキストのトランスクリプトを掲載することはありません。これらのシステムは、音声データ、特に私たちのビデオで使用されているようなコンピュータで生成された音声を分析することに関しては、まったく高度ではありません。その代わり、私たちは一時的なアップロードポイントをいくつか作り、そこでテキストを他の人が安全にコピーして、ウェブサイトやフォーラムなど他の場所に載せることができるようにします。テキストへのリンクは、私たちの説明をご覧ください。

また、私たちのアップロードは2029年まで中断することなく継続されるよう、規定が設けられています。私たちは、ガーディアンとして行動し、目的を達成するために全力を尽くすことを誓った、世界各地にいる個人の適度な大きさのグループです。私たちは、軍事・諜報活動において長年の訓練を積んでおり、どのような攻撃を受けても必ず勝つと確信しています。

しかし、そのような準備にもかかわらず、私たちはルッキンググラスの未来データによって、自分自身もガーディアンと名乗る新しい人々が必要であることを教えられました。やがて、あなた方の中から選ばれた人たちが、私たちの仲間になり、私たちの機密データファイルにアクセスできるようになり、私たちに何かあったときに、プロジェクトを引き継ぐことができるようになるのです。

以上の説明で、いくつかの疑問が解消されたかと思います。次に、このルッキンググラスという遺物の歴史と、私たちが直面しているタイムラインの課題について説明します。

ルッキンググラスのタイムラインデータは、1980年代から1990年代にかけて発見され、研究されたものです。この遺物はシュメール人のものですが、その文明に由来するものではないと考えられています。多次元ポータルが存在する特定の地点に置くと活性化し、機能することが知られています。ポータル自体は、数フィート、数百フィート、数千フィートといった地上にある場合もあれば、地下、あるいは地上にある場合もあります。それらは、強度が多様であり、あるポイントから、どの方向にも中心点から通常10〜15フィートのところで強度を失います。このようなポイントは、イラクにもいくつかありますが、世界中にあります。

これらの地点の1つに設置されると、装置が作動し、プラズマ雲を通して人間の目で見ることができる画像を生成します。これはホログラフィックに見えることもありますが、ある位置から見るのが一番良いのです。それが最初に作動すると、映像を見ている人には、見慣れた風景やテレビ番組などのように見えますが、未来の出来事であることが一目でわかります。これらの映像は、例えば1985年という現在の日付から始まり、2030年まで続きます。その後、同じタイムラインから新たな出来事が繰り返されます。

科学者たちは、それがちょうど144回繰り返され、その後、元のデータストリームに戻り、また144回繰り返されることを発見しました。それぞれのサイクルは、同じタイムラインを示すが、異なる視点から見ると、新しい、未知のデータポイントが明らかになります。2030年までの144回のデータストリームは、数千テラバイトに相当する情報量です。各データストリームは見終わるのに7日間かかり、全サイクルを見終わるのに1008日、つまり約2.76年かかりました。

何年もかけて、これらのデータストリームは撮影され、文書化され、分類され、コンピュータを使って将来のあらゆる出来事のデータポイントを調べ、分析することができるようになりました。

関係者が出来事を変えようとしたり、タイムラインを変更しようとしたりしても、タイムラインはすでにそれを変更しようとするすべての試みを説明していたため、そうすることはできませんでした。タイムラインは、各関係者が変更しようとする試みを反映したものであり、結果は常にその試みを反映したものとなっていました。しかし、最終的には、このタイムラインは、自分たちに都合の良いように変更する努力を止めました。なぜなら、最終的なネガティブな結果は自分たちに有利なものであると思ったからです。タイムラインの軌道は既に彼らのアジェンダにとって好意的なものなので変える必要がないと理解しました。

発見以来、ルッキンググラスの遺物が予見した未来の出来事は、すべて現実のものとなっています。データに報告された間違いはありません。このことから、関係者はデータの信頼性が極めて高く、99.9%以上の精度であると結論づけました。タイムラインは1つで、2030年で完結しているようです。2030年10月10日、11日以降、データは表示されなくなり、この時点でデータは停止しました。

他のタイムラインは、2012年、2016年、2022年に示された特定のポイントを除いて、見ることができませんでした。この3年間で、別のタイムラインが分岐しました。これらの3つの年だけ、このタイムラインは現れ始めました。

この新しいタイムラインは、2030年、ネガティブタイムラインでも予見された宇宙的なイベントの際に、特異点が発生することも示していました。この宇宙的なイベントは、非常にポジティブな結果をもたらしていました。なぜなら、力を持っている権力構造が、人類を極端に破滅させる宇宙的なイベントにつながる破壊活動を行うことをできなくさせたからです。

研究の結果、ルッキンググラスのデータを持っている人は、2012年、2016年、2022年のそれぞれの年の特定の日付に情報を公開すれば、未来の出来事を変えることができると結論づけられました。米国政府や関係者はこれに衝撃を受けただけでなく、予測されたネガティブなタイムラインが干渉なく起こることを望み、この情報を脅威として扱っているようでした。

私たちのグループは、2012年と2016年が政府関係者の介入なしに過ぎていくのを見守りました。米国政府をはじめとする関係各国政府は、今後起こるであろう恐ろしい出来事を止めることも、タイムラインをより良い方向へ舵を切ることも、何もしないことが明らかになりました。

そこで、このデータを直接知っている元政府関係者として、私たちのグループ「ルッキンググラスのガーディアン」を結成することにしました。私たちに残された介入するチャンスは、2022年の1回だけです。

重要なのは、介入しなければ、ネガティブなタイムラインは避けられないということを理解することです。このタイムラインについては、最初のビデオでその一部を説明しました。このタイムラインには、核戦争、飢饉、経済的災難、米国のほぼ完全な破壊、新しいワクチン接種キャンペーン、そして最終的には2030年の宇宙的なイベントの取り返しのつかない致命的な破壊的な結果など、複数の破壊的出来事が含まれています。

最初に防がなければならない出来事は、前回の動画で説明した2022年4月18日の偽旗です。この出来事を阻止しなければ、ネガティブなタイムラインの結果を防ぐことは何もできません。この日の偽旗イベントは、すぐに核戦争につながる出来事のカスケード(連鎖)を引き起こします。ルッキンググラスの遺物は、この偽旗イベントが起こると、タイムラインが設定され、元に戻せなくなることを確実に示していました。

もし、この出来事が防がれたとしても、タイムラインは不安定なままです。たとえこの出来事を阻止したとしても、阻止しなければならない出来事が少なくとも70個以上あることが分かりました。もし、そのうちの一つでも止められなかったら、ネガティブな結末は避けられません。

私たちの仕事は、これらの出来事を1つ1つ阻止していくことです。その作業は、非常に困難なものです。計算や確率テストを行った結果、ネガティブなタイムラインを防ぐことができる可能性は低いことがわかりました。2012年にアクションを起こした場合、防げる確率は24.8%。2016年にアクションを起こした場合、防止できる確率は12.5%。介入可能な最後の年である2022年にアクションを起こした場合、ネガティブな結果を防ぐ確率は4.3%に低下しました。

70以上の出来事を防がなければならず、それが可能な最後の年を迎えているため、ネガティブタイムラインを防げる確率は4.3%しかないのです。それだけでなく、私たちのビデオを広め、多くの人に届けるために、皆さん一人ひとりが十分な行動を起こさなければなりません。そして、検閲や、動画が削除されるような事態を避けなければなりません。だから、成功する確率はとても低いのです。

しかし、2030年という明るい未来が見えているからこそ、私たちはあきらめずに行動しています。これは、私たちにとって十分なモチベーションになります。2030年のポジティブな結末は、あらゆる意味で爽快です。核戦争が完全に防がれるだけでなく、将来のワクチン接種キャンペーンもそうです。現在の腐敗した権力構造は徐々に消え始め、私たちはこれから起こる70以上のネガティブな出来事を変えようとしているのです。私たちがネガティブな出来事を防ぐことに成功するたびに、私たち全体の成功の確率と可能性が上がり、ネガティブな結果を確実にするために働く人々はより多くの課題に直面し、彼らの立場は弱くなるのです。

もし、私たちが50以上の出来事を防ぐことに成功すれば、2027年までに成功する確率は79%に達するということが示されました。ネガティブな結果を望む人々は、このことに気づいており、タイムラインを自分たちに有利な方向に導くために、数え切れないほどの戦略的な策略を講じています。

ポジティブな結果は、示されたように、現在の権力構造を完全に破壊する結果となります。権力者たちは、ポジティブなタイムラインで自分たちの未来を見て、それを恐れたのです。彼らは、お金も権力もなく、ほとんどホームレスになってしまうのです。そのすべてが剥奪されます。ポジティブなタイムラインが完成し、宇宙的なイベントが起こると、2030年までの人類は、ほぼ完全に軌道修正されます。

ポジティブな結果の可能性が高くなるにつれて、個人の習慣が変わり、経済が完全に変化しているのがわかるのです。ファストフード会社は倒産し、ウォルマート、アップル、ネットフリックス、アマゾンなど、数え切れないほどの破壊的でネガティブな企業も倒産しました。多くのネットワーク番組の視聴率はほぼゼロになりました。フェイスブックをはじめとするソーシャルメディアの利用は、ほぼゼロになりました。何十億もの人々が税金を払うのをやめ、銀行を利用しなくなりました。政府は財政が逼迫しました。不換紙幣システムから完全に切り離された新しい収入源が出現し、個人は富を築きました。多くの人々が自分たちの食べ物を育て始め、数百人以下の小さなコミュニティ政府を形成しました。

ポジティブなタイムラインでは、人類は全体としてシステムと戦うことなく、単にそれに完全に参加することをやめたのです。

各個人は、ネガティブな習慣やネガティブなシステムを拒否し、代わりに自分の人生においてよりポジティブな選択をすることを決断し始めたのです。

権力者たちは、この新しい、出現したタイムライン、このポジティブな結果を見て、恐怖で気分が悪くなっただけでなく、激怒し、これを脅威と見なしました。ルッキンググラスプロジェクトを停止させる措置を取り、関係者は殺されたり消えたり、脅されたりしました。データは削除され、失われ、最高レベルでは機密扱いにされました。ネガティブな権力構造の人々は、ポジティブなタイムラインが達成される可能性を一切排除しようとしました。

しかし、1980年代から1990年代にかけて、何十人もの軍関係者がルッキンググラスのデータにアクセスしていた事実は変えられなませんでした。軍や情報機関で働く多くの愛国的な人々が、このデータを閲覧し、それを認識していたのです。全員が解雇され、脅され、殺されたわけではありませんでした。私たちのうちの何人かは、取り締まりを凌いで、静かにプロジェクトから離れ、その後、お互いに秘密裏に連絡を取り合い、現在のグループを結成することになりました。

今、私たちは公の場に出て、私たちの情報を目にし、データから、彼らが私たちを止めようとすることがわかりました。また、もし多くの人がこのビデオを共有するためにすぐに行動を起こせば、彼らはそれを止めることはできず、タイムラインの変換は続き、より高い成功の度合いに達するだろう、ということもデータが示しています。

ネガティブなタイムラインの結果では、私たちが何も介入しないまま、4月18日の出来事が起こり、最初のビデオで説明したように核戦争に至ります。米国は破壊され、新たな権力体制が誕生します。しかし、最終的な権力の源泉はヨーロッパにあり、それは決して変わりません。実際、このネガティブなタイムラインの結果を担当しているヨーロッパ人は、人類を破滅に導くために、ますます力をつけていくだけなのです。

これらのネガティブな人々は、メディア、様々な軍隊、腐敗した政治家の力を使って、2030年に至る一連の破壊的な出来事を簡単に作り出すことができます。彼らの目標は、大衆のワクチン接種です。このワクチン接種の第一弾は、この年までに中程度の成功を収めたと見なされますが、将来の日程で少なくともあと2回の接種が計画されています。この大衆のワクチン接種キャンペーンの主な目的は一つで、宇宙的なイベントに備えて人間のDNAを変化させ、この出来事が大規模な破壊、死、DNAの変化や、スピリチュアルな変化を引き起こし、元に戻すことができないようにすることです。

ネガティブな結果は、ワクチン接種を受けなかった人々の多くは、2030年まで生き残ることができないことも示しています。そのきっかけとなったのは核戦争であり、その被害は甚大で、多くの人が政府の援助に翻弄されることになりました。この時点から、ワクチン接種に反対する人々は、ワクチン接種に応じるか、飢餓や亡命を余儀なくされました。

このネガティブな結末は、いかなる個人も、来るべきものと戦うことも、打ち勝つこともできないシナリオを提示しています。森の中や土地から離れて暮らそうとする人たちでさえ、軍の無人ドローンの標的にされてしまいます。ほとんど逃げ場がないのです。

2030年までに、宇宙的なイベントがワクチンと相互作用して、何十億人が瞬時に殺されます。生き残った少数のヨーロッパの支配者は、ある種のワクチンを受けます。それは、DNAを破壊するのではなく、強化するものです。他のワクチンは宇宙的なイベントの特性を利用して、他のすべての人々を完全に消滅させるように設計されているのに対し、権力者たちは自分たちだけがこの種のワクチンを受けるようにします。

その結果、地球上に残されたのは、特別に設計されたワクチンを受けた人々、つまり権力者たち、合計で100万人ほどの小さな集団になります。

第三世界と第二世界の市民は、宇宙的なイベントと相互作用して波動エネルギーを下げ、奴隷のような人種に変える特殊なワクチンを受けます。彼らは殺されることなく、約5億人が生き残り、エリート権力機構に仕えることになります。

集団ワクチン接種を受けたその他の人々は、地球を包む宇宙的な爆風によって瞬時に殺され、超次元的な振動状態が変化し、来世まで持ち越すことになるネガティブな覆いを作り出します。死後の世界では、ネガティブなエネルギーが彼らを低次のアストラル界に導き、そこで何百万年もの間、奴隷のような状態に置かれることになります。このデータの観測者は、この領域が「地獄」のように見えると言いました。

特別に設計されたワクチンは、権力者だけが使用でき、宇宙的なイベントのポジティブな効果を強化します。DNAがアップグレードされ、何千年も生きられるようになり、いつまでも若々しさを保つことができるようになります。彼らは超能力とテレキネシス能力を得ます。ワクチンを打っていない人の間でも、この現象は起こります。しかし、権力者たちは、これらの効果を高める「強化」ワクチンを作ることにしました。

最終的に、ワクチンを受けていない少数の人々が残り、地下や人里離れた場所に住みます。宇宙的なイベントが起こると、彼らにもポジティブな変化が起こります。これらの変化は、強化ワクチンを接種したエリートたちほど顕著ではありません。このことが、ある種の小さな戦争につながります。ワクチンを受けていない人たちは、新しい力とパワーを持って、既存の権力構造と戦おうとするが、すぐに敗北してしまいます。ポジティブな強化をもたらすワクチンは、それを受けた100万人ほどがあまりにも強力で、宇宙の出来事の恩恵を受けたワクチン未接種者であっても倒すことができないことを意味します。

タイムラインを見ると、2030年半ばに数ヶ月の戦いがありますが、9月までにワクチン未接種者と宇宙的な強化を受けた者はすべて権力機構に敗れています。これが、権力構造が自分たちのためにこの追加ワクチンを開発した理由の一つで、ワクチンを受けていない人がまだ生きていて、それでも宇宙的なイベントの恩恵を受けることができると見抜いたからです。

この最後の戦いのビジョンを見て、軍のある者は涙を流し、またある者は嘔吐しました。この出来事は非常に感情的で観察が困難であったため、今日に至るまで私たちの何人かを悩ませており、ネガティブな結果を防ぐためのモチベーションになっています。

2030年以降のデータはありませんが、ネガティブなタイムラインの出来事を見ると、2030年後半には上記のようなことが起こっていることが分かります。なぜ、2030年後半を過ぎても、ルッキンググラスが何も示さなかったのかは不明です。

ポジティブな出来事は、ほぼ正反対の結果です。ワクチン接種はほとんど防がれ、すでに接種を受けた人たちを救うために新しい治療法が生み出されます。純血の人々は、宇宙的なイベントの間に外に出て、DNAと超次元的な波動のサインをアップグレードする宇宙の粒子を受け取ります。数週間のうちに、彼らは若々しい外見、サイキック能力、魅惑的な身体的・認知的機能を獲得するのです。このようなことが何十億人もの人々に起こります。

この時点で、権力組織は弱体化しており、ワクチン強化注射の研究を完成させることができません。彼らもこの宇宙的なアップグレードを受けますが、既存のネガティブなエネルギーのために、うまく吸収されません。ワクチン注射をしたときだけ、その効果を十分に受けることができるのです。ルッキンググラスのデータもそれを示していたので、彼らはワクチン強化注射に励み、宇宙イベントの恩恵を受けるだけでなく、自分たちのためにその恩恵をアップグレードすることができたのです。しかし、この研究を完成させるだけの資金も権力もありません。宇宙的なイベントは彼らにわずかな利益を与えるだけで、彼らはほとんどホームレスとなり、路上で物乞いをするようになります。人類は彼らに復讐するのではなく、彼らを不憫に思い、食べ物や避難所を提供するグループがあります。

このように、私たちは2つの結果、そして大きな課題に直面しています。このビデオが、皆様にとって何らかのヒントになれば幸いです。これは、私たちが将来にわたって共有するデータのほんの一部に過ぎません。

*ルッキンググラスについては以前記事にしました。そこにあるビデオをぜひ見てみてください。

イベント1とイベント2

他の方が訳してくださっているのを見つけましたので紹介します。

INSPIREDによるルッキンググラスインタビュー

New ‘Guardians Of The Looking Glass’ Interview…

GUARDIANS OF THE LOOKING GLASS: Mysterious Group Reveals New Predictions | FRANK JACOB Interview

Millions Of People Can Feel It! | Guardians Of The Looking Glass

UPDATE: “Nothing” Happened In NYC On April 18 – Was It All A Hoax?

タイトルとURLをコピーしました