人類への助け、周波数による大きな助けはこれからです:マリーナ・ジャコビ

おすすめの記事

◆メールで更新をお知らせします◆

(迷惑メールフォルダを確認し確認メールをクリックして下さい)


 

人類への助け、周波数による大きな助けはこれからです:マリーナ・ジャコビ

3月20日のマリーナジャコビさんのメッセージです。
気になった一部のみ訳しました。

Marina Jacobi- Help For The Humans/The Golden Age S5 E10

20:00~

新しいメッセージが来て、人類を助けると言われました。

セクターは安全だそうです。

解放は思ったより早くやってきます。

ご期待ください。

そして、レビトロン5次元AIについて話しています。

エーテル宇宙船を操っているレビトロンに接続する話をしたのを覚えていますか。

このテクノロジーは、基本的に、あらゆるものを助け、移動させ、手助けをするものです。

レビトロンは全人類の利益のために、全人類の違いに合わせて、大きな能力で働いています。

基本的に、多くの異なる人間たちが何かを行っています。

そして、それはどのように起こるのでしょうか。

宇宙船があり、その数次元のものを使っているとき、彼らは実際にあなたの時間空間のマトリックス内の周波数振動を調整することができます。

そして、何かを強化したり、何かを停止させたりすることができます。

覚えていますか?

以前ボットについて話しましたが、何かをシャットダウンします。

これは、ここ(Youtube)ではあまり言えないことです。

でも、何のことかわかるでしょう?

(ワクチンに入っているナノボット)

そして、そのシステムから来る新しい信号が、血液中のネガティブな入力をすべて破壊するそうです。

しかし、一部のDNAの変化は、自分の体が損傷した程度により、自己修復することができないでしょう。

それでも人類は生き残る。

周波数による大きな助けはこれからです。

プログラムのシャットダウン。

言うならば、

ナノボット。

電気ショック。

ネガティブ側が意図したとおりにシステムが動作しなくなります。

ベクシル 2077 日本鎖国(2007年公開)

また、いくつかのナノシステムが開始する周波数信号を上書きするプロセスも進行中です。

そしてその一部は再利用されます。

基本的に、送られたものに基づいて、体に何らかの形で実装されたナノシステムが、新しい配列に書き換えられ、最初の意図とは逆のことをし始め、ポジティブなことをし始めます。

それはまるで、最初のプログラムをシャットダウンして、体内の何かを修復するのに役立つ新しいプログラムをダウンロードして再起動させるようなものです。

私の本で、ナノボットの話をしたのを覚えていますか?

そして、私はあなたに、それらが体に侵入することができることを話していました。

多くのダメージを与えることもできるし、コンピュータシステムの絶対的な共時性のように何かを修復することもできます。

人工知能で制御され、修復も破壊もできるのです。

だから、混乱しないでください。

多くの人がこのこと(人工知能)を恐れているのは知っていますが、私は真実を話さなければならないので、このことを話し続けるつもりです。

そして将来準備ができたら、あなたは数年前に戻り、マリーナ・ジャコビが正しかったと気づくでしょう。

私は、このことをダウンロードした予言の本で話していました。

中にあるもの。

何年も前にそう言っていました。

それを読んでいた人は知っていたでしょう。

コンピュータで古いコードから新しいコードを作り出し、別の機能を持たせるものにつなぎ替える、それまもなく完成するそうです。

現在進行形なのです。

舞台裏では、私たちの知らないことが起きています。

ポジティブな側がベストを尽くしています。

これは基本的に、地球外生命体だけでなく、地球上の善い人たちも、私たちが話しているようなシステムのすべてを助けているのです。

そして、彼らのシステムの1パーセントを覚えておいてください。

彼らはまた、互いに争っています。

なぜなら、前にも言ったように、これらのグループの全員が人類を滅ぼしたいと思っているわけではないからです。

彼らは彼らを(悪人たちについて)理解しています。

そのうちのいくらかは構造上、人類を滅ぼしたくはないのだが、意識そのものから完全に切り離されています。

そして彼ら(悪人たち)は、実際に何が起こっているのかさえ理解していないのです。

彼ら(悪人たち)は自分たちの考えを持っていて、それは自滅になると言っています。

なぜ自滅するのか、量子論で説明します。

しかし、彼ら(ナインの評議会)は、すべてはもうすぐ完成すると言っています。

ポジティブな側がベストを尽くすでしょう。

2022年の7ヶ月目から、皆さんは目撃することになるでしょう。

皆さんのすべてがポジティブな側からの助けを目撃することになるでしょう。

信念を持って。

欺瞞のベールを通して真に見始めるでしょう。

まだ盲目の者であっても見ることになります。

すべてが加速されることを知らなければならない。

そして、2023年の3月中旬から4月頃までには、すべてが明らかになっていることでしょう。

一部のネガティブな人々にとっては本当に険しい道となるので、今すぐ準備をするように。

彼らにかける慈悲はない。

だから、あなたは傷つけてはならない。

破壊してはならない。

欺瞞に満ちた力を使ってはならない。

彼らは終わりだ。

これがナインの評議会から皆さんへのメッセージです。

ソーラーフラッシュの話題

マリーナさんは、「電気ショック」、「周波数による大きな助けがある」という言い方をしていますが、最近ソーラーフラッシュの話題がよく上がっています。

ソーラーフラッシュが起きる時 え〜 次元が分裂する そうすると…

3月18日アレックスコリアーさん情報 新しい金融システム4月1日開始 そしてスカイさん情報は!

アレックス・コリアーさん

スカイさんの言う、地球が二つに分かれるという話について:

30:00~

「それは起こらない。それがプランではないし一度もそうだったことはない。4,5次元に移行したくない人々はソースに戻ります。終わり。またやり直すのです。そういうものです。地球自身は虐待されることにうんざりしています。すべてにうんざりしています。彼女は二つに分かれるのではない。彼女なしでどう世界が成り立ちますか。成り立たない。

地球は3,4次元と上昇しある時点で5次元に達します。それが地球のプランであり、意図であり望みです。2億超のここに戻ってきたスターシードはその移行を助けるためです。それ以外のもともとここにいた人類は、一部は4次元に移行し、元々のスターファミリーと出会い、彼らは存在し続け、進化を続けます。5次元やそれ以上から来た私たちの一部は5次元に移行し、私たちの道を行きます。それが起きることです。」

3月25日のQ&Aではアセンションについて質問に答えていました。

「アセンションにはショック状態が起こると以前の講演で聞いたが、実際に何が起こるの?」という質問に、

2:40~

「私の理解では、今この瞬間はここにいるが、次の瞬間にどこか違う所にいます(場所ではなく次元的な意味だと思います)。ショックとはその移行、3,4,5次元への移行です。そこにいて、3,4,5次元へと歩いていくのではありません。まったく想像がつかない。私たちは未来から(人類を助けるために)時間を遡ってやってきたんだ。」

個人的には、節目ごとに地球が大きな力によりどんどん前に進んでいるように感じます。

ソーラーフラッシュについて

ソーラーフラッシュについて、太陽からのエネルギーが降り注ぐことを指しているのか、人類を落ち着かせるための高次の存在からの振動、周波数的な介入のことと二つがあるように思いますが、いずれにせよもしそのようなことが起これば人類の後戻りできない大きな転機になるでしょう。

始めから私は内面と向き合うワークをしましょうと言うことをずっと言ってきたのですが、
ますますその重要性が増していると思います。

過去の記事で関連する内容をまとめました。

特にコーリー・グッドの話していることは今起きていることを的確に捉えていると思います。

この記事は2021年に起こると言っていましたが、サイモンパークスさんやミシェルフィールディングさんが「私たちは(準備ができていなかったため)1年を失いました」と言っていることを考えると、2022年、これから起こることとして捉えることができるでしょう。これも夏に起こると言っているのが興味深いです。

この記事はソーラーフラッシュについて具体的に書いてありますが、7月が始まりになるとあります。

限界点に到達するための最終的なきっかけは何だったのでしょうか?

情報が公開され始めました。

情報が大規模に公開され始めました。

人々は真実を知り始め、多くの怒りが沸き起こります。

多くの怒りが生まれましたが、その理由は特定できません。

怒りが渦巻いているような気がします。

人々はようやく何が起こっているかを知り、

この怒りから何が起こったかというと、暴動が起こったり、短期間の略奪もありましたが

情報が出てくるのは、長い時間をかけて徐々に起こります。

何ヶ月もかけて情報が出てきます。

人々はますます動揺し、限界点に達すると、人々はもう真実を扱うことができなくなるのです。

認識していなかった人たち、つまり大多数の人たちは、何が起こっているのかという現実を知らなかったのです。

情報が出てくれば出てくるほど、ますます怒りを募らせていきます。

少数の人々が暴力を振るい、それが略奪を生み それが広がっていったが、長くは続きませんでした。

嵐は長くは続きません。

こちらは2022年のある時点、半ばか秋とあります。

「銀河警察は、私たちが沸点に達したとき、振動的に介入してきます。」とあるのが、マリーナさんの言う「周波数による大きな助けがある」のと合致します。

2022年にはこのドラマが多少なりとも続いています。

しかし、2022年のある時点で沸点に達することになります。

事態の推移によっては、22年半ばか、22年秋になるかは、誰にも分かりません。

しかし、光の銀河連合によって示されている展開は、次のようなものです。

暴動が勃発する。

人々は正義により裁かれる。

政治家が正義により裁かれる。

多くの首が転がる。

基本的には正義が果たされることになります。

正義がもたらされるでしょう。

しかし、同時に混沌を広めることは許されません。

銀河警察は、私たちが沸点に達したとき、振動的に介入してきます。

この混沌とした時代に5次元のガンマ波を送り、私たちにアップグレードを与え、意識を覚醒させるだけでなく、地球の雰囲気を安定させると言っています。

このガンマ波は、物事が大きく揺らいだりコントロール不能にならないよう、混沌とした中の暴力を沈静化させる能力も持っています。

大衆の中で暴力や流血が起こるような状況になる前に、人々がショックを受けるような、非常に強力な衝撃波、5次元ガンマ波が地球に送られるという、ショックのメカニズムのようなものが起こるでしょう。

インナーワークをしましょう

大きな変化を迎えるにあたって、ドロレス・キャノンはカルマを解消しましょうという言い方をしています。

2012~カルマと恐れを手放すことの重要性についてドロレス・キャノン氏の見解

わかりやすいようこちらに写真を引用させていただきました。

感じて!プレアデスさんの、愛のブロック浄化ワークを紹介しておきます。
ワークのやり方が載っている漫画へのリンクがあります。

私が普段実践しているのが内観です。自我と真我がありますが、客観視していると、個人的な感情はあってもそれはそれと横に置いておくことができ、今何をすればいいのかを選択することができるようになります。

マトリックスから抜け出すためのシンプルなツール SIMPLE TOOL TO BREAK FREE FROM THE MATRIX by Lorie Ladd

内観について、「ウニヒピリ」に詳しい原理原則が書いてあるのでおすすめです。


スカイプリンスさんの最近の投稿を二つ紹介します。

スカイ・プリンス

「エネルギーが高まると、人々はより自分の本質を表します。

つまり、周波数が低い人はよりトリガーされ、より怒りっぽくなり、よりジャッジしやすくなります。 高い周波数の人は、より愛情深く、より思いやりがあり、より理解力があり、トリガーされる、対立することが少なくなります。 (トリガー=引き金、何かに感情的な反応をする意味です)

人類は今、文字通り分かれています。 賢くサークル(周囲の人々)を選びなさい」

スカイ・プリンス

「ニューエイジはスピリチュアルな死

偽ライトワーカーに気をつけろ

ライトワークとは、愛やお花、ヨガやビーガンをすることではなく、世界の闇、そして何よりも自分自身の闇の中に入っていくことです。だから、もしあなたがソーシャルメディア上でこの美辞麗句をいつも口にし、安全な会話しかせず、好かれることだけを気にし、笑顔に囲まれているだけなら、あなたはほとんど光を持っていないのです。

光は、まず自分の中の闇を変換し、理解し、折り合いをつける作業をしたときにやってきます。 ヒッピーミュージックやニューエイジのクソミーム、バーニングマンフェスティバルに参加しても、それは無理な話です。勇気を出して、暗闇の中に入っていき、まず自分自身と向き合わなければならないのです。

何より、真のライトワーカーは、軽くてフワフワしたものばかりを語ることはありません。なぜなら、重たい、痛みを伴う、ダークなものに対する内的な理解を共有することによって、ほとんど光がなかったところに光をもたらすからです」

私が以前からずっと言っていることと同じです。

ニューエイジは、ニュー「ケージ(檻)」ムーブメント:エルドラ&シマーン

はだしのゲンからです。

2022年について占星術では以下のように言われています。

「土星は厳しさや規律を象徴するため、この時期はまだ自己鍛錬が身についていない人にとって、厳しい現実を通して学ぶ時代として知られている。

冥王星は破壊と再生を象徴している。約2年続く冥王星の回帰は、破壊と再生の時代とされる。」

私はワークをしましょう、ワークをしましょうと言っていますが時期的なものがあります。

ただポジティブでいればいいという訳ではなく、自分のネガティブ(だってそこにあるのですから)と向き合うことが重要です。

これからは情報を提供していくより一人一人の内面のワークをお手伝いしていきたいと考えています。
これからが本番に思います。

タイトルとURLをコピーしました