サイモンパークス 1月5日の最新アップデート: 1月19日と20日に注視していてください

おすすめの記事

サイモンパークス 1月5日の最新アップデート: 1月19日と20日に注視していてください

今日アップされていたサイモンパークスさんの最新アップデートです。

5th January 2022 Update Current News

昨日ブログにこういった予告があったので楽しみにしていました。

最近表のニュースでは発表されませんが、重要な変化が次々と裏で起こっているようです。

1月1日のものも併せてお読みください。

ようやく、一般の人たちが何が起こっているのか知ることができるようになると。

そうなれば一気に世界が変わりますね。

個人的に、進撃の巨人は事態の予習になると思っています。


これからの2週間、14日間が極めて重要な意味を持つと期待しています

こんにちは、1月5日です。

クリスマスにはあまり会えませんでしたが、

話したくなかったからではなく、話せなかったからです。

私は秘密保持契約(non-disclosure agreement )を結んでいます。

そして、NDAがあり、定期的に話をする人は、目の前のテーマではなく、何でもかんでも話すことを見つけようとしなければならないのです。

そのような人たちが資料を作り上げるのは、かなり難しいことだと思います。

彼らは自分の望むものを提供することができない、あるいは許されないまま話をしています。

今日、私が来たのは、とても重要なことが起きたからです。

とてもポジティブなことです。

私たちは前進しています。

これからの2週間、14日間が極めて重要な意味を持つと期待しています。

そして最終的には、一般の人たちが、本当にポジティブなことを自分の目で確かめることができるでしょう。

今、多くの偽情報が流れています。

国会議事堂前広場が板で囲まれたと聞けば、

そして、トラベルスクエアが封鎖されたと言われます。

そして、私はロンドンのグループに呼びかけを行いました。

不幸にもいくつかの現場には、誰も行くことができませんでした。

しかし、他の現場には行くことができました。

最初の報告書では、封鎖された兆候はまったくないとのことでした。

しかし、興味深いことに、ビッグベンが12時で止まっているという報告がありました。

しかし、その後、作業員がやってきて、どうやら最後の報告では、また作業をしていたようです。

これは非常に重要なことだと思います。

というのも、ビッグベンは大晦日にストライキをしなかったと報道されているからです。

これは非常に重要なサインです。

行動拠点はロンドンで始まったとずっと言われてきました。

もちろん、多くの人は戦車が路上を走ることだと思ったと思います。

でも私が以前投げかけたように実際は、女王の死去の発表か何かの間のものだろうと思います。

ビッグベンは国会議事堂の一部であることを忘れてはいけません。

私たちは、この時計塔を独立した時計塔として考えています。

しかし、実際には国会議事堂の一部であり、チャイムは鳴りませんでした。

そして、その夜、人々の携帯電話から、鳴らなかったことを示す証拠をたくさん持っています。

これは非常に重要なことです。

私たちはいつも、地下深くの基地や地震、ブームやクラッシュについて話しています。

多くの人は、そうだろう、普通の地震かそのようなものだろうと言うと思います。

イランではこの30日間に何百回も地震が起きています

何百回もです。

これらの多くは、地下基地に関連するものです。

そして、ここスコットランドの身近なところでは、非常に大規模な検出がなされました。

これらはすべて、実際に稼働していなくてもトンネルです。

お蔵入りしていますが、稼働させることが可能です。

そのため、撤去することが決定されました。

一部は残すことになると思います。

間違いない。

しかし、その大半は使い物にならなくなります。

それはとてもエキサイティングなことだと思います。

私たちはプロジェクトを選定し始めています

今、私がやっていることは、私のPA(秘書?)と一緒に、プロジェクトについて調べ始めることです。

CCメンバーが熱心にファイルしているものです。

まずはカナダに呼びかけをしようと思っています。

カナダにプロジェクトチームがあるのは知っています。

私はカナダの総合コーディネーターやプロジェクトチームと協力し、カナダで行われているプロジェクトを調査する予定です。

そして、そのプロセスを開始します。

私が行うのは、これらのプロジェクトに目を通すことです。

明らかにランナー(スムーズに走り出さないもの?)でないものは、そのまま置いておくことにします。

良いプロジェクトもあるのですが、良いプロジェクトは他に20個くらいはあります。

その20個をまとめて、どうするか考えなければなりません。

そして、ごく少数ではありますが、ユニークなものがあります。

誰も思いつかなかったり、特によく考えられているものです。

それは私がまた見ることになるのものです。

そして、これらすべての国や州から、

実現可能で、実行可能だと思う妥当な数が決まったら、

それは、CCに非常に関心のある人たちのところへ行くことになるのです。

私たちのメンバーや私たちの活動に関心を持っている人たちに見てもらうことになるでしょう。

そして、私たちは議論を重ね、これらのプロジェクトのいくつかに資金を提供することになるでしょう。

全部に資金を提供することは無理ですが。

全部をやることはできませんが。

しかし、私たちは確かな経験のある人たちを得るでしょう。

だから、今私がこれらのプロジェクトを送ってもらえる立場になったのは、とても嬉しいことです。

そして、そのすべてに目を通すことになります。

私は今、取り組んでいるところです。

このことは、私たちがどのような状況にあるのかを示す大きなサインになるはずです。

1月19日と20日は非常に重要な日だと思います

特にプロジェクトに興味のない方でも、インテル情報に関しては、

あるいは、CCメンバーでもないけれど、私の話を聞いて、他の人の話を補足するのが好きな人もいるでしょう。

トランプ大統領が1月6日の演説を中止し、1月8日に変更したことはご存じでしょう。

1月19日と20日は非常に重要な日だと思います。

銀行業界の変化については、これまで何度もお話ししてきましたが、

銀行制度は人類が自由になるための基礎です。

世界中にいる愛国者たちは 限られた視点にしか立っていません。

だから、彼らは、兵士とか戒厳令とかEBSとか言うんです。

それを望んでいない人はいないでしょう。

しかし、私が言いたいのは、そのすべてがお金によってコントロールされているということです。

だからトランプ大統領は大統領令を出した時、資金供給が文字通りカバールを停止するようにしたのです。

カバールにはそれ(資金)がありません。

そしてまた、知識がある、自分のワークをした人たちは知っているでしょうが、

アメリカ法人は、もう存在しないのです。

バチカン法人も存在しません。

そして、身近なところでは、ロンドンのシティ・オブ・ロンドンは存在しません。

そして、これらの消滅し閉鎖した組織には、数百万ドルはもちろん、数十億ドルや数十億ポンドを振りかざして、自分たちのアジェンダを実現できる人は、今はいないということです。

だから、計画を実行に移すお金がないため、ダボス会議も気候変動会議も中止されたのです。

そして、その実行について話すというのは、エリートの集団がテーブルを囲むということです。

参考:007 スペクターの会議に潜入するシーン

ところで、彼らは皆、気候変動会議に飛行機でやってくるのですが、みんな自家用ジェット機で飛んできます。

他の交通手段では来ません。

そして、彼らは皆座って、私やあなたのような人がどう生きなければならないかを決めるのです。

彼ら自身はそのルールに従いません。

彼らのためのルールと私たちのためのルールがあり、彼らはそれを実行するでしょう。

いいですか、彼らは政府ではありません。

彼らは、、、

人々を集めて会議や演説をするとき以外は、選挙で選ばれた人はいないのです。

だから、彼らが言うことは、政府に対してなのです。

この政策を実行に移せば、10億ドルあげます。

もし、これをしなければ、あなたを脅迫することになりますよ、あなたが20年前にやったことのせいで……等々。

そして、もうそのような影響力はありません。

だから、政府に対して、こうしてほしい、ああしてほしい、

だからダボス会議は中止されました。

会議をしても意味がないからです。

大統領も同じです。

国庫がもう管理されていないため、財務省が国庫を見ることができないという状況があるのはご存知の通りです。

しかし、周りの経済、役職者は、小切手を書くことが無意味であるようなものです。

意味がないのです。

何をするにも、それを実行するための資金がないのですから。

だから、トランプ大統領とその周囲の人々、そしてそれ以前の人々は、とっくに気づいていたのです。

全体をコントロールしたければ、その人たちからお金を取り上げる必要があるということです。

なぜ重要かと言うと、私たちが見始めるであろうものは、一般大衆が直面するある種の変化だからです

そこで、いくつかの重要な日付を見てみましょう。

もう一度言いますが、19日と20日です。

なぜ重要かと言うと、私たちが見始めるであろうものは、一般大衆が直面するある種の変化だからです。

あなたも知っての通り、私は特定のリーダーがオフィスから退陣することを見たいと思っています。

しかし、私は、これらのケースのいくつかは、これらの人々が維持されるだろうと言いました。

しかし、彼らが去るまでに、政策は変更されるでしょう。

だから、私たちが求めているのは、政策の変更です。

主要なリーダーの交代、

一週間前に、その人物や個人から夢にも思わなかったような発言が飛び出す。

正直なところ、もうあと一息だと思います。

あと2週間で、これが得られなければ、何かが深刻に上手くいかなかったということです。

だから、もし私の言うようなことが起こらなかったら、

何か重大なことが上手くいかなかったということです。

私はロシアのようなところから、ある一定の情報を得ています。

プーチン大統領もトップ会談を行ったようでです。

基本的には、彼らに新システムを導入する準備が整ったことを伝えました。

ウクライナもバルト三国も結局はロシアに戻ることになるでしょう。

4時間に及ぶプーチンの年末の記者会見。緊張が高まるウクライナ問題について、歴史を踏まえた上での、ロシアの考えとは?

ここで本当に重要な指標があります。

ロシアの議会はドゥーマと呼ばれ、

プーチンはウクライナやバルト三国に住む人にロシア国籍を2倍速で与えるという法案を議会で可決しました。

その人たちを受け入れる準備ができていないとしたら、なぜそのようなことをするのでしょうか。

私は核戦争が起こるとは思っていません。

そのようなことは予期していません。

私は何らかの形で、これらの国や州がロシアに戻ることを期待しています。

つまり、これはすべて起こっていることの一部なのです。

ディープステートによる偽旗作戦を予期しています

ディープステートはどう反応するのでしょうか。

ディープステートは破壊されてはいません。

彼らはまだ非常に活発です。

メディアで活動的ですが、ソーシャルメディアでも活動的です。

ロボット的なウェブサイトを立ち上げ、バイデンがいかに素晴らしいか、バイデンの人気は99%だと伝えているのです。

これがディープステートの活動の一つです。

しかし、彼らはいくつかのカードを残しています。

何らかの形で偽旗作戦を起こすことを想像しています。

そして、善い人たちはそれを十分に認識していることを知っています。

善い人たちには2つの選択肢があります。

1つは、それが発生する前に取り除くことです。

そして、おそらく国民は何も知らないか、この偽旗が起こるのを見過ごすでしょう。

そしてそのまま人生を続けます。

もう1つは、安全かつ確実に、何も悪いことが起きないようにすることです。

大衆が見たものを否定できないようにです。

この2つのうち、どちらの方針で、どのように進むのか、私にはわかりません。

しかし、彼らはディープステートによる偽旗作戦の準備はできています。

もし、より多くのBBCの記事で、「小惑星が地球に大接近する」という見出しの記事を見ることになれば、

そして記事を読むと、何億マイルも離れているとか、2030年まで起こらないとか、そんな話ばかりです。

つまり、本当にやっているのは宇宙に関係する話をしたいということです。

私たちオルタナティブメディアは、偽の宇宙人侵略や何らかの危険について話してきました。

ハリウッドは、小惑星が地球に衝突する映画をたくさん作りました。

何らかの偽旗の種をまこうとしてきたのです。

もし、そうなった場合、善い人たちは、そのことを十分に理解していることにただ気付いていてください。

そして、たとえそれが展開し始めたとしても、

それは、善い人たちがそうなることを望んでいるからです。

だから、とても明るいのです。

変化を楽しみにしてください

政府が変わるのを楽しみにしています。

第19代大統領を楽しみに待ち望んでいます。

NESARA、GESARA法の下での新しい選挙を楽しみにしています。

カバールからホワイトハットに変わってから120日以内に新しい選挙が行われるはずです。

これはクオンタムの援助がない場合です。

だからクオンタムの援助があれば、これは非常に迅速に実行できることが分かっています。

そして、ドミニオンの機械が票を数えないようにしたいのです。

真の意味で自由で公正な選挙になるように。

選挙で不正が行われた国のリストを見せられたとき、私でさえも唖然としました。

そして、いくつかの失礼のないように言うと、 あまり影響力のない国もあります。

世界の政治を考える上で、あまり重要ではないという意味です。

そこに住んでいるならば、取るに足らないことではありません。

しかし、より広い政治の世界から見れば、カバールがこれらの国々を支配することに興味を持つとは思えないでしょう。

しかし、カバールはしばしば、こうした小国を実験台にして、自分たちがどうなるかを確かめてきたことがわかりました。

この世のものとは思えないほど美しい国もありますが、とても小さな国で、自由で公正な選挙が行われていない国もあります。

そして、もし私たちがそれを見るならば、そのような不正のない国々はほとんど残っていないのです。

今日、私はこの呼びかけを、何か大きなことが起こったと言うためにしています。

これから2週間が勝負です。

もし、私が求めているものが得られなかったら、何か大きな問題があったのだと思います。

でも、私はとても前向きで、メンバーの作ったプロジェクトに目を通し始めようと思っています。

いくつかの大きな変化が起きています

だから、もしあなたがこれを見ているのなら、できる限りすべてのニュースを知っておいてください。

その価値はあります。

しかし、今、悪い人たちが偽情報で混乱させようと、大きく動き出していることを忘れないでください。

信用を失墜させ、崩壊させようとしているのです。

なぜなら、彼らは何が起こるか知っているからです。

中央銀行制度がもはや存在しないこと、連邦準備制度が、大量の紙幣を印刷できないことを。

そのため、危険で狂気じみた計画を実行に移す能力はないのです。

だから、物事はすべての人にとって思い入れの深いものだと私は知っています。

各国政府がパンデミックにどのように対応したかを見ていると、

それは、私たち全員が判断できる方法だと思います。

善い人たちの作戦がどれだけ成功したか、

ルールがどうなっているかを見ることができます。

そして、私はYoutubeを永久追放され、チャーリーウォードや他の多くの人がYoutubeを禁止されたことを皆に思い出してもらいたいのです。

そして、私もチャーリーウォードもYoutubeから復帰の手紙を受け取り、長い間離れていたことを謝罪していることを皆さんにお伝えしておきます。

何かが起きているのです。

いくつかの大きな変化が起きています。

そして私はよく「YouTubeに戻ったら見て聞いてくれ」と言っていました。

何か良いことが起きているのがわかるはずです。

善い人たちが悪い人たちを潰し始めているのです。

もしあなたが真実を話すなら、覚えておいてください。

その時、あなたは潰され、止められ、嘲笑され、馬鹿にされ、攻撃されます。

嘘を言えば支持されます。

テレビのチャンネルを与えられ、映画の賞や新聞で推薦されます。

だから、誰かが無名から60歳になり、ハリウッドに進出したり、自分のテレビ番組を持ったりしたときに、私たちは常に判断しなければならないのです。

なぜ、そこで何が起こっているのかを考えなければなりません。

真実にコミットした独立した個人が、何年も何年も警鐘を鳴らし続け、常にわずかな資金で活動し、カバールから決して支援を受けないのに対してです。

前にも言いましたが、ノートルダム寺院が全焼したとき、最後の炎が消える前に、一部の極悪人たちがすでに何百万ドルも再建を誓っていました。

なぜホームレスを一掃しないのでしょう。

なぜ貧困を一掃しないのか。

彼らは毎日貧困を通り過ぎてはずなのに、すぐにカバール的な象徴のためにお金を払う用意があるのです。

これがディープステートと悪魔的な悪人たちの偽善です。

*ノートルダム大聖堂の火災の意味についてはこちらをお読みください。

真実を明らかにしましょう

だから、このプロセスの一部は、真実が明らかになることです。

そして、私たちは真実の一部だけを望んでいるのではありません。

すべての真実を知りたいのです、すべての真実が得られるかどうかは別として。

私が決めることではありません。私にはわかりません。

しかし、私たちはすべての真実を知るべきだと思います。

そして、ホワイトハットは、人々が真実を受け入れることができると信頼しなければならないと思います。

もちろん、床に倒れこんで拳をたたき、叫び声をあげる人もいるでしょう。

でも、私たちはすべてを見せる義務があると思います。

真実を知らなかったと、二度と言えないように。

「あの時こう言ってくれれば、こうしたのに」なんて、もう二度と言えないように。

だから、そうしようじゃないか。

真実を明らかにしましょう。

まず最初に、寄付してくださった方々、ありがとうございました。

私たちはまだ資金がありませんし、適切なサポートも受けていません。

私たちは、ぎりぎりで支えられているようなものです。

サーバー代やプラットフォーム代を支払っているからです。

そして、いつも親切に寄付してくださる方々、本当に感謝しています。

このショーを続けてこられたのは、 他の誰でもない、あなた方のおかげです。

私たちはノートルダムではないのです。

電話が鳴り、有名な人たちが、これをあげたいんだ、と言ってくれることはありません。

「私はあなたにこれをあげたい」、 そんなものは私たちにはありません。

私やCCは、目覚めたスピリチュアルな人たちの寛大さに頼っています。

だから、私はサポートしてくださっている方々、経済的にサポートしている方々のおかげで、

私や私たちが創り出したものを知っています。

ありがとうございます。

*サイモンさんにはHPから寄付することができます。よろしければぜひ。

あと一つの質問で私たちはもうそこにいるはずです。

だから、私たちはまだ寄付を必要としているのです。まだサポートを受けていないからです。

しかし、この数週間がどうなるかを見てみましょう。

どのような変化が起こるかを見てみましょう。

そして、私たちが見ている世界はもっと素晴らしいものだと信じています。

人々は本当に前に進みたいと思っている

誰かが教えてくれましたが、花火の売り上げが伸びているようです。

他の国のことは知りません。

しかし、イギリスでは花火の売上は膨大なものでした。

ガイドされた、組織された花火がなくなったからというわけでもなく、

単に2021年にうんざりしている人が多いからです。

2021年から2022年への移行を記念するために、

特にロンドンと南東部の花火の数は驚異的だとメンバーから聞いています。

でも、きっと地方でも、イギリスのさまざまな国のあちこちで、花火がたくさん上がりました。

そして、人々は基本的に、本当に前に進みたい、と言っているのだと思います。

そして最後に買い物に行ったとき、

この半ロックダウンと以前のロックダウンを比較すると、 スーパーマーケットでは、マスクをしない人が増えました。

最初にロックダウンが出たとき、マスクをしていない人は1人か2人だったでしょう。

現在では、その数は非常に大きなものとなっています。

イギリスだけでなく、ヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランドなど世界各地で行われたデモの数を見てみましょう。

最初のロックダウンの時のデモの数と比べてみると、非常に大きくなっていることがわかります。

今、政府は腰を据えて、これ以上国民を追い詰めることはできないと考えなければならないと思います。

長い時間がかかったと言えるでしょう。

はい、そうです。

しかし、遅きに失するよりはましです。

ありがとうございました。

状況を注視していてください。

物事が進展していることを知ることができるでしょう。

この2週間は、みんなにとって信じられないような良い知らせがあるはずです。

オーケー、 お元気で。バイバイ。

1月7日アレックスコリアーさん情報 金融システムが変わります

アレックス・コリアーさんの最新のアップデートで金融システムが変わると話しています。

元動画です。

Alex Collier – Webinar 148 – January 7, 2022

タイトルとURLをコピーしました