錬金術による痛みの変換 vs スピリチュアルな逃避:ジジ・ヤング

おすすめの記事

ネガティブと向き合い光に変換する実際のワークが必要

ジジ・ヤングさんの最近のQ&Aに、今一番大事じゃないかと思う内容が話されていたので紹介します。

ネガティブと向き合い光に変換する実際のワークが必要です。

最近人と話していて、今この部分が一番ネックだよね、という結論についての話です。その部分を抜粋し訳しました。

知っているだけでなくて、いかに実践しているかどうかで大きくわかれていると思います。
言葉だけでなくて、実際に内面と向き合いワークをすることです。

ワークをしているかどうかは、見る人が見ればわかります。人間の深みが違うからです。
自分だけのためではなく、社会が前に進む、皆のためになる、今が絶好の機会です。

こちらもぜひお読みください。

錬金術による痛みの変換 vs スピリチュアルな逃避

質問:私は時々、自分の痛みを錬金術で解決することと
スピリチュアルな逃避をすることの違いがわからなくなります

愛と光は私自身を時々ガスライティングしているのでしょうか

ガスライティング: gaslighting)は心理的虐待の一種であり、被害者に些細な嫌がらせを行ったり、わざと誤った情報を提示し、被害者が自身の記憶知覚、正気、もしくは自身の認識を疑うよう仕向ける手法[1]。例としては、嫌がらせの事実を加害者側が否定してみせるという単純なものから、被害者を当惑させるために奇妙なハプニングを起こして見せるといったものまである。

「ガスライティング」という名は、『ガス燈』という演劇(およびそれを映画化したもの)にちなんでいる。現在この用語は、臨床および学術研究論文でも使われている

ガスライティング

でも自分の痛みを永遠に感じています

なんて真実なんでしょう、クロイ

これは
これはグレーゾーンです

このゾーンは虚空に向かって歩いているようなもので
私たちにはわかりません

わかっているのは、何をしなければならないか
ある程度のパラメータはわかっていても

それは経験を通し、疑問を持ち
発見を通してでしか得られません

それらを通して、そのパラメータがどこにあるのかがわかり
もっともっと上手にできるようになります

では、このことについて少し触れてみましょう
痛みの錬金術とは?

錬金術とは、別の言葉で言えば「変換」と呼ばれます

これは非常に古いスピリチュアルな言葉です
基本的には、どのスピリチュアルな文献にも載っています

このことはとても重要です。古代の錬金術師たちでさえ
このことについて話していました

それは次のようなことです
それは、人間は痛みに満ちているということです
これをペインボディと呼びます

これは次元や密度が下がれば下がるほど発達します
視野が狭くなるほど、見えなくなればなるほど

知っていることが少なくなり、だから間違いを犯してしまい
自分や他人に痛みを与えてしまい
ペインボディを発達させてしまうのです

太陽系での私たちの人生の目標は
基本的にこのペインボディを錬金術で変換させることです

ペインボディは「鉛」で、それを「金」に変換します

太陽へと変換するのです

ペインボディは「鉛」であり、時には月として表現されます
体内の月のチャンネルです

そして、太陽のチャンネルは金です

だから私たちは「鉛」を「金」に変えているのです
これを「変換」といいます
これが実際に私たちがアセンドする方法なのです

私たちは、痛みを克服したまったく同じ程度しか
意識の中でアセンドすることができません

まったく鉛を金に変えることができた程度だけ
それ以上でも以下でもありません

すべてはあなた次第です
それがこの仕組みです

誰も、あなたのDNAを入れ替えたり
「ピッピッ」、脳にチップを入れることで

その他どんな方法の変異も、変換することはできません

突然カルマが解放されるわけでも
ペインボディを解放し、変換する必要のある
すべてのレッスンから解放されるわけではありません

そうではありません。あなたはただ、自分の存在の
物質的、最も物質的なレベルをいじっているだけです

それがスピリチュアルなことをしてくれると思っていますが違います。
私たちは実際に痛みを「変換」しなければなりません

痛みを克服しなければならないのです。そして
私たちが感じるすべての痛みの反対側には、知恵があります

これが私たちをアセンドさせるのです
そしてこれが、ジャンクDNAの点火を起こすのです

それが(DNAの)変換であり
より多くの光を含み、パターンを点灯させます
そういう仕組みになっています

これはとても大きなことなのですが
ニューエイジやスピリチュアリティでよく起こることですが
一つのスピリチュアルな真実のようなものがあります

例えば
「私たちは自分の世界を創造し、自分の状況を創造しています」

全くその通りです。私たちは私たちの宇宙の創造主なのです
そこに疑問の余地はありません

しかし、その真実を使って、痛みを変換するのではなく
癒すためではなく

意図したように、よりスピリチュアルになるためではなく
実際には痛みから隠れるために使うのです

一時的に気分を良くするために麻薬のように使ってしまいます
しかし、それは決してワークをすることにつながりません
これをルシフェリアニズムといいます

これは「スピリチュアルな逃避」(Spiritual bypassing)と呼ばれるもので
根本的には正しいスピリチュアルな原則を持ち出して
誤った方向で使用することで、結局は自分に害を与えます

非常に一般的なものとしては、あなたが言っているように

例えば、もし、あなたが悪いと感じたら
自分の人生に嫌悪感を感じたら、ただそれを忘れてしまおう

悩んでいることを手放そう
何かネガティブなことが起きたときには常にただただ
ポジティブにフォーカスして良い気分でいることに集中しよう

それが、「ザ・シークレット」やそういうものが
入ってきたときに、私が思うことの一つです

そこには真実はあるのですが、それが大規模な
「スピリチュアルな逃避」を引き起こしました

人々が、「ああ、嫌な気分だからそれをただ避けよう
ただ良い気分に集中するよう努めよう」、となってしまい

結局は何が起こっているのかを我慢、抑圧してしまいます

だから、経験則から言うと

感情が落ち込んだ状態にあるときは
常に自分がそれを感じることができるようにしましょう

そこにはないのに見つけようとするような
考古学的に探すようなことはお勧めしません

湧き上がってきたときに
それとワークすることをお勧めします
自分の自然な流れ、パターンに合わせてワークしてください

そこには魔法のようなものがあります

そうしたいと思ったら、それを感じたいと思いますね
すべての層を感じ取りたいと思うでしょう

例えば、ネガティブになっているのは
裏切りの要素があるのか、悲しみなのか
怒りがあるのか、ただの無感覚なのか

だから、それを感じ取って、ゆっくりとした時間を過ごし
自分が何を感じているのか
ニュートラルな立場で確認してみましょう

自分自身に愛情を持って向き合いそれを観察するのです
でも、それにとらわれてはいけません。これが秘訣です
「観察する、でもそれに捕らわれないようにする」

あなたはより高い枝に手を伸ばしたくなり
自分を育てようと何かしたいと思うようになります
このようなワークをした後はそうなります

「湧き上がってきたらそれに対処する」、ですが
もし同じ感情に3日間も対処するようになると

もしそれが同じエネルギー、同じ感情、同じ思考で
それがどんどん重くなっていくなら

その時、あなたの内なる親が介入しなければなりません
あなたのハイヤーセルフが入ってこなければなりません

そして、こう言うのです
「よし、ここで切り替えよう」

なぜなら、もしあなたが文字通りネガティブな感情や思考に
浸るのみで、何も変わらず、洞察の閃きも得られず
何の安心感も得られないのなら

そうしたら、あなたは率先してこう言わなければなりません
「私は今、このことを神に捧げます」

私が感じているすべては、私に明らかに心構えがないか
私の中に明らかに何かがあって、それが動いていないのです

だからこそ、バトンを渡す時なのです
神に捧げる時が来たのです

自分のハイヤーセルフに渡す、天使に渡すのです
どんな言葉を使ってもいいのですが
そして、それを忘れるのです

ある一定の期間が過ぎれば、あなたは気づくことでしょう
数日、数週間かもしれないし、数ヶ月、数年かもしれません

突然、情報がダウンロードされたり
シンクロニシティを見ることができるようになったりして
あなたの質問に対する答えが見えてくるでしょう

あなたが神にそれを委ねなければならない点があります

あなたのハイヤーセルフに委ねるべき点があります

そして、あなたはそれを知り、理解しなければなりません
私たちはここで一人でいるようにはデザインされていません

私たちはすべてを理解するようにデザインされていません

私たちは自分で責任を取ろうとするようにデザインされています
でも、もし自分が圧倒されていると感じたら、それを神に委ねてください

すべてを知り、すべてを愛している
あなたのハイヤーセルフに委ねてください

そして、自分の存在に愛の栄養を感じられるようにしましょう

自分の好きなことをしましょう
自分が笑うことを許してください

答えがやってくることを知ってください
それが私たちの最大の秘密です

コントロール中毒になってしまい委ねたくないと思うことがあります
しかし、それが本当の秘密なのです

「いつ神に委ねるかを知ること」
そして、それを受け入れなければならないのです

*最近のかんろさんのnoteにも、同じような趣旨のことが書かれていました。
今向き合うべきテーマなんじゃないかと思います。

以下よりジジ・ヤングさんの最近の長文のツイートをいくつか紹介しておきます。

ここ数年で得られた最大の教訓のひとつは、人類の意識や認識のレベルが異なるということ

ここ数年で得られた最大の教訓のひとつは、人類の意識や認識のレベルが異なるということです。私たちはそれぞれ異なる視点を持ち、さらには異なる能力を持っています。これは当然のことです。どんなに重要だと感じていても、人に自分の視点や真実を見ることを強要することはできません。

自分の世界観を他人に押し付け、自分と同じ判断をさせようとするのは、未熟さの表れです。これは、他のすべての人間が自分の現実と一致していないと自分が機能しないと感じるほどの、深い不安から生じています。従うことが必要であるだけでなく、美徳であるかのような奇妙な空想が生み出されています。

これは、自由で開かれた社会にとって信じられないほど破壊的であるだけでなく、それを達成することを不可能にさせます。 あなたの真実の感覚は、何度も何度も転生の中で獲得し、作り上げられたものです。あなたが持っている心、特定のビジョン、倫理観はすべて、あなたの骨の奥深くから来ているものです。

私たちは、自分が獲得した特定のビジョンで見ることを、この一度の人生で他人に強制することはできません。そして逆に、他人が自分の培ってきた特定のビジョンで見ることを強要することもできません。お互いに好奇心を持ち、自分のパラダイムを疑うくらいの謙虚さを持つことが、心を豊かにし、癒しと生産性を高めるアプローチです。

気の合う仲間に囲まれて、自分の覚醒レベルに合ったコミュニティを育てていきましょう。このような馬鹿げた混沌に、あなたの光と生産性を奪われてはいけません。時が経てば、他人を支配して食い物にしようとする勢力は崩壊するでしょう。そうなったときには、もっと良いものを目指してすでに努力してきたのですから、それは問題はありません。

エネルギー・アップデート:社会のコントロールされた解体とオカルト・エネルギーの伝達

Energy Update & The Transfer of Hidden Occult Powers | Gigi Young

社会をコントロールしようとする闇の勢力は、その狂気に特定の方法を持っています。私たちが今日見ている奇怪な出来事は、新しい生き方、新しい社会の到来を告げるものだと理解しなければなりません。



そのためには、スピリチュアリティ、主にキリスト意識を広めるための有効なスピリチュアリティ研究、言論の自由、自衛権など、既存の生活様式のある側面を破壊しなければなりません。言い換えれば、社会は権威主義的な構造に回帰しなければなりません。



これはロケット科学ではありません。歴史書を開けば、人類の発展のさまざまなレベルでこのパターンが繰り返されているのがわかります。しかし、この明らかにコントロールされた社会の解体は非常にデリケートであることも理解しなければなりません。なぜか?それは、社会のある部分を破壊するだけでなく、そこから発生する混沌としたエネルギーを直接別の出来事に振り向けなければならないからです。

言い換えれば、この時期に人類に対して行われる各操作は、別の操作、つまり「計画」の別の部分にループしなければならない。 

劇的な出来事から発生するオカルトエネルギーは、様々な回路を流れる継続的な電荷のように、引き継がれなければなりません。

これにより、収穫された生命エネルギーが継続的に流れ、特定の神々(エグレゴア)やグループに供給されるのです。強調しておきますが、これらの存在にはエネルギーの供給が必要です。そうでなければ、この地球上のすべての闇の支配構造は崩壊します。

これらのグループは、物理的なものも非物理的なものも含めて、私たち(人類)が最終的に引き受けることになる特定の有害な影響を生み出します。

 しかし、これは非常に大きな問題ですが、もし収穫された生命エネルギーがある出来事から別の出来事に移ることができなければ、エネルギーの純損失になります。このエネルギーの損失は、時間の経過とともに、支配のシステム全体を暴露し、崩壊させることにつながります。特定の個人を隠したり保護したりするために使われていたオカルト的な存在は、飢えて消滅します。この保護がなければ、本当に起こっていることについての重要な真実が明らかになります。時には奇跡的に、あるいはありえない方法で。

はっきり言って、この地球上のすべての支配システムは、膨大な量の生命エネルギーに依存して存在しています。 

なぜ私がこの話をしているかというと、この2年間の混沌としたエネルギーは、別のイベント、つまり別のオペレーションに流されなければならない段階に来ているからです。そして、現在、この転送がこの時期に行われることは非常に困難です。なぜならば、次のイベントのタイミングが当初は後に予定されていたからです。あるいは、あるレベルの同意が得られなかったために、次のイベントに移すのに十分なエネルギーが得られず、成功しないのです。

闇の勢力は、自分たちが「時間に追われている」「計画と同期していない」ことに気づいています。彼らの計画の中で次のイベントに適切に移行できるように、集合的なエネルギーをコントロールすることが困難であると言えます。タイムラグ、つまりエネルギーの不足は約3~6ヶ月です。目覚めが起こらないままで、人類が彼らに身を委ねるには、あと3~6ヶ月必要です。あるいは、人類の発展が早すぎて、彼らの当初の計画よりも約3~6ヶ月早くなっていると理解することもできます。



このため、現在、真実と自由の炎を防ぐ、あるいは遅らせる方法として、人類に大きな圧力がかけられています。しかし、何をしても空洞や接点が存在します。彼らは途方に暮れており、従って、今後3~6ヶ月の彼らの動きは、その途方に暮れていることを正そうとする試みと見なすことができます。

今は非常に厳しい状況ですが、不自然で非人間的な世界を作ろうとしている人たちに最大の負担がかかっていることを忘れないでください。このような時にはエネルギーの伝達がいかに重要であるかを理解した上で、私たちがしなければならないことは、愛をもって現れることです。私たちがすべきことは、私たちの人間性を維持することです。私たちから何も奪うことはできません。私たちが失うのは、手放すことに同意したものだけです。

古い巨人が倒れています。新しい世界が形成されつつあります。すべての勝利の核となるのは、私たちの存在そのものであり、私たちの神聖な人間性であることを知りながら、平和と恵みの中で動く強さを持つことができますように。私たちが自分自身を裏切るときだけ、私たちは獣に餌を与えることになります。

*** 今、多くの人が信じられないほどの痛みや不安を感じています。これは、巨大な暗黒の負の圧力が、私たちを抑える方法として押し付けられているためです。これを乗り越えるためには、頭の中から離れて、自分の体や自然の中に入りましょう。美を創造し、シンプルなことを楽しむことを自分に許してください。スローダウンしましょう。このような状況は過ぎていきます。それはあなただけではありません。

このような波は、闇の(オカルトの)実践によって生み出され、様々なテクノロジーによって増強されます。それらは、心のスピードを上げることで、私たちのシステムをロックし、心のまとまりを妨げるように働きます。私たちは、意図的にペースを落とし、呼吸を整え、リセットしなければなりません。このエネルギーが消えれば、新しい光が現れます。あなたにはそれができます。あなたは一人ではありません。

タイトルとURLをコピーしました